`1

空と月と暦 天文学の身近な話題

米山忠興/著 / 丸善
2005/12/30発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

日ごと、星はめぐり、月は満ち欠けをくり返します。天文学は、空を眺めてその変化を季節の移り変わりと結びつけることから始まり、私たちの生活と密接にかかわりあいながら発展してきました。本書では、天文学のむずかしい話は横に置き、その周辺の身近な話題を取り上げ、やさしくていねいに解説します。星座たちは日ごと月ごとどのように変化していくのか、月がどれほどわれわれの生活とかかわってきたか、暦はどのように成り立って、時や季節を表してきたのか、…などなど、わかりやすく楽しい話題が満載です。

`2

天文検定 星座、観測、太陽系、恒星、銀河、歴史、雑学-7科目からの出題で“天文力"を総合判定!

藤井旭/監修 / 河出書房新社
2009/02/27発売
3~5日で発送
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

国際天文年に贈る理論から観測までの天文雑学本の決定版。写真・図版100点掲載。各科目の後ろには、それぞれの科目の補足情報をまとめた「天文資料庫」のページを設けた。

`3

膨張宇宙の発見 ハッブルの影に消えた天文学者たち

マーシャ・バトゥーシャク/著 長沢工/訳 永山淳子/訳 / 地人書館
2011/07/30発売
¥3024 ¥3024 (0%OFF)
28ポイント (1倍)
Wイイかも

20世紀初め、巨大望遠鏡と天体物理学という新たな手段によって、ヨーロッパに追いつき、追い越していくアメリカ天文学の舞台に現れた登場人物たちは、みな個性的で魅力的だった。ハッブルだけが宇宙膨張の発見者として知られているが、なぜ他の天文学者は英雄になれなかったのか。

`4

天文宇宙検定公式問題集2級銀河博士 2014〜2015年版

天文宇宙検定委員会/編 / 恒星社厚生閣
2014/07/30発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

欧文タイトル:Exercise book for Astronomy‐Space Test

`5

HSTハッブル宇宙望遠鏡のすべて 驚異の画像でわかる宇宙のしくみ 太陽系から最果ての銀河まで…宇宙がはっきりと見えてきた

沼澤茂美/共著 脇屋奈々代/共著 / 誠文堂新光社
2015/08/11発売
¥3240 ¥3240 (0%OFF)
30ポイント (1倍)
Wイイかも

アメリカ航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡は、宇宙史に残る様々な偉業を達成している。その大きな要因は、大口径の望遠鏡を大気に邪魔されない宇宙で使用できることで、撮影された様々な宇宙像は、宇宙の謎の解明に多大な恩恵をもたらすと同時に、そのクオリティの高さ、そして息をのむような美しさで、多くの方を魅了している。打上げから25年の時を経ても、宇宙観測の最前線で活躍するハッブル宇宙望遠鏡。その光学系や観測機器の紹介とともに、ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたスーパーショットを見ながら、宇宙のしくみに迫る。

@スポンサー