僕は、亀治郎でした。

市川猿之助(4世)
集英社
2012年08月発売
レビュー平均4.55点/11
¥2484(税込) 送料無料
Wイイかも

松竹歌舞伎検定公式テキスト

松竹株式会社
マガジンハウス
2008年08月発売
レビュー平均4.5点/10
¥3240(税込) 送料無料
Wイイかも

歌舞伎のかわいい衣裳図鑑

君野倫子/市川染五郎(7世)
小学館
2008年04月発売
レビュー平均4.3点/10
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

歌舞伎未体験の人も、歌舞伎ビギナーの人も、着物好きな人も必見!難しいことはさておき、まずは素敵な衣裳を楽しんでみませんか!歌舞伎に出てくる帯結び、格子の着物、季節のモチーフ、びっくりコーデ、どれもこれも目がくぎ付けになる魅惑の世界。

花伝書(風姿花伝)

世阿弥/川瀬一馬
講談社
1983年09月発売
レビュー平均4.6点/10
¥561(税込)
Wイイかも

歌舞伎の事典

藤田洋
新星出版社
2008年02月発売
レビュー平均4.86点/7
¥1836(税込) 送料無料
Wイイかも

歌舞伎狂言の基本レパートリーを網羅。全作品に現代役者による臨場感あふれる舞台写真。収録作品は、純歌舞伎・義太夫狂言・新歌舞伎をとりまぜて一三七篇、歌舞伎舞踊四四編。表題には、本外題(正式な題名)と通称(一般的に親しまれている呼称)を併記し、別名題(その他の通称や呼び名)も付記した。各演目で取り上げた写真の場面を「名場面」として解説している。

風姿花伝

世阿弥/水野聡
PHPエディターズ・グループ
2005年02月発売
レビュー平均5.0点/7
¥1026(税込)
Wイイかも

「花」とは「幽玄」とはあらゆる表現ジャンルの根本、生きることの美を語る。秘すれば花なりー「日本の美」を深く探求した至高の芸術論。読みやすい新訳。

坂東玉三郎

小学館
2009年03月発売
レビュー平均5.0点/6
¥2776(税込) 送料無料
Wイイかも

中村勘三郎最期の131日

波野好江
集英社
2013年12月05日発売
レビュー平均3.83点/6
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

歌舞伎界のすべてが姻戚関係になったと言われた「中村屋」と「成駒屋」の結婚から30年。子供や孫にも恵まれ、中村屋は十八代目中村勘三郎を中心に、幸福の絶頂にあった。ところが、2012年6月、勘三郎は突然、ガンを告知される。食道ガンだった。入院、手術、ARDSの発症、最後の希望を託したECMO治療…。勘三郎の苛酷な闘病と、それを支え続けた家族の姿を、最愛の妻が綴った渾身の手記。

日本の色

平凡社
平凡社
2006年09月発売
レビュー平均4.6点/5
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

色の名前を知る、見る、読む。全211色の色票・解説付き。

まんがで楽しむ能の名曲七〇番

村尚也/よこうちまさかず
檜書店
2007年07月発売
レビュー平均4.8点/5
¥1296(税込)
Wイイかも

こんな本がほしかった!初心者からマニアまで楽しめる「能」のまんが。

風姿花伝

世阿弥/野上豊一郎
岩波書店
1983年02月発売
レビュー平均4.4点/5
¥561(税込)
Wイイかも

一般に「花伝書」として知られる『風姿花伝』は、亡父観阿弥の遺訓にもとづく世阿弥(1364?-1443)最初の能芸論書で、能楽の聖典として連綿と読みつがれてきたもの。室町時代以後日本文学の根本精神を成していた「幽玄」「物真似」の本義を徹底的に論じている点で、堂々たる芸術表現論として今日もなお価値を失わぬものである。

團十郎の歌舞伎案内

市川団十郎(12世)
PHP研究所
2008年04月発売
レビュー平均4.8点/5
¥799(税込)
Wイイかも

歌舞伎の誕生から四百年、初代から十一代目までの團十郎の生き様をたどると、日本人ならではの感性が発見できる。荒事の力強さ、女形の甘美さ、物語の繊細さードラマより、映画より、演劇より、一流の歌舞伎はこんなにおもしろい!江戸歌舞伎最高位の名跡を継ぐ役者が、みずからその魅力を紹介。「踊りと舞はどう違うのか」「『勧進帳』の富樫はいつ義経を見破るのか」など、演者にしかわからない体の動き、心の機微もエピソードとともに明らかに。江戸人の遊び心にまみえれば、退屈な人生がもっと豊かになる。

THE LAST SHOW

坂東玉三郎(5世)/篠山紀信
小学館
2010年08月発売
レビュー平均5.0点/4
¥9720(税込) 送料無料
Wイイかも

玉三郎と最後の歌舞伎座3か月。2010年2月から4月の舞台、記憶に残したい歌舞伎座の景色、そして玉三郎と歌舞伎座最後の一日を篠山紀信が密着ドキュメント撮。もう二度と見ることができない歌舞伎座の姿がここに。

坂東玉三郎

中川右介
幻冬舎
2010年05月発売
レビュー平均4.75点/4
¥972(税込)
Wイイかも

不世出の女形、六代目歌右衛門が劇界に君臨する一九七〇年代、類稀な美を煌めかせ、五代目玉三郎は現れた。三島由紀夫らに見出された彼は、目映い美貌とその才能で、大衆から熱狂的な支持を得る。一方。女帝・歌右衛門をなお「至高」と讃える劇評家たちは、玉三郎を酷評し、女帝も彼を拒絶し続けた。かつて伝統と秩序の中で疎んじられた玉三郎は、いま立女形として劇界の頂点にいる。これは未曾有の奇跡なのだ。彼はいかにして歌舞伎座のトップに上りつめたかー。葛藤と相克の四十年。

市川海老蔵

小学館
2010年04月発売
レビュー平均5.0点/4
¥2365(税込) 送料無料
Wイイかも

十五代目片岡仁左衛門

片岡仁左衛門(15世)/篠山紀信
小学館
2009年12月発売
レビュー平均4.5点/4
¥27000(税込) 送料無料
Wイイかも

新作能紅天女の世界

氷川まりこ/美内すずえ
白泉社
2006年02月15日発売
レビュー平均3.5点/4
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

能は21世紀のエンターテインメント!「ガラスの仮面」から生まれた新作能をわかりやすく徹底解説!この1冊で能を観る基本がすべてわかります。

市川團十郎・市川海老蔵パリ・オペラ座公演勧進帳・紅葉狩

小学館
2008年05月発売
レビュー平均5.0点/4
¥4104(税込) 送料無料
Wイイかも

この1冊ですべてがわかる。話題のパリ・オペラ座ガルニエ宮公演いよいよDVD化。

歌舞伎のびっくり満喫図鑑

君野倫子/市川染五郎(7世)
小学館
2010年01月発売
レビュー平均5.0点/4
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

衣裳、かつら、小道具、大道具、歌舞伎の「なるほど」がいっぱい。着るもの、持ちもの、仕掛けもの粋に、はんなりと、“歌舞伎ってる"伝統芸能。歌舞伎の「わくわく&ドキドキ」がギュッと詰まった本。

歌舞伎ハンドブック第3版

藤田洋
三省堂
2006年11月発売
レビュー平均4.75点/4
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

面白いほどよくわかる歌舞伎

宗方翔
日本文芸社
2008年08月発売
レビュー平均4.33点/3
¥1512(税込) 送料無料
Wイイかも

能へのいざない

味方玄
淡交社
2006年10月発売
レビュー平均5.0点/3
¥2700(税込) 送料無料
Wイイかも

市川海老蔵

淡交社
2004年06月発売
レビュー平均5.0点/3
¥3085(税込) 送料無料
Wイイかも

襲名公演をはじめ、新之助時代の花ある舞台姿を選りすぐりの写真で紹介。新・海老蔵の魅力たっぷり待望の舞台写真集。

あらすじで読む名作狂言50

小林責/小林責
世界文化社
2005年08月発売
レビュー平均5.0点/3
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

日本伝統の「笑いの芸術」をわかりやすくガイド。初めてでも楽しめる「狂言」の世界。豊富な写真による演目の紹介に加えて、野村萬斎をはじめとする演者へのインタビューやエッセー、基礎知識などを収録。狂言の歴史、流儀、台詞、演出、新作狂言など基礎知識や狂言会案内など周辺情報も充実。

風姿花伝/三道

世阿弥/竹本幹夫
角川学芸出版
2009年09月発売
レビュー平均5.0点/3
¥993(税込)
Wイイかも

能の大成者、世阿弥の能楽論は、衰えることのない不変の花による、役者としての舞台の成功を求めるための理論といえる。能を演じるための実践的な内容のみならず、美の本質に迫る芸術論としての価値も高く、「まことの花」「時分の花」「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」など有名な文言も多く擁されている。あわせて、幽玄能の構造を解き明かす能作の書『三道』を収録。世阿弥の能楽論を詳しく読み解く1冊。

十八代勘三郎

中村勘三郎(18世)
小学館
2013年03月発売
レビュー平均5.0点/3
¥1620(税込) 送料無料
Wイイかも

勘三郎伝説

関容子
文藝春秋
2013年11月17日発売
レビュー平均4.33点/3
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

「役者の仕事って水の上に指で字を書くようなもの。書いたそばから空しく消えてしまう」-。芝居の世界に身を捧げ五十七歳で早世した十八代中村勘三郎。人を愛し、芝居を愛した稀代の名優の生涯を描く。長年、親交のあった著者だけが知るその素顔。

舞台裏おもて

岩田彰/山田庄一
マール社
2006年04月発売
レビュー平均5.0点/2
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

舞台の裏ってどうなっているの?衣裳や装束はどうやって着けるの?鬘は?小道具は?大道具は?豪華な監修陣を迎え、普段は知ることのできない舞台裏を貴重な写真で紹介します。

勘九郎日記「か」の字

中村勘九郎(5世)
集英社
2007年11月発売
レビュー平均5.0点/2
¥720(税込)
Wイイかも

中村勘九郎として『桃太郎』で初舞台を踏み、やんちゃだった子どもの頃。父・十七代中村勘三郎と母の思い出、名優たちとの数々の出会いと熱き交流。浅草に復元させた平成中村座を、演劇の国ニューヨークでも大成功させた喜び!人気歌舞伎役者中村勘九郎が、自分の誕生日から、勘三郎襲名が決まった日、襲名直前までをエポックごとに書いた驚天動地の「日付入り」半生記。勘九郎の全てがわかる一冊。

十七世中村勘三郎

中村勘三郎(17世)
日本図書センター
1999年12月発売
レビュー平均5.0点/2
¥1944(税込) 送料無料
Wイイかも

@スポンサー