`1

農薬概説 2015

日本植物防疫協会/編集 / 日本植物防疫協会
2015/06/29発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

`2

誤解だらけの遺伝子組み換え作物

小島正美/編 / エネルギーフォーラム
2015/08/30発売
1~3週間で発送
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

メディアが流す“リスク情報"はたいていの場合、何らかのゆがみ(バイアス)がある。その中でも最たるものが、遺伝子組み換え作物に関するニュースだろう―。同じ組み換え技術でもなぜiPS細胞は称賛され組み換え作物は否定されるのか?内外の専門家やジャーナリスト、有識者がその誤解を解く。

`3

土壌微生物の基礎知識

西尾道徳/著 / 農山漁村文化協会
1989/01/30発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

`4

わら一本の革命 自然農法

福岡正信/著 / 春秋社
2013/02/28発売
5~10日で発送
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

耕さず、草もとらず、肥料もやらず、しかも多収穫!“現代の老子"が語る無の哲学と実践。

`5

青果物購買行動の特徴と店頭マーケティング

梅本雅/編著 / 農林統計出版
2009/08/30発売
1~3週間で発送
¥2484 ¥2484 (0%OFF)
23ポイント (1倍)
Wイイかも

新たな手法を用いて、消費者の農産物に対する購買意思決定過程を精緻に分析し、直売所や店頭での、効果的な情報提示方法を示唆する。

`6

えひめAI(あい)の作り方・使い方 納豆菌・乳酸菌・酵母菌の手づくりパワー菌液 田畑でも台所でも大活躍 DVDでもっとわかる

農山漁村文化協会/編 / 農山漁村文化協会
2011/07/30発売
当日~2日で発送
¥1851 ¥1851 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

`7

農薬ハンドブック 2011年版

日本植物防疫協会/編集 / 日本植物防疫協会
2011/01/30発売
1~3週間で発送
¥9720 ¥9720 (0%OFF)
90ポイント (1倍)
Wイイかも

`8

知識ゼロからの現代農業入門 生産 消費動向 流通 食の安全 制度 国際情勢

八木宏典/監修 / 家の光協会
2013/08/29発売
当日~2日で発送
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

日本農業の基礎的知識や最新動向について、米、野菜・果樹、畜産などの情報も幅広く網羅。知識ゼロでも全体像がわかる農業入門書。

`9

展着剤の基礎と応用 展着剤の上手な選び方と使い方

川島和夫/著 / 養賢堂
2014/08/30発売
1~3週間で発送
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

`10

儲かる「西出式」農法 おいしい・多収量・高品質の微生物農業

手島奈緒/著 / さくら舎
2015/05/31発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

誰にもできる方法が日本の「農」と「食」を救う!驚くべき西出隆一の農法!微生物の力ですごい土をつくり、おいしい野菜をつくる。化学肥料・農薬なし!連作障害なし!堆肥・石灰は使わない!常識をくつがえす農法で高品質・多収量が実現!

`11

ここまで進んだ!飛躍する農学

日本農学会/編 / 養賢堂
2015/03/30発売
1~3週間で発送
¥2000 ¥2000 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

母乳が優先増殖させる乳児腸内のビフィズス菌 北岡本光著. 新しい昆虫産業を創る! 瀬筒秀樹著. セルロースナノペーパーを用いた電子デバイスの開発 能木雅也著. 光の指紋で食品の安全を守る! 杉山純一著. 北海道発の気候変動適応策 広田知良著. 微生物ゲノム情報を圃場で活かす 南澤究著. 家畜のゲノム編集 柏崎直巳著. ビッグデータの情報解析が開く育種の地平線 岩田洋佳著. スマート農業とフェノミクス 平藤雅之著

`12

自然栽培 農からはじまる地球ルネサンス Vol.4(2015Autumn)

木村秋則/監修 農業ルネサンス『自然栽培』編集部/編 / 東邦出版
2015/08/30発売
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

`13

庶民が描く暮らしの記憶 ふるさとを共有する「現代絵農書」

清水ゆかり/著 / 丸善プラネット
2015/08/30発売
当日~2日で発送
¥2160 ¥2160 (0%OFF)
20ポイント (1倍)
Wイイかも

「現代絵農書」とは、農村出身の庶民が、自身の経験をもとに高度経済成長期以前の暮らしを記録した記憶画である。そこには生業や生活、むらに生きる人間同士のつながり、自然とのつきあい方など、各地域に固有の歴史と文化が、絵と文章で記録されている。現代絵農書を歴史学・社会学の新資料として提示。現代から近代農村の暮らしのあり方を再評価する庶民の視点を検討し、庶民にとって歴史とは何かを考察する。

@スポンサー