手で作る本

山崎曜
文化出版局
2006年03月発売
レビュー平均4.36点/14
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

数枚の紙をまとめてとじただけのシンプルな本から、和本、ハードカバーの本、リボンでとじる本、革表紙の本まで、いろいろな製本の技法をアレンジして、できるだけ簡単に仕上げられる、手作りならではのデザインの本を紹介。

電子書籍の衝撃

佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2010年04月発売
レビュー平均4.54点/13
¥1188(税込)
Wイイかも

『2011年 新聞・テレビ消滅』!?では、本はどうなる!?キンドルに続き、アップルiPad登場。それは、本の世界の何を変えるのか?電子書籍先進国アメリカの現況から、日本の現在の出版流通の課題まで、気鋭のジャーナリストが今を斬り、未来を描く。

大金持ちも驚いた105円という大金

吉本康永
三五館
2009年06月発売
レビュー平均4.14点/7
¥1188(税込)
Wイイかも

どんなピンチだって、ちょっとの工夫と行動で乗り越えられる!リストラ間近・還暦直前・月々ローン返済40万円…!崖っぷち予備校講師が選んだ手段は、ほんのちょっとした事だった。ヒント満載の、貧乏克服ノンフィクション。

本屋好き。

マガジンハウス
2014年07月01日発売
レビュー平均4.83点/6
¥779(税込)
Wイイかも

本と女の子

近代ナリコ
河出書房新社
2005年12月発売
レビュー平均4.25点/4
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

1960年代から70年代にかけて女の子の夢と憧れを詰めこんだ本や雑誌たちをテーマにお届けする、古本ヴァラエティ。

サルにもできるiPhone同人誌の創り方

安倍吉俊/カワサキタカシ
飛鳥新社
2010年12月発売
レビュー平均4.25点/4
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

ブンブン堂のグレちゃん

グレゴリ青山
イースト・プレス
2007年05月発売
レビュー平均4.75点/4
¥1188(税込)
Wイイかも

GHQ焚書図書開封

西尾幹二
徳間書店
2008年06月発売
レビュー平均5.0点/4
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

アメリカが仕掛けた「焚書=歴史書の没収」は日本消滅の時限爆弾だった。この事実を見据え、アメリカに簒奪された私たちの歴史をいまこそ取り戻せ!7000冊以上の焚書によって生じた日本現代史の巨大な空白をどう埋めるのか。

書店繁盛記

田口久美子
ポプラ社
2006年09月発売
レビュー平均3.67点/3
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

昔日の客

関口良雄
夏葉社
2010年10月発売
レビュー平均5.0点/3
¥2376(税込) 送料無料
Wイイかも

尾崎一雄、尾崎士郎、上林暁、野呂邦暢、三島由紀夫…。文学者たちに愛された、東京大森の古本屋「山王書房」と、その店主。幻の名著、32年ぶりの復刊。

神保町公式ガイド(vol.2)

神田古書店連盟
2011年10月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1234(税込)
Wイイかも

Kindle解体新書

スティーブン・ウィンドウォーカー/倉骨彰
日経BP社
2010年05月発売
レビュー平均4.33点/3
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

無料の書籍、世界の名作、最新ニュース、ツイッター、オーディオブック、ゲーム、語学学習…Web上の無限のコンテンツがタダで利用し放題。日本語フリー書籍やドキュメントの利用も自由自在。全米で大ヒットの電子ブックリーダーは驚くべき能力の携帯端末だった。

古本通

樽見博
平凡社
2006年04月発売
レビュー平均3.67点/3
¥756(税込)
Wイイかも

マスコミも伝えない古書業界の仕組み、古本探索の奥義と秘策。古今のユニークな蔵書家たちとアッと驚く蔵書のエピソード。果ては蔵書処分の方法まで、コレ一冊に古本とつきあう法が満載。古書業界誌のベテラン編集者が語る、奥深く尽きせぬ古本の魅力。

絵本好きが集まる絵本屋さん100

月刊Moe編集部
白泉社
2008年12月発売
レビュー平均4.0点/3
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

絵本ファンなら一度は訪れたい、日本全国の絵本屋さんを徹底ガイド。ゲストエッセイ11編収録。

本屋さんで本当にあった心温まる物語

川上徹也
あさ出版
2012年11月発売
レビュー平均3.67点/3
¥1404(税込)
Wイイかも

本屋さんでは日々、たくさんの出会いと奇跡が起きているのですー。書店店主、書店員、読者他、本屋さんで語り継がれている28のハートフルストーリー。

女子の古本屋

岡崎武志
筑摩書房
2011年06月発売
レビュー平均3.0点/2
¥907(税込)
Wイイかも

いま女性店主の古書店が面白い!ネットはもちろん、リアル書店でも、個性的な品揃え、雑貨やおしゃれなカフェ、イベント・スペースなどを兼ねることで、注目を集めている。そうした個性的な13人の店主の素顔と開業までのストーリーを紹介した好著。本書がキッカケで独立した女子もいるという一冊。文庫化にあたり、「それからの『女子の古本屋』」を増補・追加取材。

岩波新書の歴史

鹿野政直
岩波書店
2006年05月発売
レビュー平均5.0点/2
¥972(税込)
Wイイかも

一九三八年に創刊された岩波新書は、それまでの学術・古典を中心とした岩波書店の出版活動に、現代への視点という新たな方向を打ちだしたものであった。以来、赤版、青版、黄版、新赤版と装いを変えながら、二五〇〇冊余を刊行してきた。時代に鋭く切りこんだ話題作をはじめ、定評ある教養書等を生みだしたそのあゆみを概観する。

個人出版(自費出版)実践マニュアル(2007年版)

高石左京
太陽出版(文京区)
2006年12月発売
レビュー平均5.0点/2
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

この本は、個人出版・自費出版のための実践的な本作りマニュアルです。JPS出版局における具体的な受注金額や契約内容も紹介しています。この本を参考に本作りの予算を考え、納得のいくところに本作りや販売の依頼をされることをお勧めします。

どすこい出版流通

田中達治
ポット出版
2008年07月発売
レビュー平均4.5点/2
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

機能している倉庫はキリリと美しい。本の物流と営業のシステム化に心血を注いだ営業担当者のストレート・トーク。

最低で最高の本屋

松浦弥太郎
集英社
2009年10月25日発売
レビュー平均4.5点/2
¥583(税込)
Wイイかも

「本当のこと」を教えてくれない授業に違和感を感じ高校を中退し、何の目的もなく怠惰な日々を送っていた少年時代の著者。好きなことは本を読むこと。高村光太郎の詩集、そしてケルアックの『路上』。本の中に広がる世界に憧れた彼は、ひとりアメリカに旅立った。古書店カウブックスを営み、『暮しの手帖』編集長として多くの若者に支持される著者が綴った青春と「働くこと」についてのエッセイ集。

世界の夢の本屋さん

エクスナレッジ
2011年07月発売
レビュー平均4.0点/2
¥4104(税込) 送料無料
Wイイかも

本を愛する人が幸せになれる場所。その魅力の源泉を探るー世界の名店58名のオーナー・店長・店員さんにインタビュー。

三島由紀夫と司馬遼太郎

松本健一
新潮社
2010年10月発売
レビュー平均3.5点/2
¥1296(税込)
Wイイかも

三島(大正14年生)と司馬(大正12年生)。二人は、それぞれのかたちで「美しい日本」を求めた。「空っぽな日本」に嫌気がさした三島は、身を賭して「それ」を取り戻そうとし、司馬は長期連載『街道をゆく』などを通して「それ」を探った。あらゆる意味で真逆な二人だったが、生涯の最期に、空虚な大国へ成長した戦後日本を憂えたのは同じだった。

世界の美しい書店

今井栄一
宝島社
2014年07月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

美しさと個性で選んだ世界の最高ブックストア50。

すぐにわかる!電子出版スタートアップガイド

マイナビ出版
2010年08月発売
レビュー平均4.0点/1
¥1316(税込)
Wイイかも

日本でいちばん小さな出版社

佃由美子
晶文社
2007年05月発売
レビュー平均3.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

知識も経験もコネもないのに、ある日とつぜん出版社になってしまった。奇跡的に大手取次の口座もとれた。といっても社員は一人だけ。おそらく日本でいちばん小さな出版社である。企画をたて、原稿を書き、編集、制作、装丁をし、納品、営業、経理もやる。次から次へと襲いかかってくる難問にふりまわされているうちに、外からは見えなかった出版の世界が見えてくる。未知の仕事を自力できりひらいてきた著者の奮闘記。

出版と社会

小尾俊人
幻戯書房
2007年09月発売
レビュー平均5.0点/1
¥5130(税込) 送料無料
Wイイかも

関東大震災により大量の本が消滅したとき、創造力あふれる出版人たちが登場した。ここから、出版戦国時代がはじまる。豊かな編集経験をもとに綴る激動の昭和出版史。

電子書籍革命の真実

西田宗千佳
エンターブレイン
2010年12月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1543(税込) 送料無料
Wイイかも

電子書籍、上陸後。ソニー、シャープ…続々登場する新端末。電子書籍戦国時代における日本での覇者は?電子書籍が、新たなビッグバンを呼び醒ます。

三度のメシより古本!

樽見博
平凡社
2007年05月発売
レビュー平均3.0点/1
¥756(税込)
Wイイかも

古本が好きでたまらない。古本の魅力とは何だろう。何が人を蒐集に駆り立てるのか。明治以降の人気商品の変遷を、戦後の初版本ブームを知りたい。本を愛し、記録することに情熱を注ぐ人々を知りたい。読む楽しみ、集める喜び。気がつけば、人は古本に癒されている。本書は、至楽への案内がテンコ盛り。

盛岡さわや書店奮戦記

伊藤清彦
論創社
2011年02月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

80年代の後半、新宿・町田の山下書店で、雑誌・文庫の売り上げを急激に伸ばし、90年代に入り、東北の地・盛岡に“この人あり"と謳われた名物店長の軌跡。

わたしのブックストア

北條一浩
アスペクト
2012年12月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

店主が3人もいる京の町家書店。青山の一等地で、120年続く本屋の新たな試み。亀が8匹、顕微鏡もある本屋って!?呑みながら読める、極上の古本酒場。新感覚ブックストアガイド。

@スポンサー