`1

猫とともに去りぬ

ロダーリ/著 関口英子/訳 / 光文社
2006/08/30発売
1~3週間で発送
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

魚になってヴェネツィアを水没の危機から救う一家。ピアノを武器にするカウボーイ。ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人。捨てられた容器が家々を占拠するお話…。現代社会への痛烈なアイロニーを織り込んだ、ユーモアあふれる知的ファンタジー短編集。

`2

幼年期の終わり

クラーク/著 池田真紀子/訳 / 光文社
2007/10/30発売
¥802 ¥802 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか?異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

`3

変身/掟の前で 他2編

カフカ/著 丘沢静也/訳 / 光文社
2007/08/30発売
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

家族の物語を虫の視点で描いた「変身」。もっともカフカ的な「掟の前で」。カフカがひと晩で書きあげ、カフカがカフカになった「判決」。そしてサルが「アカデミーで報告する」。カフカの傑作4編を、もっとも新しい“史的批判版"にもとづいた翻訳で贈る。

`4

プロタゴラス あるソフィストとの対話

プラトン/著 中澤務/訳 / 光文社
2010/11/29発売
¥741 ¥741 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「人間の徳(アレテー)は、教えられるものなのか?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。若くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中のプロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話を始める。しかし、議論は二転三転。次第に哲学的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎えることになる。プラトン対話篇、最良の入門書。

`5

あしながおじさん

ウェブスター/著 土屋京子/訳 / 光文社
2015/07/08発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

孤児のジュディは文才を認められ、ある匿名の紳士の援助を受けて大学に通わせてもらえることに。新たな環境で発見と成長の日々を送りながら、ジュディは「あしながおじさん」と名付けたその紳士に、お茶目な手紙をせっせと書き送るが…。世界中で愛読される名作を新訳で。

`6

虫めづる姫君 堤中納言物語

蜂飼耳/訳 / 光文社
2015/09/08発売
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

風流の貴公子の失敗談「花を手折る人(花桜折る中将)」。年ごろなのに夢中になるのは虫ばかりの姫「あたしは虫が好き(虫めづる姫君)」。一人の男をめぐる二人の女の明暗をあぶり出す「黒い眉墨(はいずみ)」…。無類の面白さが味わえる物語集。訳者エッセイを各篇に収録。

@スポンサー