`1

資本主義の正体 マルクスで読み解くグローバル経済の歴史

池田信夫/著 / PHP研究所
2014/12/21発売
1~3週間で発送
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

ピケティ『21世紀の資本』で話題沸騰の「格差問題」も、日本が直面する「史上最大の貿易赤字」も、マルクスを読めば、「からくり」が見えてくる。新たなマルクス像に光を当て、現代の諸問題を斬る意欲作。

`2

マルクス経済学・再入門

森田成也/著 / 同成社
2014/02/27発売
¥2916 ¥2916 (0%OFF)
27ポイント (1倍)
Wイイかも

『資本論』の理論的発展上に位置し、マルクスの理論それ自体の未展開・不明確な部分をも厳格に止揚した画期的入門書。

`3

いま生きる「資本論」

佐藤優/著 / 新潮社
2014/08/17発売
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

「革命」は関係ナシ。いまのすべてが分かる、私たちが楽に生きるための『資本論』。<br><br>私たちの社会はどんなカラクリで動いているのか。自分の立っている場所はどこなのか。それさえ分れば、無駄な努力をせず楽しい人生を送ることも可能だ。アベノミクス、ビットコイン、佐村河内騒動、など現在のトピックも、すべてこの一冊で読み解ける。知の技法を知り尽くした佐藤優が贈る抱腹と興奮の白熱講座。紙上完全再現!

@スポンサー