`1

不動の魂 桜の15番ラグビーと歩む

五郎丸歩/著 大友信彦/編 / 実業之日本社
2014/11/29発売
入荷お知らせ
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

日本のフルバック、ラグビー人生を語る。

`2

フルタの方程式バッターズ・バイブル

古田敦也/著 / 朝日新聞出版
2010/10/19発売
5~10日で発送
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

バットの握りからフォロースルーまで。狙い球の絞り方。苦手な球種の克服法。逆方向に打つコツ。ピッチャーとの心理戦を制する。プロの練習とメンタル管理。イチロー、松井、王、落合…歴代の大打者に学ぶ/ほか。現代野球の粋を一冊に凝縮。野球書のベストセラー第2弾。

`3

奇跡の決勝 高校野球・地方大会 勝敗を分けた理由

田尻賢誉/著 / KADOKAWA
2015/06/29発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

奇跡の決勝―地方大会決勝には、そう呼ばれる試合が多い。9回裏に8点差からの逆転劇が起きたり、強豪校が無名の公立校に圧倒されたり、あるいは、決勝だけ勝てない学校があったり…。なぜ地方大会の決勝には波乱が多いのか。その理由を、勝者に加え、敗者となった監督が実際の「決勝」を振り返ることで明らかにする。ポイントとなった采配の意図から、練習してきた内容、そして決勝前夜のチーム事情までを克明に検証!勝つはずのチームが勝てなかった5試合に焦点を当て、勝敗の理由を探る。

`4

真説・長州力 1951-2015

田崎健太/著 / 集英社インターナショナル
2015/07/23発売
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

本当のことを言っていいんだな?本名・郭光雄、通名・吉田光雄―“端っこ"の男は、時代の“ど真ん中"を駆け抜けた。今、解き明かされる“革命戦士"の虚と実。その全歴史!幼馴染から大物レスラーまで、多くの証言で迫る「人間・長州力」!

`5

意身伝心 コトバとカラダのお作法

田中泯/著 松岡正剛/著 / 春秋社
2013/06/29発売
5~10日で発送
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

`6

大神雄子進化論 全ては自分次第

大神雄子/著 / ぱる出版
2015/09/15発売
1~3週間で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

人は気づくことで、いつでも成長ができるのです。この「気づき」が本書のキーワードです。

`7

偏差値70からの甲子園 僕たちは野球も学業も頂点を目指す

松永多佳倫/著 / 竹書房
2015/07/30発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

野球特待生ゼロ。指定されたわずかな練習時間と、グラウンドの使用制限……。それでも創意と工夫で結果を残す進学校が、この世に実在する!!

`8

ゴール裏の至福 サガンサポーター奮闘記

宇都宮 忠 著 / 佐賀新聞社
2015/04/29発売
1~3週間で発送
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

サガン鳥栖と共にぼくらはいかに戦ったか。サッカーを愛する全ての人たちに贈る熱狂的サポーターの記録。

`9

広島東洋カープ読本

洋泉社編集部/編 / 洋泉社
2015/04/29発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

カープのレジェンドOBやフロントのインタビューは必見!<br>カープの見方が変わる! 目指すは日本一の“超濃厚"カープ本!<br><br>【スペシャルインタビュー】<br>衣笠祥雄 最高の思い出は「1975年の初優勝!」<br>大野 豊 古葉、江夏、達川 たくさんの人との出会いに支えられた22年間<br>北別府学 投球はスピードだけではない!<br>阿南準郎 「カープ黄金時代」の遺産を引き継いで<br>嶋 重宣 打者転向6年目にして掴んだ栄光 赤ゴジラ誕生秘話<br>広池浩司 記録より、記憶に残る男の今なお変わらぬ「カープ愛」<br>苑田聡彦 大切なのは自分の目で確かめること<br>シュールストロム 安心の「シュール便」の真実!<br><br><br><br>目次<br>“帰るべき場所"へ 黒田博樹<br>新井貴浩 「もう一度、広島でレギュラーを目指す」<br>鈴木誠也 「背番号「51」に秘めた想い」<br><br>二宮清順 特別寄稿 2015年 カープ優勝への提言<br>平成ドラフト検証<br>徹底取材 カープアカデミーの今<br>君はこの外国人を覚えているか<br>「前田智徳」の実像に迫る!<br>潜入! 大野寮<br>カープOBに会える店

`10

スポーツと言葉 スポーツで知る、人を動かす言葉

西田善夫/著 / 体育とスポーツ出版社
2003/10/30発売
¥1028 ¥1028 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

NHKアナウンサーとして数々のスポーツシーンに立ち会った筆者が、最も敬愛する高校球界の名監督“木内幸男"を中心に、有森裕子・イチローらの名アスリートの言葉と会話術に迫る一冊。

`11

非常識 甲子園連覇監督に学ぶ勝ち続ける強いチームのつくり方

我喜屋優/著 田尻賢誉/著 / 光文社
2011/06/16発売
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

なぜ興南は優勝どころか春夏連覇できたのか。不可能を可能にした名将、我喜屋優監督から学ぶ組織論、チーム作りの方法とは。

`12

内川家。

赤澤竜也/著 / 飛鳥新社
2014/04/29発売
¥1300 ¥1300 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

球界を代表する打者を育てたのは、こんなにも心揺さぶる家族の絆。初めて語られる内川聖一(ソフトバンクホークス)の原点。まるでマンガに描かれるような父子鷹とそれを支える妻―。野球に魅せられ、野球とひとつになった家族をめぐる感動秘話。

`13

高校野球って何だろう

渡辺元智/著 / 報知新聞社
2012/02/28発売
1~3週間で発送
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

指導歴45年、5度の全国制覇を誇る名将が赤裸々に綴った高校野球論。「栄光は挫折の積み重ね」「人を育てるのも人」球児、野球指導者だけでなく保護者、教育者、経営者…必読の書。

`14

バッティング戦略論 打率を上げて長打を狙う

手塚一志/著 / PHP研究所
2012/04/17発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

狙い球を絞るな。ダウンスウィングをするな。ファースト・ストライクをフルスウィングせよ!手強い打者になる「心技体」の極意。

`15

そなえ 35歳までに学んでおくべきこと

野村克也/著 / 大和書房
2012/09/19発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

「言葉を身につけよ」「“一"にこだわれ」「勝利の女神は言い訳を最も嫌う」「未熟者にスランプなし」―そのときになって慌てても遅い。人生の転機を迎える時期までに、そなえるべきこととは。

`16

I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝

ズラタン・イブラヒモビッチ/著 ダビド・ラーゲルクランツ/著 沖山ナオミ/訳 / 東邦出版
2012/11/29発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

`17

努力が結果につながらない人に気づいてほしいこと

加藤三彦/著 / 新潮社
2013/01/18発売
5~10日で発送
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

「高校バスケの代名詞」とまで言われた能代工業高校バスケットボール部を率いて30回の全国制覇を遂げた名指導者が示す、“結果を出す"ための方法論。

`18

義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦

佐藤次郎/著 / 東京書籍
2013/01/30発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

誰もが不可能だと思った走ることへの挑戦!奇跡を実現した臼井二美男と義足使用者たちの感動の人間ドラマ。

`19

崖っぷち社長の挑戦 湘南ベルマーレに懸ける夢

眞壁潔/著 / 草思社
2013/03/19発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

存続の危機に陥ったJリーグクラブの経営を引き受け、以来10年にわたって湘南ベルマーレの舵取りをしている著者が、七転八倒、試行錯誤の日々を生々しく語りおろす!

`20

4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史

村瀬秀信/著 / 双葉社
2013/10/17発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

12球団最多4522敗、5年連続最下位。でも、応援するんだよ。“98年の奇跡"から一転、泥沼にはまった最弱球団が「熱く熱く立ち上がる」まで。現役選手、OB選手、歴代の監督やコーチ、球団社長など総計34人の関係者が語り、生まれついての横浜ファンの作家が魂を削って綴った、ホエールズ&ベイスターズの歴史を徹底総括する渾身のノンフィクション。

`21

ダルビッシュ有はどこから来たのか

松下茂典/著 / 潮出版社
2013/02/27発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

ダルビッシュ有の誕生から現在までを描いた本格評伝。ベールに包まれた彼の人生、知られざる成長の軌跡を数多くの証言で綴る。

`22

Diamond/Build 2009-2012 時代を築いてきた者たち BeachVolleyball PhotoBook

ビーチバレースタイル/編集 / バレーボール・アンリミテッド
2013/02/27発売
品切れ
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

`23

感情をコントロールする技術 未来を切り拓く50の視点

岩隈久志/著 / ワニブックス
2013/04/19発売
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

感情をコントロールすることで、未来を切り拓く―。どんな状況にも適応する、強い自分のつくり方。逆境、挫折、不安、ピンチ…。プレッシャーから逃げずに、平常心を保つための思考ルール。新しい環境に挑む、すべての人に贈るメッセージ。

`24

野球ノートに書いた甲子園

高校野球ドットコム編集部/著 / ベストセラーズ
2013/08/28発売
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

驚きの活用法!書き上げられたドラマ!その工夫、その言葉が僕らを強くした。13人の球児たちの野球ノートと成長の足跡。

`25

『当たり前』の積み重ねが、本物になる 凡事徹底-前橋育英が甲子園を制した理由

荒井直樹/著 / カンゼン
2014/03/05発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

小さなことを惜しまず、徹底的に極める!2013年夏の甲子園優勝監督が初めて明かす!人間力を高め、勝つために必要なチームづくりの極意。

`26

プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた! 〜涙と笑いの球界興亡クロニクル〜

長谷川晶一/著 / 集英社
2014/05/25発売
入荷お知らせ
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

12球団全部のファンクラブに10年間入会し続けた男の、涙あり、笑いあり、怒りありの超絶レポート。特典とサービスをめぐる歓喜と落胆のウラに、今世紀の日本プロ野球の裏歴史が見えてくる!<br><br>前代未聞! 前人未踏! <br>12球団の公式ファンクラブ全部に10年間入会し続ける<br>日本でただ一人の人物が、12球団×10年間=120年分の<br>ファンサービスを徹底比較&分析! <br><br>優れた球団はどこなのか? ダメな球団はどこなのか?<br>そこに野球との相関関係はあるのか?<br>ときに夢のような特典に狂喜乱舞し、<br>ときにショボすぎるグッズが届いて涙する……。<br>自腹70万円を散在してわかった激動の平成裏プロ野球史。<br>いちばん幸せなのは、どのチームのファンなのか!?

`27

変えていく勇気 日本代表であり続けられる理由

遠藤保仁/著 / 文藝春秋
2014/12/11発売
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

なぜ、俺は3度のW杯を経験できたのか―。ジーコ、オシム、岡田、ザッケローニ、アギーレ…。サッカー観の異なる何人もの監督の下で、何を変え、何を変えずにプレーしてきたのか。プロ17年目にして、進化し続ける司令塔が、「日本代表」の12年を振り返る。

`28

機動破壊 健大高崎勝つための走塁・盗塁93の秘策

田尻賢誉/著 / 竹書房
2015/03/12発売
1~3週間で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

12年選抜ベスト4!16盗塁!14年夏ベスト8!26盗塁!なぜ、そこまで走れるのか!?4年間で甲子園に3度出場し10戦7勝!高校野球界に震撼を与え続ける、驚異の機動力野球の全貌が明らかに!

`29

PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って

伊藤敬司/著 矢崎良一/著 / 講談社
2015/05/10発売
1~3週間で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

1987年、「史上最強」と呼ばれたPL学園で、正捕手を務めた伊藤敬司の物語。春夏連覇の舞台裏、PL学園ゆえの苦しみに迫った。

`30

格闘者-前田日明の時代- 1青雲立志篇

塩澤幸登/著 / 茉莉花社
2015/05/30発売
¥3240 ¥3240 (0%OFF)
30ポイント (1倍)
Wイイかも

前田日明の両親が離婚し幸福な家庭が崩壊したのは彼が十三歳、中学二年のときだった。やがて母は別の男と再婚し父親も韓国で再婚する。ひとりぼっちの絶対的に孤独な生活のなか、少年は太宰治と三島由紀夫を耽読し、空手の腕を磨いて大阪の盛り場でケンカに明け暮れた。そして、絶望的な日々の果てにたどり着いたのがアントニオ猪木率いる過激な戦闘軍団「新日本プロレス」だった。前田は「オレはプロレスラーになりたいと思ったことなんか一度もなかった」という。本書では凶暴な破壊力を持ち「壊し屋」の異名をとった天才プロレスラーが伝説のレスラー、カール・ゴッチとの出会いをきっかけに、プロレスを脱皮し最強の戦士として「総合格闘技」へと覚醒していくプロセスを描く。

@スポンサー