`1

ヒトはこうして増えてきた 20万年の人口変遷史

大塚柳太郎/著 / 新潮社
2015/07/24発売
入荷お知らせ
¥1404 ¥1404 (0%OFF)
13ポイント (1倍)
Wイイかも

20万年前、アフリカで誕生したわれわれは穏やかに増えていくが、つい最近、突然の増加をみた。農耕が始まった約1万年前のわずか500万人が、文明が成立し始めた5500年前には1000万、265年前の産業革命で7億2000万となり、2015年には72億人。そしてこの先どう推移するのか?人口という切り口で人類史を眺めた新しいグローバル・ヒストリー。

`2

海から何かがやってくる 長編新伝奇小説

田中芳樹/著 / 祥伝社
2015/09/01発売
¥929 ¥929 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

ここがあこがれの南の島?十年前の未解決事件殺人犯を捜しに、薬師寺涼子警視が派遣されたのは、絶海の孤島だった。無人島を開発、一大リゾートとなった島には、お騒がせ国家公安委員長と後援会御一行も訪れるが、搭乗してきた飛行艇が海中からの奇襲により撃墜。捜査に駆けつけた海上保安庁の巡視船、海上自衛隊のオスプレイも相次いで破壊される。某国の秘密兵器か、謎の深海生物か?バカンスムードも一転、海自、海保、警察の捜査権争いが勃発する中、不気味な怪生物が!警視庁の魔女王が忠臣・泉田と大暴れ!

`3

狐の婿取り-神様、危機一髪の巻-

松幸かほ/著 / 笠倉出版社
2015/10/10発売
予約受付中
¥961 ¥961 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

狐神の琥珀はチビ狐・陽と医師の涼聖の許で仲睦まじく暮らしていた。だが陽が金魚鉢を割った後、菓子が無くなる事件が連発し!?

`4

地球の履歴書

大河内直彦/著 / 新潮社
2015/09/25発売
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

深海や極地、塩や石油、温泉等を通して地球46億年の歴史を8つのストーリーで描く。講談社科学出版賞受賞の科学者による意欲作。

`5

外務官僚たちの太平洋戦争

佐藤元英/著 / NHK出版
2015/07/24発売
1~3週間で発送
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

内閣中枢や軍部と比較すると、太平洋戦争における外務官僚たちの動向は、ややもすると等閑視されがちである。だが、一九二〇年代に始まった外務省内の「改革」は、開戦から終戦に至るあらゆる場面に影響を与えることとなった。外務省内において、対米開戦はいかに決定されたのか。数多の終戦工作は、なぜ実を結ばなかったのか。白鳥敏夫、東郷茂徳、松岡洋右、重光葵、佐藤尚武…。外務官僚たちの動向を中心に据えて、数々の史資料を精緻に読み解きながら、太平洋戦争の諸相を捉えなおす。

`6

「昭和天皇実録」にみる開戦と終戦

半藤一利/著 / 岩波書店
2015/09/08発売
¥713 ¥713 (0%OFF)
6ポイント (1倍)
Wイイかも

2014年9月に完成し公開された『昭和天皇実録』。その本文をひきつつ、日本の命運を揺るがせた天皇の決断に至る経緯と心情に迫る

`7

学校を改革する 学びの共同体の構想と実践

佐藤学/著 / 岩波書店
2012/07/05発売
当日~2日で発送
¥562 ¥562 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

構想・実践から三〇年。近年爆発的な普及を遂げている「学びの共同体」学校改革の待望の入門書。

`8

BloodyLife

日向唯稀/著 / 笠倉出版社
2015/10/10発売
予約受付中
¥961 ¥961 (0%OFF)
8ポイント (1倍)
Wイイかも

吸血鬼と人狼の混血児・雅斗は、ある日大事な犬歯を傷つけてしまう。その上、歯科で再会したのはサドになった元彼(医者)で!?

`9

生きづらさからの脱却 アドラーに学ぶ

岸見一郎/著 / 筑摩書房
2015/09/16発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

人が生きるのに楽であった時代はないかもしれない。それは物質的に満たされたかに見える現代も同様だ。神経症となって現れるわれわれの悩みや不安を解消するには、それらがどんな成り立ちを持っているかを知り、従来の考え方を根本的に転換しなければならない。アルフレッド・アドラーの個人心理学は、そのきっかけを与えてくれる知恵の宝庫である。長らくアドラーの研究と紹介に従事したきた著者が満を持して贈る現代人のための幸福論。

`10

歴史認識とは何か 日露戦争からアジア太平洋戦争まで

細谷雄一/著 / 新潮社
2015/07/24発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか―世界史と日本史を融合させた視点から、日本と国際社会の「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露戦争、第一次世界大戦の勝利によって、世界の五大国となった日本。しかし、国際社会に生じた新たな潮流を読み違え、敗戦国へと転落していく。日本人の歴史認識を書き換える、タブーなき現代史。

`11

日本精神史 下

長谷川宏/著 / 講談社
2015/09/09発売
1~3週間で発送
¥3024 ¥3024 (0%OFF)
28ポイント (1倍)
Wイイかも

縄文の巨大建造物から江戸末まで、連続と変化の2000枚超。ヘーゲルの清新な翻訳から20年余、著者畢生の大作、ついになる!日本の美術・思想・文学を人々の精神の歴史として流麗な文体で描ききった比類なき傑作!!御成敗式目に現れる新興武士の合理性、『徒然草』の内省と明察、禅の造形美、江戸の儒学、浮世絵、そして『東海道四谷怪談』の悪の魅力まで。

`12

日本精神史 上

長谷川宏/著 / 講談社
2015/09/09発売
1~3週間で発送
¥3024 ¥3024 (0%OFF)
28ポイント (1倍)
Wイイかも

三内丸山遺跡から四谷怪談まで、一気呵成の2000枚超。ヘーゲルの清新な翻訳から20年余、著者畢生の大作、ついになる!日本の美術・思想・文学を人々の精神の歴史として流麗な文体で描ききった比類なき傑作!!銅鐸に弥生人の共同性を、仏教の受容に霊信仰と仏像崇拝を見、『古事記』『万葉集』から『正法眼蔵』まで。

`13

豊臣大坂城 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

笠谷和比古/著 黒田慶一/著 / 新潮社
2015/04/24発売
¥1512 ¥1512 (0%OFF)
14ポイント (1倍)
Wイイかも

天下人・秀吉は四度の工事を経て、自らの根城を鉄壁の防御を施した巨城へと変貌させた。秀頼統治下の大坂は「パクス・オーザカーナ」とも言うべき繁栄を謳歌するが、徳川豊臣二重公儀体制の危ういバランスが崩れた時、両軍は激突、城は灰燼に帰した。四百年を経た今、賑わう城下の様子や真田丸など大坂の陣での戦闘の実情が発掘資料と歴史的文献から甦る。

`14

法隆寺を支えた木

西岡常一/著 小原二郎/著 / NHK出版
1977/11/29発売
5~10日で発送
¥994 ¥994 (0%OFF)
9ポイント (1倍)
Wイイかも

`15

甲骨文字小字典

落合淳思/著 / 筑摩書房
2011/02/15発売
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

漢字の源流「甲骨文字」のうち、現代日本語の基礎となっている約三百五十字を収録。最新の研究でその成り立ちを探る、信頼の一冊。

`16

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに 生きづらさを考える

貴戸理恵/著 / 岩波書店
2011/04/08発売
¥562 ¥562 (0%OFF)
5ポイント (1倍)
Wイイかも

コミュニケーションを個人の能力とみなすことから、現在の「生きづらさ」も生まれてくるのではないか。

`17

戦後SF事件史 日本的想像力の70年

長山靖生/著 / 河出書房新社
2012/02/13発売
3~5日で発送
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

SFファンダムの発展、異端サブカルチャー、現代美術、アングラ演劇、万博、オタク文化……敗戦から3.11後まで、SF的想像力の系譜を活写。

`18

愛着崩壊 子どもを愛せない大人たち

岡田尊司/著 / 角川学芸出版
2012/05/25発売
¥1836 ¥1836 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

急増する依存症、発達障害、境界性パーソナリティ障害、鬱、自殺。深刻化する虐待、育児困難、離婚、セックスレス。その根本原因は人と人を結ぶ「絆」の病、愛着障害にあった―。幼い日の愛着体験は神経システムに刻み込まれ、「第二の遺伝子」として対人関係や子育て、生涯の幸福感や健康、寿命さえも左右する。現代社会を襲う危機の本質を愛着の崩壊という観点から解き明かし、命と心を支える新たな世界観を提唱する。

`19

新・頭脳の科学 下巻

瀬江千史/著 菅野幸子/著 / 現代社
2012/02/28発売
3~5日で発送
¥2052 ¥2052 (0%OFF)
19ポイント (1倍)
Wイイかも

現代ほどに「脳」 「頭脳」 「アタマ」 「ココロ」 などの言葉が溢れている時代はない。 新聞を開けば、 「認知症予防の脳トレーニング」 「アタマのよい子に育てるには」 等々、毎日のように目に入ってくる。 しかし残念ながら、 それらはすべて、 その大本がわからないままに論じられているために、 時にはとんでもなく誤った見解になっていることがあるという。 では、その大本とは何か?それは、「人間の頭脳とは何か」 を学問的に解明した 体系的な理論であるという。<br>本書は、 『綜合看護』 誌上に連載された 「看護のための生理学・脳の話」 を元に、医療関係者だけでなく、広く一般の人達にも学んでもらいたいと まとめられ、これまで脳科学者が解明してきた、生命体としての単なる 「脳」 ではなく、 認識的実在である 人間としての特殊な脳、 すなわち 「頭脳」 を解明した、歴史上初めての理論書である。

`20

未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命

片山杜秀/著 / 新潮社
2012/05/24発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

天皇陛下万歳!大正から昭和の敗戦へ―時代が下れば下るほど、近代化が進展すればするほど、日本人はなぜ神がかっていったのか。皇道派vs.統制派、世界最終戦論、総力戦体制、そして一億玉砕…。第一次世界大戦に衝撃を受けた軍人たちの戦争哲学を読み解き、近代日本のアイロニカルな運命を一気に描き出す。

`21

ひきこもりのライフプラン 「親亡き後」をどうするか

斎藤環/著 畠中雅子/著 / 岩波書店
2012/06/06発売
¥756 ¥756 (0%OFF)
7ポイント (1倍)
Wイイかも

ひきこもり状態にある人たちの平均年齢は今や30歳を超えている。大半は親の経済的支援のもとで暮らしているが、親の死亡に伴う、長期のひきこもりの人たちの貧困化が懸念される。ひきこもりが一生続いたとしても、親の現在の資産を最大限に活用して、子を生涯支えられるライフプランの作り方をアドバイスする。

`22

水危機ほんとうの話

沖大幹/著 / 新潮社
2012/06/22発売
¥1620 ¥1620 (0%OFF)
15ポイント (1倍)
Wイイかも

水はどんどん使うとなくなってしまう?水資源をめぐってやがて戦争が起こる?水研究の第一人者が「ほんとうのこと」を教える。

`23

寅さんとイエス

米田彰男/著 / 筑摩書房
2012/07/14発売
5~10日で発送
¥1836 ¥1836 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

イエスの風貌には寅さんに類似するものがある。急速に進んだ聖書学の成果を紹介しつつ、現代に求められる聖なる無用性の根源に迫る。

`24

世界正義論

井上達夫/著 / 筑摩書房
2012/11/13発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

世界では今、貧困が原因で一日に五万人近い命が失われている。他方で二〇〇三年には超大国アメリカが、恣意的な口実でイラク侵攻を正当化し、非戦闘員を含めて少なくとも十万人ものイラク国民が戦死している。世界貧困という巨大な問題が放置され、自国に有利な「正義」が跋扈する現代世界。国ごとに「正義」が異なり、国境の内外でも異なるという現実。こうしたなかで、「国境を越え、覇権を裁く正義」としての世界正義はいかにして可能か。本書は、この問いを原理的・包括的に探究する法哲学の書である。

`25

決断の条件

会田雄次/著 / 新潮社
2013/05/24発売
¥1296 ¥1296 (0%OFF)
12ポイント (1倍)
Wイイかも

自分では一世一代の決断をしたつもりでも、その多くは単なる「思いつき」「苦しまぎれ」「便乗」「感情」から下されたものに過ぎない。今こそわれわれ日本人は「優柔不断」から脱却し、冷静な現実把握と真の決断能力を磨く必要がある。マキァヴェリ、韓非子、孫子など戦乱に生きた先哲の言葉と、古今東西の歴史事例から、意思決定の要諦を示す、現代人必読の書。

`26

COSMOS 上

カール・セーガン/著 木村繁/訳 / 朝日新聞出版
2013/06/11発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

天文学、惑星科学への夢を語り、今日の宇宙科学ブームのさきがけとなったベストセラーの復刊。上巻では、セーガン博士が初期から取り組み続けた太陽系惑星の探求がつづられる。探査衛星などから送られる観測データをもとにした、金星、火星、木星、土星といった惑星の物語は圧巻。「なぜ地球には生命が存在したのか」を追った宇宙と生命の問題は、最大の関心事として現在の地球外生命の可能性の研究にまで受け継がれていく。宇宙飛行士・山崎直子さんの書き下ろしエッセイも収録。

`27

COSMOS 下

カール・セーガン/著 木村繁/訳 / 朝日新聞出版
2013/06/11発売
¥1728 ¥1728 (0%OFF)
16ポイント (1倍)
Wイイかも

宇宙や惑星の話から生命の起源や進化まで網羅した80年代の名著『COSMOS』。累計116万部突破のミリオンセラーを朝日選書として完全復刊。元宇宙飛行士・山崎直子さんの書き下ろしエッセイ「人類の故郷、宇宙への思い」も収録。

`28

GHQの検閲・諜報・宣伝工作

山本武利/著 / 岩波書店
2013/07/18発売
当日~2日で発送
¥2484 ¥2484 (0%OFF)
23ポイント (1倍)
Wイイかも

戦後の日本ではそれまでの内務省による検閲に代わり、GHQによる検閲と宣伝工作が展開された。メリーランド大学プランゲ文庫やアメリカ国立公文書館など、アメリカ合衆国において完全な形で保存されてきた検閲資料を丹念に調査し、検閲組織とその実態を明らかにする。そして、朝日新聞とNHKなどの組織や、緒方竹虎、永井荷風といった著名人たちが、占領下の検閲・諜報・宣伝活動にどのように関わり、翻弄されたかを検証し、許された言語空間、奨励された言論活動とは何だったのかを問う。

`29

人はなぜ傷つくのか 異形の自己と黒い聖痕

秋田巌/著 / 講談社
2013/06/29発売
¥1836 ¥1836 (0%OFF)
17ポイント (1倍)
Wイイかも

ブラック・ジャックを始めとするマンガ、「ゴジラ」などの映画、テレビドラマに見られる「ブラックな」キャラクターなど、日本文化固有の「傷」の表現の彼方に、文化の固有性を超えた普遍的な人間の実存の表象を見る。ユング、河合隼雄の業績を受け継ぎながら新たな局面を切り開く、ユング派心理学の意欲作。

`30

一神教の起源 旧約聖書の「神」はどこから来たのか

山我哲雄/著 / 筑摩書房
2013/08/12発売
¥1944 ¥1944 (0%OFF)
18ポイント (1倍)
Wイイかも

もともとイスラエルもユダも、古代オリエント世界の辺境に存した弱小国家に過ぎず、権力や覇権とはほとんど縁がなかった。その小さな国家が滅び、新バビロニア帝国の圧倒的な支配のもとで「ヤハウェの民」が最も非力で悲惨な境涯にあった時に、彼らの中から唯一神観が生まれた。それは、弱い者が生き延びるための知恵であった。―古代イスラエルで唯一神が誕生するまでを、壮大な筆致で描く。

@スポンサー