彩雲国物語(暗き黄昏の宮)

雪乃紗衣
角川書店
2009年12月発売
レビュー平均4.57点/187
¥583(税込)
Wイイかも

監察御史・紅秀麗が、任務半ばで姿を消した!その報は瞬く間に朝廷を駆け巡り、国王の紫劉輝は心を痛める。秀麗の安否は気になるが、一官吏の彼女を特別扱いできない。そんな王の心を汲み、側近の藍楸瑛は、密かに秀麗を捜すことを決意する。一方、秀麗と同行していた榛蘇芳が帰還。彼が語った驚きの事実に劉輝は絶句する。秀麗の身に危険が、劉輝の治世には暗雲が立ち込める!?人気シリーズ第15弾、怒涛の最終章開始。

誰かが彼に恋してる

ごとうしのぶ
角川書店
2009年12月発売
レビュー平均4.31点/42
¥534(税込)
Wイイかも

ギイに誰かが恋してるー?戸惑いや不安を感じつつも、ギイの深い愛情に包まれ、強くなろうと決意するタクミ。文化祭直前の賑わいの中、周囲の目を忍び過ごす時間に、一層絆を深めるタクミとギイだが、そんな2人を見つめる視線に、タクミはまだ気づくことなくー。恋に進路に悩みつつ、ギイの惜しみない愛情を受け、成長しようとするタクミとそんな彼を全力で愛そうとするギイ。「お前のこと、オレが絶対守るからなー」2人の絆が心を熱くする感動の2学期バージョン。

言ノ葉は呪縛する

前田珠子
集英社
2009年05月10日発売
レビュー平均4.3点/40
¥504(税込)
Wイイかも

総部数250万部を突破した大人気シリーズ『破妖の剣』が帰ってきた!ガンダル・アルスを襲う魔性たちと戦う破妖剣士の少女ラエスリールと、彼女を守る謎の美青年闇主の大冒険の世界が再び繰り広げられる…!言の葉姫に守られてきたマヤフの王都クタハが猛火に包まれた。それはある妖貴の仕業で!?今わの際、言の葉姫は最大の力で『呪』を発動したのだが、それが愛の始まりに…。

紅琥珀

前田珠子
集英社
2010年01月29日発売
レビュー平均4.0点/37
¥473(税込)
Wイイかも

浮城を追われ、ラスと闇主が逃亡生活を送っていたころ…怪我をした女戦士と子供を連れたラスが辿り着いたアルバワヌの里。そこには、異形を仮面で隠した人々が暮らしていた。彼らの肌には「紅琥珀」と呼ばれる石が埋まっていて。この件に魔性が関わっていると察したラスは里を救うべく奮闘するが…!?表題作「紅琥珀」ほか、「縁魔の娘と黒い犬」「鏡の森」が収録された珠玉の外伝短編集。

デュラララ!!×3

成田良悟
アスキー・メディアワークス
2006年08月発売
レビュー平均4.41点/37
¥702(税込)
Wイイかも

「あんたは人を殺せるか?新宿で情報屋なんかやって、何人もの人間を好きなように弄んで。折原臨也、あんたは、人を殺せるのか?自分の手で、直接な。ナイフで死なない程度に刺して、お茶を濁し続けやがって。まあ、何を言っても…結局お前は誰か他人を使うんだろう?笑える程に、卑怯な奴だなお前は」東京・池袋。そこには寂しがり屋な過去が集う。現実から逃避し続けるボス、責任を感じている女子高生、友人の想いに気づけない少年、乗っ取りを図る男、未だ情報で人を操る青年、そして漆黒のバイクを駆る“首なしライダー"。そんな彼らが過去を乗り越え、三つ巴の哀しい現実に立ち向かうー。

デュラララ!!×8

成田良悟
アスキー・メディアワークス
2010年06月発売
レビュー平均4.58点/33
¥637(税込)
Wイイかも

「最近、帝人君の様子がおかしいんです。まるで…紀田君がいた時みたいにー」東京・池袋。表面上は何も変化のないこの街も、夏を迎え、水面下で熱い歪みを抱えていた。孤独な戦いに身を溺れさせる帝人。過去を清算するべく池袋に戻ってきた正臣。帝人を心配しセルティに悩みを相談する杏里。それぞれの思惑で動き始めた三人の行方とはー。さらにその裏側で大人達は別の事件に絡んでいく。ストーカーの影に怯える聖辺ルリと彼女を心配する羽島幽平。弟の悩みを何故かセルティに相談する静雄。杏里と静雄という友人達の悩みの狭間で、首無しライダーが起こす行動とはー。そして、情報屋も静かに動き始める。

暁を待つまで

ごとうしのぶ
角川書店
2010年05月発売
レビュー平均4.35点/31
¥561(税込)
Wイイかも

祠堂学院に入学したものの、トラウマを抱え、人に心を開くことができない葉山託生。そんな彼を遠くから見守っていたのは、学院内のスター、ギイこと崎義一だった。しかし、生徒会長の相楽が企画したゲームをきっかけに、託生と親交を深めようとする3年生・麻生が現れる。届かぬ想いを抱えたまま、託生との距離を縮める麻生の存在に心を乱されるギイだったがー?託生とギイの出会いを書いたファン必読の1年生バージョンに加え、書き下ろし「恋をすれども。」も同時収録。

龍の勇姿、Dr.の不敵

樹生かなめ
講談社
2010年10月発売
レビュー平均4.48点/31
¥648(税込)
Wイイかも

愛しい年下の恋人であり、眞鍋組の若き昇り龍、橘高清和の復活を喜ぶ氷川諒一は、明和病院に勤める美貌の内科医であると同時に、眞鍋組の姐でもある。清和を殺そうとしたのは誰なのか?氷川を始め、眞鍋組は裏切り者の正体をつきとめる覚悟をする。そんなとき、ある疑惑が持ち上がる。まさか彼が裏切るはずがない、そう信じたい清和たちだったが…!?清和&氷川、最強の恋人たちがついに完全復活。

とある魔術の禁書目録(20)

鎌池和馬
アスキー・メディアワークス
2010年03月発売
レビュー平均4.63点/30
¥658(税込)
Wイイかも

10月18日。ロシアより、第三次世界大戦の宣戦が布告された。学園都市とロシアの激突は全世界を巻き込む大規模なものとなる。この背景には『神の右席』最後の一人、フィアンマの政治的暗躍があった。そんな世界大戦戦火の渦中で、奔走する者達がいた。学園都市の高校生・上条当麻は、フィアンマによる霊装奪取の影響で昏睡状態になったインデックスを解き放つため。最強の超能力者・一方通行(アクセラレータ)は、謎の存在『エイワス』出現による高負荷が掛かった打ち止め(ラストオーダー)を救うため。元・暗部組織『アイテム』小間使い・浜面仕上は、能力促進剤『体晶』の乱用によって衰弱した滝壼理后を治療するため。彼らは三者三様の想いを抱き、緊迫のロシアへと向かう!そこで待ち受けていたものとは…。科学と魔術が交差するとき、物語は始まるー。

天は赤い河のほとり外伝(眉月)

篠原千絵
小学館
2010年01月31日発売
レビュー平均4.4点/30
¥514(税込)
Wイイかも

ヒッタイト帝国第3皇子カイル・ムルシリ14歳・春。帝国の西方、同盟国アルザワと海洋都市国家クズルギュル間で交易航路の制海権をめぐる戦いがはじまる。帝国元老院会議ではアルザワに援軍を送ることが決まり、タワナアンナ・ナキア皇妃の画策でカイルがその遠征軍を率いることとなった…。壮大なスケールでお送りする、歴史ファンタジー。大人気まんがの外伝がノベライズ。

せつなの夜に触れる花

崎谷はるひ
角川書店
2010年12月発売
レビュー平均4.3点/30
¥616(税込)
Wイイかも

幼い頃、危ないところを江上に助けられた教師の大貫京。そのせいで彼の人生を変えてしまったと知った京は、江上に謝罪したい一心で彼を捜し、ようやくアークティックブルーという店で働く江上の情報を得る。ところが、数年ぶりに再会した江上に京は高鳴る胸を抑えられず、慣れない酒をあおって倒れてしまう。それをきっかけに江上と距離が縮まるものの、思いを告げられずにいたある日、京は思いがけない事件に巻き込まれてしまい…!?『ブルーサウンド』シリーズ最新作。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

伏見つかさ
アスキー・メディアワークス
2008年08月発売
レビュー平均4.53点/30
¥615(税込)
Wイイかも

俺の妹・高坂桐乃は、茶髪にピアスのいわゆるイマドキの女子中学生で、身内の俺が言うのもなんだが、かなりの美人ときたもんだ。けれど、コイツは兄の俺を平気で見下してくるし、俺もそんな態度が気にくわないので、ここ数年まともに口なんか交わしちゃいない。よく男友達からは羨ましがられるが、キレイな妹がいても、いいことなんて一つもないと声を大にして言いたいね(少なくとも俺にとっては)!だが俺はある日、妹の秘密に関わる超特大の地雷を踏んでしまう。まさかあの妹から“人生相談"をされる羽目になるとはー。

ソードアート・オンライン(4)

川原礫
アスキー・メディアワークス
2010年04月発売
レビュー平均4.6点/30
¥615(税込)
Wイイかも

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO“アルヴヘイム・オンライン"にログインしたキリト。その次世代飛行系ゲーム“ALO"は、“魔法"という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして“妖精"となって空を駆け巡る“飛翔システム"と、“SAO"に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。“妖精"スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先ー全プレイヤーの最終目標“世界樹"目指し突き進む…!道中、妖精種族“サラマンダー"のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、“シルフ"の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。そしてついにキリトは“世界樹"の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの“秘密"を知ってしまい…。

マリア様がみてる(大きな扉小さな鍵)

今野緒雪
集英社
2006年10月10日発売
レビュー平均4.55点/29
¥452(税込)
Wイイかも

瞳子も立候補した生徒会役員選挙。順当に祐巳、由乃、志摩子の3人が当選!クリスマス・イブ以来、遠ざかったままの祐巳と瞳子の関係。乃梨子、祥子さらには柏木までもが心配しているのだが…。月曜日、今年も新聞部からバレンタイン企画が山百合会に持ち込まれる。紅薔薇さま、黄薔薇さまの承認をすでに得ているというのだが、その中身は…!?瞳子の秘密も明かされる、ドキドキの展開。

間奏曲的ディベルティメント

秋月こお
角川書店
2010年04月発売
レビュー平均4.0点/28
¥534(税込)
Wイイかも

若き音楽家の登竜門であるロン・ティボー国際音楽コンクールへの準備に集中する悠季のために、圭が作り上げる特別メニューの数々。忙しさに恋愛を忘れがちな悠季に恋の炎を点らせるべく、圭がめぐらせた作戦とは?(『愛とクッキングナイフ』)。桐院家初の女帝となるべくアメリカに留学中の圭の妹・小夜子。彼女の闘いの日々は、冒険と波乱に満ちていて…!?(『噂の姫君ー桐院小夜子様の憂鬱ー』)などの他、文庫未収録の2編を収録した、シリーズ15周年スペシャル外伝集。

ソードアート・オンライン(10)

川原礫
アスキー・メディアワークス
2012年07月発売
レビュー平均4.54点/28
¥615(税込)
Wイイかも

謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。“NPC"とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都“セントリア"に向かい、そして、二年が過ぎたー。キリトとユージオは、“北セントリア帝立修剣学院"の“初等練士"となり、それぞれ先輩であるソルティリーナとゴルゴロッソの指導を仰ぎながら、人界最強の秩序執行者“整合騎士"を目指す日々に明け暮れていた。央都を統べる“公理教会"の中枢にたどり着くため、二人はあまたの障害をはねのけ、学院にわずか十二人しか存在しない“上級修剣士"を目指すー!壮大なるヴァーチャル・ワールド・スペクタクル。

デュラララ!!×6

成田良悟
アスキー・メディアワークス
2009年07月発売
レビュー平均4.59点/27
¥680(税込)
Wイイかも

「彼は、平和島静雄。池袋で一番危ないって言われてる殺し屋なんだー」臨也に嵌められ街を逃走しまくる静雄。自分の立ち位置を考えさせられる帝人。親友の苦境に今更になって気づく正臣。何も知らずに家出少女を連れ歩く杏里。先に待つ出来事を想像できなかった茜。黒バイクとの接触に興奮を隠せない女。一人悶えつつも帰りを待ち続ける新羅。思い通りに事を運ぼうと画策する青葉。ダラーズに意趣返しを繰り広げる千景。そして首なしライダーが救うのはー。

デュラララ!!×5

成田良悟
アスキー・メディアワークス
2009年03月発売
レビュー平均4.63点/27
¥615(税込)
Wイイかも

「ダラーズが、随分と変な事になってるみたいだねえ。わくわくしてこないかい、君の大好きな非日常が始まるよ?」東京・池袋。そこには再び動き始めた折原臨也の意趣返しが集う。何でも屋として仕事を請け負う異国の二人組、静雄を探し続ける家出少女、窮地に立たされるバーテン風の男、ダラーズに復讐を宣言する女たらし、ひたすら帰りを待ちわびる闇医者、何者かに狙われるクラス委員、それに気づかない同級生の少年、そして混沌の渦に巻き込まれて堕ちていく“首なしライダー"。そんな彼らのGWは、果たして日常か非日常なのかー。

伯爵と妖精(すてきな結婚式のための魔法)

谷瑞恵
集英社
2009年02月発売
レビュー平均4.54点/26
¥555(税込)
Wイイかも

数々の障壁を乗り越えて、やっと結婚式を迎えることとなった妖精博士のリディアと妖精国伯爵エドガー。歴代の青騎士伯爵の結婚式に必ず招待しなければならないという5人の妖精から祝福を受けたが、実は6人目の妖精がいて、「結婚式など台無しにしてやる!」と宣言されて!?昔、エドガーと何かあったらしい少女も現れて、雲ゆきはどんどん怪しくなり…。二人の結婚式、何かが起こる。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(6)

伏見つかさ
アスキー・メディアワークス
2010年05月発売
レビュー平均4.76点/25
¥594(税込)
Wイイかも

ヤバイ。桐乃ヤバイ。俺の妹マジヤバイ。まず偉そう。もう傲岸不遜なんてもんじゃない。超居丈高。「オマエ何様」って妹にきくと、「チッ」って舌打ちするだけじゃなく、その後腕組んで「うざい」って睨みかえしてくる。スゲェ!なんか遠慮とか無いの。妹なんだから兄貴のことを敬って、もっと仲良くしなきゃいけないんじゃーと思っていた時期が俺にもありました。けど桐乃は違う。そんなの気にしない。むしろ誇らしげ。とにかくお前ら、ウチにいる妹のヤバさをもっと知るべきだと思います。そんなヤバイ桐乃と一緒にいる俺、超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

銀砂糖師と黒の妖精

三川みり
角川書店
2010年04月発売
レビュー平均4.48点/25
¥496(税込)
Wイイかも

人間が妖精を使役する、ハイランド王国。少女アンは、一流の銀砂糖師だった母を亡くし、あとを継ぐことを決意する。銀砂糖師とは、聖なる砂糖菓子を作る特別職のことで、王家勲章を持つものしか名乗れない。用心棒として、美形だが口の悪い戦士妖精のシャルを雇い、旅に出たアン。人間に心を閉ざすシャルと近付きたいと願いつつ、王都を目指すけど…。第7回小説大賞審査員特別賞受賞作。

煙火の島の魔法戦士

水野良
富士見書房
2011年01月発売
レビュー平均3.96点/25
¥626(税込)
Wイイかも

伯爵と妖精(愛の輝石を忘れないで)

谷瑞恵
集英社
2010年12月発売
レビュー平均4.67点/24
¥575(税込)
Wイイかも

プリンスの組織からリディアを護るため、そして二人の将来のため、決死の覚悟とともにリディアと離ればなれになることにしたエドガー。アーミンとともに組織に入り込み、プリンスになったふりをするのだが…。一方、リディアはフランシスや仲間たちとともに妖精国に向かう船に乗り込むのだが、船には危険すぎる罠が仕掛けてあって!?信じる気持ちは永遠に不滅!二人の愛に奇跡が起こる。

新約とある魔術の禁書目録(インデックス)(2)

鎌池和馬
アスキー・メディアワークス
2011年08月発売
レビュー平均4.04点/24
¥550(税込)
Wイイかも

11月5日の学園都市。上条当麻と一方通行(アクセラレータ)、そして浜面仕上の三人が、ついに交わった。しかしそれは、三者三様の『アンタ等何やってた訳』的、彼らを心配していたオンナノコたちへの落とし前イベント勃発を意味していた…。上条は、形見のゲコ太ストラップを握りしめ意気消沈中の美琴に妙なテンションで声をかけ、超電磁砲(レールガン)地獄を見る。さらに、同じノリでインデックスにも話しかけ…。浜面は、『負けたら屈辱のバニーだ!ゲーム』を続けていた麦野たちにようやく発見される。しかしその傍らには今は亡き『アイテム』元メンバー・フレンダにうり二つの少女がいて…。一方通行(アクセラレータ)は、押しかけてきた打ち止め(ラストオーダー)と番外個体(ミサカワースト)に辟易するが、いつもちょっかいをかけてくる番外個体が上条の前では大人しくなり、何故かそれに苛立ちを覚え……。科学と魔術が交差するとき、日常の物語(コメディパート)は始まる。

マリア様がみてる(くもりガラスの向こう側)

今野緒雪
集英社
2006年04月10日発売
レビュー平均4.29点/24
¥452(税込)
Wイイかも

祐巳が瞳子からロザリオを突き返されたクリスマスパーティーの三日後。祐巳の家に祥子から手紙が届く。小笠原邸での、泊まり込みの新年会の誘い。今年は女性限定なのだという。年が明けて、三薔薇姉妹が小笠原邸に勢ぞろい!百人一首や、人間双六で楽しく時間を過ごしていたが、祥子について衝撃の事実が明らかになり…!?祐巳と祥子がいっしょに過ごす二度目のお正月は、波乱の予感。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(5)

伏見つかさ
アスキー・メディアワークス
2010年01月発売
レビュー平均4.7点/23
¥594(税込)
Wイイかも

「じゃあね、兄貴」-別れの言葉を告げ、俺のもとから旅立った桐乃。…別に寂しくなんかないけどな。そして新学期。平穏な高校生活を謳歌する俺のもとに、奇妙な後輩が現れる。「おはようございます、先輩」俺は、黒猫の人間としての仮初めの名を知り、より深い“絆"を築いていくことになる。“妹"と“親友"。ともに大きなものを失った二人は、数多の思想が渦巻く校内で、“魔眼遣い"の少女と対峙する。“稀少能力"を持つ少女に、俺と黒猫は圧倒され、異空間へと誘われ…!!“日常"と“非日常"が交差するとき、物語は始まるー。

デュラララ!!×7

成田良悟
アスキー・メディアワークス
2010年01月発売
レビュー平均4.7点/23
¥658(税込)
Wイイかも

「僕は何もしてないよ。あれは、ダラーズみんなでやった事だからー」東京・池袋。この街の休日はまだ終わらない。臨也が何者かに刺された翌日、池袋には事件の傷痕が未だに生々しく残っていた。すれ違うことなく街を徘徊するクラスメイトの男女、弟に付きまとう女の動向を窺う姉、最強の男を殺すために強くなろうとする少女、兄のことなど気にせずひたすら無邪気な双子、今後の自分を憂い続けるロシア出身の女性、過去の未練にしがみつくヤクザな男、休日を満喫しようと旅行に出た闇医者、そして安心しきりの首なしライダーはー。さあ、みんな一緒に、デュラララ!!×7。

伯爵と妖精(白い翼を継ぐ絆)

谷瑞恵
集英社
2009年11月10日発売
レビュー平均4.59点/22
¥575(税込)
Wイイかも

メースフィールド公爵のカントリーハウスに招かれたエドガーとリディアは、そこでシルヴァンフォード公爵家の唯一の生き残り、キャスリーンに遭遇する。彼女はエドガーに意味ありげな視線を送り、エドガーも彼女を無下にできない。もう捨てたはずの過去がエドガーを追い回し、リディアを苦しめる。「僕に運命、感じてるんだろう…?」エドガーのそんな言葉を信じたいリディアなのだが…。

マリア様がみてる(未来の白地図)

今野緒雪
集英社
2005年12月27日発売
レビュー平均4.41点/22
¥473(税込)
Wイイかも

試験休み、祐巳に柏木から電話がかかってくる。瞳子が家を飛び出して、戻ってこないのだという!乃梨子や可南子など、心当たりに電話しようとする祐巳。しかし、捜すまでもなく瞳子は祐巳の家に現れる!近所で帰宅途中の祐麒と出会ったのだった。瞳子に家出の事情を訊けないでいる祐巳だったが…!祐巳と瞳子の関係に変化が…!?クリスマス・イブに何かが起こる、シリーズ最新刊。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(4)

伏見つかさ
アスキー・メディアワークス
2009年08月発売
レビュー平均4.68点/22
¥594(税込)
Wイイかも

「人生相談、次で最後だからー」妹・桐乃から突然の最後通告をされたものの、あの野郎、肝心の相談内容については何も言ってきやしねえ。一方俺は、あやせの相談にのってやってコスプレ大会に同伴したり、久しぶりに麻奈実を家に呼んだらとんでもねーことになったり、沙織が開いた「ケータイ小説発売記念パーティ」に呼ばれて行ったら、何故か桐乃や黒猫やらがメイドのカッコして出迎えてきたりと騒々しい日々を送っていた。そのうち段々と俺も、あれは聞き間違いだったのかもなぁなんて思い始めていたんだが…。

@スポンサー