ママおはなしよんで幼子に聞かせたいおやすみまえの365話

千葉幹夫
ナツメ社
2011年09月発売
レビュー平均4.1点/61
¥2700(税込) 送料無料
Wイイかも

親子の絆を深める、一日一話のコミュニケーション。イメージのふくらむ、楽しい挿絵。感性をはぐくむ、バラエティーに富んだお話のラインナップ。

母と子のおやすみまえの小さなお話365新版

千葉幹夫
ナツメ社
2011年09月発売
レビュー平均4.17点/35
¥2160(税込) 送料無料
Wイイかも

いろいろな国のお話しが1ページに1話ずつ366話載っています。笑い話、ふしぎな話、ワクワクする話など、お子さんと一緒にお話しを楽しんで下さい。

ドラゴン学

ドゥガルド・A.スティール/こどもくらぶ編集部
今人舎
2005年10月発売
レビュー平均4.86点/29
¥3024(税込) 送料無料
Wイイかも

忘れられた日本人

宮本常一
岩波書店
1984年05月発売
レビュー平均4.58点/24
¥864(税込)
Wイイかも

昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907-81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた宮本民俗学の代表作。

日本の昔話

柳田国男
新潮社
1983年06月発売
レビュー平均4.53点/19
¥432(税込)
Wイイかも

『聴耳頭巾』や『藁しべ長者』など、広く世に知られた話から『猿の尾はなぜ短い』や『海の水はなぜ鹹い』など、古くから語り伝えられた形をそのまま残したものまで。私たちを育んできた昔話のかずかずを、民俗学の先達が各地からあつめて美しい日本語で後世に残そうとした名著。人間と動物たちとの騙しくらべや、長者ばなしのなかに、日本人の素朴な原型を見ることができるだろう。

図説日本妖怪大鑑

水木しげる
講談社
2007年07月20日発売
レビュー平均4.17点/12
¥905(税込)
Wイイかも

水木ファン待望のイラスト事典。産女、犬神、ちょうちんお化けから牡丹灯篭、人面犬、トイレの花子さんまで、妖怪295を一挙掲載。IT時代にも日本人を魅了して止まない霊界のすべてがわかる。前著『図説 日本妖怪大全』と合わせれば全720項目の“妖怪バイブル"がついに完成。

山怪

田中康弘
山と渓谷社
2015年06月発売
レビュー平均3.89点/9
¥1296(税込)
Wイイかも

山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。現代版遠野物語。

ひびわれ壷

菅原裕子
二見書房
2011年03月発売
レビュー平均5.0点/9
¥1188(税込)
Wイイかも

結局、問題はひびではなく、そのひびが与えられた使命に感謝しないことです。まるでそれが罪であるかのようにいわれるわたしたちの欠点、子どもたちの欠点は、それがあるからこそ誰かを幸せにできる特徴なのです。子育て中のすべての親へ、かつて子どもだったすべての大人へ。

日本昔話百選改訂新版

稲田浩二/稲田和子
三省堂
2003年07月発売
レビュー平均4.63点/8
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

草深いいなかのいろりばたで伝承された昔話には、古代の人々の知恵がこめられている。本書は、江戸時代に赤本として広まった五大おとぎ話をはじめ、北は「ユーカラ」を伝えたアイヌの話から、南は鹿児島の海神信仰を織りまぜた龍神の話まで、各地の郷土色豊かな昔話百編を選び、丸木位里・俊画伯の絵をそえた楽しい読み物である。

パワーストーン

草野巧
新紀元社
2003年10月発売
レビュー平均4.5点/8
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

美しき女神たちの宝石、ヴィシュヌ神の聖石、ルシファーの魔石、賢者の石…輝きに秘められた古伝の魔力。宝石の力全50石を紹介。パワーストーン・ファイル付。

日本の伝説改版

柳田国男
新潮社
2012年09月発売
レビュー平均4.5点/6
¥464(税込)
Wイイかも

ハーメルンの笛吹き男

阿部謹也
筑摩書房
1988年12月発売
レビュー平均4.33点/6
¥820(税込)
Wイイかも

《ハーメルンの笛吹き男》伝説はどうして生まれたのか。13世紀ドイツの小さな町で起こったひとつの事件の謎を、当時のハーメルンの人々の生活を手がかりに解明、これまで歴史学が触れてこなかったヨーロッパ中世社会の差別の問題を明らかにし、ヨーロッパ中世の人々の心的構造の核にあるものに迫る。新しい社会史を確立するきっかけとなった記念碑的作品。

【バーゲン本】西洋の故事成句おもしろ事典ー学びやぶっく35

三浦 一郎
(株)明治書院
レビュー平均2.8点/5
¥648(税込)
Wイイかも

朝鮮カルタ新版

牛辺さとし
青林堂
2015年09月発売
レビュー平均5.0点/5
¥1296(税込)
Wイイかも

常識を超えた国には常識を超えたことわざがあった!カルタ風イラスト&コラムで知る朝鮮民族の実体。

日本妖怪大全

水木しげる
講談社
2014年02月中旬発売
レビュー平均4.8点/5
¥2052(税込) 送料無料
Wイイかも

日本人を魅了してやまない妖怪たち全895項目を網羅した決定版。他を圧倒する細密な画と詳細な解説は水木しげるならでは。書籍初収録のイラスト、「あの世」「神仏」カテゴリもあって、充実&必携の一冊!

ケルトの薄明

ウィリアム・バトラー・イェーツ/井村君江
筑摩書房
1993年12月発売
レビュー平均4.0点/4
¥712(税込)
Wイイかも

自然界に満ち満ちた目に見えない生き物、この世ならぬものたちと丁寧につきあってきたアイルランドの人たち。イエイツが実際に見たり聞いたりした話の数々は、無限なものへの憧れ、ケルトの哀しみにあふれて、不思議な輝きを放ち続ける。

昔話の深層

河合隼雄
講談社
1994年02月発売
レビュー平均5.0点/4
¥1015(税込)
Wイイかも

人間の魂、自分の心の奥には何があるのか。“こころの専門家"の目であのグリム童話を読むと…。生と死が、親と子が、父と母が、男と女が、そしてもう一人の自分が、まったく新しい顔を心の内にのぞかせる。まだまだ未知に満ちた自分の心を知り、いかに自己実現するかをユング心理学でかみくだいた、人生の処方箋。

語り聞かせ日本のむかしばなし

小春久一郎
ひかりのくに
2007年12月発売
レビュー平均3.25点/4
¥1296(税込)
Wイイかも

花咲じいさん・浦島太郎・かぐや姫・かさじぞうなど、おなじみの日本の昔話をたっぷり76話収録!じっくり語り聞かせてあげれば、お子さまの感性や想像力が豊かに育ちます。

古井戸に落ちたロバ

北山耕平/oba
じゃこめてい出版
2011年02月発売
レビュー平均4.25点/4
¥1404(税込)
Wイイかも

としよりのロバがじいさまに連れられて荷物を運んでいたとき…。アメリカインディアンに古くから伝わる物語。

ドラゴン飼い方育て方

ジョン・トプセル/ジョーゼフ・ニグ
原書房
2008年02月発売
レビュー平均5.0点/3
¥2592(税込) 送料無料
Wイイかも

「ハリー・ポッター」や「ゲド戦記」などファンタジーの世界に棲む「ドラゴン」を飼って育てちゃおうというユニークで刺激的な一冊。カラーイラスト満載。

京都・魔界巡り

友野茂
コトコト
2008年07月発売
レビュー平均4.0点/3
¥514(税込)
Wイイかも

脳に効くことわざ

吉村達也
ワニブックス
2010年02月発売
レビュー平均3.67点/3
¥864(税込)
Wイイかも

先行きが全く不透明な現代ニッポン。今、われわれに必要とされる能力は、激変する生活環境において、即断即決で自らの人生を正しい方向へ導く判断である。そんなとき役に立つのが、先人たちの知恵が凝縮した「ことわざ」である。「一を聞いて十を知る」ための「超コンパクトメディア」である「ことわざ」はまた大脳の機能を効率的に、高速で動かす優れたソフトウェアでもある。本書でことわざが大脳に働きかける力を実感してみよう。

水木しげるの妖怪地図

荒俣宏
平凡社
2011年06月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1296(税込)
Wイイかも

鬼太郎の天国と地獄

水木しげる
小学館
2008年02月発売
レビュー平均4.0点/3
¥1296(税込)
Wイイかも

世界各国の天国・地獄をナビゲート。鬼太郎の「あの世ガイドブック」が、新装版で復刻!これで死ぬのは怖くない。

ドラゴン

久保田悠羅/F.E.A.R.
新紀元社
2002年05月発売
レビュー平均3.33点/3
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

本書はドラゴンの姿形や、彼らにまつわる魅力的な物語を紹介するのがその目的である。ただしそれだけに留まらず、そこから一歩先に進め、このドラゴンたちがどのような背景で生まれ、物語や神話の中でどのような役割を持っていたかまで含めて、なるべく解説するように試みている。

親と子の心をつなぐ日本「名作」昔ばなし

斎藤チヨ
鈴木出版
1993年06月発売
レビュー平均4.67点/3
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

「この話だけは、子どもが小さいうちに、ぜひ聞かせておきたい」-。そんな日本の昔ばなしの名作の数かずを、すぐに、子どもに読み聞かせできるようにした、楽しいお話集。

戦前のこわい話

志村有弘
河出書房新社
2009年06月発売
レビュー平均4.67点/3
¥712(税込)
Wイイかも

本書に収録した作品は、全て事実談である。-明治時代から戦前までにあった、怪談、不可解な物語、猟奇事件を生なましく伝える、怪奇と恐怖のアンソロジー。陰の世界に住む死霊、猫の祟り、探偵趣味溢れる首なし事件といった、都会や村の民間伝承に取材した、おそろしい話を集める。怪異、因縁、宿業、凄惨。

妖怪大談義

京極夏彦
角川書店
2008年06月発売
レビュー平均4.67点/3
¥720(税込)
Wイイかも

水木しげるとは妖怪を通じて結ばれた師弟の絆を深め、大塚英志とは民俗学の巨人にして現代妖怪の産みの親・柳田國男の功罪について語り合い、宮部みゆきとは妖怪を通して日本文化の来し方を振り返り、唐沢なをきとは「妖怪図鑑」の楽しみ方をディープかつ無責任に提示。怪しいことのあれこれを色んな視点で語りたおした、間口は広く、敷居は低く、奥が深い、妖怪の世界に対する溢れんばかりの思いが込められた、充実の一冊。

イタリア民話集(下)

イタロ・カルヴィーノ/河島英昭
岩波書店
2004年07月発売
レビュー平均5.0点/2
¥1015(税込)
Wイイかも

男たちの怪談百物語

安曇潤平/紙舞
メディアファクトリー
2012年10月発売
レビュー平均3.5点/2
¥1404(税込)
Wイイかも

@スポンサー