コーランを知っていますか

阿刀田高
新潮社
2006年01月発売
レビュー平均4.38点/21
¥637(税込)
Wイイかも

遺産相続から女性の扱い方まで厳格に、でも驚くほど具体的に、イスラム社会を規定する『コーラン』。日本人には理解しにくいと言われるこの書も、アトーダ流に噛み砕けばすらすら頭に入ります。神の言葉『コーラン』は、実は後悔しない人生を送るための親父の説教みたいなものなんです。イスラムとの協調が絶対不可欠な、今だからこそ読みたい『コーラン』の、一番易しい入門書。

イスラーム文化

井筒俊彦
岩波書店
1991年06月発売
レビュー平均4.2点/5
¥777(税込)
Wイイかも

イスラーム文化を真にイスラーム的ならしめているものは何か。-著者はイスラームの宗教について説くことからはじめ、その実現としての法と倫理におよび、さらにそれらを支える基盤の中にいわば顕教的なものと密教的なものとの激しいせめぎ合いを認め、イスラーム文化の根元に迫ろうとする。世界的な権威による第一級の啓蒙書。

高校生からわかるイスラム世界

池上彰
ホーム社(千代田区)
2010年09月発売
レビュー平均4.8点/5
¥1404(税込)
Wイイかも

池上彰が、高校生を前に講義で語った、本当の姿のイスラム教徒とイスラム世界。

一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教

中田考/内田樹
集英社
2014年02月14日発売
レビュー平均4.0点/5
¥820(税込)
Wイイかも

「ユダヤ教、キリスト教、イスラームの神は同じ」「戒律を重んじるユダヤ教とイスラームのコミュニティは驚くほど似ている」「千年以上にわたって中東ではユダヤ教、キリスト教がイスラームのルールに則って共存してきた」。なのに、どうして近現代史において衝突が絶えないのか?本書は、日本ではなじみが薄い一神教の基礎知識を思想家内田樹とイスラーム学者中田考がイスラームを主軸に解説。そして、イスラームと国民国家、アメリカ式のグローバリズムの間にある問題を浮き彫りにし、今後の展望を探る。

コーラン(中)改版

井筒俊彦
岩波書店
2009年04月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1047(税込)
Wイイかも

「コーラン」とは元来「読誦されるもの」の意とされる。朗々と声を上げて誦されるコーランの章句は、詩的韻律と音楽的な美をもって快く耳に響く。イスラーム世界に生きる人々の信仰生活のみならず、日々の実生活をも律する聖典の名訳。

コーラン(上)改版

井筒俊彦
岩波書店
2009年04月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1047(税込)
Wイイかも

預言者マホメットの口を通して語られた神のことばー断続的に下された啓示を、第三代カリフ・オスマーンが集積・編纂させて聖典は成立した。以後、『コーラン』解釈の発展史がイスラーム文化史を形成してきたといえる。アラビア語原典からの口語訳。

イスラムの怒り

内藤正典
集英社
2009年05月20日発売
レビュー平均4.33点/3
¥756(税込)
Wイイかも

06年サッカー・ワールドカップ決勝戦で、ジダンは何に激怒してマテラッツィに頭突きをしたのか。この問いかけから、イスラム教徒(ムスリム)は、何に怒っているのか、そして我々のイスラム理解はいかに間違っているか、なぜ西欧はイスラムを執拗に嫌うのか、をわかりやすく解きほぐす。ムスリムに対してしてはいけないこと、そしてそれはなぜいけないか、なども豊富な実例つきで解説。異文化交流への道を探る。

コーラン(下)改版

井筒俊彦
岩波書店
2009年04月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1090(税込)
Wイイかも

『コーラン』各章の配列は、成立年代とはほぼ逆になっている。(下)に収められた初期(メッカ期)の啓示は、サジュウ体と呼ばれる独特の散文詩体で語られ、なまなましい緊迫感がみなぎる。強く激しいシャーマン的リズムの中に浮び上がる地獄の光景は圧倒的である。

イスラム教入門

中村広治郎
岩波書店
1998年01月発売
レビュー平均4.0点/3
¥864(税込)
Wイイかも

全世界で十億を越える信徒を持つイスラム教は、現代社会の動向にかかわって重要な宗教である。本書は、その正確な理解のために、イスラム教の誕生、信仰のありかた、儀礼的・法的規範を、歴史の流れの中でていねいに解説し、様々な分派や、原理主義を含めた近現代にいたる展開も複眼的な視点で記述した、本格的入門書。

イスラームとは何か

小杉泰
講談社
1994年07月発売
レビュー平均3.0点/3
¥907(税込)
Wイイかも

クルアーンは語る、神と使徒と共同体の根本原理と、その実践。イスラーム理解が拓く、世界への新たなる視点。

イスラム世界の人生相談

西野正巳
太陽出版(文京区)
2006年04月発売
レビュー平均4.0点/2
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

日本人への布教がうまくいかない理由と解決策/性転換したいのですがイスラム教では許されますか/死者の魂、天使、精霊をよびだす罪と罰/結婚したい女性の父親に高額な持参金を要求されて/妻が要求を拒むのでセックスで争いが絶えません/新婚の妻が処女でなかったので離婚できますか/一夫多妻の夫が守らなければならないイスラム教のルール/兄と性的関係をもってしまった少女の手紙/職場で男性上司と二人きりになってもいいのでしょうか/イスラム教が嘘を認める限定的ケース…など多数。“悩み"が明かす報道されない素顔。

現代イスラーム思想の源流

飯塚正人
山川出版社(千代田区)
2008年03月発売
レビュー平均4.0点/1
¥787(税込)
Wイイかも

現代イスラームの思想は驚くほどに多様である。個々のテーマにかかわる主張の違いに着目すれば、イスラーム教徒は今日、分裂状態にあるといっても過言ではない。もはやイスラームが何を命じ、何を禁じているのかさえ、かならずしも明らかではなくなってしまった時代がイスラームの現代なのだ。本書ではそのような多様な主張が錯綜・競合する現代イスラーム思想の源流を、イスラーム思想史の伝統、また西洋近代文明への対応をめぐる十九世紀以降の思想家の営みのなかに探っていく。

原理主義の潮流

横田貴之
山川出版社(千代田区)
2009年09月発売
レビュー平均4.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

今日最大のイスラーム復興運動のひとつである、ムスリム同胞団。草の根の社会活動を主とする穏健派のかれらの活動から、現代イスラーム世界を考える。

住んでみた、わかった!イスラーム世界

松原直美
SBクリエイティブ
2014年02月18日発売
レビュー平均5.0点/1
¥820(税込)
Wイイかも

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで日本語と空手を教えることになった筆者。予備知識はなかったが、生徒との交流、現地での暮らしの中で徐々に彼らの行動原理を理解していく。イスラームで重視される、清潔さ・羞恥心・忠誠・信頼などは、ふだん日本人が実践している行為や考え方と重なっており、日本に対して尊敬の念を抱いているアラブ人は実は数多い。イスラーム教徒にまつわる行動の不思議を解き明かし、世界人口の20%強を占めるイスラームの人たちとうまく関わっていくためにはどうすればいいかがわかる一冊!

世界史で読み解く現代ニュース(宗教編)

池上彰/増田ユリヤ
ポプラ社
2015年06月発売
レビュー平均5.0点/1
¥842(税込)
Wイイかも

いわゆる「イスラム国」(IS)勃興の背後にあるイスラム教、EUに影響を与え続けるキリスト教など、世界中で宗教に関わる争いが繰り返されている。人間の生活に根付くようにして発展した三つの宗教と、その背景を知ることによって、日本人である私たちの考えるべき道が見えてくる。

イスラムー癒しの知恵

内藤正典
集英社
2011年01月19日発売
レビュー平均5.0点/1
¥777(税込)
Wイイかも

子どもたちと話すイスラームってなに?

タハール・ベン・ジェルーン/藤田真利子
現代企画室
2002年09月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

子どもと話すシリーズ第4弾。世界に10億人以上の信者がいる「イスラーム」家庭で、学校で、子どもと親、生徒と先生、みんなでいっしょに問い直してみませんか?よりよい未来のために。フランスで大人気のブックレット・シリーズ。

日本一わかりやすいイスラーム講座

勝谷誠彦/中田考
アスコム
2015年09月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

イスラーム政治学の世界的権威にして、日本でいちばんイスラーム教を知る中田考。世界中の紛争地域や、中東にも何度も足を運んでいるコラムニスト、勝谷誠彦。旧知の灘高同級生だからこそ、ここまでタブーなく話せた。「あの事件」の真相も、すべて明かす!

シ-ア派

桜井啓子
中央公論新社
2006年10月25日発売
レビュー平均4.0点/1
¥842(税込)
Wイイかも

イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。

非道とグローバリズム

中田考/和田秀樹
ブックマン社
2016年01月29日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

なぜ、宗教は戦争を止められないのか?ISは、日本にテロを仕掛けてくるのか?そして第三次世界大戦は本当に起こるのか?感情的にならない、世界との向き合い方を考える!この世で一番巨大な宗教は、イスラーム教でもキリスト教でもなく、「拝金教」だった!?異端のイスラーム政治学者と気鋭の精神科医が、今、世界で起きている“本当のこと"を縦横無尽に語り尽くす!

共生のイスラーム

濱本真実
山川出版社(千代田区)
2011年07月発売
レビュー平均3.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

ムハンマド

小杉泰
山川出版社(千代田区)
2002年05月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1404(税込)
Wイイかも

世界の人口のうち13億人が帰属するイスラーム。広大な地域におよぶこの宗教は、唯一神への絶対帰依を説き、その教えは社会のすべての面におよぶという。その源流は開祖ムハンマドにあるが、彼の実像は日本人には縁遠い。現在も信徒たちは、彼を人生と社会の規範として仰ぎみる。その影響力の秘密はどこにあるのだろうか。ある時代を生きた一人の人間であるとともに、大きな思想現象として人類史に衝撃を与えたムハンマドの核心に迫る。

イスラームから世界を見る

内藤正典
筑摩書房
2012年08月発売
レビュー平均3.0点/1
¥928(税込)
Wイイかも

誤解や偏見とともに語られがちなイスラーム。その本当の姿をイスラーム世界の内側から解き明かす。イスラームの「いま」を知り、「これから」を考えるための一冊。誕生・発展の歴史から、各地で相次ぐ民主化運動の背景まで、知っておきたい基礎知識をしっかり解説。

4億の少数派

山根聡
山川出版社(千代田区)
2011年07月発売
レビュー平均3.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

マンガでわかるイスラムvs.ユダヤ

吉村作治/古城武司
CCCメディアハウス
2015年05月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1296(税込)
Wイイかも

「そもそも中東はなぜこうなったのか?」世界三大宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)の歴史と紛争の起源をこの一冊ですっきり理解!アラブ独立運動、パレスチナ分割決議、中東戦争、湾岸戦争、オスロ合意、911、アルカイダ、アラブの春、シリア内戦、そして過激派組織「IS」…etc.

となりのイスラム

内藤正典
ミシマ社
2016年07月16日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

仲良くやっていきましょう。テロ、戦争を起こさないためにー大勢のイスラム教徒と共存するためにー

イスラーム信仰と現代社会

水谷周
国書刊行会
2011年08月発売
レビュー平均3.0点/1
¥2700(税込) 送料無料
Wイイかも

中東社会から国際社会、そして日本社会ー。イスラームとの関係で提示している最も先端的な問題を取り上げ、真正面から取り組んだ諸論考。

イスラーム原理主義の「道しるべ」

サイイド・クトゥブ/岡島稔
第三書館
2008年08月発売
レビュー平均4.0点/1
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

法務大臣の友人の友人も読んでる!?幻の書を全文初邦訳。イスラム原理主義への「道しるべ」の全容が、いま明らかにされる。

日本人のためのイスラム原論

小室直樹
集英社
2002年03月31日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

イスラーム・ドルーズ派

宇野昌樹
第三書館
1996年08月発売
レビュー平均0.0点/0
¥3780(税込) 送料無料
Wイイかも

ゴラン高原PKO派兵で注目を浴びたドルーズ派。一千年以上にわたりシリア、レバノンを中心に続いてきた同派は、その教義そのものが全く外部には秘密のまま保たれている稀有のコミュニティを形成してきた。中東を新しい視点から見る初の概説書。

@スポンサー