`1

人間の分際

曽野綾子/著 / 幻冬舎
2015/06/29発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

ほとんどすべてのことに努力でなしうる限度があり、人間はその分際(身の程)を心得ない限り、到底幸福には暮らせないのだ。「すべてのものには分際がある」「老いと死がなければ、人間は謙虚になれない」等々、作家として六十年以上、世の中をみてきた著者の知恵を凝縮した一冊。

`2

家族という病

下重暁子/著 / 幻冬舎
2015/09/13発売
1~3週間で発送
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。

`3

運を支配する

桜井章一/著 藤田晋/著 / 幻冬舎
2015/03/19発売
1~3週間で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

勝負でたまにしか勝てない人と、勝ち続ける人ではいったい何が違うのか―。麻雀でも、ビジネスの世界でも、懸命に努力したからといって必ず勝てるわけではない。勝負に必要なのは、運をものにする思考法や習慣である。その極意を知っている人と知らない人とでは、人生のあらゆる場面で大きな差がつくのだ。「『ゾーン』に入る仕掛けをつくる」「パターンができたら自ら壊せ」「ネガティブな連想は意識的に切る」「違和感のあるものは外す」等々、20年間無敗の雀鬼・桜井氏と、「麻雀最強位」タイトルを獲得したサイバーエージェント社長・藤田氏が自らの体験をもとに実践的な運のつかみ方を指南。

`4

ふしぎな君が代

辻田真佐憲/著 / 幻冬舎
2015/07/29発売
1~3週間で発送
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

「君が代」は議論の絶えない歌である。明治早々、英国王子の来日で急遽、国歌が必要になる。しかし、時間がないため、『古今和歌集』の読み人しらずの短歌に鹿児島で愛唱されていた「蓬莱山」の節をつけて間に合わせたのが「君が代」の誕生だといわれる。以降、1999年に「国旗国歌法」で法的に国歌と認められるまで、ライバルが現れたり、戦時下には「暗すぎる」、戦後には「民主国家にふさわしくない」と批判されたり波乱が続く。最近では、教育現場での「君が代」斉唱が再び問題視される。日本人にとって「君が代」とは何なのか?気鋭の若手研究者がその歴史をスリリングに繙く。

`5

ぞうきん

河野進/著 / 幻冬舎
2013/02/12発売
1~3週間で発送
¥926 ¥926 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

“日頃、忘れがちなちょっとした心掛けを思い出させてくれる"<br>――ノートルダム清心学園理事長<br>渡辺和子<br><br>争って先きがけするより<br>途中もみんなと仲よく行きたい<br>どうせ海に落ちつくのだ<br>あくせくせずに 悠々と参ろう<br>「悠々」より<br><br>たくさん卵を産んで<br>ふえるほかに途がない<br>いつまで生き残れるか<br>弱いものほど最後まで生き残るにちがいない 「鰯」より<br>ほか、心に寄り添う励ましの詩を多数収録。

`6

人生を面白くする本物の教養

出口治明/著 / 幻冬舎
2015/09/30発売
予約受付中
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

教養とは人生における面白いことを増やすためのツール。であるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。そのような本物の教養はどうしたら身につけられるのか。六十歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家であり、ビジネス界きっての教養人でもある著者が、読書・人との出会い・旅・語学・情報収集・思考法等々、知的生産の方法のすべてを明かす!

`7

介護ヘルパーは見た 世にも奇妙な爆笑!老後の事例集

藤原るか/著 / 幻冬舎
2012/08/30発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

親の介護は決して他人事ではない。統計によると、75歳以上の4人に1人は、一人暮らしが困難となるからだ。では実際に在宅の介護現場ではどんなことが起こっているのか?1人になると寂しくてウンチをこねくり回すおじいちゃん、ありったけの宝石を身につけてお風呂に入るおばあちゃんなど、想像を絶する世界がそこにはあった。20年以上介護ヘルパーとして働く著者が、これから介護する人、介護される人が直面する現実をリアルに伝える、衝撃の一冊。

`8

幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと 若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日

中山祐次郎/著 / 幻冬舎
2015/05/29発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

人は必ず死ぬとしても、誰もが平均寿命ぐらいは生き、家族に見守られ、隠やかに旅立っていけると思っている。でもそんなことはない。明日、事故に遭うかもしれないし、病気で余命わずかと宣告されるかもしれない。著者は、突然、死に直面して混乱し、後悔を残したまま最期を迎える患者さんを多く看取ってきた。なんとかしたい、少しでも満ち足りた気持ちで旅立ってほしい―そんな想いに突き動かされ、幸せとは何か、今をどう生きるかを問う。若き外科医による、熱く清新なる「メメントモリ(死を想え)」。

`9

人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期

久坂部羊/著 / 幻冬舎
2014/08/30発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

医者は、どう死ぬのか。どう親の死を看取るのか。医療嫌いを徹底した著者の父が、87歳で果たした超絶オモロイ幸福死。

`10

人間にとって成熟とは何か

曽野綾子/著 / 幻冬舎
2013/08/06発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

人はみな平等に年を取るが、しだいに人生がおもしろくなる人と、不平不満だけが募る人がいる。両者の違いはいったい何か。世知辛い世の中を自分らしく生き抜くコツを提言。まわりに振り回され、自分を見失いがちな人に贈る一冊

`11

考えないヒント アイデアはこうして生まれる

小山薫堂/著 / 幻冬舎
2006/10/30発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

いつも一つのことだけに集中する、すぐビジネスに結びつける、締切は必ず守る、思いついたことは必ずメモする、オンとオフはしっかり分ける…では、突き抜けたアイデアは生まれない。ガチガチ頭で考えることをやめれば、ひらめきは必ずやってくる。数々の人気テレビ番組を手がけ、スランプ知らず、ストレス知らずで「アイデア」を仕事にしてきたクリエイターが、20年のキャリアをとおして確信した、逆転の発想法。

`12

自由と民主主義をもうやめる

佐伯啓思/著 / 幻冬舎
2008/10/30発売
当日~2日で発送
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

アメリカの金融破錠は、自由と民主主義の名の下に個人の飽くなき欲望を肯定し、グローバル化を強引に主導してきたアメリカ的価値の破錠でもあった。それに追随し、経済だけでなく政治、人心のあらゆる局面で崩壊の危機に瀕する日本。もはやアメリカとの決別なくして再生はありえない。今こそ、「私」ではなく「義」を、「覇権」ではなく「和」を是とする日本的価値を、精神の核に据え直すときなのだ。今日の危機に早くから警告を発してきた思想家があらためて問う「保守」という生き方。

`13

アスペルガー症候群

岡田尊司/著 / 幻冬舎
2009/08/30発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

こだわりが強く、対人関係が不器用なアスペルガー症候群。他人の気持ちや常識を理解しにくいため、突然失礼なことを言って、相手を面食らわせることも多い。子どもだけでなく、働き盛りの大人にも見られるが、自覚がないまま、生きづらさを抱えているケースがほとんど。日本でも激増し、深刻な問題となっているが、シリコンバレーでは一割の人が該当するとも。家庭や学校、職場で、どう接したらいいのか?改善し、特性を活かすには?すべてを網羅した一冊。

`14

脳に悪い7つの習慣

林成之/著 / 幻冬舎
2010/03/09発売
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。脳に悪い習慣とは、「興味がない」と物事を避けることが多い、「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、言われたことをコツコツやる、常に効率を考えている、やりたくないのに我慢して勉強する、スポーツや絵などの趣味がない、めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を、脳のしくみからわかりやすく解説。

`15

宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

村山斉/著 / 幻冬舎
2011/05/30発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

物質を作る最小単位の粒子である素粒子。誕生直後の宇宙は、素粒子が原子にならない状態でバラバラに飛び交う、高温高圧の火の玉だった。だから、素粒子の種類や素粒子に働く力の法則が分かれば宇宙の成り立ちが分かるし、逆に、宇宙の現象を観測することで素粒子の謎も明らかになる。本書は、素粒子物理学の基本中の基本をやさしくかみくだきながら、「宇宙はどう始まったのか」「私たちはなぜ存在するのか」「宇宙はこれからどうなるのか」という人類永遠の疑問に挑む、限りなく小さくて大きな物語。

`16

うつと気分障害

岡田尊司/著 / 幻冬舎
2010/08/30発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

自殺者が年間三万人を超え、うつの患者は百万人を突破。サラリーマンの六割が強いストレスを感じ、潜在患者は三百万〜六百万人と推定される。だが実は、うつと思われていた人の約半分が躁うつだとわかってきた。うつと躁うつを含めた「気分障害」が激増しているのだ。対人トラブル、異性問題、失職、浪費、飲酒、DV…。病気と知らず失敗を繰り返す人も多い。気分の浮き沈みが激しい人、テンションが高く「絶好調」な人も危ないのだ。本書では、うつと気分障害の基礎知識から最先端の研究成果、実際に役立つ予防や治療・克服法まで、わかりやすく解説。

`17

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法

林成之/著 / 幻冬舎
2011/02/12発売
¥778 ¥778 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する有様。だが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育である。0歳〜3歳は脳の細胞が増え続ける時期で、未熟な脳に負担をかける知識の詰め込みはNG。将来的に才能が伸びなくなる。3歳〜7歳の不要な脳の細胞が減っていく時期は、悪い習慣をやめさせることが先決。7歳〜10歳からは脳の回路が発達し始めるので、本格的に学習させるべきである。本書では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、脳医学の知見からわかりやすく解説。

`18

甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識

笠井奈津子/著 / 幻冬舎
2011/11/08発売
¥799 ¥799 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

成功している経営者は、気分転換に甘い物を食べたりはしない。仕事の効率が下がることを知っているからだ。一方、仕事ができない人にかぎって、身体によかれと思って市販の野菜ジュースを毎日飲んだり、低カロリー食品を選んだり、頻繁にコーヒーを飲んだり、サプリメントをとったりしてますます太り、仕事も伸び悩む。本書は食事によって「仕事がはかどる」「集中力が高まる」「疲れにくい」「痩せやすい」などの身体のメカニズムを解説。食事が仕事に与える影響の大きさを知れば、食生活は劇的に変わる。

`19

死にたい老人

木谷恭介/著 / 幻冬舎
2011/10/19発売
1~3週間で発送
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

もう充分に生きた。あとは静かに死にたい―。83歳の小説家は、老いて身体の自由がきかなくなり、男の機能も衰え、あらゆる欲望が失せ、余生に絶望した。そして、ゆるやかに自死する「断食安楽死」を決意。すぐに開始するや着々と行動意欲が減退、異常な頭痛や口中の渇きにも襲われ、Xデーの到来を予感する。一方で、テレビのグルメ番組を見て食欲に悩まされ、東日本大震災のニュースにおののきつつも興味は高まり、胃痛に耐えられず病院に行く。終いには、強烈な死への恐怖が!死に執着した小説家が、52日間の断食を実行するも自死に失敗した、異常な記録。

`20

この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う

楠原佑介/著 / 幻冬舎
2011/11/29発売
¥907 ¥907 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

地震・津波・火山・台風・雪・土砂災害…地球上最も災害の多い島国でいつ襲いくるともしれぬ過酷な自然と向き合い、そして被災した我々の祖先はその土地土地に「ここは危ない」というメッセージを地名として付けてきた。現在もその古い地名の分析が次の災害の予想・対策につながる。だが、いま市町村合併や観光開発など目先の利益優先の安易な地名変更政策のせいで古い地名が次々に消えている。いまこそ先人の知恵の結晶に学べ!半世紀以上、地名のことばかり考え続けてきた著者による「災害地名学」のすすめ。

`21

大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ

中村仁一/著 / 幻冬舎
2012/09/13発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

`22

ゆるす力

植西聰/著 / 幻冬舎
2012/07/26発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

「この仕打ちは一生忘れられない」「納得がいかない」「腹が立って仕方ない」―など、誰の人生にも「ゆるせないこと」が起こる。その奥底にある憎しみや怒りの感情は、手放さないと、どんどん増幅してあなたをむしばんでいく。ゆるすことは確かに難しい。それでも、「怒っても自分が苦しくなるだけ」「ゆるせない事実そのものは忘れなくてよい」「すべては神様がくれた気づきのチャンス」などと考えることで、気持ちを前向きに転換できる。マイナスの感情から自分を解放し、幸せになる第一歩を踏み出すための書。

`23

放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学

児玉龍彦/著 / 幻冬舎
2013/06/29発売
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

福島原発事故による放射能汚染で、今も16万人が避難生活を続けている。除染活動については、「お金がかかるだけで効果がない」と悲観的な意見が少なくない。たしかに今回の事故では、史上かつてない膨大な量の放射性物質が放出された。しかし最新の科学的知見、現場でのノウハウの蓄積、そして日本の環境技術をもってすれば、美しい国土を取り戻すことは不可能ではない。森・水・土をいかに除染し、生活を再建するか。怒りの国会演説で多くの日本人の心を揺さぶった著者が、ふたたび渾身の提言。

`24

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体

中野信子/著 / 幻冬舎
2015/01/18発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム―人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される“脳内麻薬"ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

`25

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

原田曜平/著 / 幻冬舎
2014/02/24発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

「若者がモノを買わない」時代、唯一旺盛な消費欲を示しているのがヤンキー層だ。だが、ヤンキーとはいっても鉄パイプ片手に暴れ回る不良文化は今は昔、現在の主流はファッションも精神もマイルドな新ヤンキーである。本書では密着取材とヒアリング調査により、「悪羅悪羅系残存ヤンキー」「ダラダラ系地元族」に分化した現代のマイルドヤンキー像を徹底解明。「給料が上がっても絶対地元を離れたくない」「家を建ててはじめて一人前」「スポーツカーより仲間と乗れるミニバンが最高」など、今後の経済を担う層の消費動向がわかる一冊。

`26

元気が出る俳句

倉阪鬼一郎/著 / 幻冬舎
2014/03/26発売
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

なんだか心に力が湧かないとき、ほっこりしたいとき、癒されたいとき、打ちのめされたとき、夢見る気分に浸りたいとき、誰かにそっと背中を押されたいとき…紹介総数1000を超える元気俳句―蕪村から現代まで、その名作と鑑賞。

`27

病気になるサプリ 危険な健康食品

左巻健男/著 / 幻冬舎
2014/06/29発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

いまや50代以上の約3割が毎日健康食品をとる時代。しかし健康食品・サプリは効果も危険性も行政のチェックなしに販売できるため、とればとるほど健康を害す製品や死亡者を出したものまである。本書では身近にある健康食品・サプリの危険性を製造の背景、広告手法、科学的根拠の面から徹底追及。「ウコンは肝臓に悪い」「グルコサミンは血管の少ないひざ軟骨に届かない」「サプリは添加物だらけ」など、目からウロコのサプリの真実が満載。

`28

発達障害を治す

大森隆史/著 / 幻冬舎
2014/08/30発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

日本では、子どもが発達障害と診断された親は「原因不明で治療法はない」と宣告される。一方、世界的には、遺伝子研究の立場から発症原因の探求が続いている。その結果、近年、遺伝子の微小な変異である遺伝子多型と有害な環境汚染物質とが相乗的に作用していることが分かってきた。遺伝子を調べ、体内に蓄積した有害物質をデトックスし、必要なビタミンを投与することで、さまざまな症状は改善する―。臨床現場で成果を上げる医師が解説する、発症のしくみと、革命的治療法。

`29

賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門

香田洋二/著 / 幻冬舎
2014/11/27発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

政府は憲法解釈を変更し、集団的自衛権行使への道を開く閣議決定を行った。この決定をめぐっては、賛成か反対か、まさに国論を二分する状態が続いている。「マスコミ報道は時代遅れの戦争観に基づいたもの」「日本が集団的自衛権を行使できるようになることのメリット・デメリットを冷静に考える視点が欠けている」と著者は言う。安全保障のリアリズムを知り尽くした元・海上自衛隊No.2が、戦後70年の歴史と現在の国際情勢を踏まえた大局的見地から、今私たちが知るべきことを、徹底的にわかりやすく解説。

`30

孤独の価値

森博嗣/著 / 幻冬舎
2015/01/18発売
¥821 ¥821 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

人は、なぜ孤独を怖れるのか。多くは孤独が寂しいからだと言う。だが、寂しさはどんな嫌なことを貴方にもたらすだろう。それはマスコミがつくったステレオタイプの虚構の寂しさを、悪だと思わされているだけではないのか。現代人は“絆"を売り物にする商売にのせられ過剰に他者とつながりたがって“絆の肥満"状態だ。孤独とは、他者からの無視でも社会の拒絶でもない。社会と共生しながら、自分の思い描いた「自由」を生きることである。人間を苛む得体の知れない孤独感を、少しでも和らげるための画期的な人生論。

@スポンサー