伝える力

池上彰
PHP研究所
2007年05月発売
レビュー平均4.24点/417
¥864(税込)
Wイイかも

仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。

残念な人の思考法

山崎将志
日本経済新聞出版社
2010年04月発売
レビュー平均3.86点/155
¥918(税込)
Wイイかも

やる気も能力もあるのに、仕事がうまくいかないのはなぜ?-顧客を取り逃がす営業マン、上司に振り回されては見放される若手社員、行列しているのに儲からない飲食店など、日常の「残念」な例をもとに、日々の仕事に応用できるプライオリティ思考法のヒントを紹介。

財務3表一体理解法

國貞克則
朝日新聞出版
2007年05月発売
レビュー平均4.53点/118
¥777(税込)
Wイイかも

簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる!ポイントは財務3表の五つの「つながり」。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)を、具体的な会社の事業活動を通して同時に作り、「つながり」を徹底解説。新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。まったく新しい会計学習法の誕生。

知らないと恥をかく世界の大問題

池上彰
角川マガジンズ
2009年11月発売
レビュー平均4.3点/103
¥820(税込)
Wイイかも

リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点をとりあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん"池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間でわかるおトクな一冊。

デフレの正体

藻谷浩介
角川書店
2010年06月発売
レビュー平均4.51点/97
¥781(税込)
Wイイかも

「生産性の上昇で成長維持」という、マクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。日本最大の問題は「二千年に一度の人口の波」だ。「景気さえ良くなれば大丈夫」という妄想が日本をダメにした。これが新常識、日本経済の真実。

断る力

勝間和代
文藝春秋
2009年02月発売
レビュー平均4.24点/85
¥972(税込)
Wイイかも

この本では、「断ること」をしないことが、いかに私たちの生産性向上を阻害し、成長を阻害し、ストレスをためるかということを説明していきます。そして、どうやったら「断る力」を身につけることができるのか、その訓練方法を含めて具体的に説明をしていきます。

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?

細野真宏
扶桑社
2009年03月発売
レビュー平均4.34点/77
¥756(税込)
Wイイかも

いま1番知りたい2大テーマ「サブプライムローン問題」「年金問題」が、知識ゼロでもこれ一冊だけで本当に分かる。

若者はなぜ3年で辞めるのか?

城繁幸
光文社
2006年09月20日発売
レビュー平均4.49点/73
¥756(税込)
Wイイかも

「3年で3割辞める」新卒離職率、「心の病」を抱える30代社員の急増、ニート、フリーター問題…。ベストセラー『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』の著者が、若者の視点で、いまの若者をとりまく問題の核心に迫る。

あらゆる領収書は経費で落とせる

大村大次郎
中央公論新社
2011年09月発売
レビュー平均3.81点/67
¥799(税込)
Wイイかも

メモ一枚、「上様」、レジャー費用でもOK?経理部でさえ誤解する領収書のカラクリを、元国税調査官が解き明かし、超実践的知識を伝授する。経費の仕組みがわかると、会計もわかる。

2022-これから10年、活躍できる人の条件

神田昌典
PHP研究所
2012年02月発売
レビュー平均4.18点/49
¥907(税込)
Wイイかも

「あと10数年で、会社はなくなる」「日本はさらに落ち込む」…本書で語られる衝撃的な予言の数々。しかし、なぜ、「日本人の未来は明るい」と言い切れるのか?あの経営コンサルタントの「未来を拓く」最強ツール。著者が身を削って書き上げた、渾身のキャリア論。

税務署員だけのヒミツの節税術

大村大次郎
中央公論新社
2012年12月発売
レビュー平均3.89点/44
¥799(税込)
Wイイかも

会社員も自営業も確定申告を知らなすぎる!この裏ワザで誰もが税金を取り戻せます。節税テクから、医療費・住宅ローン以外の知られざる控除まで、元国税調査官が一挙公開。話題騒然のベストセラー『あらゆる領収書は経費で落とせる』の続編。

嘘だらけの日中近現代史

倉山満
扶桑社
2013年06月発売
レビュー平均4.67点/43
¥820(税込)
Wイイかも

日本の中国研究者が書けないタブーを書く!嘘にまみれた中国の正体を明かしましょう。

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト

酒井穣
光文社
2010年01月発売
レビュー平均3.97点/39
¥799(税込)
Wイイかも

ベストセラー『はじめての課長の教科書』の著者が、注目企業での実務経験に基づいて、人材育成プログラムの論理的な背景と、プログラム導入の実践上のポイントを概説。IT系ベンチャー企業のフリービット株式会社で、著者が実践し、注目を集める育成プログラムを初公開。

人事部は見ている。

楠木新
日本経済新聞出版社
2011年06月発売
レビュー平均3.0点/39
¥918(税込)
Wイイかも

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのかー。一般社員がなかなか知ることのできない「会社人事のメカニズム」「人事部の本当の仕事」などを、大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と人事担当者への取材をもとに包み隠さず書き尽くす。

財務3表一体分析法

國貞克則
朝日新聞出版
2009年05月発売
レビュー平均4.26点/38
¥842(税込)
Wイイかも

決算書から大切な数字だけを抜き出して「一体分析」オリジナル図を作成。会社の経営状況が簡単に分かる!会計の仕組みが「理解」できたら次は「分析」。細部に立ち入った勉強は今回も一切不要。この手法なら全体像をイメージで把握できる。ベストセラー『財務3表一体理解法』の著者が満を持して贈る新・会計勉強法第2弾。

日本辺境論

内田樹
新潮社
2009年11月発売
レビュー平均4.22点/36
¥799(税込)
Wイイかも

日本人とは辺境人であるー「日本人とは何ものか」という大きな問いに、著者は正面から答える。常にどこかに「世界の中心」を必要とする辺境の民、それが日本人なのだ、と。日露戦争から太平洋戦争までは、辺境人が自らの特性を忘れた特異な時期だった。丸山眞男、澤庵、武士道から水戸黄門、養老孟司、マンガまで、多様なテーマを自在に扱いつつ日本を論じる。読み出したら止らない、日本論の金字塔、ここに誕生。

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2008年06月発売
レビュー平均4.39点/36
¥1728(税込) 送料無料
Wイイかも

「私が、何をどのように考えているのか、読者のみなさんが何を身につければ、同じことができるのか、再現性のある方法として、この本にまとめてみました。」勝間和代の発想と仕事の質と量と速さの秘密。厳選21のフレームワークのカラーチャート&50のお薦め本+URL付き。

勝ち続ける意志力

梅原大吾
小学館
2012年04月発売
レビュー平均4.14点/35
¥799(税込)
Wイイかも

17歳にして世界一になった。2010年8月、「最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス・ワールドレコードに認定された。職業、プロ格闘ゲーマーー。これから僕は、「世界一になって」、そして「世界一であり続けることによってしか見えなかったこと」について話をしたいと思う。それは「勝つために必要なことは何か?」「なぜ多くの人は勝ち続けることができないのか?」という話だ。いわば「世界一になり、世界一であり続けるための仕事術」とも言えるかと思う。その技術は、ゲームの世界ではもちろんのこと、それ以外の世界でも必ずや、前進のためのお役に立てるだろう。

池上彰のお金の学校

池上彰
朝日新聞出版
2011年10月発売
レビュー平均4.41点/34
¥820(税込)
Wイイかも

そもそも、お金とは何でしょう?金利とは?株とは?保険とは?GDPとは?あなたは説明できますか?わかりやすい解説で定評のある池上彰が、わかっているようでわかっていない、お金のしくみを徹底解説。基礎がわかれば、お金の流れがすんなりわかる。

生命保険のカラクリ

岩瀬大輔
文藝春秋
2009年10月20日発売
レビュー平均4.23点/31
¥842(税込)
Wイイかも

日本の約九割の世帯が加入しながらわかりにくい生保。保険業法の改正により、外資の波も押し寄せている。生保のしくみを知って、新時代の保険との付き合い方を身につけよう。

ビジネスマンのための「数字力」養成講座

小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2008年03月発売
レビュー平均4.06点/31
¥1080(税込)
Wイイかも

発売以来、ベストセラーとなった『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』に次ぐ本書は、まさに経営コンサルタントとして多くの企業の経営上の問題解決にあたる傍ら、テレビ等でも活躍の著者の真骨頂。GDPから自分の会社の売上げ、野立て看板の数まで、数字の表すものやさまざまな数字との関連を読み解いていくさまは、推理小説よりおもしろい!といっても、本書は、それを読んで楽しみ、単に知的に遊ぶためのものではない。数字を読むための7つの基本、5つの習慣、そして、陥りがちな罠と、豊富な実践例とともにお届けする本書は、読者が数字を自在に扱い、ビジネスに必須の把握力、発想力、推定力、目標達成力を身につけていくための、あくまでも実践の書なのである。

里山資本主義

藻谷浩介/日本放送協会
角川書店
2013年07月発売
レビュー平均4.47点/30
¥843(税込)
Wイイかも

課題先進国を救うモデル。その最先端は“里山"にあった!!危機を超え未来を生む、すり潰されない生き方を提言!!

甘い物は脳に悪い

笠井奈津子
幻冬舎
2011年09月発売
レビュー平均4.11点/28
¥799(税込)
Wイイかも

成功している経営者は、気分転換に甘い物を食べたりはしない。仕事の効率が下がることを知っているからだ。一方、仕事ができない人にかぎって、身体によかれと思って市販の野菜ジュースを毎日飲んだり、低カロリー食品を選んだり、頻繁にコーヒーを飲んだり、サプリメントをとったりしてますます太り、仕事も伸び悩む。本書は食事によって「仕事がはかどる」「集中力が高まる」「疲れにくい」「痩せやすい」などの身体のメカニズムを解説。食事が仕事に与える影響の大きさを知れば、食生活は劇的に変わる。

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

神岡真司
フォレスト出版
2012年07月発売
レビュー平均3.32点/28
¥972(税込)
Wイイかも

人の心がわかれば人生を思い通りにデザインできる。相手を動かし、誘導するワザ101選。

弱い日本の強い円

佐々木融
日本経済新聞出版社
2011年10月発売
レビュー平均4.22点/27
¥918(税込)
Wイイかも

為替相場は国力を反映する。日本の財政赤字拡大で円は売られる。人口が減る国の通貨を買う理由などないーもっともらしい解説にだまされてはいけない。大震災直後に円高が進んだのはなぜ?大規模介入も効果がなかったのはどうして?第一線の人気アナリストがわかりやすく説く相場変動の本当の理由。

伝える力(2)

池上彰
PHP研究所
2011年01月発売
レビュー平均4.37点/27
¥864(税込)
Wイイかも

超ベストセラー『伝える力』の続編がついに登場!前作のわかりやすさはそのままに、著者がテレビや報道の現場で学んできた「もっと伝わる」話し方、書き方、聞き方を伝授する。「東日本大震災と伝える力」「総理の演説力」から、「怪しい敬語」「教科書がわかりにくい理由」、そして「池上さんの意外な過去」まで様々なトピックスを収録。もちろん、具体的なノウハウも満載の一冊。

知らないと恥をかく世界の大問題(2)

池上彰
角川マガジンズ
2011年03月発売
レビュー平均4.46点/26
¥842(税込)
Wイイかも

世界の風景は「協調」から「ナショナリズム」へー。2011年、アフリカのチュニジアで起きた政変はアラブ世界の「ベルリンの壁崩壊」になった。そして、2012年、世界の大国・問題国のリーダーが総入れ替えとなる可能性もあるー。世界が大きく変わろうとしているなか、相変わらずもたついている日本はどうなる?どうする?最新のニュースをわかりやすく読み解く、大ヒット新書『知らないと恥をかく世界の大問題』に続く待望の第2弾。世界のニュースが2時間でわかる!手軽さとわかりやすさが魅力の池上解説の決定版。

TPP亡国論

中野剛志
集英社
2011年03月発売
レビュー平均4.46点/26
¥820(税込)
Wイイかも

TPP(環太平洋経済連携協定)参加の方針を突如打ち出し、「平成の開国を!」と喧伝した民主党政権。そして賛成一色に染まったマス・メディア。しかし、TPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。自由貿易で輸出が増えるどころか、デフレの深刻化を招き、雇用の悪化など日本経済の根幹を揺るがしかねない危険性のほうが大きいのだ。いち早くTPP反対論を展開してきた経済思想家がロジカルに国益を考え、真に戦略的な経済外交を提唱する。

ファシリテーション入門

堀公俊
日本経済新聞出版社
2004年07月発売
レビュー平均4.04点/26
¥896(税込)
Wイイかも

組織のパワーを引き出し、すぐれた問題解決に導く技術がファシリテーションです。(1)成果に至る時間を短縮する、(2)チームの相乗効果を生む、(3)メンバーの自律性を育む、といった効果が得られます。会議運営、プロジェクト推進、組織変革、合意形成、教育学習など、幅広い領域で活用できます。本書では、会議運営とプロジェクト推進に焦点を当てて、「場のデザイン」「対人関係」「議論の構造化」「合意形成」の4つの基本スキルを解説します。

見通す力

池上彰
NHK出版
2009年10月発売
レビュー平均4.19点/26
¥799(税込)
Wイイかも

「これから」をより正確に見通すためには、情報を集めるだけではダメ。ジャーナリストとしての経験をもとに、新聞、雑誌、テレビ、書籍、インターネットなどのメディアから価値ある情報をつかみ、今後を予測していく手法を初公開する。不安に満ちた時代でも、「これから」を読むことができれば仕事や人生もよい方向に変えられる。

@スポンサー