`1

原文万葉集 上

佐竹昭広/校注 山田英雄/校注 工藤力男/校注 大谷雅夫/校注 山崎福之/校注 / 岩波書店
2015/09/16発売
当日~2日で発送
¥1231 ¥1231 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

`2

君たちはどう生きるか

吉野源三郎/著 / 岩波書店
2014/02/27発売
当日~2日で発送
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

`3

お伽草紙・新釈諸国噺

太宰治/作 / 岩波書店
2004/08/30発売
5~10日で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」。誰もが知っている昔話も太宰治(1909‐48)の手にかかったら…。親しみやすい語り口に諷刺とおどけをしのばせ、天性の喜劇作家がおなじみの説話の世界を自由奔放に換骨奪胎。作者が「世界で一ばん偉い作家」と惚れこむ西鶴の作品を踏まえた「新釈諸国噺」を併収。

`4

摘録断腸亭日乗 上

永井荷風/著 磯田光一/編 / 岩波書店
1987/06/29発売
5~10日で発送
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

永井荷風(1879‐1959)は38歳から79歳の死の直前まで42年間にわたって日記を書きつづけた。断腸亭とは荷風の別号、日乗とは日記のこと。岩波版全集で約3000ページにのぼるその全文からエッセンスを抄出し読みやすい形で提供する。この壮絶な個人主義者はいかに生き、いかに時代を見つづけたか。

`5

わたしの「女工哀史」

高井としを/著 / 岩波書店
2015/05/15発売
当日~2日で発送
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

『女工哀史』の著者細井和喜蔵(1897‐1925)の妻高井としを(1902‐83)の自伝。10歳で紡績女工になり、労働運動を通じて和喜蔵に出会い、事実上の共作者として夫の執筆を支えた。戦争を挟んだ貧しさのなか、ヤミ屋や日雇い労働で5人の子を育てながら、社会保障を求めて闘いつづけた生涯の貴重な記録。

`6

やし酒飲み

エイモス・チュツオーラ/作 土屋哲/訳 / 岩波書店
2012/10/16発売
5~10日で発送
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった」―。やし酒を飲むことしか能のない男が、死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る。旅路で出会う、頭ガイ骨だけの紳士、幻の人質、親指から生まれ出た強力の子…。神話的想像力が豊かに息づく、アフリカ文学の最高傑作。作者自身による略歴(管啓次郎訳)を付す。

`7

珊瑚集 仏蘭西近代抒情詩選

永井荷風/訳 / 岩波書店
1991/10/30発売
¥540 ¥540 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

ボードレールやヴェルレーヌなどフランス近代の詩人の作品から、荷風(1879‐1959)が深く自らの絵線に触れた詩を選んで、流麗な日本語にうつした訳詩集。甘美な恋愛をうたう一方で悪や死に魅かれる冷酷な心理、あるいは享楽主義といった荷風文学の諸要素が早くも表れている。巻末にフランス語の原詩を付した。

`8

国家 上

プラトン/著 藤沢令夫/訳 / 岩波書店
1979/03/30発売
¥1188 ¥1188 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

ソクラテスは国家の名において処刑された。それを契機としてプラトン(前427‐前347)は、師が説きつづけた正義の徳の実現には人間の魂の在り方だけではなく国家そのものを原理的に問わねばならぬと考えるに至る。この課題の追求の末に提示されるのが、本書の中心テーゼをなす哲人統治の思想に他ならなかった。プラトン対話篇中の最高峰。

`9

竹取物語

阪倉篤義/校訂 / 岩波書店
1978/11/29発売
5~10日で発送
¥454 ¥454 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

幼い時からかぐや姫の話として誰もが親しんでいるこの物語は、『源氏物語』の中でもすでに昔話として出てくるように、日本最古の物語文学といわれる。光を放つ一筋の竹の中から生まれて気高く成長した姫が、貴公子たちやみかどの求婚をしりぞけて天に昇っていく姿が、他の平安時代の物語に比べてはるかにわかりやすい、素朴な文章で綴られている。

`10

新生 後編

島崎藤村/作 / 岩波書店
1976/11/29発売
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

`11

荘子 第1冊

〔荘子/著〕 金谷治/訳注 / 岩波書店
1978/11/29発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

`12

荘子 第2冊

〔荘子/著〕 金谷治/訳注 / 岩波書店
1978/11/29発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

`13

パイドロス

プラトン/著 藤沢令夫/訳 / 岩波書店
1979/11/29発売
当日~2日で発送
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

真実そのものの把握なしには真実らしく語ることさえ本来的に不可能であることを立証し、「哲学」の立場から鋭く当時の弁論術を批判したのがこの対話篇である。本書はプラトン(前427‐347)の代表作の一つであって、特に『ソクラテスの弁明』をはじめとする前期著作群を『テアイテトス』以降の著作に結びつけてゆく重要な役割を担っている。

`14

旧約聖書 詩篇

関根正雄/訳 / 岩波書店
1976/11/29発売
5~10日で発送
¥1102 ¥1102 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

`15

日本の弓術

オイゲン・ヘリゲル/述 柴田治三郎/訳 / 岩波書店
1982/09/29発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

的にあてることを考えるな、ただ弓を引き矢が離れるのを待って射あてるのだ、という阿波師範の言葉に当惑しながら著者(1884‐1955)は5年間研鑽を積み、その体験をふまえてドイツに帰国後講演を行なった。ここには西欧の徹底した合理的・論理的な精神がいかに日本の非合理的・直観的な思考に接近し遂に弓術を会得するに至ったかが冷静に分析されている。

`16

眠られぬ夜のために 第2部

ヒルティ/著 草間平作/訳 大和邦太郎/訳 / 岩波書店
1978/11/29発売
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

枕頭の書として多数の読者に迎えられた第一部に続き、「必要に応じて一年ごとに第一部と交替に読めるよう第二部を」との要望に応えて編まれたもの。第一部同様、含蓄深い哲学的断章により、人間とは何か、神とは、愛とは、死とは、と誰もが避けて通れない問題が論じられる。すべてがきわめて実際的であり、簡明で的確な言葉に満ちた人生の書。

`17

史記列伝 1

司馬遷/著 小川環樹/〔ほか〕訳 / 岩波書店
1978/12/30発売
5~10日で発送
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

`18

ワーズワース詩集

ウィリアム・ワーズワース/著 田部重治/選訳 / 岩波書店
1980/11/29発売
5~10日で発送
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

`19

オイディプス王

ソポクレス/著 藤沢令夫/訳 / 岩波書店
1980/11/29発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

オイディプスが先王殺害犯人の探索を烈しい呪いの言葉とともに命ずる発端から恐るべき真相発見の破局へとすべてを集中させてゆく緊密な劇的構成。発端の自信に満ちた誇り高い王オイディプスと運命の運転に打ちひしがれた弱い人間オイディプスとの鮮やかな対比。数多いギリシア悲劇のなかでも、古来傑作の誉れ高い作品である。

`20

知られざる傑作

オノレ・ド・バルザック/著 水野亮/訳 / 岩波書店
1980/11/29発売
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「芸術の使命は自然を模写することではなくこれを表現することにある」という信念をいだいて一つの作品に十年の精進をささげた老画家が、限りなき理想と限りある人間の力量との隔絶に絶望し、ついに心血を注いだ画布を焼きすてて自殺する経緯を描いた「知られざる傑作」をはじめ『人間喜劇』からえりすぐった6つの短篇を収める。

`21

歌よみに与ふる書

正岡子規/著 / 岩波書店
1983/02/27発売
¥540 ¥540 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

`22

ブッダの真理のことば感興のことば

中村元/訳 / 岩波書店
1981/11/29発売
¥1015 ¥1015 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

『法句経』の名で知られる「真理のことば」(ダンマパダ)も、併収の「感興のことば」(ウダーナヴァルガ)も、ブッダの教えを集めたもので、人間そのものへの深い反省や生活の指針が風格ある簡潔な句に表わされている。「ウダーナヴァルガ」とは、ブッダが感興をおぼえた時、ふと口にした言葉集というほどの意味で、本訳は世界でも初めての完訳。

`23

仰臥漫録

正岡子規/著 / 岩波書店
1983/10/30発売
¥540 ¥540 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

子規が死の前年の明治34年9月から死の直前まで、俳句・水彩画等を交えて赤裸々に語った稀有な病牀日録。現世への野心と快楽の逞しい夢から失意失望の呻吟、絶叫、号泣に至る人間性情のあらゆる振幅を畳み込んだエッセイであり、命旦夕に迫る子規(1867‐1902)の心境が何の誇張も虚飾もなくうかがわれて、深い感動に誘われる。

`24

草迷宮

泉鏡花/作 / 岩波書店
1985/07/30発売
当日~2日で発送
¥540 ¥540 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

幼な子の昔、亡き母が唄ってくれた手毬唄。耳底に残るあの懐かしい唄がもう一度聞きたい。母への憧憬を胸に唄を捜し求めて彷徨する青年がたどりついたのは、妖怪に護られた美女の棲む荒屋敷だった。毬つき唄を主軸に、語りの時間・空間が重層して、鏡花ならではの物語の迷宮世界が顕現する。

`25

兵法家伝書 付 新陰流兵法目録事

柳生宗矩/著 渡辺一郎/校注 / 岩波書店
1985/07/30発売
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

柳生宗矩は、徳川将軍秀忠・家光の兵法師範であった。50歳を過ぎてようやくこの道の滋味を得た、という宗矩は、以後次々と伝書を書きついだ。寛永9年、行政官僚への転進を機に、新陰流の技法・理論を集大成して『兵法家伝書』を完成する。十余年後に書かれた『五輪書』とともに、近世武道書の二大巨峰といわれる。

`26

摘録断腸亭日乗 下

永井荷風/著 磯田光一/編 / 岩波書店
1987/07/30発売
当日~2日で発送
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

読む者を捕えてはなさぬ荷風日記の魅力を「あとを引く」面白さとでもいおうか。そういう日記の、ではどのあたりが最も精彩に富むかといえば、その一つとして戦中の記事をあげねばなるまい。なかでも昭和20年3月10日の東京大空襲にはじまる5ヵ月間の罹災記事は圧巻である。昭和12〜34年を収録。

`27

野火・ハムレット日記

大岡昇平/作 / 岩波書店
1988/04/29発売
当日~2日で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

`28

フランス文学案内

渡辺一夫/著 鈴木力衛/著 / 岩波書店
1990/02/27発売
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

フランス文学は人間学であり、フランス文学史とは人間学の連続講演に他ならぬという発想で本書は執筆され、三十年間にわたって幅広い読者にむかえられてきた。このたび20世紀の部を増補改訂してアップ・トゥー・デートな内容とし、併せて全面改版をほどこした。

`29

漱石俳句集

〔夏目漱石/著〕 坪内稔典/編 / 岩波書店
1990/03/30発売
¥648 ¥648 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

`30

杜甫詩選

杜甫/〔著〕 黒川洋一/編 / 岩波書店
1991/01/30発売
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

@スポンサー