`1

窓から逃げた100歳老人

ヨナス・ヨナソン/著 柳瀬尚紀/訳 / 西村書店東京出版編集部
2014/06/29発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

お祝いなんてまっぴらごめん!100歳の誕生日パーティの当日、アラン・カールソンは老人ホームの窓から逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの追っ手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさとどこ吹く風。それもそのはず、アランは爆弾つくりの専門家として、フランコ将軍やトルーマン、スターリン、毛沢東ら各国要人と渡り合い、数々の修羅場をくぐり抜けてきた過去の持ち主だったのだ。20世紀の歴史的事件の陰にアランあり!過去と現在が交錯するなか、次々展開するハチャメチャ老人の笑撃・爆弾コメディ、日本初上陸!

`2

国を救った数学少女

ヨナス・ヨナソン/著 中村久里子/訳 / 西村書店東京出版編集部
2015/07/07発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

人種差別の激しかった南アフリカで、暮らしのためにし尿処理場で汲み取り桶運びに明け暮れる女の子がいた。ノンベコ13歳。天才的な数学の才能はあるけれど学校には行ったことがなく、だから当然読み書きのできないこの少女が、大人になって遠くスウェーデンの国王と首相の命を救うことになろうとは、本人も含め誰も予想だにしていなかった。物語の舞台は南アフリカからスウェーデンへ??。開発の途上で余ってしまった爆弾1個をめぐって、そっくりなのに全然似てない双子、いつもへべれけの爆弾開発者、じゃがいも農家の伯爵夫人、のん気な王様、きれい好きな首相、モサド諜報員、そして胡錦濤国家主席まで、ひと癖もふた癖もある人物が入り混じって、てんやわんやの大騒ぎ。爆弾は誰の手に? ノンベコの恋の行方やいかに? そして、スウェーデン王は共和主義者の魔手から無事逃れられるのか?!

`3

ボルヘスを読む

篠田一士/〔ほか〕著 / 国書刊行会
1979/12/30発売
入荷お知らせ
¥2160 ¥2160 (0%OFF)
20ポイント (1倍)
Wイイかも

`4

無声映画のシーン

フリオ・リャマサーレス/著 木村榮一/訳 / ヴィレッジブックス
2012/07/30発売
¥2160 ¥2160 (0%OFF)
20ポイント (1倍)
Wイイかも

この30枚の写真は、ぼくが切なく楽しい少年時代に帰る招待状だった。『狼たちの月』『黄色い雨』の天才作家が贈る、故郷の小さな鉱山町をめぐる大切な、宝石のような思い出たち。誰もがくぐり抜けてきた甘く切ない子ども時代の記憶を、磨き抜かれた絶品の文章で綴る短篇集。

`5

3つの鍵の扉 ニコの素粒子をめぐる冒険

ソニア・フェルナンデス=ビダル/著 轟志津香/訳 本田亮/絵 池内了/監修 / 晶文社
2013/11/01発売
当日~2日で発送
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

毎日なんだか、うまくいかない。そんな少年ニコが謎のメッセージにみちびかれ、量子の世界に迷いこむ。そこは頭のくらくらするような、おどろきに満ちた世界だった。宇宙の成り立ちや素粒子の不思議な性質、消えては現れるシュレーディンガーの猫…。少年科学者エルドウェンと美しい妖精キオーナの案内で、少しずつ量子の世界を学びはじめたニコだが、自分には大きな使命が課せられていることを知る―。ニコは無事に使命を果たし人間界に帰ることができるのか?そしてキオーナとの恋のゆくえは?

`6

ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーン

ダーグ・ソールスター/著 村上春樹/訳 / 中央公論新社
2015/04/09発売
¥1836 ¥1836 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

この世で最も素晴らしい幸福とは短い幸福であるということが、ビョーン・ハンセンには心の底でわかっていた。ノルウェイ文学界の最も刺激的な作家ソールスター。巧妙なストーリーテリング、型破りな展開、オリジナリティ際だつその小説世界を村上春樹が初めて日本に紹介する―

@スポンサー