妖界ナビ・ルナ(10)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2007年01月発売
レビュー平均4.62点/21
¥604(税込)
Wイイかも

朱雀、青龍、白虎につづく玄武との出会い。四神がすべてそろい、ついに妖界への道を封印する時がきた。しかし、ふたたび夜鳴島をおとずれたルナたちの前に、強大な妖力をもつ人物が立ちはだかる。その人物がにぎる、あるひみつとは?激闘のはてに、いますべてのなぞが明かされる。さいごの戦いへ!人気シリーズ完結編。

ガラスのうさぎ新版

高木敏子/武部本一郎
金の星社
2005年06月発売
レビュー平均4.65点/17
¥648(税込)
Wイイかも

一九四五年三月十日の東京大空襲で、十二歳の敏子は母と二人の妹を失った。焼け跡には、敏子の家にあったガラスのうさぎが、変わりはてた姿でころがっていた。うさぎは、燃えさかる炎に身を焼かれながらも、戦争の悲惨さを見つめ続けていたのだった…。戦争の中を生きぬいた著者が、平和への祈りをこめて少女時代の体験をつづった感動のノンフィクション。戦時用語など語句の解説を増やした待望の新版。小学校高学年・中学校向き。

お江

国松俊英/十々夜
岩崎書店
2010年12月発売
レビュー平均4.5点/16
¥648(税込)
Wイイかも

父長政はお江が幼い日に亡くなった。いままた母お市の方と義父勝家が、燃え落ちる城と運命をともにしていく。お茶々、お初、お江、残された三姉妹の波乱の人生が始まる。

妖界ナビ・ルナ(9)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2006年09月発売
レビュー平均4.86点/14
¥604(税込)
Wイイかも

さいごの四神、玄武をさがして、ルナたちがやってきたのは、太平洋に面した小さな島。そこでみやげもの屋を営む乙久さんは、なくしもののありかをいいあてる、ふしぎな力をもっていた。ひょっとすると、乙久さんは妖力のもち主なのだろうか?一方、探索のかいなく、玄武のいどころは依然としてわからないままだった。いよいよクライマックスへ!シリーズ第九弾。

ハッピーバースデー

青木和雄/加藤美紀
金の星社
2003年12月発売
レビュー平均4.93点/14
¥702(税込)
Wイイかも

母親の精神的虐待から、声をなくしてしまった少女・あすか。しかし祖父母の愛と自然の力で回復し、あすかは強く変わっていく。そんなあすかの姿を見て、兄・直人は親の期待通りに生きてきた自分の人生に疑問を持ちはじめる。そして、娘を愛することのできない母親は、初めて自分の心の問題にむきあおうとするのだった。それぞれの生き方が共感をよび、社会的ブームにまでなった感動のベストセラー。小学校高学年・中学生向き。

妖界ナビ・ルナ(2)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2004年09月発売
レビュー平均4.86点/14
¥604(税込)
Wイイかも

妖力の封印が解けたルナは、最初の敵、妖怪かまちをたおした。次なる妖怪と悠久の玉を探してたどりついた港町には、水をあやつるふしぎな女の人がいた。ある日、友だちのユイとたずねた店で水晶玉の盗難事件がおきる。同じころ、もっけとスネリがゆくえ不明に…。ルナの第三の目がふたたびうずきだす!書き下ろしファンタジーシリーズ第二弾。

妖界ナビ・ルナ(8)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2006年06月発売
レビュー平均4.92点/12
¥604(税込)
Wイイかも

朱雀、青龍のふたりをあいついで解放したルナたちは、三人目の四神をさがして、ふるい歴史をもつ街にやってきた。この街では、子どもたちが数時間だけ行方不明になるという神かくしのウワサが広がっていた。被害者のひとりとされるナツメの奇妙な行動はなにを意味するのか?そして三人目の四神はいったいどこに?圧倒的人気をほこるシリーズ第八弾。

妖界ナビ・ルナ(1)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2004年03月発売
レビュー平均4.75点/12
¥604(税込)
Wイイかも

星の子学園でくらす竜堂ルナは小学三年生。赤んぼうの時、学園の門前におきざりにされていたのを、この学園の人に引き取られ育てられた。春休みのある晩、友だちのサエが何者かにつれさられるという事件がおきた。サエのゆくえをおっているうちに、ルナは自分の超能力に目ざめていく!書き下ろしファンタジーシリーズ第一弾!小学校中・高学年向き。

妖界ナビ・ルナ(7)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2006年03月発売
レビュー平均4.92点/12
¥604(税込)
Wイイかも

赤い花に封じこめられていた朱雀を解放して、ルナたちは次なる四神をさがす旅をつづけていた。やってきたのは坂の多い小さな町。嗅覚がさらにパワーアップしたスネリによれば、丘のかなたの山の頂きに、恐ろしい気配を感じるという。それは四神のものなのか?それとも、ふたたび妖怪が待ちうけているのか?シリーズ第七弾。

妖界ナビ・ルナ(5)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2005年09月発売
レビュー平均4.7点/10
¥604(税込)
Wイイかも

第五の舞台となる島で、ルナは都和子先生と再会する。都和子先生が明らかにしたルナの出生のひみつとは?少年タイの正体は?宿命の対決の幕が切っておとされた。

マジカル少女レイナ魔女のクッキング

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2006年05月発売
レビュー平均4.9点/10
¥604(税込)
Wイイかも

テレビの人気番組「小学生鉄人シェフ」に、幸小学校からチームをだすことになりました。まず校内の予選会です。レイナのクラスでは、レイナ、美貴、はるか、さやか、そして拓馬の五人でチームをつくりました。ところが、拓馬はクラス一のきらわれものです。なにか悪いことがおこるような気がして、レイナは不安でなりません。ファン待望のシリーズ第三弾!小学校中・高学年向。

妖界ナビ・ルナ(4)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2005年03月発売
レビュー平均4.9点/10
¥604(税込)
Wイイかも

学校の理科室から泣き声がきこえてくる夜には、町のどこかで、かならず火事がおこる。ルナたちがやってきた町には、そんなウワサが広がっていた。この奇怪なできごとのうらには、なにがあるのか?第四の玉をさがしもとめるルナの前に、強大な魔力をもつ新たな妖怪が出現してきた!人気沸騰中!書き下ろしシリーズ第四弾。

妖界ナビ・ルナ(3)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2004年11月発売
レビュー平均4.78点/9
¥604(税込)
Wイイかも

なぞめいたチラシにみちびかれて、ルナたち三人がおとずれたのは、うつくしい海にかこまれた南の島、果南島。その島にある「魅惑の森」では、森に入ったままゆくえ不明になる事件があいついでいた。ルナの身にも危険がせまる。暗闇の迷路のなかで、新しい妖怪との戦いがはじまろうとしていた!人気上昇中!書き下ろしシリーズ第三弾。

杉原千畝物語

杉原幸子/杉原弘樹
金の星社
2003年06月発売
レビュー平均4.67点/9
¥702(税込)
Wイイかも

杉原千畝は、一九三九年、第二次世界大戦のさなか、リトアニアの日本領事館の領事代理になりました。千畝は迫害されたユダヤ人を救うため、外務省の命令にそむいて、自分の意志で日本通過のビザを発給しつづけ、六千人のユダヤ人の命を救ったのです。心の命令にしたがった外交官杉原千畝の生涯。愛と感動のノンフィクション。

きまぐれロボット

星新一/和田誠(イラストレーター)
理論社
2005年06月発売
レビュー平均4.44点/9
¥648(税込)
Wイイかも

お金持ちのエヌ氏は、博士からロボットを買った。優秀で、なんにでも役に立つというロボットをつれて、離れ島の別荘へ行ったのだが…。シャープでスリリング、そしてやさしさに満ちた星新一のSF。宇宙に、未来に、現代にー子どもたちに読みつがれ、生きつづけていくショートショート31編。小学校中・高学年向き。

妖界ナビ・ルナ(6)

池田美代子/琴月綾
岩崎書店
2005年11月発売
レビュー平均4.78点/9
¥604(税込)
Wイイかも

ふたごの弟タイとの激闘の末、タイを妖界へ送りかえしたルナは、みずからも深い傷を負い、生死の間をさまよっていた。そのころ、山奥のある村では、村人たちが奇妙な病いにおかされる事件があいついでいた。新たな妖怪の出現なのか?!眠りからさめたルナ、スネリ、もっけはふたたび冒険の旅にでることになった。物語はいよいよ第二幕へ!シリーズ第六弾。小学校中・高学年向。

マジカル少女レイナ魔のフラワーパーク

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2006年11月発売
レビュー平均5.0点/7
¥604(税込)
Wイイかも

樹里亜に招待されて、レイナたちはフラワーショーにいくことになりました。ショーの二日前、準備中の樹里亜の祖母、ケイ白河の英国式庭園へ。そこでレイナは、庭づくりをとりしきるガーデニストの少年と出会いました。ところが、つぎの日、エリカ夫人はじめ、会場にいった人びとのようすが変です。いったい何が…?人気急上昇!シリーズ第四弾。

チョコレート戦争

大石真/北田卓史
理論社
1979年11月発売
レビュー平均4.71点/7
¥583(税込)
Wイイかも

ポケネコ・にゃんころりん(2)

山本悦子(児童文学)/沢音千尋
童心社
2008年09月発売
レビュー平均4.5点/6
¥604(税込)
Wイイかも

学校にいたときは、だれもかれもが敵に見えた。みんながあたしのことをきらってるみたいな気がしてた。でも、そんなわけじゃない。ちゃんと仲間がいるんだ。あたしは、ジュリエットを抱きしめた。え…?いつもと感触がちがう。熱い。体の奥まで、その熱がじんわり伝わってくる。胸の中に、ぽっと火がおこるのがわかった。力が満ちてくる。いじめになんか、負けない。にゃんころりんの友だちがやってきた。新シリーズ第二弾。

妖界ナビ・ルナ(2-2)

池田美代子/戸部淑
岩崎書店
2008年03月発売
レビュー平均4.67点/6
¥604(税込)
Wイイかも

妖界のふるさと、沢白国で、新しいなかまのソラウ、ふうりと出会ったルナ。ルナは、いまは亡きふたごの弟・タイとの約束を果たすため、行方不明のカザンを探し、割れた八方玉と対になる悠久の玉にふれた者の謎を追うことになる。もっけとスネリに見送られ、ルナたちはついに焔紅国へと向かう。一二〇万読者がおまちかねの第2期・第二弾。

ポケネコ・にゃんころりん(5)

山本悦子(児童文学)/沢音千尋
童心社
2010年04月発売
レビュー平均4.83点/6
¥648(税込)
Wイイかも

ユウたちのクラスメート・ジェシカにも「ノルン」から招待状がとどいた。パートナーは、思いを吸いとる不思議な羽を持つ真っ白な小鳥。ジェシカは「ネーヴェ」と名付けた。ネーヴェの羽を耳にあてると、まわりの人の思いが聞こえてきて…。

マジカル少女レイナ呪いのファッション

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2005年09月発売
レビュー平均4.83点/6
¥604(税込)
Wイイかも

クラスでのファッションショーをめぐる白魔法と黒魔法の戦いです。レイナたちがくふうをこらして作りあげた、はなやかでかわいいファッションを楽しんでね。

マジカル少女レイナ悪夢のドールショップ

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2007年05月発売
レビュー平均4.83点/6
¥604(税込)
Wイイかも

近くにドールショップが開店し、オーナーの美しい女性がレイナの店にやってきました。新しい店の宣伝に、お人形をレイナの店においてもらえるようにたのみに来たのです。レイナは大よろこび!そのお人形を見るためにわざわざ来店するお客さんまでいたのですが…。ますます面白くなる!シリーズ第五弾。

マジカル少女レイナ妖しいパティシエ

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2009年01月発売
レビュー平均4.6点/5
¥648(税込)
Wイイかも

最後の五邪帝との戦いを前に、家にこもるセリカさんを元気づけようと、エリカ夫人がスコットランドの名物料理を作っています。レイナたちが楽しみにまっていると、樹里亜もセリカさんのために、ケーキをもってきてくれました。あまりのおいしさに、そのケーキを作った人にお菓子作りを習いにいくことになりましたが…。

ポケネコ・にゃんころりん(4)

山本悦子(児童文学)/沢音千尋
童心社
2009年09月発売
レビュー平均4.4点/5
¥648(税込)
Wイイかも

難病を抱えた男の子と出会うユウたち。命のバトンを受けとらせるために、にゃんころりんの「とんでもない力」がついに目覚めるーそして旅立つにゃんころりんとの別れが…!?手のひらサイズのふしぎねこ、にゃんころりんがまきおこす人気シリーズ。

マジカル少女レイナ不吉なアニメーション

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2007年11月発売
レビュー平均4.8点/5
¥604(税込)
Wイイかも

はるかがアニメ声優のオーディションを受けることになり、レイナはつきそいで録音スタジオを訪れます。魔法をつかって、関係者以外は入れないスタジオの中に入ったレイナ。ところが、なぜか見ているうちに、はるかのライバルのマネージャーが憎らしくなってきたのです。アニメの舞台裏をのぞいちゃおう。

呪われたピアニスト

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2009年07月発売
レビュー平均5.0点/5
¥648(税込)
Wイイかも

「妖精の女王」からの知らせを受け、レイモンド伯爵一家は、マジカル王国への出入りを禁止されてしまいました。悩むレイナのもとへ、ひとりの妖精が現れ、ある提案をします。そこで、友だちを公園にさそうと、見たことのない女の子が。プロのピアニストをめざしているという、その子は、なぜかぜんぜんわらわないのです!みんなの応援のおかげで、シリーズ2スタート。

マジカル少女レイナ運命のテーマパーク

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2009年03月発売
レビュー平均4.6点/5
¥648(税込)
Wイイかも

ブラックソーンの呪いで眠ったままのセリカさんとミカエル、エリカ夫人を救うため、マジカル王国へ行っていたチアーズが、何者かにおそわれました。国王からの手紙はうばわれ、かわりに「妖精の女王」からの手紙が!明日までに「なぞ」を解かないと、セリカさんの命があぶない!?レイナは、手がかりをさがして走ります。マジカル王国の、そしてレイナの運命は。

妖界ナビ・ルナ(2-1)

池田美代子/戸部淑
岩崎書店
2007年09月発売
レビュー平均5.0点/5
¥604(税込)
Wイイかも

たびかさなる妖怪との戦いの末に、人間界と妖界の通路を封印したルナは長い眠りについていたー。ふたたび目ざめたそこは、亡き母レンメイのふるさと、妖界の地だった。もっけ、スネリとの再会をはたし、念願の学校へもかようことができて、おだやかで平和な暮らしがはじまるはずであった。熱い声援にささえられて、第2期スタート。小学校中・高学年向き。

怪しいブラスバンド

石崎洋司/栗原一実
岩崎書店
2010年09月発売
レビュー平均4.25点/4
¥648(税込)
Wイイかも

幸小学校の、ふだんはつかっていない木造校舎に、ある夜女の子の姿が!幽霊!?クラスの沢田くんは、そこでブラスバンドの練習をしていた女の子が死んで、あそこは呪われているといいます。レイナが美貴といっしょにようすを見にいくと、入り口に一名の欠員募集の紙が貼ってあったのです。シリーズ2の第3話は、ちょっとコワーイ(?)ブラスバンドのお話です。夜の学校に幽霊が!?レイナがリリア族の族長から警告された「死のラッパ」とは。

@スポンサー