涼宮ハルヒの憂鬱

谷川流
角川書店
2003年06月発売
レビュー平均4.56点/121
¥561(税込)
Wイイかも

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていたー。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。

涼宮ハルヒの消失

谷川流
角川書店
2004年08月発売
レビュー平均4.68点/71
¥561(税込)
Wイイかも

「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

涼宮ハルヒの憤慨

谷川流
角川書店
2006年05月発売
レビュー平均4.77点/64
¥561(税込)
Wイイかも

涼宮ハルヒが暇を持て余してたらそれこそ天地が逆になる騒ぎだろうが、むやみに目を輝かせてるのも困った状況ではある。それというのも生徒会長なるお方が、生徒会はSOS団の存在自体を認めないなどと言い出しやがったからで、意外な強敵の出現にやおら腕章を付け替えたハルヒ“編集長"の号令一下、俺たちSOS団の面々はなぜか文集の原稿執筆などという苦行の真っ最中なわけだ。天上天下唯我独占「涼宮ハルヒ」シリーズ第8弾。

涼宮ハルヒの退屈

谷川流
角川書店
2004年01月発売
レビュー平均4.76点/63
¥561(税込)
Wイイかも

ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈"という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

涼宮ハルヒの溜息

谷川流
角川書店
2003年10月発売
レビュー平均4.63点/60
¥561(税込)
Wイイかも

宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる涼宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか?ハルヒが何かを言い出すたびに、周りの宇宙人未来人超能力者が苦労するんだけどなースニーカー大賞“大賞"を受賞したビミョーに非日常系学園ストーリー、圧倒的人気で第2弾登場。

涼宮ハルヒの暴走

谷川流
角川書店
2004年10月発売
レビュー平均4.71点/58
¥561(税込)
Wイイかも

夏休みに山ほど遊びイベントを設定しようとも、宿敵コンピ研が持ちかけてきた無理無茶無謀な対決に挑もうとも、ハルヒはそれが自身の暴走ゆえとはこれっぽっちも思っていないことは明白だが、いくらなんでもSOS団全員が雪山で遭難している状況を暴走と言わずしてなんと言おう。こんなときに頼りになる長門が熱で倒れちまって、SOS団発足以来、最大の危機なんじゃないのか、これ!?非日常系学園ストーリー、絶好調の第5巻。

涼宮ハルヒの分裂

谷川流
角川書店
2007年04月発売
レビュー平均4.46点/57
¥561(税込)
Wイイかも

桜の花咲く季節を迎え、涼宮ハルヒ率いるSOS団の面々が無事に進級を果たしたのは慶賀に堪えないと言えなくもない。だが爽やかなはずのこの時期に、なんで俺はこんな面子に囲まれてるんだろうな。顔なじみのひとりはいいとして、以前に遭遇した誘拐少女と敵意丸出しの未来野郎、そして正体不明の謎女。そいつらが突きつけてきた無理難題は、まあ要するに俺をのっぴきならない状況に追い込むものだったのさ。大人気シリーズ第9弾。

涼宮ハルヒの陰謀

谷川流
角川書店
2005年09月発売
レビュー平均4.71点/56
¥648(税込)
Wイイかも

年末から気にしていた懸案イベントも無事こなし、残りわずかな高一生活をのんびりと楽しめるかと思いきや、ハルヒがやけにおとなしいのが気に入らない。こんなときには必ず何かが起こる予感のそのままに、俺の前に現れたのは8日後の未来から来たという朝比奈さんだった。しかも、事情を全く知らない彼女をこの時間に送り出したのは、なんと俺だというのだ。未来の俺よ、いったい何を企んでいるんだ!?大人気シリーズ怒涛の第7弾。

涼宮ハルヒの動揺

谷川流
角川書店
2005年04月発売
レビュー平均4.7点/53
¥561(税込)
Wイイかも

幻にしておきたかった自主映画だとか突然のヒトメボレ告白、雪山で上演された古泉渾身の推理劇や朝比奈さんとの秘密のデート。SOS団を巻き込んで起こる面白イベントを気持ちいいくらいに楽しんでいる涼宮ハルヒが動揺なぞしてる姿は想像できないだろうが、文化祭のハプニングであいつが心を揺らめかせていたのは確かなことで、それは俺だけが知っているハルヒの顔だったのかもなー。お待ちかね「涼宮ハルヒ」シリーズ第6弾。

新ロードス島戦記(6)

水野良
角川書店
2006年12月発売
レビュー平均4.33点/30
¥575(税込)
Wイイかも

破壊の女神の教団との戦いで多くの仲間を失い、自らも瀕死の重傷を負ったスパークは、リーフたちに助けられて、闇の森に潜んでいた。教団に最愛のニースを奪われるという最悪の状況の中、再起を誓うスパークは、かつてベルド皇帝のマーモ統一に力を貸したと伝えられる、最強の戦士たちを求めて森の奥へと向かう!教団との最後の戦いのために!!-悠久の時を紡ぎ、幾万の英雄たちが煌めく、呪われた島ロードスの物語、ここに完結。

日常の小説

椎出啓/あらゐけいいち
角川書店
2011年08月発売
レビュー平均4.48点/29
¥604(税込)
Wイイかも

「いらっしゃいませ。何名様ですか?」見たらだいたいわかると思うんだけど、三人って。でもまあ、連れが後から来る、ってこともあるだろうしね。「一人と一人と一人」ってなに言ってるのよ麻衣ちゃんー!?そんなに別行動したいわけさせたいわけー!?大人気コミック『日常』を完全オリジナルでノベライズ。ファミレスで学校で東雲研究所で、毎日ほっこりしたりびっくりしたり。日常の小説はじめました。

新ロードス島戦記(5)

水野良
角川書店
2005年11月発売
レビュー平均4.42点/24
¥575(税込)
Wイイかも

暗黒の島の覇権を握ろうとした新生マーモ帝国も、ついに滅んだ。だが、それはつかの間の勝利にすぎなかったのである。スパークたちの前に、帝国の陰で暗躍してきた、破壊の女神の教団が、その真の姿を現したからだ。教団の狙いは亡者の女王の魂をもつニース。かつての支配者を覚醒させ、マーモのみならず、世界を滅ぼそうというのだ。ロードスの未来を守るため、スパークは最大の敵に挑む!大河ファンタジー、いよいよクライマックス。

レディ・ガンナーと二人の皇子(下)

茅田砂胡
角川書店
2006年04月発売
レビュー平均4.87点/23
¥555(税込)
Wイイかも

皇太子レースの雲行きが、さらに怪しくなってきた。コルテス家の次期皇太子候補を狙っている一味はひとつではないらしい。家の勝手で男として育てられ、未来の国王として尊大に振る舞うことしかできないフェルナンド。こんないびつな少女だが、なんとかして救い出したいと思うキャサリンは、混迷の度合いを深める事態を打破すべく、異種人類たちと最後の手段に打って出た!お嬢様の怒りがすべての闇を晴らす、大陰謀劇堂々の解決編。

君の名は。 Another Side:Earthbound

加納 新太/田中 将賀
KADOKAWA
2016年07月30日発売
レビュー平均4.71点/21
¥669(税込)
Wイイかも

東京に暮らす男子高校生・瀧は、夢を見ることをきっかけに田舎町の女子高生・三葉と入れ替わるようになる。慣れない女子の身体、未知の田舎暮らしに戸惑いつつ、徐々に馴染んでいく瀧。身体の持ち主である三葉のことをもっと知りたいと瀧が思い始めたころ、普段と違う三葉を疑問に思った周りの人たちも彼女のことを考え出してー。新海誠監督長編アニメーション『君の名は。』の世界を掘り下げる、スニーカー文庫だけの特別編。

機動戦士ガンダム00

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2010年10月発売
レビュー平均4.65点/20
¥712(税込)
Wイイかも

西暦2314年ーリボンズ・アルマーク率いるイノベイドたちとの戦闘から2年。恒久的平和を目指す世界に新たな危機が訪れる。130年前に廃船となった木星探査船エウロパの地球圏飛来が、未知なる敵・ELSとの戦いの前兆になろうとは…。人類の存亡をかけた最終決戦に際し、イノベイターへと進化していた刹那は、新たなるガンダム、ダブルオークアンタを駆り、エルスとの接触を試みるがー。大人気アニメの劇場版を完全小説化。

サマーウォーズ

土屋つかさ/細田守
角川書店
2010年08月発売
レビュー平均4.44点/18
¥604(税込)
Wイイかも

ネット上の仮想世界OZで、“キングカズマ"として名を馳せる佳主馬は、ちょっとドジなアバター“マキ"と出会う。しかも“マキ"の本体である真紀は佳主馬がいるネットカフェの隣席におり、彼女が兄から預かったデータを狙う男たちに襲われていた。真紀を助けた佳主馬は、男たちから逃げるうちにそのデータがOZに莫大な被害をもたらすものだと知るのだった。真紀とOZを守るため、佳主馬と“キングカズマ"は戦いに挑む。日本中を感動させた名作アニメのオリジナルストーリー。

機動戦士ガンダムseed destiny(4)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2005年11月発売
レビュー平均4.47点/17
¥712(税込)
Wイイかも

戦争を闇から演出する組織ロゴスに対し、ついに宣戦布告をしたプラント最高評議会議長デュランダル。その声明に世界は衝き動かされる。だが、その陰では戦火を拡大させる脅威としてアークエンジェル討伐の特命がミネルバに下されていた。フリーダムにステラを奪われ、その復讐機会を望んでいたシンの瞳が、いま赫く燃えあがるー大人気アニメの完全小説化第四弾!その怒り、すべてを灼き尽くすまで鎮まらぬ運命か、デスティニー。

機動戦士ガンダムseed destiny(5)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2006年04月発売
レビュー平均4.35点/17
¥712(税込)
Wイイかも

月へと逃亡したジブリールを討ち果たしたデュランダルは、争いなき世界の構築を掲げ、デスティニープランを発表する。だが、それは遺伝子特性に従って人類を管理・淘汰する、自由なき社会への幕開けであった。失われゆく未来を目前に、キラとアスランは最後の戦いへと臨む。一方、運命に翻弄され続けてきたシンが行着く先とは、果たしてー大人気アニメの完全小説化、ここに完結!混迷の明日に運命を選びとれ、ガンダム。

機動戦士ガンダムUC(2)

福井晴敏/矢立肇
角川書店
2010年02月発売
レビュー平均4.44点/16
¥561(税込)
Wイイかも

『袖付き』と呼ばれる反政府組織と、ビスト財団の間で行われていた『ラプラスの箱』を巡る謀議は、連邦軍の介入によって破局を迎えた。工業用コロニー“インダストリアル7"で始まる戦闘。オードリーを追って戦火の中を走るバナージは、純白のモビルスーツ“ユニコーン"と出会う。人の革新ーニュータイプの力が覚醒した時、“ユニコーン"はその真の姿を現した!文壇の気鋭・福井晴敏が描く新たなる宇宙世紀サーガ第2弾。

機動戦士ガンダムUC(3)

福井晴敏/矢立肇
角川書店
2010年04月発売
レビュー平均4.13点/16
¥561(税込)
Wイイかも

『ラプラスの箱』を巡って勃発したテロ事件。バナージとオードリーは地球連邦軍の戦艦“ネェル・アーガマ"に収容され、『箱』を巡る様々な思惑に翻弄される。そこへ急襲をかけるネオ・ジオンのエース、「シャアの再来」と噂されるフル・フロンタル。激しい戦闘の中、オードリーの正体を知らされたバナージは、再び“ユニコーンガンダム"に乗り込んだ。彼女を守りたいーたったひとつ、自分が信じるに値する感情に従って。白熱のシリーズ第3弾。

機動戦士ガンダムUC(1)

福井晴敏/矢立肇
角川書店
2010年02月発売
レビュー平均4.2点/15
¥561(税込)
Wイイかも

工業用コロニーに住む平凡な少年、バナージ・リンクスは、謎の少女オードリー・バーンを助けたことから『ラプラスの箱』を巡る事件に巻き込まれてゆく。宇宙世紀の開闢とともに生まれ、開放されれば連邦政府が転覆すると言われる『箱』の正体とはー。『逆襲のシャア』から3年後、宇宙世紀0096を舞台に、新たなるガンダムが世界に革新の予感を告げる。『亡国のイージス』『終戦のローレライ』の著者による人気小説が文庫化。

機動戦士ガンダム00(1)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2008年04月発売
レビュー平均4.29点/14
¥669(税込)
Wイイかも

西暦2307年ー人類は枯渇した化石燃料に代わる新たなエネルギー・太陽光発電システムを手に入れたものの、その恩恵をめぐって各国は未だ終わりなき争いを続けていた。そんな世界に「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れた!あらゆる現行モビルスーツを凌駕する4機の“ガンダム"を所有する彼らの名はソレスタルビーイングーいま、ガンダムによる全戦争行為への武力介入が始まる!!大人気アニメを完全小説化。

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ(下)

富野由悠季
角川書店
1990年05月発売
レビュー平均4.5点/12
¥626(税込)
Wイイかも

宇宙世紀も一世紀をかぞえ、スペースコロニーに暮らす人々と、地球に住む特権階級の確執は、ますます激しくなっていた。連邦軍第13独立鑑隊のブライト・ノアを父にもつ青年ハサウェイは、マフティー・ナビーユ・エリンを名乗り、宇宙植民者の声を代弁しつつ、連邦政府高官の暗殺を続けていた。マフティー打倒の尖兵であるケネス大佐は、新型モビルスーツ“ペーネロペー"を入手。さらに、“勝利の女神"である少女ギギと同行することで、マフティー(ハサウェイ)に有形無形のプレッシャーをかける。一方、ハサウェイを思い、ケネスのもとを離れたギギはー。巨星・富野由悠季の「機動戦士ガンダム」シリーズ最新作、衝撃のクライマックスへ。未体験の悲劇が、ここに示される。

機動戦士ガンダムUC(4)

福井晴敏/矢立肇
角川書店
2010年06月発売
レビュー平均4.5点/12
¥604(税込)
Wイイかも

「シャアの再来」フル・フロンタルとの戦いに敗れ、ネオ・ジオンの拠点“パラオ"に捕らわれてしまうバナージ。一方、“ユニコーン"の奪還を目論む連邦軍は、“ネェル・アーガマ"単艦によるかつてない奇襲攻撃を計画していた。強化人間マリーダ・クルスとの心の触れ合い、そして壮絶なる死闘の果てに、新時代のニュータイプ戦士たることを宿命づけられたバナージはなにを見るのか。極限の人間ドラマが展開する待望のシリーズ第4弾。

機動戦士ガンダム00(2)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2008年08月発売
レビュー平均4.75点/12
¥712(税込)
Wイイかも

全戦争行為への武力介入を続けるソレスタルビーイング。彼らを危険視するユニオン、AEU、人革連の3大陣営は手を結び、合同作戦を展開する。その目的はガンダム4機の鹵獲。自軍MSとガンダムとの大きな性能差を、圧倒的な物量によって押し潰す作戦の前に、刹那たちは徐々に追い詰められていく!!ついにガンダムエクシアが膝を屈したとき、刹那の前に現れた救いの天使、その正体とはー!?大人気アニメの完全小説化、急展開の第2弾。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン 1)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2009年03月01日発売
レビュー平均4.42点/12
¥712(税込)
Wイイかも

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ(上)

富野由悠季
角川書店
1989年02月発売
レビュー平均4.5点/12
¥648(税込)
Wイイかも

人類が、増加する人口のはけ口を宇宙に求めてから、すでに一世紀以上が経過していた。宇宙世紀0100年代。シャア・アズナブルが起したネオ・ジオン抗争をくぐりぬけたハサウェイ・ノアが体験する、新たな闘い。ミノフスキー・クラフトを搭載したΞ(クスイー)ガンダムが、紺碧の空に乱舞するー。アニメ界の巨星が綴る、遥かなる魂の伝説、圧倒的な人気に応えてここに再び登場なる。

機動戦士ガンダム(1)

富野由悠季
角川書店
1987年10月発売
レビュー平均3.83点/12
¥648(税込)
Wイイかも

人類が宇宙に進出してから、1世紀が経とうとしていた。宇宙世紀・0079。月の裏側にある、地球から一番遠い宇宙植民地サイド3は、「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に対し独立戦争を仕掛けてきた。ジオン軍は、その国力の少なさをおぎなうため、諸戦において巨大な機動歩兵「ザク」による「コロニー落し」を行う。その結果、35億人が死滅。全人口の半数を失った人類は、自らの行為に恐怖した。戦線は、ジオン軍優勢のまま膠着。半年が経った。そして、今。連邦軍の反攻作戦「V作戦」が始まろうとしている…。アニメ界の巨星・富野由悠季の永遠のベストセラー「機動戦士ガンダム」。装いも新たに登場!

機動戦士ガンダムseed destiny(3)

矢立肇/富野由悠季
角川書店
2005年09月発売
レビュー平均4.64点/11
¥712(税込)
Wイイかも

ダーダネルスの戦闘において突如、参戦したフリーダム。その介入によって、ミネルバは思わぬ犠牲者を出す結果となった。キラたちの行動を納得できないアスランは、単身、アークエンジェルとの接触を試みる。一方、再びめぐり会ってしまったシンとステラ。敵同士でありながらも心を通わせあう二人を戦争という現実が無惨に引き裂いていくー大人気アニメの完全小説化第三弾!その想いすら破壊し尽くすのが運命なのか、デストロイ。

機動戦士ガンダム逆襲のシャア

富野由悠季
角川書店
1988年02月発売
レビュー平均4.36点/11
¥712(税込)
Wイイかも

宇宙世紀0093。行方不明になっていたシャア・アズナブルは、ネオ・ジオン軍を再興。宇宙植民者の声に耳を傾けず、地上で惰眠をむさぼり続ける地球連邦政府に対し、戦いを挑んできた。隕石を地球に落し、気象条件を変え、人工的な氷河期を作ろうというのだ。人間が地球に住めなくなるだけでなく、多くの罪のない人々が、シャアの手で粛正される。かつてのライバル、アムロ・レイは、敢然とシャアの野望にたちふさがる!アニメ史上最高のスペクタクル大作「機動戦士ガンダム・逆襲のシャア」のオリジナル版原作、堂々の登場!

@スポンサー