`1

バチカン奇跡調査官(仮) 悪魔達の宴

著:藤木 稟 / KADOKAWA
2015/10/24発売
予約受付中
¥734 ¥734 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

舞台はドイツ!平賀&ロベルトが目にした恐るべき「悪魔」の正体とは?<br>悪魔祓いの補助としてドイツに赴いたロベルトだったが、駅で連日同時刻に死者が出る連続不審死をはじめ、異常事件が頻発。街全体が混乱する中、平賀は調査のためと言って姿を消す。やがて驚愕の真相が明らかに――!

`2

かにみそ

倉狩聡/〔著〕 / KADOKAWA
2015/09/24発売
¥605 ¥605 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

全てに無気力な20代無職の「私」は、ある日海岸で小さな蟹を拾う。それはなんと人の言葉を話し、体の割に何でも食べる。奇妙で楽しい暮らしの中、私は彼の食事代のため働き始めることに。しかし私は、職場でできた彼女を衝動的に殺してしまう。そしてふと思いついた。「蟹…食べるかな、これ」。すると蟹は言った。「じゃ、遠慮なく…」。捕食者と「餌」が逆転する時、生まれた恐怖と奇妙な友情とは。話題をさらった「泣けるホラー」。第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。

`3

幽落町おばけ駄菓子屋

蒼月海里/〔著〕 / KADOKAWA
2014/08/23発売
¥475 ¥475 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

このたび晴れて大学生となり、独り暮らしを始めることになった僕―御城彼方が紹介された物件は、東京都狭間区幽落町の古いアパートだった。地図に載らないそこは、妖怪が跋扈し幽霊がさまよう不思議な町だ。ごく普通の人間がのんびり住んでいていい場所ではないのだが、大家さんでもある駄菓子屋“水無月堂"の店主・水脈さんに頼まれた僕は、死者の悩みを解決すべく立ち上がってしまい…。ほっこり懐かしい謎とき物語!

`4

全国怪談オトリヨセ 〔2〕

黒木あるじ/〔著〕 / KADOKAWA
2015/09/24発売
¥562 ¥562 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

怪談とは、その土地が持つ記憶の断片なのかもしれない―。北海道のトンネル内で友人が叫んだ言葉の意味。福井県沿岸に浮かぶ島の神社へ不埒な目的で立ち入ったカップルの末路。滋賀県の琵琶湖付近に突如出現した巨大な建造物。愛媛県の放蕩息子が道を踏み外さなかった理由。沖縄で生まれ育った祖父の法要中に起きた怪異を収束させた物。全国47都道府県で収穫した怪談実話を産地直送でお届けする、世にも奇妙な見本市!

`5

幽落町おばけ駄菓子屋 〔2〕

蒼月海里/〔著〕 / KADOKAWA
2014/12/24発売
1~3週間で発送
¥475 ¥475 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

東京の有楽町と間違えて、おばけの町―幽落町に引っ越した僕・御城彼方。生身の人間なのに“あの世"と“この世"の中間の不安定な存在として、この町で1年間暮らさなければならなくなった僕は、大家さんでもある龍の化身の水脈さんに助けられながら、毎日を過ごしていた。そして今日も、水脈さんの営む駄菓子屋“水無月堂"には、悩みを抱えた“人ならざる者"が救いを求めてやって来る…。

`6

霧が晴れた時

小松左京/〔著〕 / 角川書店
1993/06/29発売
¥720 ¥720 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

`7

あの夜にあったこと

大石圭/〔著〕 / 角川書店
2012/10/25発売
5~10日で発送
¥720 ¥720 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

21歳の優也は、幼なじみの啓太と共に派遣従業員として工場で働いている。異様な愛情を注いでくる母を拒絶しきれない優也。金持ちに敵愾心を抱く父に育てられた啓太。鬱屈した思いを抱えた2人は、裕福な院長夫妻と美しい娘が暮らす「山下医院」の豪邸に、強盗に入ることを計画。だがはずみで家政婦を殺してしまったことから、2人の行動は徐々に歯止めがきかなくなっていく…!あの夜何が起こったのか。戦慄のサスペンス。

`8

南の子供が夜いくところ

恒川光太郎/〔著〕 / 角川書店
2013/02/21発売
当日~2日で発送
¥637 ¥637 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

からくも一家心中の運命から逃れた少年・タカシ。辿りついた南の島は、不思議で満ちあふれていた。野原で半分植物のような姿になってまどろみつづける元海賊。果実のような頭部を持つ人間が住む町。十字路にたつピンクの廟に祀られた魔神に、呪われた少年。魔法が当たり前に存在する土地でタカシが目にしたものは―。時間と空間を軽々と飛び越え、変幻自在の文体で語られる色鮮やかな悪夢の世界。

`9

バチカン奇跡調査官 終末の聖母

藤木稟/〔著〕 / KADOKAWA
2013/10/22発売
当日~2日で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

バチカンで法王選挙が行われる最中、美貌の天才科学者・平賀と古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルトは、有名彫刻家の作品の除幕式に出席するため、メキシコのグアダルーペ寺院を訪れる。だがその時、法王候補の名を刻んだ彫刻が、音もなく中空に浮き上がり、光り輝く神の道が忽然と出現した。果たしてこれは神の奇跡か、陰謀か!?黒い聖母に秘められた真実を追う2人の行く手に危機が迫る!大人気シリーズ、第7弾。

`10

忌談 2

福澤徹三/〔著〕 / KADOKAWA
2014/01/25発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

夜な夜なマンションの上の部屋から聞こえる電車の音の正体は(「電車の音」)。就活に悩む女子大生が遭遇した恐怖の体験(「最終面接」)。新米ホストが店からあてがわれた寮の部屋は、なぜか2DKだった(「過去のある部屋」)。新規に開店したスナックで怪異が頻発する(「まちびと」)。ギャンブル好きのふたりが若いカップルを恐喝した結果(「オロク」)。読後感最悪、夜読むと必ず後悔する、本当にあった嫌な話シリーズ第2弾!

`11

忌談 3

福澤徹三/〔著〕 / KADOKAWA
2014/06/19発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

社内で起きた盗難事件、深夜に現場を撮影したビデオは封印された(「持ち禁」)。売れないキャバ嬢を大金でホテルに誘った客の正体は?(「実験」)。なぜかからみを厭がるAV女優、監督は撮影を強行したが…(「雨女」)。サクラで出席した結婚式、新婦の過去は空白だった(「虚式」)。訪問販売員が民家で見つけた謎の印が恐怖を呼ぶ(「マーキング」)。思わず本を閉じたくなる、忌まわしい話シリーズ第3弾!

`12

フルコースな女たち

新津きよみ/〔著〕 / KADOKAWA
2015/03/25発売
¥605 ¥605 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

微かに苦いその飲み物を口にした瞬間、わたしの脳裏に走馬燈のようにこれまでの人生が蘇った。ささやかな幸せを母親に邪魔され続けた、私の人生を――。コース仕立ての極上短篇小説を召し上がれ。(「近刊情報」より)

`13

妖【キ】庵夜話 〔4〕

榎田ユウリ/〔著〕 / KADOKAWA
2015/04/24発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

子供の誘拐事件が起こった。犯人は「山姥」だという。妖人茶道家の伊織はそれを否定するが、一方で、妖人女性の連続自殺事件が起こり……。風邪で弱っている伊織も必見! 書き下ろし。

`14

幽落町おばけ駄菓子屋 〔3〕

蒼月海里/〔著〕 / KADOKAWA
2015/04/25発売
¥475 ¥475 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

あの世とこの世のはざまの幽落町で、1年間を過ごすことになった僕・御城彼方は、駄菓子屋の店主で龍の化身でもある水脈さんと、今日もおばけたちの悩みを解決する日々だが……。シリーズ第3弾!

`15

怪(あやかし)ほどき屋 〔3〕

南澤径/〔著〕 / KADOKAWA
2015/07/24発売
¥562 ¥562 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

あらゆる霊や怪を引き寄せてしまう多賀宮善が、通称「ほどき屋」の奈旬一郎に気に入られ、やむなく共に仕事をする羽目になった。奈と彼の秘書・雪緒の関係が気になる多賀宮は、ひょんなことから雪緒の記憶の中へと潜り、ふたりの秘密の過去を覗き見てしまう(「南天香水」)。他に、単独で仕事の依頼を受けた多賀宮の災難(「緋の鳥居 銀のしっぽ」)、ほどき屋と結え師の真髄に迫る物語(「薄闇やぐら」)を収録した、シリーズ第3弾!

`16

わたしの調教師

大石圭/〔著〕 / KADOKAWA
2015/07/25発売
¥562 ¥562 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

生真面目な女子大生の水沢琴音は、青年実業家・白石周平の秘書のアルバイトを始めた。琴音は優しく無邪気な周平に惹かれ、やがて愛人になる。そして初めての夜、周平は言った―「君を性的に調教したい」。戸惑いつつも、淫乱な「もう一人のわたし」に気付いていた琴音は彼を受け入れ、「調教」はエスカレートしていく。しかし、欲望と愛情で結ばれた二人を待ち受けていたのは、あまりにも残酷な運命で―。

`17

AID

内藤了/〔著〕 / KADOKAWA
2015/08/25発売
¥734 ¥734 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

都内の霊園で、腐乱自殺死体が爆発するという事件が起こる。ネットにアップされていた死体の動画には、なぜか「周期ゼミ」というタイトルが付けられていた。それを皮切りに続々と発生する異常な自殺事件。捜査に乗り出した八王子西署の藤堂比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」は、自殺志願者が集うサイトがあることを突き止める。その背後には「AID」という存在が関係しているらしいのだが…。新しいタイプの警察小説、第3弾!

`18

殺意の水音

大石圭/〔著〕 / KADOKAWA
2015/08/25発売
¥605 ¥605 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

数本の包丁を携えたハウスキーパーの香取純一は、空港近くのホテルで人生を振り返る。最愛の母との貧しい暮らし、漫画家という夢、初恋相手の風俗嬢…幸せな思い出もあったが、終いにはいつも裏切られた。それらのダメージは水のように滴り続け、あることをきっかけに、ついに香取の心から溢れ出した。彼が静かに最初の客室のドアを開ける時、惨劇が始まる。痛切な回想と現在の悪夢に圧倒される、怒涛のホラー・サスペンス。

@スポンサー