`1

狐の婿取り-神様、危機一髪の巻-

松幸かほ/著 / 笠倉出版社
2015/10/10発売
予約受付中
¥961 ¥961 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

狐神の琥珀はチビ狐・陽と医師の涼聖の許で仲睦まじく暮らしていた。だが陽が金魚鉢を割った後、菓子が無くなる事件が連発し!?

`2

BloodyLife

日向唯稀/著 / 笠倉出版社
2015/10/10発売
予約受付中
¥961 ¥961 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

吸血鬼と人狼の混血児・雅斗は、ある日大事な犬歯を傷つけてしまう。その上、歯科で再会したのはサドになった元彼(医者)で!?

`3

月と不死

N・ネフスキー/〔著〕 岡正雄/編 / 平凡社
1976/11/29発売
¥3240 ¥3240 (0%OFF)
30ポイント (1倍)
Wイイかも

`4

たかが猫、されどネコ

群ようこ/〔著〕 / 角川春樹事務所
2001/04/29発売
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

ネコは生きた教科書。――ネコと暮らす幸福。『この本には「猫の猫っかわいがり」の気配はみじんも見えない。「猫の人生」ということを考えながら,群さん独特の静かな説得力ある口調で,人に住みよい町について語っている。自分というものを押し出さず,かといって引きすぎもせず,自己客観を忘れぬほどのよい視点と筆致が維持されている。』(関川夏央・解説『猫たちの合唱』より抜粋)

`5

オリンピック・シティ東京 1940・1964

片木篤/著 / 河出書房新社
2010/02/07発売
3~5日で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

東京は、第12回(1940)と第18回(1964)オリンピックの開催都市に選ばれた。第12回オリンピックは戦争激化のため返上、第18回オリンピックは成功を収め、戦後復興を国内外に知らしめた。二度のオリンピック東京大会の計画と実施を、都市・建築の視点から読み解くことで、戦前から戦後にかけての首都・東京とその建築の変容を浮き彫りにする。

`6

甲骨文字小字典

落合淳思/著 / 筑摩書房
2011/02/15発売
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

漢字の源流「甲骨文字」のうち、現代日本語の基礎となっている約三百五十字を収録。最新の研究でその成り立ちを探る、信頼の一冊。

`7

戦後SF事件史 日本的想像力の70年

長山靖生/著 / 河出書房新社
2012/02/13発売
3~5日で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

SFファンダムの発展、異端サブカルチャー、現代美術、アングラ演劇、万博、オタク文化……敗戦から3.11後まで、SF的想像力の系譜を活写。

`8

新・頭脳の科学 下巻

瀬江千史/著 菅野幸子/著 / 現代社
2012/02/28発売
3~5日で発送
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

現代ほどに「脳」 「頭脳」 「アタマ」 「ココロ」 などの言葉が溢れている時代はない。 新聞を開けば、 「認知症予防の脳トレーニング」 「アタマのよい子に育てるには」 等々、毎日のように目に入ってくる。 しかし残念ながら、 それらはすべて、 その大本がわからないままに論じられているために、 時にはとんでもなく誤った見解になっていることがあるという。 では、その大本とは何か?それは、「人間の頭脳とは何か」 を学問的に解明した 体系的な理論であるという。<br>本書は、 『綜合看護』 誌上に連載された 「看護のための生理学・脳の話」 を元に、医療関係者だけでなく、広く一般の人達にも学んでもらいたいと まとめられ、これまで脳科学者が解明してきた、生命体としての単なる 「脳」 ではなく、 認識的実在である 人間としての特殊な脳、 すなわち 「頭脳」 を解明した、歴史上初めての理論書である。

`9

寅さんとイエス

米田彰男/著 / 筑摩書房
2012/07/14発売
5~10日で発送
¥1836 ¥1836 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

イエスの風貌には寅さんに類似するものがある。急速に進んだ聖書学の成果を紹介しつつ、現代に求められる聖なる無用性の根源に迫る。

`10

世界正義論

井上達夫/著 / 筑摩書房
2012/11/13発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

世界では今、貧困が原因で一日に五万人近い命が失われている。他方で二〇〇三年には超大国アメリカが、恣意的な口実でイラク侵攻を正当化し、非戦闘員を含めて少なくとも十万人ものイラク国民が戦死している。世界貧困という巨大な問題が放置され、自国に有利な「正義」が跋扈する現代世界。国ごとに「正義」が異なり、国境の内外でも異なるという現実。こうしたなかで、「国境を越え、覇権を裁く正義」としての世界正義はいかにして可能か。本書は、この問いを原理的・包括的に探究する法哲学の書である。

`11

GHQの検閲・諜報・宣伝工作

山本武利/著 / 岩波書店
2013/07/18発売
当日~2日で発送
¥2484 ¥2484 (0%OFF)
23ポイント (1倍)
Wイイかも

戦後の日本ではそれまでの内務省による検閲に代わり、GHQによる検閲と宣伝工作が展開された。メリーランド大学プランゲ文庫やアメリカ国立公文書館など、アメリカ合衆国において完全な形で保存されてきた検閲資料を丹念に調査し、検閲組織とその実態を明らかにする。そして、朝日新聞とNHKなどの組織や、緒方竹虎、永井荷風といった著名人たちが、占領下の検閲・諜報・宣伝活動にどのように関わり、翻弄されたかを検証し、許された言語空間、奨励された言論活動とは何だったのかを問う。

`12

一神教の起源 旧約聖書の「神」はどこから来たのか

山我哲雄/著 / 筑摩書房
2013/08/12発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

もともとイスラエルもユダも、古代オリエント世界の辺境に存した弱小国家に過ぎず、権力や覇権とはほとんど縁がなかった。その小さな国家が滅び、新バビロニア帝国の圧倒的な支配のもとで「ヤハウェの民」が最も非力で悲惨な境涯にあった時に、彼らの中から唯一神観が生まれた。それは、弱い者が生き延びるための知恵であった。―古代イスラエルで唯一神が誕生するまでを、壮大な筆致で描く。

`13

信州の鉄道物語 上

小林宇一郎/監修 小西純一/監修 信濃毎日新聞社/編 / 信濃毎日新聞社
2014/05/30発売
1~3週間で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

高原の軽便鉄道、路面電車、森林鉄道…魅力を放ち消えて行った路線の数々。新幹線延伸、リニア、三セク化…劇的に変わる今だからこそ知っておきたい、鉄道発祥と盛衰の物語。

`14

ウェストンが来る前から、山はそこにあった 地元目線の山岳史

菊地俊朗/著 / 信濃毎日新聞社
2014/07/30発売
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

日本の山岳界でひんぱんに使われる「近代登山」という言葉。「近代登山の父とされるW・ウェストンから、日本の登山は始まった」という風潮に忸怩たる思いを抱えてきた山岳ジャーナリストの著者が、人類の出現以来繰り返されてきた登山と山岳の歴史を今、“地元目線"で掘り起こす―。

`15

満州事変はなぜ起きたのか

筒井清忠/著 / 中央公論新社
2015/08/11発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

中国の老獪、欧米の野心、国民の熱狂―息づまるドラマを明らかに。最新研究をもとに満州事変への道をとらえ直す。

`16

過去と向き合い生きる

井出孫六/著 / 信濃毎日新聞社
2015/07/30発売
1~3週間で発送
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

`17

てのなるほうへ(仮)

栗城偲/著 / 笠倉出版社
2015/10/10発売
予約受付中
¥961 ¥961 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

目が不自由な紺野は、ある日偶然、草枕と名乗る男と知り合った。浮世離れした彼といると楽しいと感じる紺野。だが彼の正体は…。

`18

なんごうつぐまさが説く看護学科・心理学科学生への“夢"講義 看護と武道の認識論 第6巻

南郷継正/著 / 現代社
2015/08/30発売
1~3週間で発送
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

@スポンサー