佐賀のがばいばあちゃん

島田洋七
徳間書店
2004年01月発売
レビュー平均4.78点/469
¥555(税込)
Wイイかも

昭和三十三年、広島から佐賀の田舎に預けられた八歳の昭広。そこでは厳しい戦後を七人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ…。黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作。

流星ワゴン

重松清
講談社
2005年02月15日発売
レビュー平均4.56点/147
¥788(税込)
Wイイかも

死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そしてー自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのかー?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

坂の上の雲(1)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年01月発売
レビュー平均4.72点/147
¥702(税込)
Wイイかも

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達ー日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。

竜馬がゆく(1)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年09月発売
レビュー平均4.68点/100
¥702(税込)
Wイイかも

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。

坂の上の雲(8)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年02月発売
レビュー平均4.64点/85
¥756(税込)
Wイイかも

本日天気晴朗ナレドモ浪高シー明治三十八年五月二十七日早朝、日本海の濛気の中にロシア帝国の威信をかけたバルチック大艦隊がついにその姿を現わした。国家の命運を背負って戦艦三笠を先頭に迎撃に向かう連合艦隊。大海戦の火蓋が今切られようとしている。感動の完結篇。巻末に「あとがき集」他を収む。

坂の上の雲(3)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年01月発売
レビュー平均4.7点/83
¥702(税込)
Wイイかも

日清戦争から十年ーじりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないから」とロシア皇帝ニコライ二世はいった。しかし、両国の激突はもはや避けえない。病の床で数々の偉業をなしとげた正岡子規は戦争の足音を聞きつつ燃えつきるようにして、逝った。

きみの友だち

重松清
新潮社
2008年07月発売
レビュー平均4.54点/82
¥723(税込)
Wイイかも

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいるー。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

官僚たちの夏改版

城山三郎
新潮社
2002年03月発売
レビュー平均4.43点/82
¥637(税込)
Wイイかも

坂の上の雲(7)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年02月発売
レビュー平均4.61点/82
¥702(税込)
Wイイかも

各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。そのとぼしい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。だが、果然、逆襲されて日本軍は処々で寸断され、時には敗走するという苦況に陥った。

坂の上の雲(6)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年02月発売
レビュー平均4.56点/81
¥702(税込)
Wイイかも

作戦の転換が効を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地を轟かせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊に巨大な圧力がのしかかった。やせ細った防御陣地は蹂躪され、壊滅の危機が迫った。

坂の上の雲(4)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年01月発売
レビュー平均4.78点/80
¥756(税込)
Wイイかも

明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また連合艦隊の参謀・少佐真之も堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。

坂の上の雲(2)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年01月発売
レビュー平均4.64点/80
¥702(税込)
Wイイかも

戦争が勃発した…。世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍少佐秋山好古は騎兵を率い、海軍少尉真之も洋上に出撃した。一方正岡子規は胸を病みながらも近代短歌・俳句を確立しようと、旧弊な勢力との対決を決意する。

坂の上の雲(5)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1999年02月発売
レビュー平均4.71点/79
¥756(税込)
Wイイかも

強靱な旅順要塞の攻撃を担当した第三軍は、鉄壁を正面から攻めておびただしい血を流しつづけた。一方、ロシアの大艦隊が、東洋に向かってヨーロッパを発航した。これが日本近海に姿を現わせば、いま旅順港深く息をひそめている敵艦隊も再び勢いをえるだろう。それはこの国の滅亡を意味する。が、要塞は依然として陥ちない。

竜馬がゆく(4)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年09月発売
レビュー平均4.71点/75
¥702(税込)
Wイイかも

志士たちで船隊を操り、大いに交易をやり、時いたらば倒幕のための海軍にするー竜馬の志士活動の発想は奇異であり、ホラ吹きといわれた。世の中はそんな竜馬の迂遠さを嘲うように騒然としている。反動の時代ー長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権も瓦解した。が、竜馬はついに一隻の軍艦を手に入れたのであった。

くちぶえ番長

重松清
新潮社
2007年07月発売
レビュー平均4.71点/73
¥529(税込)
Wイイかも

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、頼りになるやつだったんだー。サイコーの相棒になったマコトとツヨシが駆けぬけた一年間の、決して忘れられない友情物語。

竜馬がゆく(2)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年09月発売
レビュー平均4.72点/71
¥702(税込)
Wイイかも

黒船の出現以来、猛然と湧き上ってきた勤王・攘夷の勢力と、巻き返しを図る幕府との抗争は次第に激化してきた。先進の薩摩、長州に遅れまいと、固陋な土佐藩でクーデターを起し、藩ぐるみ勤王化して天下へ押し出そうとする武市半平太のやり方に、限界を感じた坂本竜馬は、さらに大きな飛躍を求めて、ついに脱藩を決意した。

銀魂 - 3年Z組銀八先生(2)

空知英秋/大崎知仁
集英社
2007年07月発売
レビュー平均4.5点/70
¥699(税込)
Wイイかも

なぜか3年になってから修学旅行がある銀魂高校。今年は大胆にも、行く先を3年Z組が決めることになった!しかし、そこは激烈キャラの生徒がひしめく3年Z組。そう簡単には決まらない!?『銀魂』番外編「銀魂 3年Z組銀八先生」がさらにパワーアップ。人気シリーズ第二弾。

竜馬がゆく(3)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年09月発売
レビュー平均4.73点/70
¥702(税込)
Wイイかも

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。

竜馬がゆく(8)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年10月発売
レビュー平均4.84点/68
¥702(税込)
Wイイかも

慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。-時勢はこの後、坂を転げるように維新にたどりつく。しかし竜馬はそれを見とどけることもなく、歴史の扉を未来へ押しあけたまま、流星のように…。巻末に「あとがき集」を収む。

竜馬がゆく(5)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年10月発売
レビュー平均4.79点/67
¥702(税込)
Wイイかも

池田屋ノ変、蛤御門ノ変と血なまぐさい事件が続き、時勢は急速に緊迫する。しかし幕府の屋台骨はゆるんだようにも見えない。まだ時期が早すぎるのだ…次々死んでゆく同志を想い、竜馬は暗涙にむせんだ。竜馬も窮迫した。心血を注いだ神戸海軍塾が幕府の手で解散させられてしまい、かれの壮大な計画も無に帰してしまった。

秘密のたからばこ

佐藤和也
明窓出版
2010年01月発売
レビュー平均4.51点/67
¥3024(税込) 送料無料
Wイイかも

運命の引き合わせと真実の恋愛。新文明小説。

笑う警官

佐々木譲
角川春樹事務所
2007年05月発売
レビュー平均4.39点/67
¥740(税込)
Wイイかも

札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、「うたう警官」の文庫化。

きよしこ

重松清
新潮社
2005年07月発売
レビュー平均4.56点/63
¥561(税込)
Wイイかも

少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっとー。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

その日のまえに

重松清
文藝春秋
2008年09月発売
レビュー平均4.49点/63
¥648(税込)
Wイイかも

僕たちは「その日」に向かって生きてきたー。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。

燃えよ剣(上巻)改版

司馬遼太郎
新潮社
2007年01月発売
レビュー平均4.69点/62
¥853(税込)
Wイイかも

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ"は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの"の頂点をなす長編。

竜馬がゆく(6)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年10月発売
レビュー平均4.82点/62
¥702(税込)
Wイイかも

幕府を倒すには薩摩と長州が力を合せれば可能であろう。しかし互いに憎悪しあっているこの両藩が手を組むとは誰も考えなかった。奇蹟を、一人の浪人が現出した。竜馬の決死の奔走によって、慶応二年一月、幕府の厳重な監視下にある京で、密かに薩長の軍事同盟は成った。維新への道はこの時、大きく未来に開かれたのである。

竜馬がゆく(7)新装版

司馬遼太郎
文藝春秋
1998年10月発売
レビュー平均4.73点/60
¥702(税込)
Wイイかも

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還ー幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立するー無血革命方式であった。

燃えよ剣(下巻)改版

司馬遼太郎
新潮社
2007年01月発売
レビュー平均4.67点/58
¥853(税込)
Wイイかも

元治元年六月の池田屋事件以来、京都に血の雨が降るところ、必ず土方歳三の振るう大業物和泉守兼定があった。新選組のもっとも得意な日々であった。やがて鳥羽伏見の戦いが始まり、薩長の大砲に白刃でいどんだ新選組は無残に破れ、朝敵となって江戸へ逃げのびる。しかし、剣に憑かれた歳三は、剣に導かれるように会津若松へ、函館五稜郭へと戊辰の戦場を血で染めてゆく。

京大少年

菅広文
講談社
2009年11月発売
レビュー平均4.3点/57
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

ベストセラー『京大芸人』に続く、待望の爆笑小説第2弾!ロザン・菅が描く、「京大芸人・宇治原ができるまで」。

Story Seller

新潮社
新潮社
2009年02月発売
レビュー平均4.49点/57
¥907(税込)
Wイイかも

これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

@スポンサー