`1

カワサキ・キッド

東山紀之/著 / 朝日新聞出版
2015/08/07発売
¥713 ¥713 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

川崎での少年時代が「ヒガシ」をつくった。40代になって初めて明かす自身のルーツ、運命の出会いと別れ、ジャニーズでの生活、30年ぶりの故郷再訪で見た原風景―。ちょっぴりせつなく、心あたたまる、秘話満載の自伝的エッセー。文庫版あとがきに「五年後に思う」を加筆。

`2

この君なくば

葉室 麟 / 朝日新聞出版
2015/10/07発売
予約受付中
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

伍代藩士の楠瀬譲と栞は互いに引かれ合う仲だが、譲は藩主の密命を帯びて京の政情を探ることとなる。やがて栞の前には譲に思いを寄せる気丈な女性・五十鈴が現れて……。激動の幕末維新を背景に、懸命に生きる男女の清冽な想いを描く傑作長編時代小説。

`3

D-ひねくれた貴公子 吸血鬼ハンター 29

菊地秀行/著 / 朝日新聞出版
2015/05/19発売
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

Dのもとへ、ダンピールの少年を連れた娘がやってくる。少年の父親である貴族の元へ行くので、護衛を依頼されたのだ。しかし、その一方でDは、少年に父親を殺す依頼も受けていたのだった。気のいい戦闘士の男を加えた一行は、野盗や敵の襲来を受けながら目的地を目指す。しかし、その前に現れた少年の父親とは!?ダンピールの少年はDの瞳と背中に何を見るのか!?

`4

図説吉原事典

永井義男/著 / 朝日新聞出版
2015/09/07発売
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

最新の文化やファッションの発信地でもあった江戸最大の遊興場所・吉原。340年もの間、人々を魅了し続けた理由、遊女の1日のスケジュール、花魁と一晩過ごすと現代ではいくらかかるのか…浮世絵と図版満載で、吉原がもっと身近になる、時代小説・吉原ファン必携の書。

`5

相棒season13(上)

輿水泰弘ほか/脚本 / 朝日新聞出版
2015/10/07発売
予約受付中
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

右京の知り合いのホームレスが拾った紙には、転落死した男の個人情報が記されていた。男はロシア人スパイの協力者で、ほかの協力者も次々と殺されていた──。スパイ事件に隠された闇を暴く「ファントム・アサシン」など7編を収録。

`6

スターリングラード 運命の攻囲戦1942-1943

アントニー・ビーヴァー/著 堀たほ子/訳 / 朝日新聞出版
2005/06/29発売
5~10日で発送
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

第二次世界大戦の転換点「スターリングラードの大攻防戦」を描く壮大な戦史ノンフィクション。膨大な資料や個人の手記、書簡、証言などをもとに史実を丹念に読み解き、兵士たちの肉声に触れながら、愚行と冷酷さに彩られた戦いの真の恐怖に迫る。世界23カ国で翻訳されたベストセラーの文庫化。サミュエル・ジョンソン賞ノンフィクション部門、ウルフソン歴史賞、ホーソーンデン賞受賞。

`7

村上春樹はくせになる

清水良典/著 / 朝日新聞出版
2015/09/07発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

今や世界中の読者が最新作を待ち望んでいるハルキ作品。繰り返し現れる「闇の力」、「鼠」や「羊男」は何を意味するのか。作品にちりばめられた謎とつながりを読み解けば、もっと深く読むことができる!文庫化に際し、最新長編『1Q84』『多崎つくる〜』の項を大幅加筆。

`8

深代惇郎の天声人語

深代惇郎/著 / 朝日新聞出版
2015/09/07発売
1~3週間で発送
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

朝日新聞1面のコラム「天声人語」。この欄を1970年代半ばに3年弱執筆、読む者を魅了し続けて新聞史上最高のコラムニストとも評されながら急逝した記者がいた。その名は深代惇郎―。彼の天声人語から特によいものを編んだベスト版が新装文庫判で復活。

`9

漂流老人ホームレス社会

森川すいめい/著 / 朝日新聞出版
2015/07/07発売
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

現代日本の現実は「路上」から見えてくる。彼らはなぜホームレスにならなくてはいけないのか。うつ・DV・認知症・派遣切り…、私たちの半歩だけ隣にある現実を、20年以上ホームレス支援を続けている精神科医が活写した魂のルポルタージュ。彼らは希望を見いだせるか。

`10

ぼくらは都市を愛していた

神林長平/著 / 朝日新聞出版
2015/01/07発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

デジタルデータのみを破壊する「情報震」が地球上で頻発している。原因はおろか震源地すら特定できない。あらゆる情報が崩壊し、機能を失った大都市からは人の影が消えた。偵察のためトウキョウに進駐した日本情報軍機動観測隊は、想定外の「敵」と出会う…。

`11

嘆きの美女

柚木麻子/著 / 朝日新聞出版
2014/06/06発売
¥583 ¥583 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

ほぼ引きこもり、外見だけでなく性格も「ブス」、ネットに悪口ばかり書き連ねる耶居子。あるとき美人ばかりがブログを公開している「嘆きの美女」というHPに出会い、ある出来事をきっかけに彼女たちと同居するハメに。全女性に送る成長小説。

`12

ぬるい生活

群ようこ/著 / 朝日新聞出版
2010/02/04発売
¥583 ¥583 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

年齢を重ねるにつれ、体調不良、心の不調など、様々な問題は出てくるもの。そんな“ままならなくなってくる自分"をそのまま受け止めて、ぬるーく過ごす。無理も我慢もしない。面倒になったらやらない。自分を甘やかしてかわいがる。とかく無理しがちな現代人必読の“がんばらなくてもいい"と思える25篇。

`13

街道をゆく 11 新装版

司馬遼太郎/著 / 朝日新聞出版
2008/09/29発売
¥583 ¥583 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

日本侵略へのフビライの執念に思いを馳せた「蒙古塚」を皮切りに、地図をながめるだけで「にわかに貿易風の吹きわたるにおいを感じてしまう」という肥前のみちをゆく。平戸から長崎へ、中世末の日本が初めて「普遍」の波に洗われた海岸に沿って歩く旅は、世界史的な視野を盛り込んだスケールの大きな「街道をゆく」に。のちの「南蛮のみち」や『韃靼疾風録』への序章ともなった。

`14

春灯雑記

司馬遼太郎/著 / 朝日新聞出版
1996/01/30発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

「春のともしびは、靄気に滲んで、輪郭がぼやけている。この本もおよそそんなものだとおもってくだされば、気が楽である」。脳死と臓器移植と宗教観、国際社会と日本の歩む道―。今日的な問題から歴史の深い襞に踏み込んで、日本の精神風土を見つめ直す濃密な長編エッセイ5編。

`15

街道をゆく 29 新装版

司馬遼太郎/著 / 朝日新聞出版
2009/02/27発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

象潟の蚶満寺に、『街道をゆく』としてはめずらしく戦友を訪ねるところから「秋田県散歩」の旅は始まる。菅江真澄、狩野亨吉、内藤湖南など、清明無私で著者好みの先人を追う足は、南部との藩境近くまで伸びた。「飛騨の匠」の伝統、戦国期の支配者・金森氏の洗練、鉱山を背景にした富裕の跡を訪ねる「飛騨紀行」。下界と隔絶した感のある高原の国ゆえに残る「品のよさ」を再確認する。

`16

街道をゆく 37 新装版

司馬遼太郎/著 / 朝日新聞出版
2009/03/30発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

明治の日本で、欧米文化を地方に配る配電盤の役割を一手に引き受けた東京。中心は東大をもつ本郷だった。夏目漱石の「三四郎」をテキストにして、東京の成立の玄妙さを考える。登場人場に「日本は亡びるね」といわせた漱石に、深い共感を寄せる。執筆したのはバブルの崩壊が進行中の時代で、筆者も同じことを考えていたのだろう。ラストの三四郎池で、釣りの少年との会話が印象に残る。

`17

梅原猛の授業仏になろう

梅原猛/著 / 朝日新聞出版
2009/10/30発売
5~10日で発送
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

人々の心から道徳心がなくなりつつある今こそ、仏教を知ってもらいたい。仏教を知りつくした著者が、十善戒(すべきでないこと)、六波羅蜜(すべきこと)、四弘誓願(仏の願い)など、仏の教えを説きながら、かつて日本人の精神の糧となっていた仏教道徳についてやさしく解説する。

`18

吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日

森光子/著 / 朝日新聞出版
2009/12/30発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

親の借金のために吉原へ売られた少女・光子が綴った花魁・春駒としての壮絶な日々の記録。(歴史図書総目録より)

`19

潜入ルポアマゾン・ドット・コム

横田増生/著 / 朝日新聞出版
2010/12/07発売
¥950 ¥950 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

アマゾンジャパンの物流倉庫に、ひとりのジャーナリストが潜入する。厳しいノルマとコンピュータによる徹底的な管理。そしてアマゾン社員を頂点とする「カースト制度」のなか、著者が目にした「あるもの」とは…。驚異的な成長の裏に隠された真実に迫る。

`20

共生経済が始まる 人間復興の社会を求めて

内橋克人/著 / 朝日新聞出版
2011/05/06発売
¥670 ¥670 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

Foods(食糧)・Energy(エネルギー)・Care(介護・ケア)という基本的生存権を守ることこそが、社会の最大の使命である―市場原理主義に警鐘を鳴らし続けてきた著者が、未曾有の大震災に直面した日本人が進むべき社会の指針と、再生への道筋を示す、経済コラム集大成。

`21

糾弾 まず石を投げよ

久坂部羊/著 / 朝日新聞出版
2012/01/04発売
5~10日で発送
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

外科医・三木達志は自らの医療ミスを認め、患者の遺族に賠償金支払いを申し出た。これを究極の誠意と感じたライターの菊川綾乃は取材に乗り出すが、「あれは殺人だった」という手紙が舞い込む。医療ミスを糾弾する者とされる者の闇を描く渾身のミステリー。

`22

松浦弥太郎の仕事術

松浦弥太郎/著 / 朝日新聞出版
2012/07/06発売
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

仕事と暮らしにおいて、いつでも幸せを運んできてくれるのは“人"である―。「その人の後ろの“50人"を意識する」「あえて距離を縮めない」「仕事と車と靴の法則」「行動のエンジンは思索」など、『暮しの手帖』編集長が贈る、あなたの人生を変える仕事術。

`23

D-黄金魔 吸血鬼ハンター 25 上

菊地秀行/著 / 朝日新聞出版
2012/08/30発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

貴族相手に借金を取り立てるという老人が、Dに護衛を依頼してきた。ただこの老人、貸し倒れは貴族だけではなく、強盗団の親玉や操獣師なども追いかけているらしい。貴族以外はカバーしないと断ろうとするDに、老人は「昔、“神祖"に会ったことがある」と、その時の様子を教えることを交換条件に護衛を引き受けさせる。果たして“神祖"は、老人に何を語ったのか…?圧倒的な人気を誇る“吸血鬼ハンター"シリーズの最新刊。

`24

D-黄金魔 吸血鬼ハンター 25 下

菊地秀行/著 / 朝日新聞出版
2012/12/06発売
¥713 ¥713 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

“神祖"に愛された貴族の居城まであと少しというところで、Dたちの行く手を阻むように忽然と町が現れた。その町には、数分前まで人々が活動していた形跡があるものの、何者かの手によって一瞬のうちに幽霊町にされてしまったのだ。そして魔手は一行にも向けられ、彼らの眼の前で操獣師のトーバが消失してしまう。大きな戦力を欠いたまま貴族の城に乗り込まなくてはならなくなった人間たちの運命は!?“黄金魔"編、完結。

`25

絵本処方箋

落合恵子/著 / 朝日新聞出版
2013/07/05発売
¥626 ¥626 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

煮詰まったとき、前のめりになっているとき、思いっきり笑いたいとき、一冊の絵本を開き、違う景色を旅してみませんか?ロングロングセラーから珍しい一冊まで、著者ならではのセレクトが光る。さまざまな感情生活を背負う大人達を癒す、絵本の処方箋。

`26

読み解き「般若心経」

伊藤比呂美/著 / 朝日新聞出版
2013/08/07発売
¥540 ¥540 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

寝たきりの母、病をかかえて残される孤独な父。そして父母の介護と看取りのなかで、娘が出会ったのは、日々の暮らしに結びついたお経だった。苦しみを癒やす、般若心経、白骨、観音経、法句経、地蔵和讃…。詩人の技を尽くして画期的な現代語に訳す。

`27

相棒 season10上

輿水泰弘/脚本 櫻井武晴/脚本 戸田山雅司/脚本 太田愛/脚本 碇卯人/ノベライズ / 朝日新聞出版
2013/09/06発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

仮釈放中に投身自殺した男の遺書に名指しで罵倒された神戸尊が、杉下右京とともに事件の再捜査に奔る「贖罪」、小馬鹿にしたような振る舞いで捜査員を悩ませるジャズシンガーの本性に迫る「ラスト・ソング」など6編を収録。解説・本仮屋ユイカ。

`28

極北ラプソディ

海堂尊/著 / 朝日新聞出版
2013/10/08発売
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

「医療が病んでいては、患者の治療など、できるはずがありません」財政破綻した北海道・極北市の市民病院。再建を図る新院長・世良雅志は、大幅な人員削減と投薬抑制、救急診療の外部委託を断行。医師として、その是非に悩む外科医・今中良夫に、“将軍"と呼ばれる救急医・速水晃一が仕切る雪見市の救命救急センターへの出向の指示がくだる――ドクターヘリは、瀕死の命と崩壊寸前の地方医療を救えるか? 日本を襲う医療格差の現実に立ち向かう問題作!

`29

極北クレイマー 新装版

海堂尊/著 / 朝日新聞出版
2013/10/08発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

財政難にあえぐ極北市の市民病院に赴任した非常勤医・今中は、院内での対立、不衛生な病床、診療費未払いといった問題山積の現場に愕然とする。そんななかやってきた謎の女医・姫宮と、浮上する医療事故疑惑―日本が直面する地方医療問題に迫る意欲作。

`30

相棒 season10中

輿水泰弘/脚本 櫻井武晴/脚本 戸田山雅司/脚本 古沢良太/脚本 徳永富彦/脚本 太田愛/脚本 守口悠介/脚本 高橋悠也/脚本 碇卯人/ノベライズ / 朝日新聞出版
2013/10/08発売
¥886 ¥886 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

子供たち7人を人質としたバスに同乗した神戸尊と、捜査本部で事件解決を目指す杉下右京の葛藤を描く「ピエロ」、フィリップ・マーロウを敬愛する探偵・矢木の活躍を描く「名探偵再登場」など7篇を収録。解説・吉田栄作。

@スポンサー