`1

ビギナーズ有機構造解析

川端潤/著 / 化学同人
2005/03/30発売
1~3週間で発送
¥2592 ¥2592 (0%OFF)
24ポイント (1倍)
Wイイかも

有機化学でよく使われる分析機器(MS,NMR,IR,UV)を中心に,しくみから構造解析の仕方までを,図を多用して平易に解説した入門書.半期用テキストに最適.巻末には演習問題付き.

`2

『有機化学』ワークブック 巻矢印をつかって反応機構が書ける!

奥山格/著 / 丸善
2009/10/30発売
¥842 ¥842 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

有機反応を理解するためには、電子の流れに着目することが重要です。そのため、ルイス構造式によって価電子を正しく示したり、巻矢印を使って反応における電子の流れを表現することが必要となります。本『有機化学』ワークブックを活用すれば、このルイス構造式や巻矢印を正しく書くための技法を身につけることができます。正しく書けるようになるためには、自分の手を動かし、実際に書いてみることに勝る方法はありません。本ワークブックは、ていねいな図解による基礎知識の説明と、演習問題で構成されています。紙と鉛筆で繰り返し学習することにより、ルイス構造式や巻矢印の使い方をマスターでき、さらにこれらを応用した共鳴による電子状態の表現方法も学ぶことができます。有機化学の入門者は一度は苦労するといわれる「ルイス構造式」「巻矢印」を、きっちりとマスターしたい方にぜひともおすすめいたします。本書は、有機反応を軸にしてまとめた新しい有機化学の教科書「奥山 格 監修 有機化学」の副読本としてもご活用いただけます。

`3

基礎有機化学

大嶌幸一郎/著 / 東京化学同人
2010/05/30発売
¥2592 ¥2592 (0%OFF)
24ポイント (1倍)
Wイイかも

著者のことばから:大学で学ぶ有機化学は決して暗記の学問ではない.暗記するのではなく,理解してほしい.第2版では,第1版の内容から少し難しいと思われるところを削除し,これにかわって章末問題を追加した.数多くの問題を解くことが内容の理解につながると考えたからである.第1版同様,1章で,重要でしかも最もとっつきやすいカルボニル化合物に対するグリニャール反応剤の求核付加反応を取上げて,有機反応の考え方を学ぶうえで理解の助けとなるような基礎的なことがらを解説した.有機化学がそんなに難しい学問ではないということを感じとってもらいたい.

`4

マクマリー有機化学 下

JOHN McMURRY/著 伊東椒/訳者代表 児玉三明/訳者代表 / 東京化学同人
2013/01/30発売
当日~2日で発送
¥4752 ¥4752 (0%OFF)
44ポイント (1倍)
Wイイかも

訳者のことばから:初版を出してからすでに25年という長い年月が経過した.この間,常に好評を維持し,多くの大学で教科書として採用していただいているが,広範囲にわたる有機化学の基礎知識を万遍なく学べるよう編集されていること,原著者が内容を魅力的なものにする努力を常に怠らず,しばしば改版を重ねていることなどがその要因であると思われる.第7版と比べると,トピックスの順序が一部入れ替わったところがあるものの,縦書きの反応機構や色彩豊かな軌道図,反応式,構造,スペクトル,電子密度の分布を示す静電ポテンシャルマップなどが使われており,形式的にはこれまでの版とあまり変化はみられない.一方,章末の練習問題を内容ごとにまとめるなどの新しい試みもなされている.本書は有機化学の基礎を解説したものであるが,学生諸君の期待に応えるに十分な内容とレベルを備えていると確信している.

`5

基礎有機化学問題集

廣田耕作/編集 片岡貞/編集 西出喜代治/編集 / 廣川書店
2013/02/27発売
1~3週間で発送
¥3240 ¥3240 (0%OFF)
30ポイント (1倍)
Wイイかも

`6

有機化学の基本 電子のやりとりから反応を理解する

富岡秀雄/著者代表 / 化学同人
2013/10/30発売
1~3週間で発送
¥2592 ¥2592 (0%OFF)
24ポイント (1倍)
Wイイかも

全章にわたって,初学者にわかりやすい巻矢印を使った電子の動きに基づいて平易に記述されている.有機化学を学ぶうえで基本となる事柄を簡潔にまとめた半期用テキスト.有機化合物別の章立てではなく,有機反応別の構成になっているのが最大の特徴.高校で有機化学を学んでこなかった学生にも十分理解できるように配慮.丁寧な解答付きの例題は学生の理解を助ける.

@スポンサー