女のしくじり

ゴマブッ子
ヴィレッジブックス
2009年12月発売
レビュー平均4.27点/193
¥1028(税込)
Wイイかも

合コンにデートに職場、身近な日常に溢れる意外な「しくじり」に学ぶ逆説的指南の書。

この人と結婚していいの?

石井希尚
新潮社
2002年12月発売
レビュー平均4.49点/73
¥594(税込)
Wイイかも

男はウルトラマン、女はシンデレラー結婚カウンセラーとして数多くのカップルの問題を解決してきた著者が、男女の思考・行動の違いを、ユーモラスにわかりやすく解説!「結婚したら夫が急に無口に…」「突然怒ったり泣いたりする彼女が理解できない」「性生活が不一致で…」など、心当たりはありませんか?結婚前は勿論、倦怠期、破局寸前の夫婦にも効き目抜群の“愛の処方箋"。

おじさん図鑑

なかむらるみ
小学館
2011年12月発売
レビュー平均4.1点/59
¥1080(税込)
Wイイかも

おじさんの仕草や言葉には、長年社会を歩いてきた人生が詰まっています。それはくだらなかったり、おもしろかったり、為になったり…と千差万別。その隠れた素晴らしさ、若者にはまだ備わっていない味わいを伝えるべく、取材し、観察して図鑑としてまとめました。今まで気にしていなかった「おじさん」を楽しむガイド。

他人を見下す若者たち

速水敏彦
講談社
2006年02月発売
レビュー平均4.0点/59
¥820(税込)
Wイイかも

おひとりさまの老後

上野千鶴子(社会学)
法研
2007年07月発売
レビュー平均4.18点/56
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

結婚していようがいまいが、だれでも最後はひとり。「これで安心して死ねるかしら」

ダーリンは外国人(2)

小栗左多里
メディアファクトリー
2004年03月発売
レビュー平均4.6点/52
¥1026(税込)
Wイイかも

「国際結婚はロマンティックでアモーレな世界ばかりではない」。そんな事実を描いた第一弾、「ダーリンは外国人」。続編であるこの「ダーリンは外国人2」も、「うっとり」とはほど遠い「ええっ!?」や「ちょっとちょっと」、あるいは「ふーん」な出来事を紹介しております。しかし、この続編はとくに「国際結婚だから」というよりも、「目の前にいる人が独特な感じ」なので観察日記をつけている、といった方が近いかもしれません。

夫婦脳

黒川伊保子
新潮社
2010年12月発売
レビュー平均4.3点/50
¥496(税込)
Wイイかも

細かな出来事をすべてことばにする妻に、まとめて話ができないのか、と眉間に皺を寄せる夫。しかし、男性に比べ、女性は感じたことが即ことばに上る脳のしくみを持っている。これは、家事や子育てをこなすために欠かせない能力。そんな違いを理解できれば、ときめきの時代を過ぎた夫婦も、お互いが愛しく思えてくるもの。脳科学とことばの研究者がパートナーたちへ贈る応援エッセイ。

じりラブ

うたぐわ
ホーム社(千代田区)
2010年02月発売
レビュー平均4.89点/47
¥1028(税込)
Wイイかも

男同士、じりじりするけど、愛がある。うたぐわと濃すぎる仲間たちとの爆笑濃縮率1000%!すべてが実話のドタバタ劇場。

家族という病

下重暁子
幻冬舎
2015年03月発売
レビュー平均3.63点/46
¥842(税込)
Wイイかも

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。実際には、家族がらみの事件やトラブルを挙げればキリがない。それなのになぜ、日本で「家族」は美化されるのか。一方で、「家族」という幻想に取り憑かれ、口を開けば家族の話しかしない人もいる。そんな人達を著者は「家族のことしか話題がない人はつまらない」「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」と一刀両断。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。

「婚活」時代

山田 昌弘/白河 桃子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2008年03月発売
レビュー平均4.4点/35
¥1080(税込)
Wイイかも

「パラサイト・シングル」「格差社会」で知られ、「報道ステーション」等のテレビ・新聞・雑誌でもおなじみの気鋭の家族社会学者山田昌弘教授と、結婚・恋愛・少子化をテーマに圧倒的な質量の取材と執筆・講演活動を続けるジャーナリスト白河桃子。今、日本で、結婚と恋愛の実態とその解明を語らせたら右に出る者のいない両氏による本書は、驚くべきスピードで進む晩婚化・非婚化の要因と実態を明快にリアルに伝え、まさに、『「婚活」時代』以前と『「婚活」時代』以後と時代を二分する衝撃の書といえよう。が、本書の本当の斬新さは、これが社会学の本であると同時に、具体的な「婚活」の方法と各種サービスの賢い活用法までを網羅した、いわば「婚活のすすめ」とも呼ぶべき実践の書ともなっている点かもしれない。

家庭モラル・ハラスメント

熊谷早智子
講談社
2008年05月発売
レビュー平均4.67点/33
¥905(税込)
Wイイかも

だからモラハラ離婚することに決めた!夫の精神的暴力から、こうして著者は生還した!!あなたも被害者かもー。夫の非情な言葉や態度によって傷つく妻たちが急増している。

ここ

内田美智子/佐藤剛史
西日本新聞社
2007年10月発売
レビュー平均4.79点/29
¥1543(税込) 送料無料
Wイイかも

生きることは食べること、食べることは生きること。「性」と「生」と「食」はつながっているのです。

「若者奴隷」時代

山野車輪
晋遊舎
2010年03月発売
レビュー平均4.31点/26
¥1234(税込)
Wイイかも

アダルト・チルドレン癒しのワークブック

西尾和美
学陽書房
1998年05月発売
レビュー平均4.04点/25
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

毒になる姑

スーザン・フォワード/白根伊登恵
毎日新聞出版
2006年02月発売
レビュー平均4.46点/24
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

息子や娘を操る姑や舅の策略は、とどまるところを知らない。それは結婚生活に対する「敵対的な乗っ取り」だ。配偶者が夫や妻よりも、親との関係を優先していたら、結婚生活はますます揺らいでいく。あなたはただ苛立つだけで何もせず、やり過ごしていないか?ロングセラー『毒になる親』続編希望がわく、関係改善のヒント。

母が重くてたまらない

信田さよ子
春秋社
2008年04月発売
レビュー平均4.6点/20
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

母との名状しがたい関係に苦しみながら、それでも罪悪感にとらわれている女性たちが数多く存在している。本書では、カウンセリングの経験に基づいて、墓守娘たちの苦しみを具体的に取り上げた。進学、就職、結婚、介護…。どこまでもついてくる母から、どう逃げおおせるか。NOと言えないあなたに贈る、究極の“傾向と対策"。

レンアイ滝修行

杉浦さやか
祥伝社
2012年11月発売
レビュー平均4.4点/20
¥1404(税込)
Wイイかも

37歳独身。今度の恋で結婚します!…あ。できた。

夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉

鈴木あけみ
徳間書店
2011年03月発売
レビュー平均4.16点/19
¥1028(税込)
Wイイかも

夫をほめれば、ほとんどの夫婦問題は解決します。男性はほめられるのが大好き。ほめればほめるほど、自信をみなぎらせ、仕事もうまくいくようになります。そして自分を認めてくれるあなたをもっともっと愛し、かけがえのない存在だと思うようになるのです。言うのはタダです!今日から「ほめ妻」になりましょう。

夫婦は「気くばり」で9割うまくいく

吉岡愛和
コスモトゥーワン
2007年08月発売
レビュー平均4.28点/18
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

ちょっと気づくだけで二人の世界はみるみる変わる。幸せ夫婦の法則ー気くばり5つのポイント。

ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧

金盛浦子
佼成出版社
2001年06月発売
レビュー平均3.88点/17
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

夫婦は、“我慢の連続"と思っていませんか?そんなあなたにも、幸せのコツが、きっと見つかります。

夫は犬だと思えばいい。

高濱正伸
集英社
2012年09月発売
レビュー平均4.59点/17
¥1296(税込)
Wイイかも

夫婦が変われば子どもは伸びる。カリスマ先生の子育て論。

母を棄ててもいいですか?

熊谷早智子
講談社
2011年11月発売
レビュー平均3.94点/16
¥1404(税込)
Wイイかも

娘たちが母から解放されるためには、二つのことに気づく必要がある。「私の母はモラ母だ」ということと、「自分は母に愛されていなかった」ということだ。本書に登場する娘たちは、気づくことで母との決別への意志が生まれること、そして生き直すためのスタート地点に立てることを証明してくれた。

下流志向

内田樹
講談社
2009年07月発売
レビュー平均4.5点/16
¥572(税込)
Wイイかも

なぜ日本の子どもたちは勉強を、若者は仕事をしなくなったのか。だれもが目を背けたいこの事実を、真っ向から受け止めて、鮮やかに解き明かす怪書。「自己決定論」はどこが間違いなのか?「格差」の正体とは何か?目からウロコの教育論、ついに文庫化。「勉強って何に役立つの?」とはもう言わせない。

母という病

岡田尊司
ポプラ社
2014年01月08日発売
レビュー平均4.12点/16
¥842(税込)
Wイイかも

昨今、母親との関係に苦しんでいる人が増えている。母親との関係は、単に母親一人との関係に終わらない。他のすべての対人関係や恋愛、子育て、うつや依存症などの精神的な問題の要因ともなる。「母という病」を知って、それに向き合い、克服することが、不幸の根を断ち切り、実り多い人生を手に入れる近道である。現役精神科医による、あまりにも感動的かつ衝撃的な提言!

老前整理

坂岡洋子
徳間書店
2011年01月発売
レビュー平均4.13点/15
¥1296(税込)
Wイイかも

男おひとりさま道

上野千鶴子(社会学)
法研
2009年11月発売
レビュー平均4.46点/13
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

死別・離別・非婚シングル、老後に生きる道はあるか。在宅ひとり死はこわくない。

母という病

岡田尊司
ポプラ社
2012年11月発売
レビュー平均4.58点/12
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

うつ、依存症、摂食障害、自傷、ひきこもり、虐待、離婚、完璧主義、無気力、不安、過度な献身…。本当の原因は、「母という病」にあったー。長年、親子関係を見つめてきた精神科医が贈る、救済の書。

さらば、悲しみの性新版

河野美代子
集英社
1999年05月発売
レビュー平均4.42点/12
¥475(税込)
Wイイかも

「愛し合っていればセックスしてもいい」とは、現代の若者の常識。しかしその結果、10代の妊娠と人工中絶が増えているとしたら?産婦人科を受診した女性の姿を通して、著者は生命の大切さ、正しい避妊の必要性を訴えかけます。「もっと自分の体を知り、もっと自分の体を大切に!」豊かな性の確立をめざす中高生への熱いメッセージ。

産後が始まった!

渡辺大地/青柳ちか
KADOKAWA
2014年03月13日発売
レビュー平均4.33点/12
¥1188(税込)
Wイイかも

31歳2児のパパが自宅で妻に密着して初めてわかった「産後」の真実!これが噂の産後クライシス!?

妻を愛する技術

アダム徳永
講談社
2008年01月発売
レビュー平均4.42点/12
¥864(税込)
Wイイかも

「夫婦で歩む人生」「男としての幸せ」とは何か?超ベストセラー『スローセックス実践入門』の著者が世の男性に問う。

@スポンサー