わかりやすく〈伝える〉技術

池上彰
講談社
2009年07月20日発売
レビュー平均4.56点/104
¥799(税込)
Wイイかも

テレビの現場で培ったノウハウをすべて公開。

マラソンは毎日走っても完走できない

小出義雄
角川マガジンズ
2009年11月発売
レビュー平均4.63点/62
¥842(税込)
Wイイかも

市民マラソン大会に出ると、30km過ぎから歩いてしまったり、あるいはスピードがガクンと落ちてしまう人がとても多い。みなさん、「毎日5km走っていた」など練習熱心な人が少なくないのだが、ではなぜ走れなくなってしまうのか?その理由は、毎日走っているだけではマラソンの練習になっていないからー。本書では、このマラソン用の練習を説いていく。初めて走ろうと考えている人から、将来フルマラソンを走ってみたいと思っているジョガー、そして3時間台での完走を目標にしているランナーにまで、段階別に伝授。金メダリストたちの練習内容も初公開する。

ポケット数独(中級篇)

ニコリ
SBクリエイティブ
2006年02月発売
レビュー平均4.69点/58
¥596(税込)
Wイイかも

やめないよ

三浦知良
新潮社
2011年01月20日発売
レビュー平均4.6点/58
¥799(税込)
Wイイかも

不動心

松井秀喜
新潮社
2007年02月発売
レビュー平均4.64点/58
¥734(税込)
Wイイかも

どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力、挫折を乗り越える力を持った選手になりたいー。左手首骨折という選手生命を脅かす大怪我から、見事な復活を遂げた松井秀喜。その陰には、マイナスをプラスに変える独自の思考法があった。コントロールできることとできないことを分ける、悔しさはあえて口に出さない、七割の失敗と上手に付き合う…等々、戦い続けるなかで身につけた松井流「心の構え」を初めて明かす。

ポケット数独(初級篇)

ニコリ
SBクリエイティブ
2006年02月発売
レビュー平均4.77点/56
¥596(税込)
Wイイかも

ONE PIECE STRONG WORDS 上巻

尾田栄一郎
集英社
2011年03月発売
レビュー平均3.91点/54
¥820(税込)
Wイイかも

それは「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐる物語だ。主人公モンキー・D・ルフィは、海賊王になることを決意し、仲間や強敵との出会いを重ねながら「大秘宝」を求めて“偉大なる航路"へ船出する。一九九七年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった『ONE PIECE』は、二〇一〇年の第五九七話で第一部が完結。本書は巻一から巻六十一にわたるその長い航海の過程で生み出された珠玉の言葉をテーマ別に選んだ。上巻のテーマは「旅立ち」「戦い」「覚悟」「智慧」「別れ」。自らを鼓舞し、仲間を支える、豊かな言葉で彩られている『ONE PIECE』。その強い言葉は、物語の世界を超えて響き渡る。解説は気鋭の思想家・内田樹。

たった1通で人を動かすメールの仕掛け

浅野ヨシオ
青春出版社
2009年09月発売
レビュー平均3.09点/44
¥1028(税込)
Wイイかも

28年間恋人ゼロだったのが、ネットで婚活を始めて、わずか3か月で結婚!しがないビジネスマンから、たった1年半で、ベストセラー著者や有名起業家ら100人超の人脈の輪が!気がついたら「先生」と呼ばれる立場になっていて、経営者や著者の卵の前で、堂々登壇!人生をも変えてしまう、その秘密のテクニックを大公開。

反日韓国人撃退マニュアル

桜井誠
晋遊舎
2009年04月発売
レビュー平均4.64点/44
¥777(税込)
Wイイかも

本書は「韓国人の反日妄言に対し、論拠をもって反論するための入門書」です。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えています。もしあなたが韓国人から「日本は韓国を植民地支配した!」と、あるいは在日から「我々在日は強制連行の被害者だ!」などと詰め寄られ、謝罪を要求されたら、いったいどうしますか。

ONE PIECE STRONG WORDS(下巻)

尾田栄一郎
集英社
2011年04月発売
レビュー平均4.38点/37
¥820(税込)
Wイイかも

ポケット数独上級篇

ニコリ
SBクリエイティブ
2006年02月発売
レビュー平均4.43点/35
¥596(税込)
Wイイかも

なぜ日本人は落合博満が嫌いか?

テリー伊藤
角川書店
2010年05月発売
レビュー平均4.5点/34
¥781(税込)
Wイイかも

数々の「落合伝説」には、理由があった。落合の超合理主義を受容できないお子様国家・ニッポン。落合こそ混迷日本を救う新時代リーダーだ。

やってはいけない筋トレ

坂詰真二
青春出版社
2012年02月発売
レビュー平均4.12点/32
¥832(税込)
Wイイかも

このやり方を知らなければ、すべての努力がムダになる。TV、雑誌などで活躍する名トレーナーが明かす確実に成果を出す筋トレの決定版。

4-2-3-1

杉山茂樹
光文社
2008年03月発売
レビュー平均4.39点/31
¥928(税込)
Wイイかも

これは、ピッチ上に描かれる“デザイン"についての本だ。つまり、サッカーゲームの進め方の話であり、戦術の話であり、布陣の話である。「やっぱり、4バックより3バックのほうがいいよね」「オレは4-3-3が最強だと思うけど」といったサッカー談義をよく耳にするが、いくら熱っぽく、理屈っぽく、監督目線・評論家目線でその理由を語ったところで、ベースとなる戦術や布陣に対する知識がなければ、まるで説得力はない。しかし残念なことにその知識は、欧州では日常的に語られていても、いまの日本では満足に語られるものではない。いや、むしろすっぽり抜け落ちているものだと言っていい。けっしてまだ、「常識」ではないのだ。-本書では、攻撃サッカーを象徴する現在流行の4-2-3-1をはじめ、サッカーの代表的な布陣を戦術的な観点から分かりやすく解説していく。

自然体

遠藤保仁
小学館
2009年02月発売
レビュー平均4.68点/31
¥756(税込)
Wイイかも

絶対に決めなければならない時、なぜ、コロコロPKなのか。なぜ、海外に行かずともうまくなれたのか。なぜ、いつも緊張せずに自然体でプレーできるのか。なぜ、日本代表の中心選手にはい上がれたのか。稀代のサッカーセンスに溢れた個性派プレーヤー・ヤットの謎を自らひも解く。

ゴルフプロのダウンブロー最新理論

森守洋
青春出版社
2011年02月発売
レビュー平均4.15点/26
¥1028(税込)
Wイイかも

ゴルフ上達のカギを握る超ウェッジワーク

永井延宏
青春出版社
2008年10月発売
レビュー平均3.96点/25
¥1028(税込)
Wイイかも

「オレはサンドウェッジで100ヤード飛ばす」と人に自慢していませんか?正しいウェッジワークを身につければ…サンドウェッジの飛距離が落ち、ドライバーは飛距離が伸びる。世界のトッププロも実践する「コッキング」の極意。

ハプスブルク家12の物語

中野京子
光文社
2008年08月発売
レビュー平均4.57点/23
¥1058(税込)
Wイイかも

スイスの一豪族から大出世、列強のパワーバランスによって偶然ころがりこんだ神聖ローマ帝国皇帝の地位をバネに、以後、約六五〇年にわたり王朝として長命を保ったハプスブルク家。常にヨーロッパ史の中心に身を置きながら、歴史の荒波に翻弄され、その家系を生きる人間たちの運命は激しく揺さぶられ続けた。血の争いに明け暮れた皇帝、一途に愛を貫いた王妃、政治を顧みず錬金術にはまった王、母に見捨てられた英雄の息子、そして異国の地でギロチンにかけられた王妃ー。過酷な運命と立ち向かい、また定めのまま従容と散っていったヒーロー、ヒロインたちは、どこまでも魅力的。彼らを描いた名画に寄り沿い、その波瀾万丈の物語をつむぐ。

自転車で痩せた人

高千穂遙
日本放送出版協会
2006年04月発売
レビュー平均4.61点/23
¥756(税込)
Wイイかも

50歳の春、肥満体型と高脂血症、高血圧を改善するために手にしたのは、スポーツ自転車だった。わずか2年で24キロの減量を成し遂げ、体脂肪率は24%から10%以下に。明るく楽しく、そして激しく愛車に乗りまくる日々を活写するとともに、ダイエット成功の秘訣をすべて公開する。

ネコを撮る

岩合光昭
朝日新聞出版
2007年03月発売
レビュー平均4.83点/23
¥777(税込)
Wイイかも

写真はネコに始まり、ネコに終わる。すばらしい「ネコ写真」は、すべての写真にも通じます。モデルネコの探し方、機嫌のとり方、シャッターチャンス、「ネコフォト」のヒント満載。

月いちゴルファーが、あっという間に80台で上がれる法

久富章嗣/『書斎のゴルフ』編集部
日本経済新聞出版社
2010年04月発売
レビュー平均4.36点/22
¥918(税込)
Wイイかも

今日はいいゴルフになりそう!よいことが起きたとき、スッと心の中に忍び込むいつもとは異なる期待感こそ、スコア崩壊の始まりだ。コース攻略から、スイング、クラブ別のショット術まで、多くのゴルファーをシングル入りさせたアマチュア界のカリスマによる「逆説のゴルフ」、超実践的レッスン。

非常識マラソンメソッド

岩本能史
SBクリエイティブ
2010年10月発売
レビュー平均4.35点/20
¥788(税込)
Wイイかも

「サブフォー」「サブスリー」なんて自分には無理…なんて諦める必要はない。本書のメソッドを実践すれば、運動経験のない六本木の元キャバ嬢が、練習を始めてたった9カ月で3時間13分を叩きだし、国際レースへの出場権を獲得したり、40代後半でランニングを始めたオジサンが3時間30分切りを達成したり、2時間台のランナーも続々。人気ランクラを主宰する異端の指導者が、最小のトレーニングで最大限の効果を発揮するメソッドを伝授する。

間抜けの構造

ビートたけし
新潮社
2012年10月発売
レビュー平均4.3点/20
¥734(税込)
Wイイかも

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間"というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよー。芸人、映画監督として、これまでずっと“間"について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な“間"の話。

たくらむ技術

加地倫三
新潮社
2012年12月発売
レビュー平均4.47点/19
¥756(税込)
Wイイかも

「ロンドンハーツ」「アメトーーク!」など大人気番組のプロデューサーが、自らの「脳内ノート」を大公開!ヒット企画の陰にある数々の「たくらみ」とは?バカな番組を実現させるクソマジメな仕事術とは?「面白いもの」が好きな人、「面白い仕事」がしたい人、必読の一冊。

中日ドラゴンズ論

今中慎二
ベストセラーズ
2010年11月発売
レビュー平均4.47点/19
¥802(税込)
Wイイかも

中日ドラゴンズを評してよく言われる言葉「不気味」。なぜ、中日ドラゴンズは「不気味」なチームといわれるのか。2010年シーズンのセ・リーグを制覇し、9年連続でAクラス入りを果たした“負けない"球団の秘密に、元中日ドラゴンズのエース、今中慎二が迫る。常勝球団を築きつつある落合博満はじめ、星野仙一、高木守道らの監督力。他球団を圧倒する投手力はどのように生まれたのか。そして、知られざる伝統の力とは。今こそ知りたい、中日ドラゴンズのすべて。

ガウディの伝言

外尾悦郎
光文社
2006年07月発売
レビュー平均4.68点/19
¥1026(税込)
Wイイかも

形、数字、謎の部屋…サグラダ・ファミリアの彫刻家が読み解く天才建築家のメッセージ。

インド式計算練習帳

青志社
2007年06月発売
レビュー平均4.21点/19
¥648(税込)
Wイイかも

暗算不可能と思われていた2けたのかけ算や3けたの計算が頭の中でスラスラ解ける!日本人の計算方法を根底からひっくり返す、オドロキの「インド式」計算テクニック。

フェルメール全点踏破の旅

朽木ゆり子
集英社
2006年09月20日発売
レビュー平均4.72点/18
¥1080(税込)
Wイイかも

日本でもゴッホと並ぶ人気を持つ十七世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。その作品は世界中でわずか三十数点である。その数の少なさ故に、欧米各都市の美術館に散在するフェルメール全作品を訪ねる至福の旅が成立する。しかもフェルメールは、年齢・性別を超えて広く受け入れられる魅力をたたえながら、一方で贋作騒動、盗難劇、ナチスの略奪の過去など、知的好奇心を強くそそる背景を持つ。『盗まれたフェルメール』の著者でニューヨーク在住のジャーナリストが、全点踏破の野望を抱いて旅に出る。

やってはいけないストレッチ

坂詰真二
青春出版社
2013年05月発売
レビュー平均4.22点/18
¥905(税込)
Wイイかも

「何となく」から「確実に」「深く」効かせるためにー快適なカラダをつくるストレッチの決定版。

ジョジョの奇妙な名言集(part 1〜3)

荒木飛呂彦
集英社
2012年04月発売
レビュー平均4.24点/17
¥842(税込)
Wイイかも

年齢・性別を問わずファンに愛され、「ジョジョ語」と呼ばれる数々の名言を生み出した『ジョジョの奇妙な冒険』。その全てを網羅した「名言集」が満を持して登場ッ。作中に登場する「フシギな力」を持った言葉の数々を、『ジョジョ』を貫くメインテーマ「人間讃歌」を軸にセレクト。なぜこれほどまでに『ジョジョ』の言葉は力強いのか。『ジョジョ』が生み出した新たな「概念」とは?「言葉」に着目することで作品の新たな一面を見出す『ジョジョ』ファン必読の一冊。(Part 1〜3)では第一部「ファントムブラッド」から第三部「スターダストクルセイダース」まで、ジョジョ前半の名言を収録。更にはフランス文学者・中条省平の解説で、『ジョジョ』の哲学・思想が明らかに。

@スポンサー