`1

任侠病院

今野敏/著 / 中央公論新社
2015/09/22発売
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、所帯は小さいが、世の中からはみ出た若い者を抱えて、天下に恥じない任侠道を貫いてきた。ところが最近、一部の地元民から暴力団追放の動きが起こり、めっきり肩身が狭くなった。そんな中、今回、組長が持ち込んだのは病院の再建話。日村は、個性豊かな子分たちと、潰れかけた病院の建て直しに奔走するが…。笑いあり涙ありのおなじみ「任侠」シリーズ第三弾!

`2

SRO 6

富樫倫太郎/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
1~3週間で発送
¥950 ¥950 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。大人気警察小説、待望のシリーズ第六弾。

`3

任侠書房

今野敏/著 / 中央公論新社
2015/08/30発売
入荷お知らせ
¥734 ¥734 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任侠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、兄弟分の組から倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。舞い上がる組長に半ば呆れながら問題の梅之木書房に出向く日村。そこにはひと癖もふた癖もある編集者たちが。マル暴の刑事も絡んで、トラブルに次ぐトラブル。頭を抱える日村と梅之木書房の運命は?「任侠」シリーズ第一弾(『とせい』を改題)。

`4

クラン 警視庁捜査一課・晴山旭の密命 1

沢村鐵/著 / 中央公論新社
2015/07/23発売
¥734 ¥734 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

渋谷で警察関係者の遺体を発見。虚偽の検死をする美人検視官を探るために晴山警部補は内偵を行うが、そこには巨大な警察の闇が――! 文庫書き下ろし。

`5

一路 下

浅田次郎/著 / 中央公論新社
2015/04/23発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

蒔坂左京大夫一行の前に、中山道の難所、御家乗っ取りの企てなど難題が降りかかる。果たして、行列は期日通りに江戸へ到着できるのか――。〈解説〉檀 ふみ

`6

空より高く

重松清/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

廃校が決まった東玉川高校、通称トンタマ。卒業を控えた最後の生徒たちの「終わり」に満ちた平凡な毎日は、熱血中年非常勤講師・ジン先生の赴任で一変した。暑苦しい「レッツ・ビギン!」のかけ声に乗せられて、大道芸に出会った省エネ高校生が少しずつ変わっていく―きっと何か始めたくなる、まっすぐな青春賛歌。

`7

味 天皇の料理番が語る昭和

秋山徳蔵/著 / 中央公論新社
2015/01/23発売
1~3週間で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

半世紀以上にわたって昭和天皇の台所を預かり、日常の食事と宮中饗宴の料理を司った初代主厨長の一代記。若き日のフランス修業時代、宮内省大膳寮で学んだ天皇の嗜好、宮中のしきたり、また外遊に同行した際の体験などを語る。日本の西洋料理界に大きく貢献した著者の料理に対する知識と探求心が窺える、貴重な食味随筆。

`8

一路 上

浅田次郎/著 / 中央公論新社
2015/08/09発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

父の死により江戸から国元に帰参した小野寺一路は、参勤道中御供頭のお役目を仰せつかる。家伝の行軍録を唯一の手がかりに、いざ江戸見参の道中へ!

`9

幸せの条件

誉田哲也/著 / 中央公論新社
2015/08/25発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

恋も仕事も中途半端、片山製作所勤務の「役立たずOL」梢恵に、ある日まさかの社命が下された―単身長野に赴き、新燃料・バイオエタノール用のコメを作れる農家を探してこい。行く先々で断られ、なりゆきで農業見習いを始めた24歳に勝算はあるか!?働くこと、生きることの意味を問う、『ジウ』シリーズ著者による新境地。

`10

地球連邦の興亡 1

佐藤大輔/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

人類の存亡を懸けた第一次オリオン大戦は終結した。地球連邦に束の間の平和が訪れるも、戦後処理への不満は各地で増大。内乱の危機が忍び寄るなか、日系惑星出身の二人の男が植民惑星に赴くが…。二十二世紀末、銀河へと版図を広げた人類の苦闘を描くSF巨篇。書き下ろし短篇「救難任務/泥森の罠」収録。

`11

園芸家12カ月

カレル・チャペック/著 小松太郎/訳 / 中央公論社
1996/02/28発売
¥535 ¥535 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

チェコの生んだ最も著名な作家カレル・チャペックは、こよなく園芸を愛した。彼は、人びとの心まで耕して、緑の木々を茂らせ、花々を咲かせる。その絶妙のユーモアは、園芸に興味のない人を園芸マニアにおちいらせ、園芸マニアをますます重症にしてしまう。無類に愉快な本。

`12

食味風々録(ぶうぶうろく)

阿川弘之/著 / 中央公論新社
2015/08/25発売
当日~2日で発送
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

生涯最初のチーズの味、向田邦子との美味談義、海軍時代の仲間との旨いものの縁、文士たち贔屓の老舗の鰻、食堂車の思い出…、記憶の中の多彩な料理と交友を綴る、自叙伝的食随筆。巻末に、阿川佐和子との父娘対談「父さんはきっとおいしい」を収録。第五三回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞作。

`13

ジャック白井と国際旅団 スペイン内戦を戦った日本人

川成洋/著 / 中央公論新社
2013/10/23発売
5~10日で発送
¥885 ¥885 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

ファシズムが世界で台頭した時代、「第二次大戦の前哨戦」としてスペイン内戦が始まる。孤児であり、船乗りを経てニューヨークで底辺生活をしていた一人の日本人が、この戦いに義勇兵として加わった。その実像を詳細な史料踏破と、関係者への膨大な取材をもとに明らかにする。

`14

こころの体操を大切に いつもいいことさがし 2

細谷亮太/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

小児科医として、かけがえのない、いのちを見続けてきた体験から、本当に大切なものや、後世に伝えていくべきものを語る。あらためて人間同士のつながりや共感することの意味を問い直す。日々の暮らしに希望を見出す珠玉のエッセイ集。『暮しの手幀』の人気エッセイ「いつもいいことさがし」の文庫化第二集。

`15

革新幻想の戦後史 下

竹内洋/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
¥950 ¥950 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

大学キャンパスを支配した“革新幻想"は、何をもたらし、どのようなねじれが生じたのか。そしてインテリと大衆の境目がなくなった現在、社会はどこへ向かうのか。左派と保守の二項対立では要約できない「あの時代の空気」を様々な切り口から掬い上げる。文庫版下巻には補論「鉄のトライアングル―進歩的文化人・岩波・朝日」を増補。

`16

革新幻想の戦後史 上

竹内洋/著 / 中央公論新社
2015/09/23発売
¥950 ¥950 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

戦後社会を席捲した「左派でなければ知的ではない」という空気“革新幻想"はどのようなものだったのか。渦中を見てきた社会学者が自分史と交差させながら、膨大な文献と聞き取り調査を駆使して立体的に描き出す。第一三回読売・吉野作造賞受賞作。文庫版上巻には補論「昭和戦前期「左傾学生」の群像―統計的考察」を増補。

`17

エチュード

今野敏/著 / 中央公論新社
2013/12/20発売
当日~2日で発送
¥720 ¥720 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

連続通り魔殺人事件で誤認逮捕が繰り返され、捜査は大混乱。ベテラン警部補・碓氷と美人心理調査官・藤森のコンビは巧妙な「犯人すり替え」のトリックに迫る!

`18

犬が星見た ロシア旅行

武田百合子/著 / 中央公論社
1981/12/30発売
¥782 ¥782 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

`19

物語が、始まる

川上弘美/著 / 中央公論新社
1999/08/30発売
5~10日で発送
¥596 ¥596 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

いつもの暮らしのそこここに、ひっそり開いた異世界への扉―公園の砂場で拾った「雛型」との不思議なラブ・ストーリーを描く表題作ほか、奇妙で、ユーモラスで、どこか哀しい、四つの幻想譚。芥川賞作家の初めての短篇集。

`20

完訳フロイス日本史 2

ルイス・フロイス/著 松田毅一/訳 川崎桃太/訳 / 中央公論新社
2000/01/30発売
5~10日で発送
¥1234 ¥1234 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

信長秀吉から庶民まで、西欧知識人が活写した戦国日本の政治と文化と生活―。第二巻は、信長のフロイス謁見、日乗上人とフロイスの論争、南蛮寺建立の顛末などキリシタン宗門の躍進を描く。フロイスの観察と描写は委曲を尽し、信任厚かった信長の人間像は躍如としている。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

`21

マンガ日本の古典 13

〔後深草院二条/原作〕 いがらしゆみこ/著 芝風美子/脚色 / 中央公論新社
2000/03/30発売
¥637 ¥637 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

後深草院の後宮に入った女房二条が、三十六年間にわたるみずからの半生を綴った日記・紀行文学。鎌倉中期の宮廷で燃えあがる灼熱の恋と罪の呵責の相剋―。苦しみの果てに自己を確立し成長していくひとりの女性の姿を叙情豊かに描く。平成九年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。

`22

日本語の美

ドナルド・キーン/著 / 中央公論新社
1999/12/30発売
¥741 ¥741 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「私にとって日本語は外国語ではない」―愛してやまない“第二の祖国"日本。日本人の気づかないことばの特徴や、三島由紀夫、司馬遼太郎ら作家達との交流、能・狂言の魅力、更にはライシャワー教授のことなど、日本文化の特質を内と外から独自の視点で捉え、卓抜な日本語とユーモアで綴るエッセイ集。

`23

完訳フロイス日本史 1

ルイス・フロイス/著 松田毅一/訳 川崎桃太/訳 / 中央公論新社
1999/12/30発売
¥1234 ¥1234 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

世界で日本でしか現代語訳されていない、西洋人による初の「日本史」の完訳本、待望の文庫化。第一巻は、布教草創期の折々に西洋人の新鮮な感性の捉えた見聞、とりわけ京や奈良の町並みや歴史的建造物、自由都市堺の殷賑、また将軍義輝の最期など、信長前史を活写する。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

`24

昭和の動乱 上

重光葵/著 / 中央公論新社
2001/09/29発売
¥967 ¥967 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

`25

昭和の動乱 下

重光葵/著 / 中央公論新社
2001/09/29発売
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

`26

本に読まれて

須賀敦子/著 / 中央公論新社
2001/10/30発売
¥741 ¥741 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

`27

君主論 新訳

マキアヴェリ/著 池田廉/訳 / 中央公論新社
2002/03/30発売
当日~2日で発送
¥843 ¥843 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

中庸が最高の徳とされてきた中世イタリアで、上に立つ者の資質を根底から再考した、歴史を超える普遍的な論考。君主は善悪ではなく人間性をみて他人の行動を予測し、常に臨戦態勢であるべきと大胆に提言する。

`28

初期万葉論

白川静/著 / 中央公論新社
2002/08/30発売
¥926 ¥926 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

万葉集の「見る」という語は、自然に対して交渉し、霊的な機能を呼び起こす語であった。人麻呂の解析を中心に、呪歌としての万葉歌、秘儀の方法としての歌の位置づけを明らかにする。

`29

秘録東京裁判

清瀬一郎/著 / 中央公論新社
2002/06/29発売
5~10日で発送
¥926 ¥926 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

太平洋戦争終結後の極東国際軍事裁判(通称東京裁判)において、弁護団の中心人物であり、また東条被告の主任弁護人でもあった著者による裁判秘録。文明の名のもとに行われた空前の戦争裁判の不当性を突く、迫真のドキュメント。

`30

東ゴート興亡史 東西ローマのはざまにて

松谷健二/著 / 中央公論新社
2003/03/30発売
¥926 ¥926 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

西ローマ帝国を滅ぼしたフン族の国を、この小さな王国が滅ぼし、一世紀後にこの国を、東ローマが滅ぼした。盛衰を繰り返すゲルマン系の小さな国々の一つを取り上げ、人物像を中心に流れを追って、いきいきと描く。

@スポンサー