`1

cinefex 日本版  10

ボーンデジタル
2008/08/30発売
1~3週間で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

`2

cinefex 日本版  11

ボーンデジタル
2008/11/29発売
1~3週間で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

`3

Cinefex No.27 日本版 -ダークナイト ライジング-

ボーンデジタル
2012/11/29発売
1~3週間で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

◆『ダークナイト ライジング』 The Dark Knight Rises<br> -武器よさらば-<br> 混乱状態の街中のシーンをMassiveによってシュミレートされた群集で埋め尽くす代わりに、<br>ノーランとプロデューサーたちは大変な思いをしてロサンゼルス、ピッツバーグ、<br>ニューヨークのロケーションで何千人ものエキストラを雇い、衣装を着せ、束ねあげて、撮影を行った。<br> 文=ジョディ・ダンカン<br> <br><br>◆『アメイジング スパイダーマン』 The Amazing Spider-Man<br> -ウェブスリンガーの帰還-<br> 『アメイジング スパイダーマン』で再びチームに参加したのは『スパイダーマン3』も担当<br>したプロダクション・デザイナーのJ・マイケル・リーヴァ、そしてトリロジーの常連の<br>SFXスーパーバイザーのジョン・フレイジャー。彼はスタント・コーディネーターの<br>アンディ・アームストロングと協力し、プラクティカル・エフェクトとメカニカル・エフェクトを開発した。<br> 文=ジョー・フォーダム<br> <br><br>◆『トータル・リコール』 Total Recall<br> -復活した記憶-<br> 映画の基調をオリジナル版よりシリアスにするために、2つの未来的な世界、ロボット群、<br>そして地球の中心部を抜けるチューブを通ってひとつの世界からもう一方の世界へ高速で<br>移動する巨大な乗り物の実現に際し、ワイズマンはデジタル技術を最大限に活用した。<br> 文=ジョディ・ダンカン

@スポンサー