`1

日本海軍はなぜ過ったか 海軍反省会四〇〇時間の証言より

澤地久枝/著 半藤一利/著 戸高一成/著 / 岩波書店
2015/07/16発売
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

戦後三五年を経て密かに始められた「海軍反省会」。部外者には非公開だった会の記録が、録音テープに残されていた。その長さ、四〇〇時間。海軍トップエリートたちの実像や、戦争突入への実際の経緯などが生々しく語られていた。勝算もないまま、なぜ日本は、戦争へ突き進んでいったのか?反省会の肉声の証言がもたらす衝撃をめぐって繰り広げられた白熱の議論、そして戦後七〇年への思い。

`2

ご冗談でしょう、ファインマンさん 上

R.P.ファインマン/著 大貫昌子/訳 / 岩波書店
2013/04/11発売
¥1188 ¥1188 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

20世紀アメリカの独創的物理学者が、奇想天外な話題に満ちた自らの体験をユーモアたっぷりに語る。持ち前の探求心と、大のいたずら好きは少年時代から変わらぬまま。大学時代や戦時下の研究所生活でも、周囲はいつもファインマンさんにしてやられる。愉快なエピソードのなかに、科学への真摯な情熱を伝える好読物。

`3

笑いと治癒力

ノーマン・カズンズ/〔著〕 松田銑/訳 / 岩波書店
2001/01/30発売
¥1037 ¥1037 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

`4

死の民俗学 日本人の死生観と葬送儀礼

山折哲雄/著 / 岩波書店
2002/03/30発売
¥1166 ¥1166 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

古来日本人は「死」をどのように受け止めてきたのか。本書では、日本人の遺骨崇拝の源流を探り、死と葬送の儀礼、なかでも天皇の死をめぐる儀礼の構造の分析から、日本人の死の観念の特色を受かび上がらせる。そして天皇の生理的な死と社会的な死の差の考察から、王権とその継承の視角にも新たな光をあてる。

`5

歌右衛門の疎開

山川静夫/著 / 岩波書店
2002/12/30発売
5~10日で発送
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

六世歌右衛門は戦争末期、著者の先輩今福祝アナウンサーの厚木の実家に疎開した。彼は坊主頭でカーキ色の国防服を着てゲートルを巻き、力仕事をした。十五代目羽左衛門、勘弥、勘三郎、十一代目の団十郎、二代目松緑―名優たちへの挽歌を中心に、脇役や大向うの人々、自らの声色修業など、歌舞伎にまつわるエピソードを名調子で語る好エセッイ。

`6

聖書時代史 旧約篇

山我哲雄/著 / 岩波書店
2003/01/30発売
5~10日で発送
¥1339 ¥1339 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

旧約聖書はイスラエル・ユダヤ民族の波瀾万丈の歴史を記すが、そこで描かれるのはあくまで、後の時代に「信じられた」歴史である。本書は最新の歴史的・考古学的研究の成果を盛り込み、イスラエル人のパレスチナ定着からローマのユダヤ征服に至るまでの聖書の記述の背後に、どのような「もう一つの」真実の歴史があったのかを明らかにする。

`7

仏典のことば

中村 元 著 / 岩波書店
2004/05/30発売
5~10日で発送
¥1274 ¥1274 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

仏典が時空を超えて、現代人の心の悩みに呼びかけてやまないのはなぜか。本書は碩学が経済倫理、政治倫理、人生の指針など仏教の社会思想の全体像をわかりやすく説き、混迷する現代の緊急の課題に仏教の教えはどう応えるかを解明しようとした「仏典のエッセンス」である。

`8

評伝緒方竹虎 激動の昭和を生きた保守政治家

三好徹/著 / 岩波書店
2006/03/30発売
5~10日で発送
¥1188 ¥1188 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

朝日新聞主筆として勇名をはせた言論人緒方竹虎は、第二次世界大戦末期に政界入りする。終戦処理の苦労をつぶさに体験し、五五年保守合同をなしとげ、次期自民党総裁と目されながら急逝―一身にして二世を生きた緒方の生涯と精神を、激動の昭和史に即して描き政治の原点を問う本書は、良質の保守政治家も消え混迷を続ける現在の日本政治の指針ともなるだろう。

`9

ストレス「善玉」論

中沢正夫/著 / 岩波書店
2008/01/30発売
5~10日で発送
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

精神科医である著者の元には、ストレスを訴えやってくる患者が絶えない。しかし、著者自身もストレスにのたうち回る日々。その体験をユーモアあふれる筆致でつづり、ストレスは自分の生きがいと密接に関係しており、それ自体は必ずしも「悪玉」ではないことを語る。身体症状に直結させないための対処法に加え、今回新たに「職場の同僚が潰れたとき、復帰してくるとき」を加筆。

`10

ケインズ『一般理論』を読む

宇沢弘文/著 / 岩波書店
2008/07/30発売
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

ケインズが一九三六年に刊行した『雇用、利子および貨幣の一般理論』は二〇世紀経済学で最大の影響力を持つ名著でありながら、その難解さでも知られる。現代資本主義の制度に内在する不安定要因、失業とインフレーションの可能性、景気の長期停滞と所得分配の不平等化に直面しながらケインズが構想した『一般理論』を、私たちはどのように読み解くべきか。本書は、『一般理論』の内容に即して緻密に解説を加えている。ケインズ経済学の全体像を知る上でも必読の書である。

`11

民衆の大英帝国 近世イギリス社会とアメリカ移民

川北稔/著 / 岩波書店
2008/10/30発売
¥1188 ¥1188 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

一七・一八世紀イギリス社会の貧民層にとって、帝国の形成は何を意味したか。落魄し年季奉公の契約をして海を渡った者、兵士、流刑者、農民。植民地アメリカの基盤を造った彼らの出自と体験から、大西洋へと送り出した社会の実像が浮かび上がる。史料を駆使し、人の行き来の側面から大英帝国の姿をヴィヴィッドに描く「帝国」の社会史。

`12

ぼくらはガリレオ

板倉聖宣/著 / 岩波書店
2010/12/30発売
5~10日で発送
¥1102 ¥1102 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

なぜ物は落ちるのか。4人の中学生と先生が「アリストテレスはまちがっている」と言ったガリレオの思考をなぞりながら、物が落ちるほんとうの理由を導きだす。本書は、こんな場合はどうだろう、こう考えたらどうなるか、など仮説を立てながら自分たちで実験し確かめていくという「仮説実験授業」の基本書。待望の文庫版である。

`13

人を不幸にしない医療 患者・家族・医療者

山城紀子/著 / 岩波書店
2011/07/15発売
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

認知症のお年寄りを「安全のため縛る」ということ、若く意欲的な医師が過労により亡くなってしまう現実…。医療を取り巻く過酷な状況を改善する試みが沖縄で始まった。「縛らない」ための試行錯誤、全国初の公務員医師労組の結成、白衣を着ないでの診療、患者が理解できるカルテの作成。沖縄での多様な実践を生きいきと描く、ヒューマンドキュメント。

`14

砂の文明石の文明泥の文明

松本健一/著 / 岩波書店
2012/08/17発売
¥1037 ¥1037 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

二〇〇一年の9・11事件とアフガニスタン・イラク戦争に触発されて書かれた比較文明論。民族と風土のあり様を「砂の文明」としてのイスラム圏、「石の文明」としての欧米、「泥の文明」としてのアジアに分類。それぞれの文明の本質をネットワークする力、外に進出する力、内に蓄積する力であると述べ、この十年の世界の動向をふまえて「文明の衝突」論を批判し、「泥の文明」の可能性を追求する。

`15

あたらしい憲法のはなし 他二篇 付英文対訳日本国憲法

高見勝利/編 / 岩波書店
2013/09/18発売
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

新しい憲法明るい生活. あたらしい憲法のはなし. 新憲法の解説

`16

関東大震災と中国人 王希天事件を追跡する

田原洋/著 / 岩波書店
2014/08/19発売
¥1274 ¥1274 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

一九二三年九月の関東大震災の時、朝鮮人や社会主義者に対する虐殺とともに、なぜ中国人に対する虐殺があったのか?証言と史料の発掘によって、周恩来の親友で、東京で日本在住中国人のためにセツルメント活動をしていた若き中国人リーダー王希天(一八九六‐一九二三)の死の真相に迫り、政府ぐるみの隠蔽工作を明らかにするドキュメンタリー。特に加害者へのインタビューは圧巻である。

`17

原始仏典を読む

中村元/著 / 岩波書店
2014/09/17発売
¥1469 ¥1469 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

代表的な原始仏典『スッタニパータ』『ダンマパダ』『テーラガーター』などから主要部を読みながら、釈尊の教えと生涯を平明に解読。仏教で実践すべき理法の基本が「慈悲」の精神であることを明らかにする。<br>パーリ語原始仏典について . ゴータマ・ブッダの生涯 . 最後の旅路 . ブッダ . 基本となる教え . 釈尊を慕う人々 . 慈悲の理想 . 経済倫理の問題

`18

老いの空白

鷲田清一/著 / 岩波書店
2015/01/16発売
¥1102 ¥1102 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

現役をリタイアした後、長い時日を過ごすのは人類初めての経験なのに、その文化はまだ空白のままだ。未曽有の超高齢化時代を迎え、“老い"に対する我々の考え方も取り組み方も変化せざるをえないのに、“老い"が「問題」としてしか論じられてこなかったことこそが問題なのではないか。「日常」「アート」「顔」など身近な問題を哲学的なテーマとして論じてきた第一線の哲学者が、現代社会の難問に挑む。

`19

チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る

大河内直彦/著 / 岩波書店
2015/01/16発売
¥1339 ¥1339 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

温暖化の背後から静かに、しかし確実に聞こえてくる気候変動の足音。地球は、これまでどう変わってきたのか。これからどう変わってゆくのか。謎の解明にいどむ科学者たちのドラマを、スリリングなストーリー展開で描く。日本の科学ノンフィクションに新たな地平をひらいた、講談社科学出版賞受賞作。

`20

釜ケ崎と福音 神は貧しく小さくされた者と共に

本田哲郎/著 / 岩波書店
2015/02/17発売
¥1058 ¥1058 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

一人のホームレスとの出会いが神父の生き方を変えた。人を根底から変え、解放と救いをもたらす力は最も社会的に低くされた者の中にあり、神の選びは貧しく打ち捨てられた者の側にこそある。釜ケ崎の労働者たちの感性に学び、その願いに連帯し、ともに働く道を探った二十年の歳月を語り、聖書を読みなおす。実体験により育まれた、独自の福音理解にもとづく力強い聖書の思想がここにある。

@スポンサー