読むだけですっきりわかる日本史

後藤武士
宝島社
2008年06月発売
レビュー平均4.36点/283
¥514(税込)
Wイイかも

世界のなかでも類い稀なる急成長を遂げてきた国、日本。この国の歴史は、良い時代、悪い時代それぞれに生きた先人達の、貴重な体験談の宝庫である。私たち現代人にとっても、人生をよりよく生きるためのヒントが満載だ。本書は、その歴史を完全網羅。そして、教科書では取り上げられない目からウロコの意外なエピソードも紹介。漫画のようにすらすら読めてクセになる、楽しい日本史決定版。

もういちど読む山川日本史

五味文彦/鳥海靖
山川出版社(千代田区)
2009年08月発売
レビュー平均4.16点/240
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

高校の日本史教科書を、一般読者のために書き改めた通史。1冊で日本の歴史を簡潔に叙述し、その全体像を示す。コラムのほか、学界の動向がわかるポイントを新しく設け、日本史の理解に役立たせる。最近の日本史がわかる社会人のための教科書。

戦後史の正体

孫崎享
創元社(大阪)
2012年08月発売
レビュー平均4.54点/147
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

日本100名城公式ガイドブック

福代徹/日本城郭協会
学研プラス
2007年05月発売
レビュー平均4.47点/135
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

竹田恒泰
PHP研究所
2011年01月発売
レビュー平均4.35点/121
¥777(税込)
Wイイかも

マンガ・アニメが席巻し、世界はいま空前の日本ブーム。しかし理由はそれだけではない。食文化、モノづくり、日本語、和の心、エコーあらゆる日本文化に好意が寄せられている。それなのに自分の国を愛せなくなったのはあまりにも悲しい。なぜ『ミシュランガイド』は東京に最多の星を付けたのか?どうして「もったいない」が環境保全の合言葉に選ばれたのか?「クール・ジャパン」の源流を探ると、古代から綿々と伝わる日本文明の精神、そして天皇の存在が見えてくる。

総員玉砕せよ!

水木しげる
講談社
1995年06月15日発売
レビュー平均4.57点/99
¥745(税込)
Wイイかも

失敗の本質

戸部良一
中央公論新社
1991年08月発売
レビュー平均4.12点/83
¥822(税込)
Wイイかも

図解日本史

成美堂出版株式会社/野島博之
成美堂出版
2006年08月発売
レビュー平均4.55点/76
¥1404(税込)
Wイイかも

日本人の誇り

藤原正彦
文藝春秋
2011年04月発売
レビュー平均4.76点/76
¥842(税込)
Wイイかも

「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、文明史上、世界に冠たる尊きものだった。しかし戦後日本は、その自信をなぜ失ったのか?幕末の開国から昭和の敗戦に至る歴史を徹底検証し、国難の時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、現代人必読の書。

日本人はなぜ日本のことを知らないのか

竹田恒泰
PHP研究所
2011年09月発売
レビュー平均4.41点/73
¥777(税込)
Wイイかも

「建国記念の日はなぜ二月十一日なのか」「日本はいつどのようにできたのか」-世界中の国民が知っている自分の国の成り立ちを、日本人の多くは答えられない。初代天皇の存在は伏せられ、『古事記』『日本書紀』は非科学的として封印される。何より、日本が現存する世界最古の国家である事実を学校は教えてくれない。まるで誇りを持たせたくないかのような歪んだ歴史教育。戦争もなく統一を果たし、中国から独立を守り抜いた奇跡の歩みを紐解こう。世界でいちばん人気がある日本を、私たち自身が愛せるように。

日本が戦ってくれて感謝しています

井上和彦
産經新聞出版
2013年10月発売
レビュー平均4.78点/73
¥1404(税込)
Wイイかも

アジアは中国・韓国だけじゃない!インド、マレーシア、フィリピン、パラオ、台湾…日本軍は、私たちの祖先は、激戦の中で何を遺したか。金田一春彦氏が生前に感激して絶賛した「歴史認識」を辿る旅がついに完結。感謝!賞賛!の声、声、声 日本人よ、自分の国を愛しなさい!

本能寺の変431年目の真実

明智憲三郎
文芸社
2013年12月発売
レビュー平均4.32点/72
¥777(税込)
Wイイかも

名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは!?新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!

武士の家計簿

磯田道史
新潮社
2003年04月発売
レビュー平均4.4点/55
¥734(税込)
Wイイかも

「金沢藩士猪山家文書」という武家文書に、精巧な「家計簿」が例を見ない完全な姿で遺されていた。国史研究史上、初めての発見と言ってよい。タイム・カプセルの蓋を開けてみれば、金融破綻、地価下落、リストラ、教育問題…など、猪山家は現代の我々が直面する問題を全て経験ずみだった!活き活きと復元された武士の暮らしを通じて、江戸時代に対する通念が覆され、全く違った「日本の近代」が見えてくる。

図説地図とあらすじで読む古事記と日本書紀

坂本勝
青春出版社
2005年05月発売
レビュー平均4.39点/54
¥1166(税込)
Wイイかも

古事記と日本書紀は何が違うのか、日本の神々と古代史の関わりとはー「記紀」の世界観が一目でわかる。

逆説の日本史(10(戦国覇王編))

井沢元彦
小学館
2006年07月01日発売
レビュー平均4.76点/50
¥709(税込)
Wイイかも

企んだのは朝廷か将軍義昭か、はたまたイエズス会か?謎に包まれた本能寺の変の真相に迫る第十巻。信長は残虐な無神論者ではなく、敬虔で寛容な政治家だった。歴史学界の定説を覆し、「信長論」の新たなる地平を切り拓く野心的な歴史ノンフィクション待望の文庫化。

そうだったのか!日本現代史

池上彰
集英社
2008年12月発売
レビュー平均4.57点/49
¥788(税込)
Wイイかも

自衛隊の設立、「五五年体制」、東西冷戦が日本国内に反映した日米安保、戦後の廃墟からの高度経済成長、その歪みである公害問題。第二次大戦後の日本の歴史について、これからの歴史を刻んでいくわたしたちはどれだけのことを知っているだろうか。『そうだったのか!現代史』読者の熱いリクエストで生まれた池上彰版「日本現代史」、激動の時代を読むための一冊がシリーズ文庫化第三弾に登場。

一日江戸人

杉浦日向子
新潮社
2005年04月発売
レビュー平均4.75点/48
¥529(税込)
Wイイかも

現代の江戸人・杉浦日向子による、実用的かつ、まことに奥の深い江戸案内書。江戸美人の基準、三大モテ男の職業、衣食住など、江戸の人々の暮らしや趣味趣向がこれ一冊でわかる。さらには「殿さま暮らし」は楽かの考察(「将軍の一日」)、大奥の仕組み(「ザ・大奥」)、春画の味わい方(「春画考」)まで。著者の自筆イラストもふんだんに盛り込まれ、居ながらにして気分はもう江戸人だ。

「マンガ」日本の歴史がわかる本(〈室町・戦国〜江戸時代〉篇)

小杉あきら/小和田哲男
三笠書房
1999年12月発売
レビュー平均4.34点/47
¥575(税込)
Wイイかも

武士の時代、歴史はなぜこう動いたのか?-戦国武将の国盗り物語から、「大江戸」文化まで。

昭和16年夏の敗戦

猪瀬直樹
中央公論新社
2010年06月発売
レビュー平均4.33点/45
¥699(税込)
Wイイかも

緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が“無謀な戦争"に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す。

ボカロで覚える中学歴史

学研プラス
学研プラス
2016年04月19日発売
レビュー平均4.41点/44
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

歴史の流れや重要な用語が歌詞や映像に散りばめられているボカロ曲で、中学で習う歴史をしっかり勉強できる。完全オリジナル曲のほか、「千本桜」「脳漿炸裂ガール」などの人気ボカロ曲の替え歌も収録。

【初回特典付き】新版 学習まんが 日本の歴史 発刊記念特別定価 全20巻セット

集英社
2016年10月28日発売
レビュー平均4.19点/43
¥19440(税込) 送料無料
Wイイかも

逆説の日本史(12(近世暁光編))

井沢元彦
小学館
2008年06月11日発売
レビュー平均4.55点/40
¥637(税込)
Wイイかも

文庫発行二四〇万部突破!今や国民的ベストセラーといえる「逆説」シリーズ。ついに戦国編完結、近世編に突入。徳川家康の天下泰平といわれた長期政権はいかにして造り上げられたか?「鳴かぬなら鳴くまで待とうほととぎす」といわれる謀略の天才の手法に迫る渾身の歴史ノンフィクション。

逝きし世の面影

渡辺京二
平凡社
2005年09月発売
レビュー平均4.54点/39
¥2052(税込) 送料無料
Wイイかも

「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。1999年度和辻哲郎文化賞受賞。

逆説の日本史(13(近世展開編))

井沢元彦
小学館
2010年09月12日発売
レビュー平均4.63点/38
¥709(税込)
Wイイかも

若き日の徳川家康を苦しめた浄土真宗信徒らによる「一向一揆」。家康は勢力を増していくキリシタンに「一向一揆化」の悪夢を見た。折しも江戸城大奥では、女中のおたあジュリアを中心にしてキリシタンが増加していたー。徳川幕府による「伴天連追放令」と鎖国の裏面史を抉り、「戦国日本」をリストラし、「徳川三〇〇年」の礎がいかにして築かれたかを解明する。

逆説の日本史(11(戦国乱世(らんせ)編))

井沢元彦
小学館
2007年06月発売
レビュー平均4.73点/37
¥709(税込)
Wイイかも

戦国乱世の三大英傑のひとり、世に“鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス"とその人性を表わされる豊臣秀吉とは、いかなる人物であったか?その虚像と実像を探り、天下乗っ取りの内実に迫る。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子(日本近代史)
朝日出版社
2009年07月発売
レビュー平均4.47点/36
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか?高校生に語るー日本近現代史の最前線。

「マンガ」日本の歴史がわかる本(〈幕末・維新〜現代〉篇)

小杉あきら/小和田哲男
三笠書房
1999年12月発売
レビュー平均4.53点/36
¥575(税込)
Wイイかも

坂本龍馬が、西郷隆盛が、走る!時代はやがて、明治維新から富国強兵へ、激動の近・現代史がすばやくわかる。

詳説日本史研究改訂版

佐藤信/五味文彦
山川出版社(千代田区)
2008年08月発売
レビュー平均4.77点/35
¥2571(税込) 送料無料
Wイイかも

10年ぶりの全面改訂。オールカラーで豊富な図版。充実した解説。構成・配列は教科書『詳説日本史改訂版』に準拠。

「マンガ」日本の歴史がわかる本(〈古代〜南北朝時代〉篇)

小杉あきら/小和田哲男
三笠書房
1999年12月発売
レビュー平均4.47点/34
¥575(税込)
Wイイかも

歴史を動かした人間ドラマが、今始まった!-徐福伝説、邪馬台国の秘密から『太平記』の謎まで。

日本のいちばん長い日

半藤一利
文藝春秋
2006年07月発売
レビュー平均4.5点/32
¥648(税込)
Wイイかも

昭和二十年八月六日、広島に原爆投下、そして、ソ連軍の満州侵略と、最早日本の命運は尽きた…。しかるに日本政府は、徹底抗戦を叫ぶ陸軍に引きずられ、先に出されたポツダム宣言に対し判断を決められない。八月十五日をめぐる二十四時間を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション。

@スポンサー