`1

建築物の構造関係技術基準解説書 2015年版

国土交通省国土技術政策総合研究所/監修 建築研究所/監修 建築行政情報センター/編集 日本建築防災協会/編集 / 全国官報販売協同組合
2015/05/30発売
1~3週間で発送
¥8640 ¥8640 (0%OFF)
80ポイント (1倍)
Wイイかも

`2

図解 建築構造力学の学び方

槙谷栄次/共著 永坂具也/共著 / オーム社
1985/03/30発売
5~10日で発送
¥3672 ¥3672 (0%OFF)
34ポイント (1倍)
Wイイかも

`3

建築設備耐震設計・施工指針 2014年版

建築研究所/監修 建築設備耐震設計・施工指針2014年版編集委員会/編集 / 日本建築センター
2014/08/30発売
1~3週間で発送
¥7560 ¥7560 (0%OFF)
70ポイント (1倍)
Wイイかも

本書は、建築設備の耐震支持方法の設計に必要な地震力の考え方、<br>アンカーボルト、設備用基礎の選定方法や施工を行う際の「指針」を<br>示したものです。<br>今回の改訂では、2005年版以降に蓄積された知見をまとめ、配管類の<br>耐震支持方法や計算例、建築基準法関連事項等を見直ししました。<br>また、これまでに日本建築センターが開催した講習会で寄せられた<br>質問と回答を盛り込み、より分かりやすく解説しています。

`4

建築の生産とシステム 最終講義

内田祥哉/著 / 住まいの図書館出版局
1993/03/30発売
入荷お知らせ
¥2516 ¥2516 (0%OFF)
23ポイント (1倍)
Wイイかも

`5

屋根と壁の構法システム

渡辺敬三/共著 石川広三/共著 / 建築技術
1996/08/30発売
1~3週間で発送
¥3670 ¥3670 (0%OFF)
33ポイント (1倍)
Wイイかも

生活水準の向上、アメニティの追求などによって、現在の建築物は、雨露・雪・火・飛来物の遮蔽はもちろんのこと、光・熱・湿度・音・空気・ガス・臭い・視線・電磁波などの出入りをコントロールしなければならないので、屋根と壁に対する要求性能は多岐にわたり、かつ高度化しています。屋根と壁の材料・構法および工法は建築思潮の変遷とあいまって、めまぐるしく変化しています。こうした状況の下で、建築物を企画・設計・施工・維持管理していくためには、部位を造り上げていく基本的なシステムを的確に把握することが欠かせないものとなっています。本書はこのような前提で、屋根や壁に関する多くの情報を体系的に整理し、わかりやすく提供できるよう配慮しています。

`6

鋼構造設計演習

日本鉄鋼連盟鋼構造設計演習改訂委員会/編 / 技報堂出版
2003/05/30発売
5~10日で発送
¥5076 ¥5076 (0%OFF)
47ポイント (1倍)
Wイイかも

1970年に日本建築学会の「鋼構造設計規準」が刊行されたのを機会に、同規準による許容応力度設計法の理解と普及のために、計算例、設計例を主体として作られた学習書。

`7

建築構造ポケットブック 現場必携

建築構造ポケットブック編集委員会/編 / 共立出版
2011/04/29発売
¥4212 ¥4212 (0%OFF)
39ポイント (1倍)
Wイイかも

構造設計の手順や規定を設計者の視点で整理し最新のデータを網羅。日本建築学会基準の改正に即して内容を修正し増補。『机上版』も発売。

`8

’10 建築構造設計指針

東京都建築構造行政連 / 東京都建築士事
2010/10/30発売
1~3週間で発送
¥11000 ¥11000 (0%OFF)
101ポイント (1倍)
Wイイかも

`9

鉄骨精度測定指針

日本建築学会/編集 / 日本建築学会
2014/09/29発売
¥3456 ¥3456 (0%OFF)
32ポイント (1倍)
Wイイかも

1982制定 2014改定<br>欧文タイトル:Recommendation for Quality Criteria and Inspection Standards of Steel Structures

`10

鋼橋の維持管理

山田健太郎/共著 舘石和雄/共著 / コロナ社
2015/05/30発売
¥3024 ¥3024 (0%OFF)
28ポイント (1倍)
Wイイかも

`11

建築構造ポケットブック 計算例編

建築構造ポケットブック編集委員会/編 内山晴夫/〔ほか〕著 / 共立出版
2015/05/30発売
¥4320 ¥4320 (0%OFF)
40ポイント (1倍)
Wイイかも

建築技術者のバイブル『建築構造ポケットブック』の姉妹編。<br>耐震偽装問題に端を発して行われた2007年の建築基準法の改正は,これまでの構造設計体系を大きく変えるもので,構造計算合性判定制度の導入などの多彩な構造検討が求められるようになった。本書ではこのような多彩な建築設計実務に役立つよう,重要性が高い構造種別を取り上げて,基礎的なものから特殊なものまで構造計算を詳しく解説している。

@スポンサー