`1

ジャパンタイムズ・ニュースダイジェスト Vol.56(2015.9)

ジャパンタイムズ/編 / ジャパンタイムズ
2015/09/29発売
¥1080 ¥1080 (0%OFF)
10ポイント (1倍)
Wイイかも

`2

グリーンゲイブルズのアン

モンゴメリ/〔著〕 杉浦悦子/編 / 郁文堂
1991/03/30発売
3~5日で発送
¥1470 ¥1470 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

`3

象のなる木・死者の美

H.E.ベイツ 鷲巣 尚 他 / 英宝社
1~3週間で発送
¥1203 ¥1203 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

`4

キャンパス周辺事情

成毛 信男 他編 / 鷹書房弓プレス
1984/03/30発売
1~3週間で発送
¥1058 ¥1058 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

`5

An Introduction to E

石黒 輝博 他 / 南雲堂
2004/02/28発売
5~10日で発送
¥1188 ¥1188 (0%OFF)
11ポイント (1倍)
Wイイかも

英和翻訳のテクニックを40のキーポイントに分け解説。練習問題付き。<br>

`6

クリスマス・キャロル Level 2(1300‐word)

チャールズ・ディケンズ/著 / アイビーシーパブリッシング
2005/11/29発売
1~3週間で発送
¥972 ¥972 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

クリスマス・イブの晩、けちで意地悪、冷淡で人嫌いの孤独な老人スクルージのもとに、7年前に死んだ共同経営者の幽霊が現れる。「これからおまえを3人の幽霊が訪れることになろう」真夜中の鐘の音とともに次々訪れる幽霊たちは、スクルージに過去・現在・未来を見せるが…。19世紀イギリスのクリスマスを描いた心温まる物語。

`7

怪談コレクション Level 3(1600‐word)

ラフカディオ・ハーン/著 David Olivier/〔改作〕 / IBCパブリッシング
2007/05/30発売
絶版重版未定
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

日本に帰化し、日本古来の伝承や民話をこよなく愛した「小泉八雲」ことラフカディオ・ハーン。彼の代表作『怪談』は、各地の伝説や転生譚、幽霊話などを集めて再話した怪談文学集である。本書には、『雪女』『ろくろ首』などおなじみの怪談から、姿を変え、時を越えて生き続ける乳母の愛が美しい『乳母桜』まで、7篇を収録。

`8

茶の本(対訳ニッポン双書)

岡倉天心/著 / IBCパブリッシング
2008/03/30発売
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版された。武士道が日本文化の「死の術」を述べるものならば、この茶の本は「生の術」を謳ったものである。明治の知識人岡倉天心は、世界に向けて、東洋、そして日本文化のすばらしさを広めるために、本書を執筆した。100年経ってもなお色あせることのないその主張を、原文の英語とともに堪能したい。

`9

武士道 (対訳ニッポン双書)

新渡戸稲造/著 樋口謙一郎/訳 国分舞/訳 / IBCパブリッシング
2008/05/30発売
当日~2日で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

世界に誇る日本の魂、完全解説付き新訳決定版。

`10

英語で泣けるちょっといい話 どんどん読める心温まる

ちょっといい話製作委員会/編 / アルク
2011/01/24発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

収録されている話は、初級3000語レベルの英単語がベース+味わい深い20話。だから…分かりやすいから内容が直接心に届く、面白いから一気に読める、読んだら明日にでも誰かに話したくなる。

`11

アンデルセン名作選 (ラダーシリーズ)  Level 1(1000‐word)

ハンス・クリスチャン・アンデルセン/著 David Olivier/〔改作〕 / IBCパブリッシング
2012/03/30発売
当日~2日で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

人間の王子に恋をしたが、そばにいてもその想いを伝えることができなかった悲しい『人魚姫』の物語、「賢い人にしか見えない」という特別な服を手に入れようとした『裸の王様』、おもちゃの兵隊の一途な愛を描いた『錫の兵隊』、そしてあひるの子の素直で美しい心が胸を打つ『みにくいあひるの子』。童話の王様アンデルセンの不朽の名作の中から、日本でもよく知られている代表的な童話4篇を収録。

`12

英語で楽しむピーターラビットの世界〈Book 2〉

Beatrix Potter/英文・絵 木谷朋子/訳・解説 河野芳英/監修 / ジャパンタイムズ
2012/05/30発売
当日~2日で発送
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

子どもから大人まで世界でもっとも愛されているうさぎ、ピーターラビット。本書は、ピーターとその仲間たちの冒険を描いたオリジナルの英文を辞書なしで楽しめるよう語注、和訳、解説をつけたものです。情感豊かなCDナレーションを聞けばピーターラビットの世界を感じることができるでしょう。

`13

英語で楽しむピーターラビットの世界 Book1

Beatrix Potter/英文・絵 木谷朋子/訳・解説 河野芳英/監修 / ジャパンタイムズ
2012/05/30発売
当日~2日で発送
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

子どもから大人まで世界でもっとも愛されているうさぎ、ピーターラビット。本書は、ピーターとその仲間たちの冒険を描いたオリジナルの英文を辞書なしで楽しめるよう語注、和訳、解説をつけたものです。情感豊かなCDナレーションを聞けばピーターラビットの世界を感じることができるでしょう。

`14

『赤毛のアン』の世界 (Read Smart Readersレベル別英語ポケット文庫 4-1)

ナディア・マケックニー/著 / マクミランランゲージハウス
2014/05/30発売
1~3週間で発送
¥864 ¥864 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

時代を超えて長く人々から愛される『赤毛のアン』の世界へあなたを誘う一冊。物語における重要な人物や場所についてはもちろんのこと、当時のファッションや学校、生活に関する興味深い情報、また特に印象深い場面や出来事についてわかりやすく解説。原作者L.M.モンゴメリと、『赤毛のアン』を初めて日本語に翻訳した村岡花子の伝記も収録。<br><br>● Read Smart Readers, Level 4, 総単語数 9,840語

`15

アメリカ人の本音 THE TRUTH ABOUT AMERICANS

マックス・フォン・シュラー/著 / 桜の花出版
2014/10/30発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

なぜアメリカは、韓国に全米で根拠のない従軍慰安婦碑設置を許すのか?<br> 人権問題がある中国、反米運動がある韓国に甘く、日本に厳しいのか?<br> 著者のマックス氏しか書けないアメリカ人の本音を、歴史の実例を交え解説! <br>著者は、在日 40 年、奥さんは日本人の親日家。<br> カリフォルニア州グレンデール市が朝鮮人慰安婦の記念碑を建てようとした時、 建設に反対して、同市の関係者に再考を求める手紙を書いたことで有名な日本人の味方である。<br> 日英二カ国語で掲載、アメリカ人が普段は決して口にしない本音を赤裸々に明かす。<br> ビジネスマン、若者必読の書!

`16

英文版 茶の本 The Book of Tea【大活字・難解単語の語注付】

岡倉天心/著 / IBCパブリッシング
2015/03/30発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

明治時代に活躍した国際人、岡倉天心『茶の本』英文版。<br>大きな活字と難解単語の語注つき。<br><br>幕末の横浜に生まれ、国際人として育った岡倉天心が、ユーモアも交えながら日本と東洋の美意識を西欧に向けて説いた『茶の本』。今なお世界中で読み継がれている本書は、日本人や日本文化の根底にある独特の世界観を解き明かしています。先んじて世に出た『武士道』とともに、当時欧米の知識層が東洋と日本の価値観を理解する重要な手がかりとされました。1906年ニューヨークにて初版刊行。大きな活字と難解単語の語注つきだから、日本人にも読みこなせる一冊です。<br><br>【本書の構成】<br>Echoes of an Art of Life<br>The Cup of Humanity<br>The Schools of Tea<br>Taoism and Zennism<br>The Tea-Room<br>Art Appreciation<br>Flowers<br>Tea-Masters<br>Tea Ceremony

`17

クリスティー「アクロイド殺人事件」 小説を味わう力をつけるDual Reading英和併読

藤澤光治/著 / 文芸社
2015/06/10発売
1~3週間で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

英語で小説を読みたいと思っているあなたへ――。読みだしたら面白くて止まらないミステリーの傑作、あの名探偵ポアロも登場するアガサ・クリスティーの『アクロイド殺人事件』を題材にして、抄訳と英文を交互に読み進めていくDual Reading方式を採用した画期的なテキスト。本書なら謎解きに夢中になって、途中で投げ出す心配はありません!

@スポンサー