`1

孤独を生ききる

瀬戸内寂聴/著 / 光文社
1998/09/29発売
¥494 ¥494 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

人はひとりで生れ、ひとりで死んでゆく。恋人がいても、家族に囲れていても、しょせん孤独。群れていても、若くても、老いても孤独。ほんとうに自分が孤独だと感じたことがない人は、真に人も愛せない。孤独と向かい合い、飼い馴らし、新しい自分と出会える人だけが人生に輝く道を発見する。孤独を生ききるにはどうすればいいか。答えがこの本にある。

`2

おひとり京都の秋さがし

柏井壽/著 / 光文社
2015/09/08発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

秋といえば、京都が最もにぎわいを見せる季節。だからこそ、ひとりで旅をしたい。ちょっと遠くに足を延ばして、隠れ紅葉をさがす。落葉を踏みしめて、古寺の仏さまに手を合わせる…。月見行事、山里の奇祭、そして秋の味覚。何度も訪れているはずなのに、いつも新しい京都がある。生粋の京都人である著者が四季折々の魅力を綴るシリーズ、第3弾。

`3

あなたが変わるまで、わたしはあきらめない 努力する心の育て方

井村雅代/著 松瀬学/著 / 光文社
2012/05/30発売
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

「駄馬を名馬に変えるのが、コーチの仕事です」――。出場した全オリンピックでメダルを獲得した、シンクロナイズドスイミングの世界的指導者が、自らのコーチングの肝を語りつくす。それはそのまま、希望の見えない時代を強く生き抜く方法につながっていた! すべての子を持つ親、部下を持つビジネスマン、教師、スポーツの指導者必読!

`4

コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する

石井裕之/〔著〕 / 光文社
2006/04/29発売
¥605 ¥605 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

「何となく」の印象で人の行動は決まっていく。見かけはそれほどでもないのに、「何となく」女性が惹きつけられる男性。とくに美人でもないのに、異性からも同性からも「何となく」愛され、信頼される女性。彼らとあなたの決定的な違いは何だろう?理想の人間関係をつくる、「潜在意識」によるコミュニケーション・テクニック。

`5

ガラスの地球を救え 二十一世紀の君たちへ

手塚治虫/著 / 光文社
1996/08/30発売
1~3週間で発送
¥518 ¥518 (0%OFF)
4ポイント (1倍)
Wイイかも

「なんとしてでも、地球を死の惑星にはしたくない。未来に向かって、地球上のすべての生物との共存をめざし、むしろこれからが、人類のほんとうの“あけぼの"なのかもしれないとも思うのです」幼少の思い出から、自らのマンガ、そして未来の子供たちへの想いまで。1989年、他界した天才マンガ家・手塚治虫、最後のメッセージ。

`6

旅はゲストルーム 測って描いたホテルの部屋たち

浦一也/〔著〕 / 光文社
2004/11/29発売
1~3週間で発送
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

「採寸して一定の縮尺で平面図をまとめ、ディテールを写しとってみると、その部屋を設計した意図がよく分かるばかりでなく、サービスの姿勢から民族性にいたるまでさまざまな勉強になる」。アメリカ、イタリア、イギリスから果てはブータンまで。設計者の目でとらえた世界のホテル69室。実測した平面図が新しい旅の一面を教えてくれる。

`7

冒険手帳 火のおこし方から、イカダの組み方まで

谷口尚規/著 石川球太/画 / 光文社
2005/07/30発売
¥782 ¥782 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

小石や木の枝を使った通信法、腕時計を使って方角を知るには、様々な条件下での怪我の応急処置、砂漠で水を得る方法、食べられる野草と料理法、兎や鳥・魚を捕獲する…etc.。いざというとき、どうやって生き残ればいいのか?多岐にわたる様々なノウハウ満載。刊行時、当時の少年たちの冒険心を刺激しまくった名著、待望の復刊。

`8

名画読本 日本画編 どう味わうか

赤瀬川原平/〔著〕 / 光文社
2005/10/30発売
¥1037 ¥1037 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

古臭い、堅苦しい、偉そうだ、とっつきにくいなどの先入観があった日本画に、ユニークな視点で新たな鑑賞術を提案する。北斎の目は高性能カメラだ。「ぼかし」の技術が鑑賞者を快感に導く。日本画は空腹の絵画である…。北斎、広重、歌麿から雪舟、等伯、光琳まで、巨匠11人の名画14点の奥義に迫る。

`9

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って

森下典子/〔著〕 / 光文社
2006/08/30発売
¥720 ¥720 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」。前世が見えるという女性に取材で出会ったことがきっかけで、イタリアに旅立つことを決意した。相次ぐ偶然の発見に驚きと懐疑心を抱きながらも、時空を超えて前世の「自分」を検証するスリリングで不思議な旅のルポルタージュ。

`10

大阪人の胸のうち

益田ミリ/著 / 光文社
2007/05/30発売
¥576 ¥576 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

「誰かアホな奴が飛び込まへんかな〜」の期待に応えて道頓堀川に飛び込んでしまう大阪人。「味は悪ないけど、あいそ悪いわ」「そらアカンわ」。味よりも愛想第一のおばちゃんたち。「ほな、切るで」。胸がキュンとする恋人仕様の大阪弁etc.上京して十数年、大阪出身の著者だからこそわかる大阪人の胸のうちとは?好評イラスト・エッセイ第3弾。

`11

死の向こうへ

横尾忠則/著 / 光文社
2008/10/30発売
入荷お知らせ
¥669 ¥669 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

「ぼくが死を初めて意識したのは、二歳のときだった」―子供の頃から頭にこびりついて離れなかった「死」に対する想いを綴る。母の背で意識した死、三島由紀夫と死の影、リアルな擬似死体験、死に魅了された日々…独自の「死生観」をエピソード的に語り、精神世界のイメージがほとばしる。「死」は終わりのことではない。「生」は「死」を考えることから始まる。

`12

人はカネで9割動く 成功者だけが知っている「生き金」のつかい方

向谷匡史/著 / 光文社
2012/12/30発売
1~3週間で発送
¥741 ¥741 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

お金で人は動かせるか?動かせる。だが、札びらで頬を張るのではない。たとえば同じ1万円でも、つかい方次第で10万円の価値にもなる。人を動かすには、金額の多寡ではなく、いかにお金の価値を高め、“生き金"とするかがカギなのだ。経営者からヤクザ、ホストまで、表社会・裏社会の成功者に通じた著者が、その具体的ノウハウを明かす。

`13

これからの思考の教科書 論理・直感・統合 ビジネスに生かす3つの考え方

酒井穣/著 / 光文社
2013/06/11発売
1~3週間で発送
¥741 ¥741 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

世界のビジネスパーソンのあいだで、すでに常識となったロジカル・シンキング。そして、論理だけでは生み出せない「ひらめき」や発見を得るラテラル・シンキング(水平思考)。しかし本当に必要なのは、このふたつを「統合」し、より優れたアイディアを生み出す「インテグレーティブ・シンキング」である。知的創造力を真に高めるための“ビジネス思考"を解説。

`14

論語の一言 「ぶれない自分」をつくる最良のテキスト

田口佳史/著 / 光文社
2014/06/11発売
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

数ある中国古典の中でも、人間の本質に記した『論語』こそ、現代人が「ぶれない自分」をつくる最良のテキストである。競争社会をどう生きるか、欲望にどう向き合うか、人生における成功とは何か…。2000社の企業改革を指導し、数多くの社会人教育を実践してきた東洋思想研究者が、生きるための力となる論語の「一言」を、わかりやすく講義する。

`15

愛と裏切りの作曲家たち

中野京子/著 / 光文社
2015/03/12発売
当日~2日で発送
¥691 ¥691 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

名作の誕生する過程には作品に負けないほど劇的な事件がかくされている。スキャンダラスと言っていいほどのそれらの出来事は、別の見方をすれば作曲家本人のがむしゃらな闘争ともいえる。「カルメン」「フィガロの結婚」「蝶々夫人」ほか知っておきたい名作オペラのあらすじと、その作曲家たちの壮絶な生涯を、同時に読める一冊!体望の文庫化。

@スポンサー