Magic

篠山紀信
講談社
2009年02月発売
レビュー平均4.68点/104
¥4104(税込) 送料無料
Wイイかも

誰もいなくなった東京ディズニーランドやディズニーシーでキャラクターたちは一体なにをしているのだろう?誰も見たことのない秘密の時間。魔法の力を使って、写真家篠山紀信はそれを見てしまった。東京ディズニーリゾート25周年のフィナーレを飾る、オリエンタルランドと講談社のコラボレーションで贈るファン待望の一冊。

しゃべる犬カイくんのひとりごと

YoshimuraHarumi
ワニブックス
2008年03月発売
レビュー平均4.6点/60
¥1296(税込)
Wイイかも

ソフトバンクの家族CMでおなじみの“お父さん"が写真集になった!CMの“お父さん"のようにカイくんからのありがたい言葉がいっぱい。時に愛くるしく、時に凛々しい姿に思わず笑って癒されてしまうこと間違いなし。

HUG! friends

丹葉暁弥/ひすいこうたろう
小学館
2013年11月11日発売
レビュー平均4.54点/39
¥1080(税込)
Wイイかも

スモールプラネット

本城直季
リトル・モア
2006年04月発売
レビュー平均4.69点/35
¥2700(税込) 送料無料
Wイイかも

誰も知らない、もうひとつの地球。都市の風景をミニチュアのように撮る写真家、待望のファースト写真集。

新世界透明標本

冨田伊織/渡辺良太郎
小学館
2009年10月19日発売
レビュー平均4.25点/28
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

特殊な薬品につけることで「筋肉を透明化し、軟骨を青く、硬骨を赤く染色する」という、骨格研究。壊れそうなほどか細い骨でも、生物が生きていたときの位置のまま、立体的にその骨格を観察できる。

しゃべる犬カイくんのひとりごと(2)

増田勝正
ワニブックス
2008年07月発売
レビュー平均4.4点/25
¥1296(税込)
Wイイかも

大人気のカイくんがまたまた大活躍!今回は日曜日のマイホームを舞台にしゃべりまくる時に厳しく、時に情けなく、そして時には優しく…。“家族愛"をテーマにした言葉と写真の数々に思わず笑って癒されてしまうこと間違いなし。

工場萌え

石井哲/大山顕
東京書籍
2007年03月発売
レビュー平均4.39点/23
¥2052(税込) 送料無料
Wイイかも

工場好きによる工場好きのための、工事業地帯の歩き方。工場・コンビナートにぐっとくる全ての人へ。工場写真とおすすめ工場鑑賞スポットを多数収録。

たまの駅長だより

坂田智昭
ホーム社(千代田区)
2007年09月発売
レビュー平均4.89点/19
¥1404(税込)
Wイイかも

ネコ駅長&助役の主な仕事は「客招き」。就任後、様々なメディアで紹介され招き猫パワーを発揮!その愛らしい姿に全国からファンが訪れるほどの人気者になりました。そんな駅長たちのユーモアあふれる仕草や表情、毎日の仕事ぶりを、あなたも覗いてみませんか?プロフィールや駅長誕生秘話、「いちご電車」の特写など情報満載。

ハシビロコウ

千葉市動物公園
東京書籍
2010年09月発売
レビュー平均4.73点/15
¥1080(税込)
Wイイかも

かっこいい鳥。渋くて大人なハシビロコウさんの魅力を独り占め。特製B3ピンナップ&ほとんど動かないパラパラマンガ付き。

うめ版

梅佳代
三省堂
2007年07月発売
レビュー平均4.53点/15
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

新鋭写真家・梅佳代と『新明解国語辞典』が写真と言葉でコラボレイト。

地球動物記

岩合光昭
福音館書店
2007年04月発売
レビュー平均4.86点/14
¥5076(税込) 送料無料
Wイイかも

いのちを育む大自然を舞台に、野生動物の凝縮の一瞬を撮りつづける動物写真家・岩合光昭が、膨大な写真の中から選びぬいた迫力の写真集。900枚の写真と37年におよぶフィールドノートで、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダ、アフリカゾウ、ライオン、ペンギンなど、250種をこえる野生動物のたくましく生きる姿を紹介します。

男子

梅佳代
リトル・モア
2007年08月発売
レビュー平均4.0点/11
¥2052(税込) 送料無料
Wイイかも

『うめめ』で木村伊兵衛写真賞受賞。うめかよ待望の第2弾!!誰もが知ってる、いちばんバカでいちばんカッコイイ季節。うめかよの原点。

ワイルドライフ(2)

岩合光昭
日経ナショナルジオグラフィック社
2006年12月発売
レビュー平均4.8点/10
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

ハートのしっぽ

岩合光昭
小学館
2010年03月発売
レビュー平均5.0点/9
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

長年にわたって取材した、ネコ島として有名な宮城県の田代島のネコの写真から、選りすぐった作品を中心に構成。「ありのままに生きる」田代島のネコたちに、岩合さんベタ惚れです。

たまのスーパー駅長だより

坂田智昭
ホーム社(千代田区)
2008年09月発売
レビュー平均4.78点/9
¥1404(税込)
Wイイかも

スーパー駅長に昇進した“たま駅長"仲良し助役たちと共に招き猫パワーで大活躍。貴志川線の人気列車「おもちゃ電車」の特写も満載。

ペンギンのABC

ペンギン基金
河出書房新社
2007年07月発売
レビュー平均5.0点/9
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

AからZまで、ペンギンのピクチャー・ディクショナリー・ブック“見て楽しく、読んでためになる"ペンギン本の決定版。

世界でいちばん美しい街、愛らしい村

エムディエヌコーポレーション
2013年08月発売
レビュー平均4.38点/8
¥2376(税込) 送料無料
Wイイかも

水辺に佇む美しい街の景色、童話の世界に迷い込んだかのような街並み、思わずホッとする田園の中の村々、まぶしい白い壁とオモチャのようなカラフルな街。世界中の写真家たちによるもっともうつくしい街と愛らしい村の風景。

プリンス・エドワード島七つの物語

吉村和敏
講談社
2008年06月発売
レビュー平均4.43点/7
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

「赤い道」「緑の大地」「祈りの島」『赤毛のアン』…選び抜かれたカラー写真192点と七章からなる物語。20年間撮り続けた想いを込めた決定版。

ノーザンライツ

星野道夫
新潮社
2000年03月発売
レビュー平均4.86点/7
¥810(税込)
Wイイかも

ノーザンライツとはオーロラ、すなわちアラスカの空に輝く北極光のことである。この本には、運命的にアラスカに引き寄せられ、原野や野生生物と共に生きようとした人たちの、半ば伝説化した羨ましいばかりに自主的な生涯が充ち満ちている。圧倒的なアラスカの自然を愛し、悠然と流れるアラスカの時間を愛し続けて逝った著者の渾身の遺作。カラー写真多数収録。

センチメンタルな旅・冬の旅

荒木経惟
新潮社
1991年02月発売
レビュー平均5.0点/7
¥3240(税込) 送料無料
Wイイかも

これは愛の讃歌であり、愛の鎮魂歌である。新婚旅行での“愛"を記録、私家版『センタメンタルな旅』から21枚。妻の死の軌跡を凝視する私小説的写真日記『冬の旅』91枚。既成の写真世界を超えて語りかける生と死のドラマ。

足跡のない道

宮沢和史
マガジンハウス
2008年06月発売
レビュー平均5.0点/7
¥1404(税込)
Wイイかも

祖国を遠く離れたブラジル移民の歴史を辿り、「命の源」ともいうべきブラジルの今を探る、真実の旅の記録。

Blue moment

吉村和敏
小学館
2007年12月発売
レビュー平均3.71点/7
¥3240(税込) 送料無料
Wイイかも

朝日が昇る直前と、夜の闇が始まる寸前。12分足らずの「蒼い瞬間」の写真集。

京都桜名所

水野克比古
光村推古書院
2003年03月発売
レビュー平均4.33点/6
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

花の都、花洛…。平安の昔から称されたその名にふさわしく、京都には桜が似合う。歴史と物語を秘めた古都の桜を紹介する写真集。

工場萌えF

石井哲/大山顕
東京書籍
2009年02月発売
レビュー平均4.6点/5
¥2052(税込) 送料無料
Wイイかも

世界遺産「フェルクリンゲン製鉄所」を含む、撮り下ろし77枚+機能美のひみつがわかる解説+全国鑑賞スポットガイド。家で、外で、工場を楽しみたい全国の工場好きさんへ捧ぐ、“工場萌え"最先端。

京都紅葉百景

橋本健次/中田昭
光村推古書院
2005年10月発売
レビュー平均4.8点/5
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

永遠の花

蜷川実花
小学館
2006年12月発売
レビュー平均4.6点/5
¥3996(税込) 送料無料
Wイイかも

恐ろしいほどの青空、暴力的な色彩。死者に手向けられた、枯れることのない花。曖昧になる輪郭、あちら側に足を踏み入れた確信、そして眩暈。かつて愛した者への記憶を、できるだけ長く持ちつづけたいと思う人々の気持ち。限りある時を終えた人々に手向けられた枯れない花、そこに込められた永遠を願う思い。

腕白小僧がいた

土門拳
小学館
2002年09月01日発売
レビュー平均5.0点/4
¥853(税込)
Wイイかも

土門拳は昭和20年代後半から30年代初頭にかけて、精力的にこどもを撮影した。みんな貧しく、でも生き生きと眼を輝かせて遊ぶこどもが町に溢れていた時代。土門はとりわけ東京の下町のこどもを愛し、彼らの中に溶け込んで、その仕草や表情を見事にとらえたスナップを数多く残した。それらを収めた「東京のこどもたち」、戦前の代表作を含む「日本各地のこどもたち」、昭和35年の発表当時、大きな話題となった名作「筑豊のこどもたち」の3部で構成する土門拳写文集第4弾。

ウメップ

梅佳代
リトル・モア
2010年08月発売
レビュー平均3.5点/4
¥2160(税込) 送料無料
Wイイかも

磁石のように路上の奇跡を呼び集め、まばたきの瞬間に“ウメップ"が生まれる。梅佳代写真集。

最後のアマゾン

天野尚
小学館
2010年07月発売
レビュー平均5.0点/4
¥3908(税込) 送料無料
Wイイかも

今、地球はアマゾンを失いかけている。宇宙にまで生活圏を求めるようになった今、この地球上に人間の影響の及ばない場所はない。もはやアマゾンは原始的でも、未開の地でもなくなってきている。大規模な森林破壊、環境汚染、絶滅に追いやられる野生動物など、アマゾンを取り巻く現状は厳しい。美しい自然風景を蝕み続けるその先には何があるのだろう。これは一人の写真家が、10年の歳月をかけて捉えたアマゾン最後の姿である。

チェルノブイリ春

中筋純
二見書房
2011年05月発売
レビュー平均4.33点/3
¥2700(税込) 送料無料
Wイイかも

ここから私たちは何を学ぶのか。史上最悪の原発事故から25年目の春。現地に入ったカメラによる待望の写真。2009年、人の姿のない街では、春の陽射しのもと、草木は伸び、花が咲いていた。

@スポンサー