二分間の冒険

岡田淳(児童文学作家)
偕成社
1991年06月発売
レビュー平均4.6点/62
¥756(税込)
Wイイかも

たった二分間で冒険?信じられないかもしれません。でもこれは、六年生の悟に本当におこったこと。体育館をぬけだして、ふしぎな黒ネコに出会った時から、悟の、長い長い二分間の大冒険が始まります。昭和六十年度うつのみやこども賞受賞。小学上級から。

子ぎつねヘレンがのこしたもの

竹田津実
偕成社
2005年09月発売
レビュー平均4.63点/41
¥756(税込)
Wイイかも

キタキツネの子ヘレンは、道路わきにうずくまっているところを保護されて、獣医の竹田津先生のところへつれてこられました。ヘレンはどうやら目が見えず、耳も聞こえないようです。ミルクをあたえても、見向きもしません。でも、先生夫妻の懸命な介護で、ヘレンはやがて…。小学中級以上向き。

びりっかすの神さま

岡田淳(児童文学作家)
偕成社
2006年04月発売
レビュー平均4.86点/28
¥756(税込)
Wイイかも

毎日、そこですごしているひとには、わからないのに、ふいに、よそからやってきたひとが気づく、そんなことがあります。この物語の転入生は、四年一組の教室で、いままでだれも見なかったものを、見ました。小学中級から。

家族になったスズメのチュン

竹田津実
偕成社
2006年09月発売
レビュー平均4.96点/28
¥756(税込)
Wイイかも

スズメのチュンは、ヒナのとき、死にそうな状態でひろわれて、獣医の竹田津先生のところへ持ちこまれました。すっかり元気に成長して、家族の一員となったチュンは、どうやら、自分を人間だと思っているようです。一羽の小さなスズメとの生活をつづった、森の獣医さんのゆかいな動物日記。小学中級以上向き。

天と地の守り人(第3部)

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2007年03月発売
レビュー平均5.0点/19
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

バルサとチャグムはこの物語の発端となったチャグムの祖国、新ヨゴ皇国へむかう。新ヨゴ皇国は南のタルシュ帝国に攻めこまれ、一方、ナユグの四季も変化の時をむかえていた…『天と地の守り人』三部作ここに完結。

ふしぎの時間割

岡田淳(児童文学作家)
偕成社
1998年07月発売
レビュー平均4.88点/17
¥1080(税込)
Wイイかも

月の森に、カミよ眠れ

上橋菜穂子
偕成社
2000年10月発売
レビュー平均4.06点/17
¥756(税込)
Wイイかも

月の森の蛇ガミをひたすら愛し、一生を森で送ったホウズキノヒメ。その息子である蛇ガミのタヤタに愛されながらも、カミとの契りを素直に受けいれられない娘、キシメ。神と人、自然と文明との関わりあいを描く古代ファンタジー。小学上級から。

炎路を行く者

上橋菜穂子/佐竹美保
偕成社
2012年02月発売
レビュー平均4.75点/16
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

『蒼路の旅人』でチャグムをさらったタルシュの鷹アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ、自分の祖国を滅ぼした男に仕えることになったのか。そして、バルサは、過酷な日々の中で、思春期をどう乗りこえていったのか。題名のみ知られていた幻の作品「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」が収められた、「守り人」読者待望の作品集。

流れ行く者

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2008年04月発売
レビュー平均4.8点/15
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

父を王に殺された少女バルサ。親友の娘を助けるためにすべてを捨てたジグロ。ふたりは追手をのがれ、流れあるく。二度ともどらぬ故郷を背に。守り人シリーズ「番外編」にあたる短編集。

天と地の守り人(第2部)

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2007年02月発売
レビュー平均5.0点/14
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

本書は、バルサの生まれ故郷カンバル王国が舞台。「カンバル王がロタ王国との同盟をむすぶかどうかに北の大陸の存亡がかかっている」このことに気づいたチャグムとバルサはカンバル王国へとむかう。しかし、カンバル王の側近には南のタルシュ帝国に内通している者がいた。あやうし、バルサ。チャグムは北の大陸をまとめることができるのか。

天と地の守り人(第1部)

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2006年12月発売
レビュー平均4.93点/14
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

天と地の守り人「第1部」はロタ王国が舞台。行方不明の新ヨゴ皇国皇太子チャグムを救出すべくバルサは一人ロタ王国へとむかう…『天と地の守り人』三部作の第一巻。

蒼路の旅人

上橋菜穂子/佐竹美保
偕成社
2005年05月発売
レビュー平均4.92点/13
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。この船出がチャグムの人生を大きく変えていく…罠におちひとり囚われの身となるチャグム。愛する人との別れそしてあらたなる出会い…。

コンチキ号漂流記

トール・ハイエルダール/神宮輝夫
偕成社
1982年10月発売
レビュー平均4.27点/11
¥756(税込)
Wイイかも

家なき娘(上)

エクトール・アンリ・マロ/二宮フサ
偕成社
2002年02月発売
レビュー平均4.6点/10
¥756(税込)
Wイイかも

フランス人を父に、インド人を母に持つ少女ペリーヌ。インドからやっとの思いで、フランスにたどりついたとき、すでに父は亡く、母もパリで力尽きてしまう。一人ぼっちになったペリーヌは、父の話をたよりに、母の教えを胸に、父の故郷マロクールにむかう。はたして、祖父はペリーヌをむかえいれてくれるだろうか。ペリーヌの父は、結婚が原因で勘当されていた…。「家なき子」で有名な十九世紀フランスの文学者エクトール・マロの傑作。聡明な少女が困難をのりこえ、幸せを得るまでの物語。小学上級以上向。

二分間の冒険

岡田淳(児童文学作家)/太田大八
偕成社
1985年04月発売
レビュー平均4.8点/10
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

神の守り人(帰還編)

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2003年02月発売
レビュー平均4.56点/9
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

アスラは自らの力にめざめ、サーダ・タルハマヤ“神とひとつになりし者"としておそろしい力を発揮しはじめる。それは、人の子としてのアスラの崩壊を意味していた…はたして、バルサたちはアスラを救うことができるのだろうか。

大どろぼうホッツェンプロッツ改訂

オットフリート・プロイスラー/中村浩三
偕成社
1984年01月発売
レビュー平均4.67点/9
¥648(税込)
Wイイかも

大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる改訂[版]

オットフリート・プロイスラー/中村浩三
偕成社
1986年09月発売
レビュー平均4.75点/8
¥648(税込)
Wイイかも

先生のつうしんぼ

宮川ひろ
偕成社
1984年10月発売
レビュー平均4.5点/8
¥648(税込)
Wイイかも

ふしぎの国のアリス

ルイス・キャロル/芹生一
偕成社
1980年01月発売
レビュー平均4.38点/8
¥648(税込)
Wイイかも

家なき娘(下)

エクトール・アンリ・マロ/二宮フサ
偕成社
2002年02月発売
レビュー平均4.5点/8
¥756(税込)
Wイイかも

フランス人を父に、インド人を母に持つ少女ペリーヌは、父母亡きあと、父の故郷マロクールで、素姓をいつわり、名前もオーレリーと変えて、祖父のヴィルフラン氏の工場で通訳としてはたらくようになる。マロクールの村を支える紡績工場の経営者、ヴュルフラン氏はその莫大な財産と冷徹さゆえに孤独だった。そして、勘当した肉親と気づかぬまま、ペリーヌを心の支えと感じるようになる…。『家なき子』で有名な十九世紀フランスの文学者エクトール・マロの傑作。聡明な少女が実の祖父の愛を勝ちえるまでを、近代化の進む紡績工場を舞台に描く。小学上級以上向。

虚空の旅人

上橋菜穂子/佐竹美保
偕成社
2001年08月発売
レビュー平均4.88点/8
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

新ヨゴ皇国の皇太子チャグムが、シュガとともに向かったのは、ヤルターシ海のサンガル王国だった。新王の即位の儀に招かれたのだ。ところが、めでたいはずのお祝いの席で、新王は、傷つけられ、チャグムたちは、はからずも呪詛と陰謀の中に身を置くこととなる。小学高学年からファンタジーの好きな全ての人向き。

かぎりなくやさしい花々

星野富弘
偕成社
2004年11月発売
レビュー平均4.25点/8
¥756(税込)
Wイイかも

花の詩と絵をとおして生命のすばらしさを語りつづける感動の記録。星野富弘の自伝。小学上級から。

放課後の時間割

岡田淳(児童文学作家)
偕成社
1990年11月発売
レビュー平均4.86点/7
¥756(税込)
Wイイかも

きみは〈学校ネズミ〉を知っているかな?ただのネズミじゃない。2本足で歩き、人間のことばを話すんだ。それに、おもしろい話をたくさん知ってる。コトッ。-ほら、天じょうで音がしただろ?日本児童文学者協会新人賞受賞。小学中級から。

精霊の守り人

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
1996年07月発売
レビュー平均5.0点/7
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

あちらの世界「ナユグ」からこちらの世界「サグ」を見守る精霊は、100年に一度だけこちらの世界の人に宿って新しく誕生するという。精霊が無事に生まれると、そのさき100年は人の世に大きな災害や飢饉がおきないという。

ぼくのお姉さん

丘修三/上矢津
偕成社
2002年09月発売
レビュー平均4.86点/7
¥756(税込)
Wイイかも

障害を持つ姉が働いて得た、はじめてのお給料。このお給料が家族にもたらす小さな奇跡を描いた表題作他、六人の主人公が体験した胸の奥の痛み。坪田譲治文学賞、新美南吉児童文学賞、児童文学者協会新人賞、赤い鳥さし絵賞等、数かずの受賞に輝いた、感動の連作短編集。小学上級以上向き。

クワガタクワジ物語

中島みち
偕成社
2002年08月発売
レビュー平均4.86点/7
¥756(税込)
Wイイかも

クワガタムシを飼う少年とそれを見守る母のさわやかな心の交流。生命の尊さをうたいあげた三夏の記録。小学中級以上向き。

神の守り人(来訪編)

上橋菜穂子/二木真希子
偕成社
2003年02月発売
レビュー平均4.67点/6
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

ロタ王国建国の伝説にまつわるおそろしき神“タルハマヤ"とタルの民との秘密とは…王家に仕える隠密カシャルたちが遠い昔かわしたロタ王家との約束とは…タルの美少女アスラは神の子か、それとも災いの子か。

ぼくはアフリカにすむキリンといいます

岩佐めぐみ/高畠純
偕成社
2001年06月発売
レビュー平均4.67点/6
¥1080(税込)
Wイイかも

アフリカにすむ一頭のたいくつなキリンが、手紙を書きました。配達するのは、やはりたいくつなペリカン。「地平線のむこうでさいしょにあった動物」あてに書かれた手紙が、だれにとどいたかというと…そして、それからどうしたかっていうと…?キリンはいっていました。このお話、ひとりぼっちの人、たいくつな人、いそがしい人に、ぜひよんでもらいたい、ってね。小学中級から。

海底二万里(上)

ジュール・ヴェルヌ/大友徳明
偕成社
1999年10月発売
レビュー平均4.6点/5
¥864(税込)
Wイイかも

フランスの博物学者アロナクス教授は召使いのコンセーユ、漁師ネッド・ランドとともに謎の人物ネモ船長がひきいる巨大潜水艦ノーチラス号にとらわれ、海底の冒険旅行にまきこまれる。驚異に満ちた傑作冒険小説、新完訳版。小学上級から。

@スポンサー