バロック名曲集〜パッヘルベルのカノン

リチャード・カップ/ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団/アルビノーニ/リチャード・カップ/ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1995年10月21日発売
レビュー平均4.5点/4
¥953(税込)
Wイイかも

最高の音で楽しむために!

Best Dandyism(CD+DVD)

古澤巌/東儀秀樹/チャイコフスキー/古澤巌
(株)ハッツアンリミテッド
2010年08月04日発売
レビュー平均5.0点/4
¥2572(税込) 送料無料
Wイイかも

古澤巌のHATSレーベル初となるベスト盤。移籍後リリースした3枚のオリジナル・アルバムと、自身が参加したコンピレーション・アルバムなどから厳選し、それに未発表3曲を追加収録している。ライヴDVD付きの2枚組。最高の音で楽しむために!往年の名曲をスーパープライスで!

中世ルネサンス音楽への招待状

パウル・ファン・ネーヴェル/ウェルガス・アンサンブル/ソラージュ/パウル・ファン・ネーヴェル/ウェルガス・アンサンブル
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1993年11月21日発売
レビュー平均4.75点/4
¥942(税込)
Wイイかも

ヴィヴァルテ・レーベルの中世・ルネサンス音楽の専門楽団ウエルガス・アンサンブルが、今までに発売したアルバムの中からピックアップしたコンピレーション・アルバム。宗教曲の声楽曲が中心だが、思いの外変化に富んでいることに気づくだろう。好盤。最高の音で楽しむために!

【輸入盤】『バッハ・コンチェルト・アダージョ』 ガヴリーロフ、ツィンマーマン、他

バッハ(1685-1750)
Warner Inspration
2013年05月20日発売
レビュー平均5.0点/1
¥864(税込)
Wイイかも

バッハ・コンチェルト・アダージョ 【収録情報】 J.S.バッハ: ・ピアノ協奏曲 BWV.1056より第2楽章:ラルゴ ・ピアノ協奏曲 BWV.1052より第2楽章:アダージョ ・ピアノ協奏曲 BWV.1053より第2楽章:シチリアーノ ・ピアノ協奏曲 BWV.1055より第2楽章:ラルゲット ・ピアノ協奏曲 BWV.1054より第2楽章:アダージョ・エ・ピアノ・センプレ ・ピアノ協奏曲 BWV.1057より第2楽章:アンダンテ ・ピアノ協奏曲 BWV.1058より第2楽章:アンダンテ  アンドレイ・ガヴリーロフ(ピアノ)  ジョン・コンスタブル(チェンバロ)  サー・ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団 ・フランス組曲第5番 BWV.816より第1曲:アルマンド ・フランス組曲第5番 BWV.816より第3曲:サラバンド  アンドレイ・ガヴリーロフ(ピアノ) ・ヴァイオリン協奏曲 BWV.1041より第2楽章:アンダンテ ・ヴァイオリン協奏曲 BWV.1042より第2楽章:アダージョ ・ヴァイオリンとオーボエのための二重協奏曲 BWV.1060より第2楽章:アダージョ  フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン)  二ール・ブラック(オーボエ)  ジェフリー・テイト指揮、イギリス室内管弦楽団 Powered by HMV

【輸入盤】フーベルマン音楽祭1982〜ヴィヴァルディ:四季、モーツァルト:協奏交響曲、他 パールマン、スターン、ズッカーマン、ミンツ、ギト

クラシカル・オムニバス
Eloquence Australia
2015年12月18日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1788(税込) 送料無料
Wイイかも

フーベルマン音楽祭1982ライヴ(2CD) 錚々たるヴァイオリニストたちが集結した『四季』 スターン、ズッカーマン、ミンツ、パールマンという当時最高の錚々たるヴァイオリニストたちが一堂に会し、メータ指揮のイスラエル・フィルハーモニーとともにヴィヴァルディの名曲『四季』などを演奏した画期的といえるコンサート『フーベルマン週間音楽祭』のライヴ録音。4人のヴァイオリニストが各曲を分担。各々の奏者の音色やテクニック、そして音楽性などを聴き比べることで楽しみが倍化するアルバムです。(ユニバーサルIMS) 【収録情報】 1. ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』〜第1番ホ長調『春』 2. ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』〜第2番ト短調『夏』 3. ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』〜第3番へ長調『秋』 4. ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』〜第4番へ短調『冬』 5. J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043 6. ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲ロ短調 Op.3-10, RV.580 7. モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.364  アイザック・スターン(ヴァイオリン:1,5,6)  ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン:2、ヴィオラ:7)  シュロモ・ミンツ(ヴァイオリン:3,5,6)  イツァーク・パールマン(ヴァイオリン:4,7)  イヴリー・ギトリス(ヴァイオリン:6)  イダ・ヘンデル(ヴァイオリン:6)  イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団  ズービン・メータ(指揮)  録音時期:1982年12月13-20日  録音場所:テル・アヴィヴ、フレデリック・R・マン・オーディトリアム  録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ) Powered by HMV

パッヘルペルのカノン〜バロック名曲集

レイモンド・レッパード/イギリス室内管弦楽団/シャルパンティエ/レイモンド・レッパード/イギリス室内管弦楽団
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1996年10月21日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1600(税込) 送料無料
Wイイかも

【輸入盤】イギリス組曲全曲、フランス組曲全曲、フランス風序曲 グールド(4CD)

バッハ(1685-1750)
Sony Classical *cl*
2012年08月28日発売
レビュー平均2.0点/1
¥2185(税込) 送料無料
Wイイかも

グレン・グールド・コレクション第3集(4CD) バッハ:イギリス組曲、フランス組曲 【収録予定曲】 CD1 J.S.バッハ:イギリス組曲(全6曲)(録音:1971年、1973年、1974年、1975年、1976年) ・第1番イ長調 BWV806 ・第2番イ短調 BWV807 ・第3番ト短調 BWV808 CD2 ・第4番ヘ長調 BWV809 ・第5番ホ短調 BWV810 ・第6番ニ短調 BWV811 CD3 J.S.バッハ:フランス組曲(全6曲)(録音:1972年、1973年) ・第1番ニ短調 BWV812 ・第2番ハ短調 BWV813 ・第3番ロ短調 BWV814 ・第4番変ホ長調 BWV815 CD4 ・第5番ト長調 BWV816 ・第6番ホ長調 BWV817 J.S.バッハ:フランス風序曲ロ短調 BWV831(録音:1971年、1973年)  グレン・グールド(ピアノ) Powered by HMV最高の音で楽しむために!

【輸入盤】バード、ギボンズ作品集 グールド

Byrd / Gibbons
Sony Gould Jacket
2008年02月05日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1032(税込)
Wイイかも

グールド/コンプリート・ジャケット・コレクション ・バード:パヴァーヌとガイヤルド第1番 ・ギボンズ:幻想曲 ハ長調 ・ギボンズ:アレマンド (イタリア風グラウンド) ・バード:ヒュー・アシュトンのグラウンド ・バード:パヴァーヌとガイヤルド第6番 ・ギボンズ:ソールズベリー爵のパヴァーヌとガイヤルド ・バード:ヴォランタリー ・ギボンズ:セリンガーのラウンド  グレン・グールド(ピアノ)  録音:  1967,68年 ニューヨーク、コロムビア30番街スタジオ  1971年4月18日 トロント、イートンズ・オーディトリアム Disc1 1 : Byrd: First Pavan And Galliard 2 : Gibbons: Fanasy In C Major 3 : Gibbons: Allemande (Italian Ground) 4 : Byrd: Hughe Ashton's Ground 5 : Byrd: Sixth Pavan And Galliard 6 : Gibbons: 'Lord Of Salsibury' - Pavan And Galliard 7 : Byrd: A Voluntary 8 : Gibbons: Sellinger's Round Powered by HMV

【輸入盤】無伴奏チェロ組曲第1番、第3番、第5番 タムスティ(ヴィオラ)

バッハ(1685-1750)
Naive *cl*
2012年12月12日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2905(税込) 送料無料
Wイイかも

世界的ヴィオラ奏者タムスティ、最新盤! ストラディヴァリウスの音色と共に聴き入る バッハの無伴奏チェロ組曲ヴィオラ版 トリオ・ツィンマーマンのヴィオラ奏者としても知られる名手、アントワーヌ・タムスティが、待望の最新盤をリリース! ミンコフスキ&レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル・グルノーブルの『イタリアのハロルド』(V5266)での見事なヴィオラ・ソロも話題となったばかりのタムスティですが、今回収録したのはJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲。奇数番号のみの抜粋収録ではあるものの、J.S.バッハの作品を手掛けたのは無伴奏パルティータの第2番を収録したデビュー・アルバム(AM111)以来ということで、注目必至の新譜といえましょう!  本アルバムはチェロのための作品をヴィオラで演奏したものですが、ヴィオラはチェロと同じ弦配列を持つために編曲の必要がなく、原曲そのままの調性で演奏がなされています。原曲の雰囲気はそのままに、ヴィオラの魅力の真髄をたっぷりと堪能できるアルバムといえましょう! タムスティの演奏は、舞曲それぞれのリズムが際立つ溌剌としたもの。柔らかな音色の中にスパイスのごとくピリッときいた鮮やかなアクセントが素晴らしく、見通しのよいクリアな発音と爽やかな音運びでシンプルでありながらも奥深いJ.S.バッハの音楽世界を鮮やかに表現しています。  今回の収録にあたり、タムスティは2008年より貸与されている1672年製のストラディヴァリウス「マーラー」を使用! 比較的明るく華やかな音色で、体にすっと沁み込んでくるような素朴な響きが絶品です。タムスティの演奏スタイルとの相性も抜群。ヴィオラのストラディヴァリウスはとりわけ貴重なだけに、その音色だけでも一聴の価値ありといえましょう。  アントワーヌ・タムスティは1979年、パリ生まれ。タベア・ツィンマーマンの愛弟子として研鑽をつみ、2004年のミュンヘン国際音楽コンクールで堂々の1位に輝いたことで一躍注目を集めました。ミンコフスキ、ヤルヴィ、ムーティなど数々の名指揮者たちと共演を重ね、ヴィオラ界屈指の実力派として世界的に活躍しています。近年は名門トリオ・ツィンマーマンのヴィオラ奏者として精力的に活動するほか、ラ・フォル・ジュルネやヴィオラ・スペースなどで来日も果たしており、今後ますますの活躍が期待されるアーティストの一人といえましょう!(キングインターナショナル) 【収録情報】 J.S.バッハ:6つの無伴奏チェロ組曲より ・第1番ト長調 BWV1007 ・第3番ハ長調 BWV1009 ・第5番ハ短調 BWV1011  アントワーヌ・タムスティ(ヴィオラ)  使用楽器:ストラディヴァリウス「マーラー」(1672年、クレモナ)(ハビスロイティンガー・ファンデーションより貸与)/弓:デュブロカ製バロックボウ(2011年、パリ)  録音時期:2012年5月、9月  録音場所:ケルン、ドイチュラントフンク・カンマームジークザール  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV

バロック・リュートの音楽

ミヒャエル・シェファー/デュ・フォー/ミヒャエル・シェファー
(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
1997年11月21日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1447(税込)
Wイイかも

【輸入盤】『トマス・タリスを歌う』 タリス・スコラーズ(2CD)

タリス(1505-1585)
Gimell
2004年06月19日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2671(税込) 送料無料
Wイイかも

タリス・スコラーズが歌うトマス・タリス 英国王室の変遷と共に、プロテスタントとカトリックの間を揺れ動き、激しく移り変わった時代のイギリスで、宮廷音楽家として長くその地位を保つことのできたトマス・タリス。タリスは穏やかで争いを好まない静かな人間だったと推測されており、宗教曲の作曲においても、弟子だったバードと同じく、プロテスタント(英語)、カトリック(ラテン語)の作品を書き分けるだけの分別と冷静さを持っていたといいます。  作曲家タリスのDNAを現代に受け継いでいるのは、タリスの“弟子たち"と名乗るタリス・スコラーズをおいてほかにないということを強烈に印象づけた、90年代の歴史的な名演の数々が、2枚のディスクに凝縮されています。  40声による《Spem in alium(御身よりほかにわれは)》は、8群の5声からなるものです。普段10人前後で活動しているタリス・スコラーズも、この曲だけは41人(第8群のみ6人)のメンバーがクレジットされています。壮麗きわまりない、ポリフォニー芸術の頂点を示すこの作品を、透明なハーモニーで歌いきるタリス・スコラーズの技術と、主宰ピーター・フィリップスの統率力は、何度聴いても驚嘆せざるをません。  ルネサンスの時代からバーンスタインに至るまで多くの作曲家たちの感性を刺激する《エレミアの哀歌》。その代表的な傑作がタリスの曲であることは説明するまでもない。すでに多くの団体による演奏があるが、タリス・スコラーズの演奏上のポリシーはピーター・フィリップス自ら書き表しているように「脱神話」。大げさな抑揚や、情緒を取り去り、明快な響きに徹したこの演奏が、結局は作品そのものの魅力をより大きく引き出しています。  タリスの英語によるアンセム各種は、前述40声のモテット《御身よりほかにわれは》に代表されるきらびやかなポリフォニーのスタイルではなく、ホモフォニーという簡潔で厳格なスタイルで書かれていますが、タリス・スコラーズは、こうした作品に対しても旋律線の扱いに吟味を重ね、タリスの音楽の影にあるデリカシーを見事に浮かび上がらせます。  中でも、「主題」がヴォーン・ウィリアムズの名作《タリスの主題による幻想曲》で用いられて有名になった《大主教パーカーのための詩篇曲》は、美しい聴きものといえるでしょう。日本語曲目表記オビ付き。 【Disc 1】 オックスフォード・メルトン大学チャペルでの録音 Recorded in Merton College Chapel, Oxford(1985&86)  御身よりほかにわれは(40声のモテット) Spem in alium (40-part motet)  聖なる神 Sancte Deus  世の救い主よ Salvator mundi, salva nos I  世の救い主よ Salvator mundi, salva nos II  喜べ、栄光ある神の御母 Gaude gloriosa  われらを憐れみたまえ Miserere nostri  様々な国の言葉で Loquebantur variis linguis  もし汝われを愛さば If ye love me  聴け、声と祈りを Hear the voice and prayer  新たな聖訓を A new commandment  主よ、汝の聖霊を与えたまえ O Lord, give thy holy spirit  清めたまえ、主よ Purge me, O Lord  まことにわれ汝に告げん Verily, verily I say unto you  主よ、思い出すことなかれ Remember not, O Lord God  大主教パーカーのための詩篇曲 Tunes for Archbishop Parker’s Psalter  おお主よ、汝にすべてをゆだねん O Lord, in thee is all my trust  キリストは復活しChrist rising again  汚れなき者に祝福あれ Blessed are those that be undefiled 【Disc 2】 ノーフォーク・サール教会での録音 Recorded in Salle Church, Norfolk (1992&98)  エレミアの哀歌 Lamentations of Jeremiah I  エレミアの哀歌 Lamentations of Jeremiah II  主よ、わが過ちをお清めください Absterge Domine  おお、聖なる宴よO sacrum convivium  あなたの御手に In manus tuas  めでたし、汚れなき乙女よ Salve intemerata  4声のマニフィカト Magnificat for 4 voices  幸あれ、父なる神の娘 Ave, Dei patris filia ピーター・フィリップス Peter Philips (ディレクター) タリス・スコラーズ Tallis Scholars Disc1 1 : Spem in alium 2 : Sancte Deus, sancte fortis 3 : Salvator mundi, salva nos no 1 4 : Salvator mundi, salva nos II 5 : Gaude gloriosa Dei Mater 6 : Miserere nostri 7 : Loquebantur variis linguis 8 : If ye love me 9 : Hear the voice and prayer 10 : A new commandment 11 : O Lord, give thy holy spirit 12 : Purge me, O Lord 13 : Verily, verily I say unto you 14 : Remember not, O Lord God 15 : Psalm Tunes (9) for Mister Parker 16 : O Lord, in thee is all my trust 17 : Songs of Sundrie Natures: Christ rising again "The Easter Anthem" 18 : Blessed are those that be undefiled Disc2 1 : Lamentations of Jeremiah 2 : Lamentations of Jeremiah 3 : Absterge Domine 4 : O sacrum convivium 5 : In manus tuas 6 : Salve intemerata virgo 7 : Magnificat 8 : Ave Dei patris filia Powered by HMV

【輸入盤】ファゴット協奏曲全集 ダニエル・スミス、レッジャー&イギリス室内管、ニニク&ザグレブ・ゾリステン(5CD)

ヴィヴァルディ(1678-1741)
DECCA COLLECTORS
2015年01月09日発売
レビュー平均4.0点/1
¥4173(税込) 送料無料
Wイイかも

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集(5CD) ダニエル・スミス クラシックだけでなくジャズも演奏するファゴット奏者ダニエル・スミス。様々なコンサートやセッションで高い評価を得ており、「ファゴットのランパル」とも評されています。  彼のもっとも重要な録音にこの「ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集」があります。ヴィヴァルディのファゴット協奏曲は、ヴィヴァルディ晩年に集中して書かれており、実際誰のために書かれたのかわかっていないものが多いようです。それはともかく、高速な分散和音を含む超絶技巧を要するこれらの曲は、それぞれにファゴットの表現力を最大限に引き出したものです。(ユニバーサルIMS) 【収録情報】 ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲全集 Disc1 ● RV.467, RV.491, RV.500, RV.499, RV.466, RV.486, RV.474, RV.487 Disc2 ● RV.476, RV.469, RV.494, RV.470, RV.488, RV.472, RV.481, RV.479 Disc3 ● RV.501, RV.477, RV.475, RV.496, RV.490, RV.495, RV.471 Disc4 ● RV.492, RV.489, RV.493, RV.484, RV.504, RV.480, RV.503 Disc5 ● RV.497, RV.485, RV.483, RV.478, RV.498, RV.473, RV.502  ダニエル・スミス(ファゴット)  フィリップ・レッジャー指揮、イギリス室内管弦楽団  トンコ・ニニク指揮、ザグレブ・ゾリステン  録音時期:1985-1990年  録音方式:ステレオ(デジタル)  原盤:ASV Powered by HMV

【輸入盤】作品集第4集ー音楽の花束(3つのオルガン・ミサ曲) ロレッジャン&スコラ・グレゴリアーナ・スクリプトリア

フレスコバルディ(1583-1643)
Brilliant Classics *
2009年05月21日発売
レビュー平均4.0点/1
¥1231(税込)
Wイイかも

フレスコバルディ・エディション第4巻 音楽の花束ー3つのオルガンミサ曲 【収録情報】 フレスコバルディ: ・MESSA DELLA DOMENICA ・MESSA DELLI APOSTOLI ・MESSA DELLA MADONNA  ロベルト・ロレッジャン(オルガン)  スコラ・グレゴリアーナ・スクリプトリア  ニコラ・M・ベッリナッツォ(指揮)  録音:2008年 Disc1 1 : Frescobaldi: Fiori Musicali: MESSA DELLA DOMENICA: Toccata avanti la Messa della Domenica 1:36 2 : Kyrie della Domenica 0:33 3 : Kyrie gregoriano 0:18 4 : Kyrie 0:44 5 : Christe gregoriano 0:21 6 : Christe 0:37 7 : Christe gregoriano 0:21 8 : Kyrie alio modo 0:43 9 : Kyrie gregoriano 0:17 10 : Kyrie alio modo 0:37 11 : Kyrie gregoriano 0:26 12 : Christe alio modo 0:28 13 : Christe alio modo 0:33 14 : Christe alio modo 0:34 15 : Kyrie alio modo 0:36 16 : Kyrie ultimo 0:41 17 : Kyrie alio modo 0:36 18 : Kyrie alio modo 0:30 19 : Canzon dopo l’Epistola 2:20 20 : Recercar dopo il Credo 2:04 21 : Toccata cromaticha per le levatione 4:14 22 : Canzon post il Comune 3:14 23 : MESSA DELLI APOSTOLI: Toccata avanti la Messa delli Apostoli 1:46 24 : Kyrie delli Apostoli 0:38 25 : Kyrie gregoriano 0:22 26 : Kyrie 0:46 27 : Christe gregoriano 0:20 28 : Christe 0:31 29 : Christe gregoriano 0:20 30 : Kyrie 0:36 31 : Kyrie gregoriano 0:20 32 : Kyrie 0:48 33 : Kyrie gregoriano 0:37 34 : Kyrie 0:39 35 : Christe 0:53 36 : Kyrie 0:53 37 : Canzon dopo l’Epistola 2:46 38 : Toccata avanti il recercar 1:21 39 : Recercar cromaticho post il Credo 3:43 40 : Altro recercar 3:38 41 : Toccata per le levatione 3:44 42 : Recercar con l’obbligo del Basso come appare 2:3 43 : Canzon quarti toni Dopo il Post Comune 2:46 44 : MESSA DELLA MADONNA: Toccata avanti la Messa della Madonna 1:22 45 : Kyrie della Madonna 0:34 46 : Kyrie gregoriano 0:15 47 : Kyrie 0:36 48 : Christe 0:31 49 : Christe gregoriano 0:18 50 : Christe 0:33 51 : Kyrie 0:31 52 : Kyrie gregoriano 0:18 53 : Kyrie 0:35 54 : Kyrie gregoriano 0:43 55 : Canzon dopo l’Epistola 1:44 56 : Recercar dopo il Credo 2:08 57 : Toccata avanti il recercar 0:54 58 : Recercar con obligo di cantar la quinta parte senza toccarla (organo e tromba barocca) 2:12 59 : Toccata per le levatione 2:32 60 : Bergamasca 4:49 61 : Capriccio sopra la Girolmeta 4:31 Powered by HMV

【輸入盤】パッヘルベルのカノン、アルビノーニのアダージョ〜バロック名曲集 パイヤール&パイヤール室内管弦楽団

Baroque Classical
WARNER ERATO
2008年02月18日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1123(税込)
Wイイかも

ERATO ORIGINALS パイヤール/パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集 【収録情報】 ・Pachelbel: Canon ・Bach: Choral BWV 721 "Erbarm' dich mein, O Herre Gott" ・Bach: Cantata BWV 147 "Herz und Mund und Tat und Leben" : "Jesu bleibet meine Freude" ・Bach: Cantata BWV 167 "Ihr Menschen, ruhmet Gottes Liebe" : Choral ・Bach: Cantata BWV 140 "Wachet auf, ruft uns die Stimme" : Choral no. 4 ・Albinoni: Adagio in G minor ・Bach: Cantata BWV 75 "Die Elenden sollen essen" : Choral no. 7 - Sinfonia no. 8 ・Bonporti: Concerto a quatro in F major no. 5 Op. 11: Andante ・Bach: Cantata BWV 6 "Bleib bei uns, denn es will Abend werden" : Choral no. 3 ・Morter: Concerto for 2 trumpets in D major  パイヤール室内管弦楽団  ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮) Powered by HMV

ブクステフーデ・オルガン名曲集

鈴木雅明/ディーデリック・ブクステフーデ/鈴木雅明
キングレコード(株)
1995年12月21日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2527(税込) 送料無料
Wイイかも

バッハ・コレギウム・ジャパンの創始者である鈴木雅明は国際的な活動をしており、写真を見ても髭をたくわえたその風貌はまるで東洋人に見えない。この録音は17世紀に作られたドイツのオルガンによるもので、まことに渋く味わい深い通向けの1枚。最高の音で楽しむために!

【輸入盤】ゴルトベルク変奏曲(ラインベルガー&レーガー編2台ピアノ版) タール&グロートホイゼン

バッハ(1685-1750)
Sony Classical *cl*
2009年11月09日発売
レビュー平均3.0点/1
¥2473(税込) 送料無料
Wイイかも

タール&グロートホイゼン ゴルトベルク変奏曲(2台ピアノ版 ラインベルガー&レーガー編) あのゴルトベルク変奏曲を2台ピアノで演奏した注目盤! 世界的なピアノ・デュオ、タール&グロートホイゼンによる2台ピアノのための『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』。ゴルトベルク変奏曲といえば、まず最初にグレン・グールドの名盤が挙がりますが、このアルバムはドイツのオルガン奏者・作曲家ヨーゼフ・ラインベルガーが1883年に2台ピアノのために編曲したものを、同じくドイツの作曲家マックス・レーガーが1915年にさらに自身の解釈を書きとどめたヴァージョンを演奏したものです。  タール&グロートホイゼンは、この「二重」編曲版『ゴルトベルク変奏曲』を現代のバロック音楽理解に基づいた独自のコンセプトに沿って演奏、オリジナルに再接近しています。そして同時にラインベルガーのロマン主義とレーガーの心理的解釈も活かすことに成功しています。ここに込められた感情〜沈んだ思いと真剣さ、優雅さ、優しさと生きる喜び〜を強め、さらに豊かにしています。最後のアリア・ダカーポでは、この音楽史上の奇跡とも呼ぶべき作品を新たな驚嘆のうちに振り返らずにはいられないほどの感動が訪れます。この貴重な編曲版の決定的名盤がここに誕生しました。(SONY) 【収録情報】 ・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988(2台ピアノ版 ラインベルガー&レーガー編)  タール&グロートホイゼン(ピアノ・デュオ)  録音時期:2009年4月  録音場所:ドイツ、レバークーゼン  録音方式:デジタル(セッション) 【タール&グロートホイゼン】 イスラエル人ピアニスト、ヤアラ・タールとドイツ人アンドレアス・グロートホイゼンは、世界的なピアノ・デュオとして活躍を続けている。デュオ結成以来、2人は主にデュオ作品を中心に非常に難易度の高い作品を演奏し続け、聴衆からも評論家からも熱狂的な支持を得ている。(SONY) Powered by HMV

【輸入盤】18世紀イタリアのトリオ・ソナタ集 ロンドン・バロック

Baroque Classical
Bis
2013年02月28日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2905(税込) 送料無料
Wイイかも

トリオ・ソナタ様式末期の輝きをロンドン・バロックの美演で 『17世紀イタリアのトリオ・ソナタ』(BIS1795)の続編にして、ロンドン・バロックのトリオ・ソナタ・シリーズ第7弾。17世紀にイタリアで発祥したトリオ・ソナタ形式の、約百年後の進化の様を示してくれます。  良く知られたヴィヴァルディの『ラ・フォリア』のほか、ストラヴィンスキーの『プルチネッラ』または『イタリア組曲』の原曲がペルゴレージではなくドメニコ・ガッロの作で、ここに収められた『ソナタ第1番ト長調』第1楽章はまさに『プルチネッラ』序曲と同じメロディが響くことに感動させられます。このほか、当時の大ヴァイオリニストでもあったロカテッリとタルティーニ、ハイドンやファリネッリの師としても知られるポルポラの作品など、トリオ・ソナタの伝統がロココ様式へと変化していく様子を実感させてくれます。(キングインターナショナル) 【収録情報】 ・アルビノーニ:バレット ト長調 Op.3-3 ・ボンポルティ:ソナタ ト短調 Op.6-7 ・ヴィヴァルディ:ラ・フォリア Op.1-12 ・ボノンチーニ:室内ソナタ第2番 ・ポルポラ:ソナタ Op.2-3 ・サンマルティーニ:ソナタ第5番ヘ長調 ・ロカテッリ:ソナタ ニ長調 Op.8-8 ・ガッロ:ソナタ第1番ト長調 ・タルティーニ:3声のソナタ ニ短調  ロンドン・バロック  録音時期:2012年4月、5 月  録音場所:ハンプシャー、セント・マーティン教会  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV

【輸入盤】グレン・グールド/バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年)の再創造 --Zenph Re-Performance(ハイブリッドSACD)

バッハ(1685-1750)
Sony Classical *cl*
2007年05月29日発売
レビュー平均4.0点/1
¥2384(税込) 送料無料
Wイイかも

「グールドのゴルトベルク」再創造! 〜Zenph Re-Performance〜 「1955年ゴルトベルク」を解析再現した最新録音登場! グレン・グールドが亡くなって今年で25年。そのメモリアルな年にふさわしい驚愕の1枚が登場します。  グールドのデビュー盤「ゴルトベルク変奏曲」は、1955年6月の録音でオリジナルはモノラルでした。1968年にはそのモノラル・マスターを電気的にステレオ化した疑似ステレオ盤もリリースされていますが(今回紙ジャケで世界初CD化!)、今回のアルバムで聴ける「ゴルトベルク」は、まぎれもなくグールド・デビュー作の演奏でありながら、しかし肝心の音は正真正銘のステレオであり、なおかつ5.1chマルチチャンネル・サラウンド音声や、バイノーラル・ステレオ音声まで含まれているというのですから驚きです。  要するに、グールドのモノラル音源を、アメリカのコンピュータ・ソフト「Zenph(ゼンフ)」を使って徹底的に解析し、キータッチや音量、ペダルの踏み込み加減にいたるまで完全にデータ化、それを自動演奏ピアノ(ヤマハ製ディスクラヴィア/9フィート・フルコンサート・グランド)を用いて再現するという試みであり、その再現音を録音する場所にまでこだわっているのがポイントです。ただし、当時レコーディングに使ったコロンビア30丁目スタジオは現在では存在しないため、グールドがその前年に放送用にゴルトベルクを収録した場所でもあるトロントにあるCBCのスタジオが選ばれることとなっています。  収録はCBCスタジオで鳴り響くディスクラヴィアの音を、最新最高の機材でDSDレコーディングするという形でおこなわれており、さらに、バイノーラル録音もおこなうことで、なんちゃってグールド気分まで味わえてしまうという、現代のテクノロジーがよく生かされた盛りだくさんな内容となっています。  このハイブリッド・タイプのSACDには、通常CDのステレオ音声のほかにバイノーラル・ステレオ音声が収録され、さらにSACDのステレオ音声、SACDのマルチチャンネル音声という全部で4つの音声が収録されています。  直接音の切れ味、楽器の音の細密な描写を味わうのであれば2チャンネル・ステレオが、ホールに響く全体の雰囲気を味わうにはマルチチャンネルが適しているとよくいわれますが、それらを聴き較べて楽しむのもハイブリッドSACDならではの楽しみと言えるでしょう。 ・J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV.988  〜グレン・グールド 1955年のパフォーマンスによる再創造〜  録音時期:2006年9月25,26日  録音場所:トロント、CBCスタジオ プロデューサー:スティーヴン・エプスタイン(SONY)  エンジニア:ピーター・クック(CBC)  エンジニア:リチャード・キング(SONY)  ピアノ・ヴォイサー:マーク・ウィーナート  調律:ポール・ジルクリスト1. Zenph Studios Re-Performance ステレオ 2. Zenph Studios Re-Performance バイノーラル・ステレオ 3. Zenph Studios Re-Performance SACD ステレオ 4. Zenph Studios Re-Performance SACD サラウンド(5.1ch)※(3,4)はSACDプレイヤーのみで再生可能です。 ※(2)のバイノーラル・ステレオ・ヴァージョンは、通常ピアニストが座っているところの頭がある位置にダミーヘッドマイクを設置して録音されたもので、ピアニストが弾きながら耳にしているであろう音響がとらえられています。【グールド・プロフィール】 グレン・グールド(Glenn Herbert Gould)は、1932年9月25日、カナダのトロント生まれ。プロテスタントの家系である両親はゴールド(Gold)という姓でしたが、この苗字がユダヤ人に多く、当時高まっていた反ユダヤ主義に巻き込まれることを恐れ、息子の生後まもなくグールドと改姓しています。  母親からピアノのレッスンを受けたあと、1942年からトロント音楽院でアルベルト・ゲレーロに10年間師事。1945年にまずオルガン奏者としてデビューします。  ピアニストとしてのデビューは1946年にトロント交響楽団との共演で実現、9年後の1955年にバッハ:ゴルトベルク変奏曲をレコーディングします。このあまりにも有名なレコードでの斬新な演奏で一躍脚光を浴びたグールドは、以降はニューヨークに拠点を移して、ニューヨーク・フィルとの共演、ザルツブルク音楽祭出演、さらに Powered by HMV最高の音で楽しむために!

諧謔音楽 イタリアバロック「愛とドラマ」の音楽

山田千代美/大竹尚之/佐藤豊彦
ブレーン
2005年01月27日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2439(税込) 送料無料
Wイイかも

最高の音で楽しむために!

【輸入盤】バッハ:ピアノ作品集、ほか ケンプ

Baroque Classical
Dg
1993年10月18日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1628(税込) 送料無料
Wイイかも

・J・S・バッハ  イギリス組曲第3番BWV.808  カプリッチョ『最愛の兄の旅立ちに寄せて』BWV.992  コラール『来たれ、異教徒の救い主よ』BWV.659(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『今ぞ、そのとき』BWV.307/734(ピアノ版:ケンプ編曲)  フルート・ソナタ第2番BWV.1031〜シシリアーノ(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『わが心の切なる願い』BWV.727(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『主よ、人の望みの喜びよ』(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『甘き喜びのうちに』BWV.751(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『神よ、われら汝に感謝す』(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『目覚めよと呼ぶ声が聞こえ』(ピアノ版:ケンプ編曲)  チェンバロ協奏曲第5番〜ラルゴ(ピアノ版:ケンプ編曲)  コラール『主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる』BWV.639(ピアノ版:ケンプ編曲)   ・ヘンデル:チェンバロ組曲第9番〜メヌエット(ピアノ版:ケンプ編曲) ・グルック:『オルフェオとエウリディーチェ』より  オルフェオの嘆き(ピアノ版:ケンプ編曲)  精霊の踊り(ピアノ版:ケンプ編曲)  ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)  録音:1975年(ステレオ) Powered by HMV

【輸入盤】協奏曲集、トリオ・ソナタ カメラータ・ケルン

ルクレール(1697-1764)
Dhm
2014年11月11日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2384(税込) 送料無料
Wイイかも

ルクレール:ヴァイオリン協奏曲、フルート協奏曲、トリオ・ソナタ カメラータ・ケルン、クリスティーネ・ブッシュ パリで何者かによって背後から刺し殺された話で有名なルクレールですが、その犯人は甥のギヨーム=フランソワ・ヴィアルとも別れた妻のルイーズ・ルーセルとも推測されており、いまだに真相は闇の中のようです。  フランス=ベルギー・ヴァイオリン楽派の創始者として位置づけられるほどのヴァイオリンの名手でもあったジャン=マリー・ルクレール[1697-1964]は、フランス・バロック後期の作曲家で、その作風は音楽修行をしたイタリアの影響を受けながらも優雅なフランス趣味を感じさせるもので、名技的な要素と流麗な美しさ、そしてコレッリの弟子に師事したことから「フランスのコレッリ」とも呼ばれています。  このアルバムは、ヴァイオリン協奏曲2曲と、フルート協奏曲1曲、そしてトリオ・ソナタ1曲で構成されていますが、協奏曲では人数が絞り込まれ、カメラータ・ケルンのいつものスタイルに近い形での演奏となっています。  ヴァイオリン独奏は、ヘレヴェッヘが創設した古楽器オーケストラ「コレギウム・ヴォカーレ・ヘント」でコンサートミストレスを務めることも多いドイツのバロック・ヴァイオリン奏者、クリスティーネ・ブッシュ(上の写真右端の人)が担当。2013年にリリースしたバッハの無伴奏全曲録音では、バロック・ヴァイオリンならではの豊かな表現力を駆使して思慮深い演奏を展開していただけに、ここでの演奏にも期待できるところです。  組み合わせのフルート協奏曲では、ムジカ・アルテ・リーパとのバッハのフルート・ソナタ・ソナタ全集でも抜群のテクニックを披露していたカール・カイザー(上の写真左から3人目)がソロを担当、こちらも巧みな演奏が楽しみなところです。(HMV) 【収録情報】 ジャン=マリー・ルクレール: ● ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.7-5 ● フルート協奏曲ハ長調 Op.7-3 ● トリオ・ソナタ ニ長調 Op.2-8 ● ヴァイオリン協奏曲ヘ長調 Op.7-4  クリスティーネ・ブッシュ(ヴァイオリン)  カール・カイザー(フラウト=トラヴェルソ)  カメラータ・ケルン  録音時期:2014年2月  録音場所:ドイツ、バーデン=バーデン、ハンス・ロスバウト・スタジオ  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV

【輸入盤】ヴィオラ・ダモーレ独奏曲集 ヴァレリオ・ロジト

Baroque Classical
Brilliant Classics *
2013年01月17日発売
レビュー平均5.0点/1
¥907(税込)
Wイイかも

ヴィオラ・ダモーレ独奏曲集 【収録情報】 ・ジュゼッペ・コロンビ[1635-1694]:スコラダトゥーラ ト長調/チャコーナ イ長調/チャコーナ ホ短調 ・アンジェロ・モリーギ[1725-1801]:カプリッチョとメヌエット ・クリスティアン・ペツォールト[1677-1733]:パルティータ ヘ長調/パルティータ イ長調 ・ペドロ・ロペス・ノゲイラ:Gaita de folle ・作曲者不詳:パルティータ ニ長調/Nitida stella/めでたし海の星/組曲ニ短調  ヴァレリオ・ロジト(ヴィオラ・ダモーレ)  録音時期:2012年1月  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV最高の音で楽しむために!

《ゴシック期の音楽》(抜粋)

デイヴィッド・マンロウ/ロンドン古楽コンソート/レオナン/デイヴィッド・マンロウ/ロンドン古楽コンソート
ユニバーサルミュージック クラシック
2017年05月03日発売
レビュー平均5.0点/1
¥1851(税込) 送料無料
Wイイかも

伝統ある古楽レーベル“アルヒーフ"の代表的な名盤を集めた《アルヒーフNEW BEST 50》シリーズの1枚。中世フランスの音楽をイギリス古楽界の先駆者マンロウの演奏で聴く。

【輸入盤】 バッハによるイマジナリー・カンタータ シュトゥッツマン&オルフェオ55、ミカエリ室内合唱団

バッハ(1685-1750)
Dg
2012年11月28日発売
レビュー平均5.0点/1
¥2274(税込) 送料無料
Wイイかも

シュトゥッツマンによるバッハの作品で再構成した空想カンタータ 1965年パリ生まれで、当代最高のアルト歌手の一人として活躍中のナタリー・シュトゥッツマン。フランス歌曲やドイツ・ロマン派の歌曲を得意とする他、バロック・オペラや受難曲、オラトリオなどの歌唱でも評価が高い彼女が自らの理想とする形に再構成したカンタータ集。バッハのカンタータの中から、宗教的物語の背景を基調として、美しくも情熱的なアリア、シンフォニア、コラールが選ばれ、壮大な1時間にも及ぶカンタータを作り出しました。  2009年に彼女自身が創設したアンサンブル『オルフェオ55』を指揮しつつ、持ち前の正統的な歌唱力と表現力とで見事に歌い上げています。(ユニバーサルIMS) 【収録情報】 J.S.バッハによるイマジナリー・カンタータ ・カンタータ第42番『されど同じ安息日の夕べに』BWV.42よりシンフォニア ・カンタータ第30番『喜べ、贖われし群れよ』BWV.30よりアリア『来たれ アダムの 末なる 民』 ・カンタータ第133番『わが喜びは汝にあり』BWV.133よりアリア『喜びなさい』 ・管弦楽組曲第3番BWV.1068よりアリア(エア) ・アリア『御身が共にいるならば』BWV.508 ・カンタータ第174番『われ、いと高き者を心を尽くして愛しまつる』BWV.174よりシンフォニア ・カンタータ第21番『わが心には憂い多かりき』BWV.21よりシンフォニア ・カンタータ第74番『人もしわれを愛さば、わが言葉守るべし』BWV.74よりアリア『何ひとつ私を救うことのできるものはない』 ・カンタータ第33番『ただ汝にのみ、主イエス・キリストよ』BWV.33よりアリア『わが歩みは怯えよろめく』 ・カンタータ第18番『天より雨と雪の降るごとく』BWV.18よりシンフォニア ・マタイ受難曲BWV.244よりアリア『私を憐れんで下さい』 ・カンタータ第4番『キリストは死の絆につきたまえり』BWV.4よりシンフォニア ・カンタータ第169番『神ひとりわが心を占めたまわん』BWV.169よりアリア『さらば、わが内なる世のすべての愉しみよ』 ・カンタータ第191番『いと高きところには栄光、神にあれ』BWV.191より合唱 ・カンタータ第85番『われは善き牧者なり』BWV.85よりアリア『イエスは善い羊飼い』 ・カンタータ第182番『天の王よ、よくぞ来ませり』BWV.182よりシンフォニア ・『われを忘るるなかれ』BWV.505 ・カンタータ第147番『心と口と行いと生きざまもて』BWV.147よりコラール『イエス わが喜び』  ナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト、指揮)  ミカエリ室内合唱団  オルフェオ55(ピリオド楽器アンサンブル)  録音時期:2012年4月  録音場所:L' Arsenal de Metz  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV

【輸入盤】ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) アマティ弦楽三重奏団

バッハ(1685-1750)
Brilliant Classics *
2010年05月19日発売
レビュー平均4.0点/1
¥833(税込)
Wイイかも

バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) 【収録情報】 ・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988(シトコヴェツキー編曲弦楽三重奏版)  アマティ弦楽三重奏団  Gill Sharon, violin - Ron Ephrat, viola - Alexander Hulshoff, cello  録音時期:1999年  録音方式:デジタル(セッション) Disc1 1 : Bach: Goldberg Variations, BWV 988: Aria 04:45 2 : Variation 1 01:57 3 : Variation 2 01:13 4 : Variation 3 (Canone all ‘unisono) 01:14 5 : Variation 4 01:08 6 : Variation 5 01:19 7 : Variation 6 (Canone alla seconda) 01:06 8 : Variation 7 (Tempo di giga) 01:21 9 : Variation 8 01:01 10 : Variation 9 (Canone alla terza) 01:18 11 : Variation 10 (Fughetta) 01:12 12 : Variation 11 01:04 13 : Variation 12 (Canone alla quarta) 01:01 14 : Variation 13 02:46 15 : Variation 14 01:40 16 : Variation 15 (Canone alla quinta, andante) 01:58 17 : Variation 16, Ouverture 02:00 18 : Variation 17 01:39 19 : Variation 18 (Canone alla sexta) 01:22 20 : Variation 19 01:30 21 : Variation 20 02:14 22 : Variation 21 (Canone alla settima) 01:24 23 : Variation 22 01:02 24 : Variation 23 01:41 25 : Variation 24 (Canone all’ottava) 01:38 26 : Variation 25 03:50 27 : Variation 26 01:39 28 : Variation 27 (Canone alla nona) 01:00 29 : Variation 28 01:16 30 : Variation 29 01:16 31 : Variation 30 (Quodlibet) 02:01 32 : Aria da capo 02:24 Powered by HMV

【輸入盤】 教会歴のグレゴリオ聖歌集 ドップ&ウィーン・ホーフブルクカペルレ・コーラルスコラ

Gregorian Chant Classical
Decca Virtuoso
2012年09月28日発売
レビュー平均0.0点/0
¥993(税込)
Wイイかも

美しく心洗われる、修道士たちの日常的に歌うさまの記録 教会歴のグレゴリオ聖歌集 日本では“癒しの音楽"としても高い人気をもつグレゴリオ聖歌。グレゴリオ聖歌はカトリック教会のラテン語典礼文を歌った聖歌ですが、ドップ神父指揮によるウィーン・ホーフブルクカペルレ・コーラルスコラの録音は、1974年のヴァティカン版ミサ聖歌集にもとづいて歌われた注目のグレゴリオ聖歌集。グレゴリオ聖歌のなかでも有名かつ音楽的な聖歌がふんだんに収められており、美しく心洗われるア・カペラ合唱には、しみじみと人の心を打つものがあります。(IMS) 【収録情報】 『降臨節』『クリスマス』『復活祭』『キリストの昇天』 『聖霊降臨祭』『マリアの生涯』のためのグレゴリオ聖歌より30曲収録  ウィーン・ホーフブルクカペルレ・コーラルスコラ  フーベルト・ドップ(指揮)  録音時期:1990〜1995年  録音場所:ウィーン王宮礼拝堂  録音方式:デジタル(セッション) Powered by HMV

太陽王ルイ14世の宮廷とオペラ座の舞曲 〜ヴェルサイユでダンス!

クリストフ・ルセ ユーゴ・レーヌ/レ・タラン・リリク/ラ・サンフォニ・デュ・マレ/ジャン=バティスト・リュリ/クリストフ・ルセ/モニク・ザネッティ/レ・タラン・リリク
(株)ワーナーミュージック・ジャパン
2015年03月11日発売
レビュー平均0.0点/0
¥2300(税込) 送料無料
Wイイかも

【輸入盤】管弦楽編曲集 サロネン&ロサンジェルス・フィル

バッハ(1685-1750)
Sony Classical *cl*
2000年08月29日発売
レビュー平均0.0点/0
¥2365(税込) 送料無料
Wイイかも

マーラー版《管弦楽組曲》収録! サロネン/バッハ:管弦楽編曲集 1999年デジタル録音。エサ・ペッカ・サロネンが音楽監督を務めるロスアンジェルス・フィルを振って収録したバッハ・アルバム。  大管弦楽編曲の定番、ストコフスキー編曲の《トッカータとフーガ》《小フーガ》をはじめ、ヴェーベルン編曲の《6声のリチェルカーレ》、シェーンベルクによる《前奏曲とフーガ『聖アン』》などを収録。   珍しいところでは、エルガー版《幻想曲とフーガ》が、ハープや打楽器の活躍と力強いオーケストレーションが魅力的で、ロペス=コボス、ロジェストヴェンスキーに続く録音となるマーラー版《管弦楽組曲》も興味深い録音で、《第2番》の序曲をはじめ、有名な第3番の《アリア》などを選曲して曲順を入れ替え、通奏低音パートのリアライゼーションを付加したものです。  ロサンジェルス・フィルの華麗でダイナミックな演奏能力を遺憾なく発揮した聴きごたえあるCDです。 Powered by HMV最高の音で楽しむために!

【輸入盤】『フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック』第3集〜フィリップス、スウェーリンク作品集 ピーター=ヤン・ベルダー(2CD)

オムニバス(チェンバロ)
Brilliant Classics *
2014年12月10日発売
レビュー平均0.0点/0
¥1877(税込) 送料無料
Wイイかも

フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック第3集(2CD) ピーター=ヤン・ベルダー 【収録情報】 フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブックより、 ピーター・フィリップス、ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク作品集 Disc1 ● Pavana Pagget, LXXIV - The First One Philips Made ● Galliardo, LXXXVII ● Margott laborez, LXXXIII (Arr. Peter Philips) ● Amarilli, mia bella, LXXXII (Arr. Peter Philips) ● Fantasia in F Major, LXXXIV ● Tirsi, di Luca Marenzio, LXX ● Freno, LXXI ● Cosi moriro, LXXII ● Pavana dolorosa, LXXX (Arr. Peter Philips) ● Galliarda dolorosa, LXXXI ● Bon Jour mon Cuer, LXXIX (Arr. Peter Philips) ● Fece da voi a 6, LXXIII (partita) ● Le Rossignuol, LXXXVI (Arr. Peter Philips) ● Chi fara fede al cielo, LXXVIII (Arr. Peter Philips) ● Fantasia in G Major, LXXXIV Disc2 ● Passamezzo pavana, LXXVI ● Galiarda passamezzo, LXXVII ● Pavana pagget, LXXIV ● Galliard pagget LXXV ● Fantasia fantasia, CCXVII ● Psalme 140, CXLIV ● Praeludium toccata, XCVI ● Ut re mi fa so la a 4, CXVIII  ピーター=ヤン・ベルダー(チェンバロ)  録音時期:2013年  録音場所:オランダ、Chapel of the Capuchin Monastery  録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) Powered by HMV

【輸入盤】歌劇『ペルシャ王、シロエ』全曲 カミングズ&ゲッティンゲン祝祭管、アジェイ、デニス、他(2013 ステレオ)(3CD)

ヘンデル(1685-1759)
Accent
2014年06月18日発売
レビュー平均0.0点/0
¥5056(税込) 送料無料
Wイイかも

新音楽監督ローレンス・カミングズによる ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭ライヴ! ペルシャ宮廷を舞台としたヘンデルの『シロエ』全曲 このアルバムは、2013年5月にゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭でのライヴ収録で、音楽祭の新しい音楽監督であるローレンス・カミングズ指揮とゲッティンゲン祝祭管弦楽団による演奏で行われました。  歌劇『ペルシャ王、シロエ』は1728年に初演された、ピエトロ・メタスタージオの台本によるヘンデル24作目のオペラ。ヘンデルが王立音楽アカデミーのために作曲した最後の作品群の一つで、初演から18夜連続で上演されましたが、ロンドンでのイタリア語のオペラの流行にも陰りが見えていた頃で、その後はヘンデル存命中に一度も上演されることはありませんでした。ストーリーは、ペルシャ宮廷を舞台に裏切り、復讐、跡目相続争い、そして禁断の恋などわかりやすくドラマティックな内容と充実した音楽、美しいアリアで見応え聴きごたえのある作品です。(キングインターナショナル) 【収録情報】 ・ヘンデル:歌劇『ペルシャ王、シロエ』全曲  ヨゼメ・アジェイ(カウンターテノール)  アンナ・デニス(ソプラノ)  アレクサンドラ・ザモイスカ(ソプラノ)  アントニオ・ジョヴァンニーニ(カウンターテノール)  リサンドロ・アバディエ(バス)  ロス・ラムゴビン(バス)  ゲッティンゲン祝祭管弦楽団  ローレンス・カミングズ(指揮)  録音時期:2013年5月20日  録音場所:ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭  録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ) Powered by HMV

@スポンサー