とある飛空士への追憶

犬村小六
小学館
2008年02月24日発売
レビュー平均4.14点/21
¥679(税込)
Wイイかも

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?-圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

とある飛空士への恋歌

犬村小六
小学館
2009年02月23日発売
レビュー平均3.62点/13
¥637(税込)
Wイイかも

「これはきれいに飾り立てられた追放劇だ」数万人もの市民に見送られ、盛大な出帆式典により旅立ちの時をむかえた空飛ぶ島、イスラ。空の果てを見つけるためーその華やかな目的とは裏腹に、これは故郷に戻れる保証のない、あてのない旅。式典を横目に飛空機エル・アルコンを操縦するカルエルは、6年前の「風の革命」によりすべてを失った元皇子。彼の目線は、イスラ管区長となった「風の革命」の旗印、ニナ・ヴィエントに憎しみを持ってむけられていた…。『とある飛空士への追憶』の世界を舞台に、恋と空戦の物語再び。

ハヤテのごとく!(2)

築地俊彦/畑健二郎
小学館
2008年03月23日発売
レビュー平均4.0点/12
¥616(税込)
Wイイかも

三千院ナギは、弱冠13歳にして白皇学院へ通う、知力と財力を兼ね備えた三千院家のお嬢様(兼自宅警備員)である。そんなナギが手に入れられないもの…それは漫画の賞。今日も自主的に学校を休みお屋敷で創作活動に打ち込んでいたナギは、鷺ノ宮家蔵出しの「丸ペン正宗」を使って執筆をはじめるが、その途端に自分の漫画の世界に入り込んでしまう!ハヤテたちはナギのあとを追うが…。『週刊少年サンデー』で好評連載中の執事コメディーを、ラブコメマイスター築地俊彦が極上のノベライズ!!豪華作家陣競演の第2弾。

ブラック・ラグーン

虚淵玄
小学館
2008年07月発売
レビュー平均3.7点/10
¥648(税込)
Wイイかも

ロックこと岡島緑郎は、日本の商社マンだったが、南シナ海へ出張中に海賊まがいの運び屋“ラグーン商会"のメンツに誘拐された。あてにしていた会社にあっさり見捨てられた岡島は、一念発起して改造魚雷艇“ブラック・ラグーン号"の見習い水夫に転職。ダッチ、レヴィ、ベニーらの仲間に加わり、アジアの海を駆けめぐることに…。血と硝煙の匂い漂う無法者の街ロアナプラを舞台に、手に負えぬ野獣どもが暴れ回る冒険大活劇、人気大爆発の「月刊サンデーGX」連載作を、巨匠シナリオライター・虚淵玄が完全オリジナルストーリーで小説化!レヴィも驚愕の史上“最悪"な刺客どもが、ロアナプラに上陸する。

ハヤテのごとく!

築地俊彦/畑健二郎
小学館
2007年05月発売
レビュー平均4.4点/10
¥616(税込)
Wイイかも

綾崎ハヤテは、十六歳にして三千院家のお嬢様、三千院ナギに使える執事(兼高校生)である。偶然と勘違いによって育まれたふたりのすれ違いの日々はコミックやアニメで補完してもらうとして、今は春休み。ふたりの通う白皇学院で、自習に励むナギの姿が目撃される。あのひきこもりお嬢様が!?お屋敷にこもっていたナギは、渋々ながらハヤテと様子を見に学院に向かったが…『週刊少年サンデー』で好評連載中&TVアニメ放映中の執事コメディーを、ラブコメマイスター築地俊彦が極上のノベライズ。

とある飛空士への恋歌(3)

犬村小六
小学館
2009年12月発売
レビュー平均4.2点/10
¥679(税込)
Wイイかも

8月の強烈な日射しのもと、過酷な陸戦訓練を続けるカルエルたち。戦闘への不安と焦燥が募る中、それは若き飛空士たちの間に恋愛をも育んでゆく。そして、イスラはついに噴き上がる海「聖泉」へ到達する。これより先は「空の一族」が支配するといわれる未知の空域。カルエルたちは、イスラ後方への索敵飛行を余儀なくされるがー。「いつまでもみんなと一緒に空を飛びたい」ただそれだけを願った少年少女たちが飛ぶ空は、美しいだけでなく残酷で…。王道スカイ・オペラ「飛空士」シリーズ、驚愕と慟哭の最新刊。

とある飛空士への恋歌(5)

犬村小六
小学館
2011年01月23日発売
レビュー平均4.38点/8
¥679(税込)
Wイイかも

とある飛空士への恋歌(2)

犬村小六
小学館
2009年07月22日発売
レビュー平均4.13点/8
¥616(税込)
Wイイかも

ーなんて自由なんだろう。クレアの胸は喜びに満ちあふれていた。青空の下、ひとりで自転車をこぎ、カドケス高等学校飛空科の入学式へ向かう。たったそれだけのことがたまらなくうれしい。そして今日は「彼」に逢える…。空の果てを目指し旅立った空飛ぶ島イスラで、カルエルたちの新生活がはじまった。各国から選抜された個性的なクラスメイトたちと、彼らとの和気藹々な寮生活。そして飛空訓練。意を決し、クレアにペアを申し出たカルエルだったがー。希望と不安の狭間でゆれるふたつの鼓動。回り出す運命の歯車。待望の続刊。

されど罪人は竜と踊る(5)

浅井ラボ
小学館
2009年02月23日発売
レビュー平均4.5点/8
¥781(税込)
Wイイかも

咒式と策略が吹き荒れるエリダナの街角で、ガユスは答えの出ない問いに迷いつつも咒式を紡ぎ、ギギナは非情の刃を振るう。完全真説版「されど罪人は竜と踊るDD」第五弾は、待望の連作事件簿。二人が行くところ賞金首や〈異貌のものども〉が哀切な叫びをあげ、邪悪な数字が踊り、新たに詐欺師が笑い、刀が冷たく美しく輝く。苦い結末に笑うしかない幕切れ。人間と社会と世界は一筋縄ではいかない。単純な解決を許さない八つの事件、いつか訪れるかもしれない八つの問いに、あなたならどう答えるー。

絶対可憐チルドレン・the novels

三雲岳斗/椎名高志
小学館
2008年05月25日発売
レビュー平均4.29点/7
¥679(税込)
Wイイかも

21世紀、エスパーは増え続けていた。国内でわずか3名の超度7エスパー、薫、葵、紫穂は、10歳にして超能力支援研究局の特務チームに属する『ザ・チルドレン』。性格に若干難のある彼女たちを指揮するのは、若き天才科学者皆本光一。東京湾に発生した巨大竜巻を、いつものようにその能力で鎮めた彼女たち。だが、事件は終わらない。低超度能力者の連続誘拐、関東国際空港を襲う砂嵐。そしてバベルが、崩壊するー!?TVアニメ放送中の「サンデー」人気連載に、業界随一の実力派作家三雲岳斗が完全オリジナルストーリーで挑む。

ブラック・ラグーン(2)

虚淵玄
小学館
2011年01月発売
レビュー平均4.57点/7
¥616(税込)
Wイイかも

されど罪人は竜と踊る(2)

浅井ラボ
小学館
2008年06月23日発売
レビュー平均4.67点/6
¥802(税込)
Wイイかも

物理法則を変異させる咒式を使う攻性咒武士であるガユスとギギナは、今日も過酷なエリダナの街で生きる。警察からは、邪悪な“禍つ式"による連続殺人事件の解決を依頼され、嫌々ながらも商売敵ラルゴンキン咒武士事務所との共闘が始まる。さらに巨大咒式企業ラズエル社からは、反政府組織の人質となったレメディウス博士と巨額の身代金の交換立ち会いを依頼される。無関係なはずの二つの事件は、エリダナの街を盤面とした狂気の遊戯となっていく。ライトノベル史上最悪の謎と悲劇が交錯する「されど罪人は竜と踊る」シリーズ第2巻。

ハヤテのごとく!(3)

築地俊彦/畑健二郎
小学館
2008年11月23日発売
レビュー平均4.17点/6
¥616(税込)
Wイイかも

知力と財力を兼ね備えた三千院家のお嬢様、三千院ナギが通う白皇学院。動画研究部は白皇学院に存在し、古今東西のおもしろ動画を撮ったり集めたり…する部活動である!その部室を消滅させてしまった(小説1巻参照)綾崎ハヤテは、部員である美希、理沙、泉に責任を追及され、おもしろ動画を用意することに。一方ナギは、一攫千金を狙い、ハヤテに協力して同人誌を作ると言いだして…。『週刊少年サンデー』好評連載中&アニメでも話題の執事コメディーを、ラブコメマイスター築地俊彦が極上のノベライズ!!豪華作家陣競演の第3弾。

とある飛空士への恋歌(4)

犬村小六
小学館
2010年08月23日発売
レビュー平均4.33点/6
¥720(税込)
Wイイかも

「大好きだから…さよなら」級友の死に苛まれていたカルエルとクレアは、想い出の湖畔で思いがけず再会する。お互いの気持ちを確かめるため、正体を明かしたカルエルだったが、クレアには別れを告げられてしまうー。一方「空の一族」との戦いで多くの仲間を失い、疲弊した飛空科生徒たちは、悩みと苦しみを抱えたまま、再び決戦の空へ向かうこととなる。仲間の思いを受け継ぎ、潰滅の危機に瀕している大好きなイスラを、大切なひとを守るために…。超弩級スカイ・オペラ「飛空士」シリーズ、驚天動地のクライマックスに突入。

神のみぞ知るセカイ

有沢まみず
小学館
2009年05月24日発売
レビュー平均4.8点/5
¥637(税込)
Wイイかも

「ボクは助けられたのか、あの、天使みたいな女の子にー」落とし神・桂馬が出会ったのは、桂馬が苦手とする属性をもつ不思議な女の子。その少女を攻略することになり、苦戦を強いられる桂馬の前に、もう一人の「駆け魂」の持ち主も現れて…?ギャルゲーの天才、「落とし神」と呼ばれる少年・桂馬と、地獄から派遣された可愛い悪魔・エルシィが現実の女の子を攻略する『神のみぞ知るセカイ』。「週刊少年サンデー」の人気連載コミックをラブコメのスペシャリスト、有沢まみずがオリジナルストーリーでノベライズ。

されど罪人は竜と踊る(8)

浅井ラボ
小学館
2009年10月25日発売
レビュー平均4.8点/5
¥781(税込)
Wイイかも

自己の強大な咒力に翻弄される謎の少女アナピヤを巡る死闘の末、ガユス、ギギナら一行は、ついに始まりの場所である死都メトレーヤに到達する。追跡する咒武士たちが圧倒的攻撃をしかけ、ユラヴィカはギギナとの決着を渇望し迫る。さらに咒式犯罪を追う武装査問官たちが到着し、“長命竜"ムブロフスカに“ベギンレイムの尻尾"と呼ばれる邪悪な研究者たちも暗躍。大賢者ヨーカーンはその全てを眺め微笑むー愛を巡る二回目の世界の物語がついに完結。人はその世界を、歴史を変えることができるのか、そして救いはあるのか。

されど罪人は竜と踊る(7)

浅井ラボ
小学館
2009年08月23日発売
レビュー平均4.6点/5
¥699(税込)
Wイイかも

“長命竜"と咒式士たちに追われる謎の少女アナピヤを救ったガユスとギギナ。さらに咒式違反を追う武装査問官たちに狙われるなか、一行は少女の故郷を探す旅に出る。追ってくるのは、凶悪無比な賞金首の攻性咒式士たち。ドラッケン殺しのユラヴィカに、変態暗殺者バモーゾ、奴隷のチェデックに死人使いのメルツァール、そして柩のアインフュンフ、さらに姿を現さない正体不明の雇い主が迫る。追いつ追われつの逃避行は、謎が絡まりあい、辺境を焦土にする激闘に!絶対破滅の物語が、二回目の世界として語られる。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(10.5)

渡航
小学館
2015年03月18日発売
レビュー平均4.8点/5
¥619(税込)
Wイイかも

冬真っ盛りの総武高校。窓の外は寒空ながら、比較的のどかな雰囲気の奉仕部部室。雪乃、結衣、八幡のいつものメンバーのもとに、訪れる何人かの生徒たち。とある男子からのお願い事にげんなりしたり、いろはのわがままに振り回されたり、強行日程の締め切りに追われながら原稿を書いたり…!?今は遠くに感じる将来のことから、誰かと一緒に過ごす休日のこと、部活のこれからのこと…、悩みも苦労もときめきも不安も満載で現在進行中、日常という名のかけがえのない日々。八幡の短くも慌ただしい冬の数日を描く短編集。

人類は衰退しました(8)

田中ロミオ
小学館
2013年02月発売
レビュー平均3.4点/5
¥637(税込)
Wイイかも

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は“妖精さん"のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の“調停官"であるわたしのお仕事。壊滅状態となったクスノキの里の人口は激減しました。そんななか、わたしの祖父は、好事家の貴族に誘われて旅行に出かけてしまいます。行き先はー月。念のため、丸まり状態の妖精さんをひとりお供につけたものの、心配で不眠症になってしまったわたし。不思議な夢を見ることに…。

Freedom(1)

古川耕/佐藤大
小学館
2007年05月発売
レビュー平均4.5点/4
¥637(税込)
Wイイかも

“死の星と化した"地球。巨大月面ドーム都市「エデン」の中、生き延びた人々にとって最上の価値は“平穏"。「みんな好き勝手やり始めたら、エデンなんてすぐ崩壊しちまう。我慢を覚えるのもオトナへの第一歩なんだろ、きっと」「オトナってつまんないねぇ」。オトナになることに全く気乗りしないカズマ、タケル、ビス。三人の微温の日々は、謎のポンコツ三輪ビークルと出会った瞬間、制御不能の加速を始めた。日清カップヌードルのTV-CFとの連動で話題のOVAシリーズ『FREEDOM』と対をなす青春フューチャーストーリー登場。

コップクラフト

賀東招二
小学館
2009年11月23日発売
レビュー平均4.25点/4
¥648(税込)
Wイイかも

ティラナ・エクセディリカ。異世界から来た見習い騎士。常識不足、白皙の美少女。ケイ・マトバ。サンテレサ市警の敏腕刑事。猫アレルギーの不器用な男。超空間ゲートで異世界とつながった都市サンテレサで、二人に命じられた合同捜査。ことあるごとに対立し、罵りあいながらも、マトバとティラナは共通の敵を追っていく。次第に二人の間には、奇妙な信頼が芽生えていき…。『ドラグネット・ミラージュ』が大幅改稿で完全復活。痛快無比のポリスアクション。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(9)

渡航
小学館
2014年04月発売
レビュー平均5.0点/4
¥760(税込)
Wイイかも

もうすぐクリスマス。小さい頃はプレゼントがもらえる日だったが、今はもう違う。何より、願うことも、欲しいものもなくなってしまったー。生徒会長選挙の日以来、何かが決定的に終わってしまった関係を引きずりながら、逃げ出さないため、ただそれだけのために部室に集まる八幡たち。そんな折、新たな依頼を持ち込んだのは、先の選挙で生徒会長となった一色いろは。他校との合同クリスマスイベントを手伝って欲しいという依頼に対し、一人で行動しようとする八幡だが、一筋縄ではいかない依頼に事態は次第に悪化していく…。

ささみさん@がんばらない

日日日
小学館
2009年12月発売
レビュー平均4.75点/4
¥637(税込)
Wイイかも

ささみさんは引きこもり。着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。生活の面倒を見るのは、ささみさんの大嫌いな奴隷体質のお兄ちゃん。ささみさんの日課は、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗くこと。外の世界では、美少女三姉妹とお兄ちゃんがキャッキャウフフでラブコメ中って…間違ってる絶対、この世界は何かがおかしい。そして、ささみさんを襲う『バレンタインデーの惨劇』『特殊イベント/全・裸・集・会!』『ミニゲーム/いけない保健室…☆』!?もう疲れたよ。お兄ちゃん…。

灼熱の小早川さん

田中ロミオ
小学館
2011年09月発売
レビュー平均3.25点/4
¥616(税込)
Wイイかも

人間関係も勉強もそつなくこなし、万事如才ない高校生となった飯嶋直幸。県下でもトップレベルの進学校に入学した彼は、なに不自由ない学園生活を手にした。そんな雰囲気に突然水を差したのは、クラス代表となった小早川千尋。代表に立候補し、履行の邪魔なので副代表は不要と言いはなった眼鏡女子だ。常にテンション高め、ガチガチの規律でクラスを混乱に陥れる彼女のその手に、直幸は炎の剣を幻視する。そして彼女の心の闇を知るのだがー。田中ロミオ最新作は、ヒロイン観察系ラブコメ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

渡航
小学館
2011年03月発売
レビュー平均4.75点/4
¥648(税込)
Wイイかも

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまうーそんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様ー俺の青春、どうしてこうなった。

ハヤテのごとく! SS超アンソロジー大作戦!!

築地俊彦/新井輝
小学館
2009年08月23日発売
レビュー平均4.0点/4
¥616(税込)
Wイイかも

「唐突ですが、君にはハヤテになってもらいます」綾崎ハヤテは、三千院ナギに仕える執事(兼高校生)である。本書の読者であるキミは、ハヤテとなっていくつもの世界を旅し、自分だけの物語の結末を見つけ出さなくてはなりません!待ち受けるのは天使?悪魔?それとも…!?『週刊少年サンデー』好評連載中&アニメでも話題の執事コメディーノベライズ最新作は、豪華作家陣競演のおもしろ企画本!ショートストーリー&イラスト、コミックなど、読みかたによって物語のエンドが変わる!!キミも「ハヤテ」の世界を救え。

Freedom(2)

古川耕/佐藤大
小学館
2007年11月21日発売
レビュー平均4.25点/4
¥637(税込)
Wイイかも

「地球は生きていた!」巨大月面ドーム都市「エデン」の中、ニセモノの自由にごまかされ続ける毎日に我慢できなくなったカズマとタケルは、ドームを飛び出した。そこで目にしたのは、地平線の上に浮かぶ青く美しい地球。「エデン」は嘘をついていたのだ。そしてカズマは確信する。「…タケルは地球に行く」。地球へと脱出を試みるカズマとタケルに管理局の追っ手が迫る!!-日清カップヌードルTV-CFと連動して大ヒット中のOVAシリーズ『FREEDOM』と対をなす青春フューチャーストーリー第2弾。

ささみさん@がんばらない(4)

日日日
小学館
2010年12月22日発売
レビュー平均4.33点/3
¥637(税込)
Wイイかも

二年生に進級したものの、相変わらず友達の作り方がわからないささみさん。クラスメイトのかがみに甘える日々…でも、最近気になるのは学級委員の情雨ちゃん。だって、可愛いし、人気者だし、あんなモノを見ちゃったし…。彼女とお友達になれるかな?そんな中、クラスをあげての二泊三日の懸親旅行が始まって!?ささみさんにワナを仕掛けるべく暗躍する情雨、相変わらず危険なセクハラ連発のつるぎ、どうも様子がおかしいかがみを乗せて、バスは『異界』に突入する!高校二年生編は乱痴気騒ぎ!?好評シリーズ第4弾。

されど罪人は竜と踊る(1)

浅井ラボ
小学館
2008年05月25日発売
レビュー平均4.33点/3
¥740(税込)
Wイイかも

咒式。それは、作用量子定数hを操作し、局所的に物理法則を変異させ、TNT爆薬や毒ガスを生み、プラズマや核融合など途方もない物理現象を巻き起こす方程式。咒式を使う攻性咒武士である二人、不運を機転で乗り切ろうとするガユスと、美貌だが残酷な剣士であるギギナ。“異貌のものども"や賞金首を追う彼らは、エリダナの街に交錯する“竜"との戦いや大国の陰謀に巻きこまれる。ライトノベルの概念を変えた“暗黒ライトノベルの始祖にして最終作"の名を欲しいままにする「されど罪人は竜と踊る」シリーズ第1巻が、大幅加筆され完全真説版となって、ここに新生。

僕がなめたいのは、君っ!

桜こう
小学館
2008年05月発売
レビュー平均4.0点/3
¥616(税込)
Wイイかも

僕、葉ノ宮洋がはじめて彼女を見たのは、後輩の星音紗代ちゃんと園芸部の道具を買いに行った帰り路でのこと。そのとき視界に飛び込んできたのは、無数のバラ。彼女は、天に向かってホログラムのように広がるバラに彩られていた。人込みに消えるバラを思わず追いかけた僕は、彼女がファンシーな植物型拳銃で巨大な二葉と対峙する姿を目にする。唖然とする僕に、二葉を消滅させた彼女ー尊莉花は言った。「君、あたしをなめなさい!」-な、なめる??ど、どこを!?第2回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞受賞作。

@スポンサー