PRAY FOR JAPAN

prayforjapan.jp
講談社
2011年04月発売
レビュー平均4.82点/100
¥1028(税込)
Wイイかも

震災の夜、避難所で20歳の大学生が世界からPRAY(祈り)をWebサイトに集めたー。

暴露

グレン・グリーンウォルド/田口俊樹
新潮社
2014年05月14日発売
レビュー平均4.09点/11
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)という合衆国の二大情報機関に籍を置いたエドワード・スノーデンは、自身の運命と膨大な最高機密文書を筆者に託した。稀代の情報提供者の実像と、監視国家アメリカの恐るべき実態がいま、白日の下にさらされる。権力の濫用によって危機に瀕する市民の自由、そして報道の自由ーこれはもはや、一国の問題ではない…。スノーデンと真っ先に密会して数万の機密文書を託され英紙『ガーディアン』にピューリッツァー賞をもたらした著者がいま、彼の実像とファイルの全貌を白日の下にさらす!

福島の子どもたちからの手紙

KIDS VOICE
朝日新聞出版
2012年02月発売
レビュー平均3.5点/4
¥1404(税込)
Wイイかも

「3.11」と東京電力福島第一原発事故で、子どもたちのくらしは大きく変わりました。福島から避難した子ども、とどまっている子ども、56人の心の訴えー。

はじめての道徳教科書

道徳教育をすすめる有識者の会
育鵬社
2013年11月26日発売
レビュー平均5.0点/3
¥1296(税込)
Wイイかも

小学生から読める!新しい道徳のスタンダード。子供たちの心を育てる33話!偉人が、名作が、教えてくれる“大切なこと"。

なぜメルケルは「転向」したのか

熊谷徹
日経BP社
2012年01月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

2022年12月31日までに原発全廃。福島の原発事故で一気に方向転換したドイツ。その特異なリスク感覚をドイツ在住20年のジャーナリストが解明する。

佐藤可士和×トップランナー31人

佐藤可士和/集英社
集英社
2009年05月発売
レビュー平均5.0点/1
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

時代の空気をかたちにする気鋭のクリエイター佐藤可士和が迫る、31人の横顔と「今」への軌跡。

秘密の地下世界

ナショナルジオグラフィック編集部
日経ナショナルジオグラフィック社
2015年12月19日発売
レビュー平均0.0点/0
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

隠された密輪トンネルも、美しい海底美術館もはるか秘境に残された死者の世界も、行ってみたら予想以上だった!見てみたらすごかった!詳しい図解付き。

帝国の参謀

アンドリュー・クレピネヴィッチ/バリーワッツ
日経BP社
2016年04月16日発売
レビュー平均0.0点/0
¥3024(税込) 送料無料
Wイイかも

ネットアセスメント、「軍事における革命」アジア太平洋シフトのスーパー軍師の実像とは?そのコスト強要戦略で旧ソ連を崩壊に導き、「ペンタゴンのヨーダ」と呼ばれた男。93歳で退任するまで40年以上にわたり、国防長官に仕えた天才軍事戦略家の評伝。

人間はロボットよりも幸せか?

保江邦夫/前野隆司
マキノ出版
2017年05月16日発売
レビュー平均0.0点/0
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

首のない自画像、神ののぞき穴、自由意志の有無、森のネットワーク…物理学者と工学者が自在に語った!素領域理論とヒューマンインターフェースの邂逅ー理系の幸福論とは?

モハメド・アリ伝説の男

宝島社
2016年07月25日発売
レビュー平均0.0点/0
¥1296(税込)
Wイイかも

今だから、話す 6つの事件、その真相

河瀬 大作
日経BP
2016年09月30日発売
レビュー平均0.0点/0
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

誰もが知るあの事件。当時に築かれた定説。歴史の氷に閉ざされ、「時効」を迎えたかのような出来事に、新たなアングルから迫り、知られざるストーリーを紡ぐーNHK-BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」はそんな番組です。本書は同番組から選りすぐりの6つの事件にフォーカスし、番組ディレクターたちの「現場の声」とともに、新たな一面に光を当てます。

アウトサイダー・アート入門

椹木野衣
幻冬舎
2015年03月発売
レビュー平均0.0点/0
¥1058(税込)
Wイイかも

アウトサイダー・アートとは、障害者や犯罪者、幻視者など正規の美術教育を受けない作り手が、自己流に表現した作品群。40年間、小さなアパートで空想の戦争物語を挿し絵とともに描き続けたヘンリー・ダーガー。手押しの一輪車を心の支えに33年間、石を運び、自分の庭に理想宮を作り上げたフェルディナン・シュヴァル。12歳で入った養護施設で貼り絵と出会った山下清。彼らに通底するのは社会からの断絶によって培われた非常識な表現手法。逸脱者だからこそ真の意味で芸術家たりえた者たちの根源に迫る。

@スポンサー