花の慟哭

夜光花
竹書房
2009年10月発売
レビュー平均4.62点/13
¥637(税込)
Wイイかも

「君のいない人生がどれだけつらいか、頭がおかしくなりそうなこの気持ちが、君にはわかる?」特異体質のせいで、幼い頃から研究所で隔離されて育ってきた巴は、その研究所を破壊しにやってきた「組織」の須王に助け出される。しかし、巴の存在は、その組織内でも混乱を招くものだった。組織の者に陥れられ、須王と引き裂かれた巴は、ある医者に再び監禁されてしまう。巴を救えなかった事を激しく後悔する須王と、須王のもとに戻りたいと願う巴。強く惹き合う二人の運命は、嵐のように膨れ上がりー…。

凍る月(七色の攻防)

夜光花
竹書房
2011年02月発売
レビュー平均3.62点/13
¥637(税込)
Wイイかも

新宿退屈男(愛欲の交叉)

愁堂れな
竹書房
2009年12月05日発売
レビュー平均4.46点/13
¥637(税込)
Wイイかも

「信じてる。生きて、俺たちが迎えに来るのをずっと待ってるって…」。主人公・竜野友紀は、天職だと思っていた刑事を辞め、新宿の便利屋・早乙女の事務所で働いている。潜入捜査中にマフィアによって香港へ拉致されてしまった兄を救うため、協力してもいいという早乙女に、交換条件で身体まで差し出しているのだ。巨大な闇社会から兄を救出するチャンスを窺って、香港へ乗り込む友紀と早乙女だが…!!マフィアのボスに愛玩具として囚われている兄と、健気に兄を想う弟は無事再会できるのか。早乙女事務所VS香港マフィア!ついに決着か。

シャッフル

いおかいつき
竹書房
2009年04月01日発売
レビュー平均4.27点/11
¥637(税込)
Wイイかも

警視庁に勤める検挙率No.1刑事、河東一馬と、科学技術捜査研究所のクールで優秀な研究者、神宮聡志。ふたりがつき合いはじめて、約一年が経とうとしているが、お互いの間にある『問題』は未だ解決していなかった。ふたりとも相手を「抱きたい」と思っているのだ。いくら好きでも男のプライドは犠牲にできない!そんな「甘い」とは、ほど遠いふたりの関係は、ある殺人事件の犯人に神宮の名前が上がり一変する。神宮は姿を消してしまい、事件を捜査中の一馬は、謎の男に捕われ、妖しい罠に嵌められてしまう…。事件はいっそう深まり、混迷を極めるが…。

龍を飼う男

ふゆの仁子
竹書房
2005年10月発売
レビュー平均4.82点/11
¥616(税込)
Wイイかも

高柳は今、一世一代の決心を胸に香港の超高級マンションの前に立っていた。目的の相手は、大学時代の同級生、ティエン・ライ。香港での仕事をマフィアに邪魔され、失敗しそうな高柳は、最後の手段にティエンに交渉を持ちかけに来たのだ。交渉金のない高柳は、自分自身の身体をティエンに売るから、それでマフィアをなんとかしてほしいと頼む。必死な高柳に、香港でも有名なマフィアの血を引くティエンは、妖しい取り引きを持ちかけてきた。「お前の身体だけで報酬が足りない場合は、俺に一生飼われる覚悟はあるか」危険な魅力を放つティエンの目の中に茫然と頷く自分の姿を高柳は見た…。

新宿退屈男(色欲の楽園)

愁堂れな
竹書房
2011年06月発売
レビュー平均4.0点/10
¥637(税込)
Wイイかも

新宿にある『便利屋の早乙女』。お金持ちでまったくやる気のない所長・早乙女に、所員の友紀はぶち切れ寸前の毎日を送っている。そんなある日、早乙女の幼なじみで、世話係の美人が行方不明になってしまう。眉目秀麗、常に冷静沈着な美人が、黙っていなくなるなんて、何かの事件に巻き込まれたのかもしれない。今まで見たことのない早乙女の真剣な表情に、友紀は戸惑いを感じていた。もしかすると早乙女は美人のことが…?モヤモヤする複雑な友紀の想いを乗せたまま、『早乙女事務所ご一行』の飛行機は、美人の行方を追っていざ南国島へ!灼熱のラブ&ミステリー。

凍る月(瑠璃色の夜明け)

夜光花
竹書房
2011年06月発売
レビュー平均4.4点/10
¥637(税込)
Wイイかも

生まれつき特異体質の鳳光陽は、同じ境遇の梁井轟と契約を交わしている。そうした契約相手がいないと死んでしまう体質の者たちは、互いに支え合い、ひっそりと生きてた。しかしある時、その存在が人間にばれ、仲間たちが次々と捕らえられてしまう。契約相手と引き離されれば、片割れを死なせてしまうかもしれないー。愛情以上の固い絆で結ばれた相手を守るため、仲間たちと共に梁井もまた、戦いの前線に向かおうとするのだが…。梁井に降りかかる危機、光陽の決意、悲しい運命を巡る恋人たちの信愛長編いよいよ完結。

跪いて、永遠の愛を誓う。

夜光花
竹書房
2006年08月発売
レビュー平均4.0点/9
¥616(税込)
Wイイかも

日常はつまらないことばかりで、何もかもが億劫だ…。橘グループの御曹司、雄太はその恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び回っていた。そんな雄太を連れ戻しに来るのが父の秘書、古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。2人は従兄弟だが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、ついに最悪な事件を起こしてしまう…。追い詰められた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。衝突する激情と異常なまでの執着心。愛と下剋上の物語。

トゥルース

いおかいつき
竹書房
2006年12月発売
レビュー平均4.67点/9
¥616(税込)
Wイイかも

「俺がいつもお前を狙ってる事を忘れるなよ!」警視庁の検挙率No.1刑事河東一馬と、科学技術捜査研究所のクールビューティー神宮聡志、二人が付き合い始めて2ヵ月。その仲はとても恋人と呼べるものには進展していなかった。二人共、相手を「抱きたい」と思っているのだ。会えばいつもケンカになる、そんな攻防を繰り返していたある日、一馬にSP(ボディーガード)の仕事が回ってきた。美しいフランスのVIPが一馬を気に入ったという。一馬がVIPに振り回されているのを知った神宮は、自らもその危険な捜査に加わってきて…。男のプライドを賭けたラブバトル再び。

フェイク

いおかいつき
竹書房
2010年12月発売
レビュー平均4.56点/9
¥637(税込)
Wイイかも

「今の俺の気持ち、あいつには絶対言うなよ」。警視庁に勤める検挙率No.1刑事・河東一馬と、科学技術捜査研究所のクールビューティー・神宮聡志。秘密でつき合い始めたふたりの間には、一年半が経った現在でも、未だ解決していない問題があった。それは、どっちが相手に『抱かれるか』ということだ。いくら惚れた相手でも、男のプライドは捨てられない!そんな平行線をたどるふたりの想いは、ひとりの男の出現によって変化をみせる。ある事件の捜査協力を申し出てきたその男は、容姿端麗でエリートで、それでいて荒っぽい一馬とも気の合う男らしさもある。非の打ち所のないその男の正体は、なんと神宮の元恋人で…!!嫉妬するのは果たして誰?至上最悪の三角関係か。

リロード

いおかいつき
竹書房
2006年06月発売
レビュー平均4.12点/8
¥616(税込)
Wイイかも

お前を抱くのは俺だー。警視庁に勤める検挙率No.1刑事、河東一馬と、科学技術捜査研究所のクールで優秀な研究者、神宮聡志。ふたりは反りが合わず、会えば度々ぶつかっていた。しかし、ある事件をきっかけにその関係は変化する…。事件がもとで、ふたりは身体の関係を結ぶ事になってしまったのだー…。女好きで極ノーマルな一馬と、男が好きだが攻めの聡。またしてもここで激しい衝突をすることに。ワイルドな行動派刑事と白衣のエリート研究者、果たして主導権を賭けた駆け引きに勝利するのはどっち!?男のプライドがぶつかり合う、ラブアクシデント。

グラフィティ

いおかいつき
竹書房
2011年12月発売
レビュー平均5.0点/8
¥637(税込)
Wイイかも

「俺が嫉妬なんかするわけねえだろ!!」。科捜研に勤める神宮聡志と、警視庁の検挙率No.1刑事・河東一馬。ふたりの間には、つき合い始めて約2年が経つ今でも、末でに解決していない問題があった。それはどちらが『抱かれる側』になるかということ。いくら好きでも男のプライドは譲れない!!そんな攻防戦を繰り返していたある日、ふたりをモデルにした刑事ドラマの話が持ち上がり、トラブルが発生する。雰囲気が似ているお互いの役のイケメン俳優を警戒するあまり、事態は思わぬ方向へ…!!4人のラブスパイラル。

龍の覇道(上巻)

ふゆの仁子
竹書房
2010年10月発売
レビュー平均3.75点/8
¥637(税込)
Wイイかも

世界屈指の優良企業、ウェルネスマート。その香港支社に勤める高柳は、香港一号店のオープニングセレモニーで事件に巻き込まれる。原因は、香港の闇社会を治める『龍』であるティエン・ライ。ティエンは高柳の身体と引き換えにウェルネスに協力していたが、いつしか高柳の「心」を手に入れたいと思うようになり、闇社会から消えようとしていた。「高柳と同じ世界で向き合いたい」。そんなティエンの真摯な決心とは裏腹に、次の『龍』の座を巡って、深い闇が動き出している。その闇は美しい『麗人』に形を変え、高柳に近づき…。

新宿退屈男(快楽の祭典)

愁堂れな
竹書房
2008年05月発売
レビュー平均4.0点/7
¥616(税込)
Wイイかも

「必ず救い出すから、待っていてくれ…」元刑事の竜野友紀は、潜入捜査中に姿を消した兄を捜すため、新宿の便利屋、早乙女のもとで働いている。刑事時代、兄の捜査協力と引きかえに、早乙女に身体を要求されてから、そのまま肉体関係は続いているが、いまだ兄の確実な情報はつかめていなかった。そんな時、友紀はTVで見た北京の映像の中に、マフィアのボスに連れられた兄らしき人物を発見する。すぐに北京へ向かう友紀と早乙女だが…。便利屋の早乙女事務所VS大陸マフィア!国境を越えたラブバトルが始まる。

黒い愛情

秀香穂里
竹書房
2007年03月31日発売
レビュー平均4.29点/7
¥616(税込)
Wイイかも

「性欲に振り回されるなんて有り得ない」精神科医という職業に就いていながら、伏見智紀は「性欲」が認められずにいた。しかし、そんな後ろめたい感情を同僚の加藤に見抜かれてしまう。同じ医者の中でも特に優秀な加藤は、その鋭さと巧みな話術で伏見を追い込んでゆく。「あなたのような、性的な深みにはまるのを嫌う、気高い人をそれ以上の欲望で、ねじ伏せたいと思う人間もいるんですよ」弱みを握られ従う一方で、加藤の見せる強い支配欲に、抗えなくなってゆく伏見は…。

龍の覇道(下巻)

ふゆの仁子
竹書房
2010年10月発売
レビュー平均3.71点/7
¥637(税込)
Wイイかも

ウェルネスマートが、香港にオープンして一か月。大盛況をみせ、順調に進んでいるプロジェクトの水面下では、香港マフィアによる、妖しく危険な罠が張り巡らされ、闇社会のトップである『龍』こと、ティエン・ライが撃ち落とされようとしていた。その「餌」に使われたのは、ウェルネス香港支社の総責任者であり、ティエンの恋人でもある高柳智明。「今度は僕が君を、必ず護るよ」。罠と知りながら、ティエンとの永遠の幸せを手に入れるため、高柳は暗く凶暴な闇に、ひとりで立ち向かおうとしていた…。

龍の後継者

ふゆの仁子
竹書房
2006年10月発売
レビュー平均4.86点/7
¥616(税込)
Wイイかも

世界でも超のつく優良企業ウェルネス社。高柳はそこで大手スーパーの香港出店を任されている。立ち上げ当初はマフィアに邪魔され困難をきたしていたが、高柳の大学の同期であり香港最大のマフィアのトップ、ティエンに助けられた。その時に交わした「代償は肉体関係」の条件のせいでティエンとは恋人同士だが、香港を治める「龍」であるティエンの力を利用しようといくつもの影が動き始めている事も、自分がティエンの弱点である事も高柳は気づいていなかった。ティエンの忠告もむなしく、巧みに近づいてきた相手に高柳は翻弄され…。香港VS上海、その中にただひとり置かれた日本人高柳の運命の龍が動き出すー。

新宿退屈男(欲望の法則)

愁堂れな
竹書房
2008年02月発売
レビュー平均3.33点/6
¥616(税込)
Wイイかも

眠らない街の闇に紛れて、大好きだった人はいなくなった…。新宿東署に勤務する刑事、竜野友紀は、事件の犯人を逃がしたという、“便利屋"の事務所を訪れていた。「逃がした覚えはあるが、その後は知らない」。便利屋の答えに、友紀は激しいショックを隠しきれなかった。友紀には、どうしても犯人を捜し出したい別の理由があったのだ。そんな友紀に、緋襦袢を羽織った奇妙な便利屋、早乙女は、犯人捜しの協力を申し出てくる。しかし、「報酬は刑事さんの『肉体奉仕』…」。妖しい条件を突きつけられたが、どうしても諦められない友紀は、屈辱に耐えて…。

花の残像

夜光花
竹書房
2009年06月01日発売
レビュー平均4.5点/6
¥637(税込)
Wイイかも

生まれつき特異体質である巴は、離れ小島の研究所で、隔離されて育ってきた。身体を調べられ、毎日怯えながら生活しているのだ。しかしある日、その研究所が破壊され、侵入して来た男、須王と出会う。優雅で柔らかな物腰でいて、荒々しい獣のように周りを攻撃する須王に、巴は有無を言わさず連れ去られてしまう。巴が魅了されるほど甘く、それでいて危険な香りのする須王の目的とは…?貴重な「餌」を巡り、獣達のゲームが始まる。

蜜約はスーツを脱いで

ふゆの仁子
竹書房
2006年06月発売
レビュー平均4.2点/5
¥616(税込)
Wイイかも

ふたりの出会った思い出の地、ラスベガス。遊佐はそこで恋人のヨシュアと共に甘い蜜月を過ごしていた。半年前、遊佐とヨシュアは、カジノでお互いの人生を賭けた勝負をした。勝負に負けた遊佐は、ヨシュアの会社に採用され、その心も長い時間をかけて口説きおとされたのだ。しかし、再び訪れたカジノで、金髪の美しい男に新たな賭けを持ち掛けられてから、遊佐の運命は変わり始める…。「お金ではなく、お互いの最も大切なモノを賭けないか?」男との駆け引きは、ただのカジノゲームではなかった。愛するヨシュアと、ふたりの大切な会社ウェルネスを守るため、遊佐は男と密約を結ぶー。

鳳凰の天翔

ふゆの仁子
竹書房
2009年10月07日発売
レビュー平均4.6点/5
¥637(税込)
Wイイかも

『人形のようでいて、人間で。女性のようでいて、男性で。光のようでいて、陰で…』。アジアを始め、世界でも高名な美貌の風水師・劉は、建築家・遠藤翔太の将来をたった一言で大きく変えてしまった。劉の口から出た「ノー」の一言で、人生を賭けた一大プロジェクトが潰されたのだ。以来、劉を恨むように経験を積んだ遠藤は、必死に伝を探し、劉との再会を果たすが、その時の劉は、ある男に囚われの身となっていた。劉を取り巻く危険な計画に巻き込まれた遠藤は、妖しい色香を纏う風水師とふたり、男の屋敷に監禁され…。

駆け引きはベッドの上で

ふゆの仁子
竹書房
2005年06月発売
レビュー平均5.0点/5
¥616(税込)
Wイイかも

「この賭けに君が負ければ、君の人生は私がもらう」「それでも逃げるのは性に合わない」仕事、恋愛。遊佐の人生はまさに順風満帆のはずだった。社運をかけた大きな契約が破談になるまでは…。理不尽なリストラをされ、その退職金で憂さ晴らしをする為に遊佐はラスベガスのカジノを訪れていた。そこでヨシュアと名乗る美形の日系人と勝負することになる。自棄になっていた遊佐は勝負に負け、約束通りヨシュアに身体も、これからの人生も握られることになるのだが、ヨシュアは遊佐をベッドに押し倒しながら、更なる賭けを持ちかけてきた。今度こそ、勝負に負ければ一生囚われの身…。遊佐はその勝負を受けて立った。

獅子の黒炎

ふゆの仁子
竹書房
2007年10月02日発売
レビュー平均4.25点/4
¥616(税込)
Wイイかも

「眠れる獅子を起こすのが、あなたの仕事です」世界屈指の優良企業、ウェルネスマート。その法務部に所属する弁護士の梶谷英令は、契約問題で上海出張を命じられる。しかし、上海の表と裏社会、両方の頂点に立つレオン・リーという若い男は、ウェルネスの上海出店になどまったく興味を持っていなかった。「でも、傲慢でプライドが高そうなあんたには興味がある」。レオンは、ウェルネスと契約をする代わりに梶谷に屈辱的な要求をしてくる。レオンに抱かれることと、決して裏切らないという覚悟の証に、その身体に刺青を入れること-。仕事の領域を大きく超えるレオンの要求だが、会社に逆らえない弱みがある梶谷は、苦渋をのみ…。

ジャイブ

いおかいつき
竹書房
2012年06月発売
レビュー平均4.5点/4
¥637(税込)
Wイイかも

「俺に隠し事とは上等だ!」。敏腕刑事の河東一馬と、科捜研の新鋭・神宮聡志。2年前から付き合い始めたふたりの間には、いつも繰り広げられる攻防戦がある。それは、どちらも『抱かれる側』にはなりたくないということ。でも、好きな相手とは抱き合いたい…。そんな葛藤を繰り返すふたりに危機が訪れる。本庁捜査一課で『変わり者』と呼ばれる謎の男前とコンビを組むことになった一馬は、人一倍、嫉妬深い神宮が、独占欲を剥き出しにして、男を牽制するだろうと予想していたのだが。いつになく無反応な神宮は、どうやら一馬に隠し事があるようで…。

獅子の爪牙

ふゆの仁子
竹書房
2009年06月01日発売
レビュー平均3.5点/4
¥637(税込)
Wイイかも

「この爪と牙は、お前を守るため、そして弄ぶためにある…」。世界屈指の優良企業、ウェルネスマート。その法務部である弁護士の梶谷は、上海進出を成し遂げるため、マフィアのレオンと交渉をする。その結果、プライドの高い梶谷が、レオンに抱かれ、身体に刺青を入れられて、ようやく進出の許可を得た。しかし、その後もレオンとの関係は切れず、次第にレオンを受け入れてゆく自分自身を、梶谷は持て余すようになっていた。そんな時、突然、レオンが姿を消してしまう。梶谷をさんざん翻弄し、深い爪痕を残したまま…。レオンの行方を捜す梶谷にも黒い影が忍び寄り…。

落園の鎖

沙野風結子
竹書房
2011年08月発売
レビュー平均5.0点/4
¥637(税込)
Wイイかも

警視庁公安部の美しい狂犬・靫真通と、指定暴力団の野獣・峯上周。峯上は、靫の身体をエサに情報を運ぶ、靫の「協力者」だ。靫は曲者の峯上を飼いならそうとするが、峯上は逆に靫を屈服させようとする。精神の深部まで喰らうような野獣の凌辱。靫にとっては、耐えられない脅威だ。しかし、テロ事件の解決とともに「協力者」との関係は終わったーはずだった。峯上と再会するまでは。「あなたは俺を必要としている」。新たな事件の下、再びふたりは接触を持つ。野獣の破壊的快楽に、狂犬は服従させられるのか!?-。

凍る月(紅(あか)の契り)

夜光花
竹書房
2007年12月発売
レビュー平均5.0点/4
¥616(税込)
Wイイかも

幼なじみの亨が失踪して数カ月…。鳳光陽は、気がかりな思いを隠しきれずにいた。そんな風に亨を心配する光陽を、同居している梁井は面白く思っていない。梁井と光陽は、ある「契約」を結んでいた。その「契約」は、光陽が死なないために必要で、光陽が梁井に身体を与えることで成り立っている。感情が追いつかないまま身体を重ねることに、戸惑い、ただ翻弄される光陽に反して、梁井は執拗な独占欲を芽生えさせていた。しかし、失踪している亨もまた、光陽と「契約」するために動き出していて…。一人を巡りぶつかり合う『同種』達のワイルドラブ。

咲き誇る薔薇の宿命

犬飼のの
竹書房
2013年06月発売
レビュー平均5.0点/3
¥637(税込)
Wイイかも

赤い瞳、年を取らない身体ー。半分人間ではない者の世界で、「下級」である香具山紲と、「貴族」のルイは、身分違いの禁断の愛を貫くため、支配者である女王に背き、その罰を受けてしまう。ルイは憎んでいる女王のもとに監禁され、紲はルイが解放されるのを待っている。どんな形で引き裂かれても、20年間罪を償えば、幸福な生活と愛を取り戻せるーはずだった。しかし、19年足らずで、突然、姿を現したルイは、憎んでいるはずの女王のもとで結婚式を挙げると言って、紲を連れ出し…!!無慈悲な運命に翻弄される二人の愛の結末は?

慈愛の翼

犬飼のの
竹書房
2014年02月発売
レビュー平均5.0点/3
¥637(税込)
Wイイかも

『天使を見つけたら即、城へ献上せよ』。美しい幻の種族として伝えられるバーディアンの生き残り・ユーリは、森の湖で貴族悪魔の豹・蒼真と出くわす。狩る者と狩られる者、絶対絶命の状況でユーリはケガを負ってしまうが、そんなユーリを蒼真は狩らずに助ける。「天使を食う趣味はないんでね」。悪魔の掟に背き、傷が癒える間だけ、誰にも秘密で山小屋にかくまわれたユーリだが、ときおり現れる蒼真の『狩人』の瞳に追い詰められー。深い森の中、出会ってはいけない者同士が惹かれ合い、そこから禁断の運命が動き出す。

焦れ舞う薔薇の宿命

犬飼のの
竹書房
2013年02月発売
レビュー平均5.0点/2
¥637(税込)
Wイイかも

赤い瞳、年を取らない身体ー。半分人間ではない者の世界で、「下級」である香具山紲と、「貴族」のルイは、身分違いの禁断の関係を貫くため、支配者である女王に背き、逃亡を続けている。しかし紲は、女王から送り込まれて来るかつての仲間たちと戦い、傷つけ合うルイの姿を次第に見たくないと思うようになっていた。「罪もない他者を傷つけるくらいなら、このままふたりで消えてしまったほうがいいのかもしれないー」。そんな紲の葛藤を見透かしたように、女王は紲の親友、蒼真を差し向けてきて…。残酷な選択を前に、一途な愛は引き裂かされるのか。

@スポンサー