Pen (ペン) 2016年 2/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年02月01日発売
レビュー平均4.78点/9
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【完全保存版】みんなのスヌーピー 世界中で愛されるビーグル犬「スヌーピー」は、1950年に誕生した。生みの親はチャールズ・M・シュルツ。 約50年、休むことなく毎日コツコツと描き続けたコミック「ピーナッツ」は、17897回にもおよんだ。 主人公チャーリー・ブラウンを中心に、子どもの世界を描きながらも人間の真理を突いた作品に、大人たちこそが魅了されてきたのではないだろうか。 「チャーリー・ブラウンは私だ」と、ふと思ってしまう、子どもから大人まで、誰もが共感する世界がここにはある。 「ピーナッツ」が生まれた町サンタローザを入り口に、その奥深い世界へと案内しよう。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2016年 11/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年11月01日発売
レビュー平均4.57点/7
¥680(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジンハリー・ポッター完全読本。 多くの読者に愛されてきたPenが今年20周年を迎えます。 20周年を記念する11/1発売号は、11/15に『ハリー・ポッターと呪いの子』の邦訳刊行、 11/23に映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開も控え、 いままた、熱狂を巻き起こしつつある、「ハリー・ポッター」を大特集! 全世界の子どもと大人を夢中にさせる、この壮大な魔法の世界について、 小説、そして、映画、舞台、ロケ地、スタジオと、その魅力を徹底的に紹介。 物語の圧倒的な面白さから始まり、視覚化され映画となってもたらされた世界に没入する ほかに類のないワクワク感の秘密に迫ります。 ■J・K・ローリングに迫る! ■新作映画『ファンタスティック・ビースト』とは? ■ハリー・ポッター全作品をおさらいしよう(小説篇/映画篇) ■新作ミュージカル『ハリー・ポッターと呪いの子』解剖 ■キャラクター&魔法図鑑 ■ハリー・ポッターのロケ地を巡ろう ■魔法の世界はここで撮られた!リーブスデン・スタジオ徹底紹介 ■絵で紡がれるハリー・ポッター 絵本作家ジム・ケイの仕事 ・・・etc

Pen (ペン) 2016年 1/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年12月15日発売
レビュー平均4.5点/4
¥699(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【完全保存版】ひとり、京都。 男が京都へ行くのならーーひとりで行くことをお薦めする。 寺社や美術館、庭園を訪れるのでも、自分ひとりのペースで誰にもじゃまされることなく時間を過ごしたい。 ましてや祇園、京都ならではの古書店などは、まさに男が楽しむための場所ではないか。 割烹や居酒屋、バーでひとりしっぽり杯をかたむけるのも、書店で見つけた本をカフェで読みふけるのも思いのまま。 これぞ、ひとり京都の醍醐味だ。 京都を知りつくす案内人に教えてもらったアドレスや、新選組、本阿弥光悦の魅力に迫る読み物、背筋が伸びる着物の薦めまで、京都のすべてを堪能あれ。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 11/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年11月02日発売
レビュー平均4.33点/3
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。おいしい日本酒

Pen (ペン) 2015年 7/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年06月15日発売
レビュー平均5.0点/3
¥669(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。

Pen (ペン) 2016年 3/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年02月15日発売
レビュー平均4.33点/3
¥699(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン400号記念特大号 ニッポンの世界遺産

Pen (ペン) 2015年 12/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年12月01日発売
レビュー平均4.0点/3
¥680(税込)
Wイイかも

特集】史上最強の007を目撃せよ。 シリーズ史上、最高の興行収入を稼ぎ出した『スカイフォール』から3年。 ダニエル・クレイグという役者を得てスタイリッシュに生まれ変わった007シリーズが、渾身の新作『007 スペクター』とともに映画ファンのもとへと帰ってきた。 世界を魅了する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドを演じるダニエルらキャスト&監督への取材を通じ、かつてないスケールで繰り広げられるボンドの冒険譚の魅力をお届けする。 本特集ではさらに、ショーン・コネリーに始まり6人の役者がボンド役を受け継ぎながら、半世紀で23本もの映画がつくられてきた人気シリーズの“引力"を徹底解剖。 ボンド・カー制作におけるこだわり、時代とともに変化してきたボンド・ガールの存在、ファッション・アイコンとしてのボンドの装い、その後の映画界に及ぼした影響、さらには国際情勢を反映するシナリオなど、さまざまな角度から007を紹介する。 『007 スペクター』の鑑賞体験を増幅し、旧作も観返したくなる、保存版の特集です。 【第2特集】サロン・ド・シマジ別注ボトル企画 作家・島地勝彦 最高のモルトを求めて、スコットランドの旅へ。 【別冊付録】オメガの完璧なる機能美。 Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【特集】史上最強の007を目撃せよ。 シリーズ史上、最高の興行収入を稼ぎ出した『スカイフォール』から3年。 ダニエル・クレイグという役者を得てスタイリッシュに生まれ変わった007シリーズが、渾身の新作『007 スペクター』とともに映画ファンのもとへと帰ってきた。 世界を魅了する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドを演じるダニエルらキャスト&監督への取材を通じ、かつてないスケールで繰り広げられるボンドの冒険譚の魅力をお届けする。 本特集ではさらに、ショーン・コネリーに始まり6人の役者がボンド役を受け継ぎながら、半世紀で23本もの映画がつくられてきた人気シリーズの“引力"を徹底解剖。 ボンド・カー制作におけるこだわり、時代とともに変化してきたボンド・ガールの存在、ファッション・アイコンとしてのボンドの装い、その後の映画界に及ぼした影響、さらには国際情勢を反映するシナリオなど、さまざまな角度から007を紹介する。 『007 スペクター』の鑑賞体験を増幅し、旧作も観返したくなる、保存版の特集です。 【第2特集】サロン・ド・シマジ別注ボトル企画 作家・島地勝彦 最高のモルトを求めて、スコットランドの旅へ。 【別冊付録】オメガの完璧なる機能美。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 5/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年04月15日発売
レビュー平均4.33点/3
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。男のためのハイクオリティ・マガジン 【特集】プロ野球に、熱くなれ。 現役バリバリのメジャーリーガー・黒田博樹や平成の怪物・松坂大輔が日本球界に復帰。 そして、球界の至宝・大谷翔平の2刀流挑戦、50歳を迎えても、いまだ現役を続ける山本昌など、創設80周年を超え、今季もプロ野球は面白い。 もちろん各チームのファンもかつてない盛り上がりだ。 そんな僕らの愛するプロ野球を徹底解剖する。 今季注目の選手、12球団の戦力分析から、懐かしい助っ人ガイジン、語り継がれる伝説のドラマまで。 さらにソフトバンクの工藤公康、楽天の大久保博元両新監督も、プロ野球界の未来や、チームづくりへの思いを熱く語る。 また、横浜スタジアム周辺のボールパーク化を目指し、野球のあるライフスタイルを提案する横浜DeNAの新戦略とは。 Penの独断と偏愛に満ちた、新・プロ野球論がここに! 【特別付録】大谷翔平〈北海道日本ハムファイターズ〉 特大ポスター その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 4/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年04月01日発売
レビュー平均4.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【特集】世界に誇るべきニッポンの100人 世界を感動させるアーティスト、日本という枠組みを超えた美意識を発信するデザイナー、和食を無形文化遺産にした立役者の料理人、世界が認める建築家、研究者、スポーツ選手……。 日本という国を支え、前進させ続けているのは、まぎれもないそんな「人の力」だ。 ここに登場する、世界に誇るべきニッポンの100人たちが、これからも日本の、いや世界の未来をつくっていく。

Pen (ペン) 2016年 5/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年05月02日発売
レビュー平均5.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン完全保存版 いとしの歌謡曲。

Pen (ペン) 2017年 2/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2017年01月16日発売
レビュー平均5.0点/2
¥680(税込)
Wイイかも

男のためのハイクオリティ・マガジン【第1特集】デヴィッド・ボウイを見たか? これほど多くの人々を惹きつけた、カッコいい男はいないんじゃないか。 音楽を軸に、社会を、価値観を揺さぶった男ーーデヴィッド・ボウイ。 貪欲で、面白いものに敏感で、本当にやりたいことをやり、自ら進んで変化した。 彼こそは「スターマン」、常に鮮烈なロックをもたらす「地球に落ちて来た男」だった。 2016年1月8日、69歳の誕生日に発表した『★』の衝撃は記憶に新しい。 瑞々しい楽曲を世に送り出した2日後、彼は逝った。だがそれは終止符ではない。 なぜなら未発表音源のリリースは続行中。 ロンドンで始まり9カ国を巡回、150万人以上が来場した『DAVID BOWIE is』展も、ついに日本に上陸。 巨星は天に昇り、輝きを増した。 そのクリエイションをいまこそ耳と目に焼き付けろ! 【第2特集】利休が愛した前衛アート 樂茶碗とは何か。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 9/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年08月17日発売
レビュー平均5.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【特集】控えめだけど、骨太なたたずまい 美しき、英国良品。 紐を結び終えたら背筋を伸ばしたくなる、ノーザンプトンでつくられた革靴。 紳士の装いを完成させる、ツイードのジャケットやトレンチコート。 作家からビジネスマンにまで愛されてきたエターナルなデザインの文房具や、王室御用達の小粋な石けん、あるいは昔ながらの製法でつくられる鋏……。 ファッションから家具、日用品や家電製品に至るまで、英国生まれの品々には男たちを虜にする色気のようなものがある。 盛り上がるクラフト界の現在や、オリジナリティを追求する工房が放つエネルギー、目利きが選んだ逸品、紳士がもつべき厳選アイテム、ラグジュアリーブランドが誇る最高峰の職人技など、今回の特集では、さまざまな角度から英国の美しいものを紹介する。 なぜ我々はかの国で生まれるものに惹かれるのか、その答えがここにある。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 8/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年08月01日発売
レビュー平均3.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【特集】1冊まるごと おいしい東京。2015 東京ほど、多彩な「食」を楽しめる街はない。 天ぷらの天才のカウンターを狙うもよし、本場さながらの辛いエスニック料理に汗を流すのも一興だ。星のアリ、ナシは関係ない。ウマイと直感すれば、立ち食いうどんに列を成すのが東京人だ。海外のスターシェフが、東京に出店したいとラブコールを送るのも納得。さまざまな味や新しい料理に積極的な、食いしんぼうの集まりなのだ。 そんなエキサイティングな食の街で、本当においしい店はどこか。徹底的にリサーチし、食べて出した答えがこの特集。トレンドの料理も、ワイワイ呑める店も、つるりと食べたい冷やし麺もすべてある。凄腕の料理人がこの街には幾人もいることを、心から誇りたい。さあ、食の最先端都市TOKYOを食らおうじゃないか。 【とじ込み付録】かき氷からドーナツまで 東京スイーツ

Pen (ペン) 2016年 7/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年07月01日発売
レビュー平均3.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【第1特集】北海道へ、夏の旅。 短くも美しい夏を迎える北海道、濃密な自然はこれから一気にピークを迎える。 この広大な地を縦横無尽に遊ぶため、Penは注目エリアを完全案内。 まずは美食の街へと変化を遂げ、新幹線の開通で注目される函館へ料理人を訪ねる。 そして絶景を自らの足で冒険するため、世界自然遺産の知床へ。 日本ワインの新たな聖地を巡り、北の地がはぐくんだ彫刻家の足跡も追いかける。 北の大都市・札幌では、ちょっと視点を変えて、新名所をたどり……。 初心者からリピーターまで満足の、この夏、目指すべき北の大地を徹底ガイド! 【第2特集】おいしい札幌、教えます。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 6/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年05月15日発売
レビュー平均4.0点/2
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【完全保存版】もっと知りたい、宗教のこと。 ユダヤ教/キリスト教/イスラム教/ヒンドゥー教/仏教/神道 たとえば仏像の前に立てば自然と手を合わせたくなるものの、改めて「宗教」と聞くと身構えてしまうものだ。 宗教をめぐる対立や誤った信仰による事件を目にして、「宗教は怖い」という印象をもつ人もいるだろう。 だが、それは宗教が本来意図したものではない。 文化や生活習慣の根底にある信仰を知ることで、人と人の距離は近くなり、多文化の共生の道筋が見えてくる。 時代を超えて人々を支えてきた、神とは? 仏とは? 今日も各地で捧げられている祈りに耳を傾けて、多くの人が信仰する6つの宗教から、学んでみてほしい。 その他、連載など

Pen (ペン) 2016年 10/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年10月01日発売
レビュー平均4.5点/2
¥680(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【第1特集】なんてったって、スニーカー好き。 20世紀初頭にヨーロッパやアメリカの悪路を歩くために生まれたラバーシューズを始祖とするスニーカーは、アスリートたちのスポーツ用シューズとして発展してきた。 その生い立ち故に、激しい動きに対応するべく、丈夫なキャンバス地やしなやかなレザー、そしてよくグリップするソールや、やわらかいライニングなど、貪欲に最先端素材を取り込んで進化を続けてきた。 最初はオリンピックの選手やアスリートたちが着用することでその機能を広く誇示し、スポーツを愛好する人々の必須アイテムに。そして、その機能美や履き心地は、アーティストや文化人など自由な空気を愛する人々に伝染していく。 最近では老舗靴ブランドや一流メゾンも本格的にスニーカーづくりに参入、いまやファッションアイテムとして、なくてはならない存在になった。 少年時代に憧れた最新デザインの1足、スポーツを快適にするための機能に特化した1足、そして上品さと洒脱さを兼ね備えた街でも履ける大人のスニーカー…… 定番モデルから最新ハイテクモデルまで、「なんてったって、スニーカー好き」の我々の心をわしづかみにする。 【第2特集】 純米酒、ふだん飲み。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2016年 7/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年06月15日発売
レビュー平均5.0点/1
¥680(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン人気クリエイター100人の愛用品。 硬いジーンズの生地をなめらかにカッティングする日本の職人技が詰まった裁ちバサミ、京都の繊細な手仕事でつくられた焼き網、人気のビストロ店主が店でも自宅でも愛用する味のある器……。 仕事で、プライベートで愛用する自慢のアイテムを、いま話題のクリエイター100人に公開してもらった。 日々彼らのクリエイティビティを刺激するそれらの愛用品は、どれもユニークで男心をくすぐるものばかりだ。 第2特集 ミラノサローネ完全速報!! 最新デザイン、まるわかり。 別冊付録 逸品が勢揃いする、腕時計の祭典。

ダイヤモンドセレクト 2016年 12月号 [雑誌]

ダイヤモンド社
2016年11月18日発売
レビュー平均5.0点/1
¥500(税込)
Wイイかも

【THE SIXTH SENSE 】 星のや東京 日本旅館が大手町から未来に向けてスタートする 【THE SIXTH SENSE 】 レ コパン ド ドミニク ブシェ パリから東京へやってきたビストロミーに注目したい 【THE SIXTH SENSE 】 メルセデス・ベンツGLCクーペ メルセデス・ベンツがハッシュタグを重要視する時代になった 【特 集】 I LOVE TOKYO 「Six」が特別にご案内 懐しくて新しい東京ガイド ◎東京の建築はまだまだ捨てたものじゃない ◎一流建築家が注目する最新の東京はこんなところ ◎車窓から見た「これが私の東京」ベストガイド Audi Q7 ◎CNNが東京で注目した料理人 ◎イギリス人におそわる日本伝統のおもてなしの美学 ◎なぜポルシェは永遠の憧れなのだろう ◎いますぐ乗りたい、キャデラック ◎主役はムーブメントではありません  アクセサリーとしての腕時計 ◎日本で暮らす、外国人たちの住宅  住むことがアート ◎一部上場企業のできる秘書が明かす  「贈りもので評価って変わりますよね」 ◎ファッション|チェスターコート  正当性と汎用性を兼ね備えた一着 ◎ビジネス・パフォーマンスを上げるインド・ヨガ ◎日本のテクノロジーに勝機!  ひととシステムの「接点」にビジネスチャンスありI LOVE TOKYO

Pen (ペン) 2016年 12/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年11月15日発売
レビュー平均5.0点/1
¥779(税込)
Wイイかも

男のためのハイクオリティ・マガジンはじまりの腕時計、さいごの腕時計 人生の相棒である腕時計の、最初に手にするべき一本、最後に選びたい一本を紹介。 人生の相棒とすべき腕時計をどのように選ぶべきなのか? 腕時計選びのガイドブックとしても保存版の一冊です! ■時計好きクリエーターの、“わたしが最後に手にしたい究極の1本"。 ■国内外の目利きリテーラーが選ぶ、“最初に手にするべき1本"とは? ■初めての本格機械式、選ぶべきアンダー20万円腕時計、タイプ別紹介。 ■実力ブランドの最初と最後の一本はこれだ! …etc

Pen (ペン) 2016年 5/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年04月15日発売
レビュー平均4.0点/1
¥680(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【完全保存版】グラフィックの天才たち。 東京五輪エンブレム問題以降、グラフィック・デザインの存在そのものが揺らいでいる。 そこで、グラフィック・デザインの可能性を広げてきた巨匠10人の仕事を、いま日本のグラフィック界を刺激するクリエイター10組と再考することにした。さらにデザインの思考を学ぶ話題の講義を誌面で再現。最新事例も紹介する。 グラフィック・デザインの不変の魅力、そして新たな役割や可能性にも迫るボリューム満点の特集。 さあ、天才たちの仕事を目にしようではないか。 その他、連載など。

BRUTUS (ブルータス) 2017年 5/1号 [雑誌]

マガジンハウス
2017年04月15日発売
レビュー平均5.0点/1
¥650(税込)
Wイイかも

ポップカルチャーの総合誌タフな日常からのつかの間の逃避? リゾートへの旅に求めるのはそれだけではありません。 風景、人々の暮らし、癒しの中にこそある強烈な刺激に心を奪われながら、自身を揺さぶるような価値観に出会えるから。 タヒチ、モロッコ、ベトナム、長崎・五島列島、人気のデスティネーションのまだ見ぬ姿を。 人生を変えちゃう世界の最旬リゾートホテルも集めます。

Pen (ペン) 2017年 5/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2017年04月15日発売
レビュー平均4.0点/1
¥680(税込)
Wイイかも

男のためのハイクオリティ・マガジンアートな、銀座。 刺激的な現代アートのギャラリーにこの街で生まれた美しいグラフィック、目利きが選んだ古美術など、「銀座」には、アートがあふれている。 江戸初期に街が誕生してから400年、伝統文化を大事にしながら、多様な文化を取り入れたこの街には、研ぎ澄まされた美意識があるのだ。 究極の夜景が楽しめるレストラン、いつかは手に入れたい憧れの逸品、食べるのをためらう美しいひと皿…… アートの視点をもって銀座を歩くと、この街がやはり特別であると気付かされる。 【第2特集】SIHHで見つけた、渾身の腕時計17本。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2017年 2/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2017年02月01日発売
レビュー平均3.0点/1
¥650(税込)
Wイイかも

男のためのハイクオリティ・マガジン

BRUTUS (ブルータス) 2017年 4/1号 [雑誌]

マガジンハウス
2017年03月15日発売
レビュー平均3.0点/1
¥699(税込)
Wイイかも

新たな時代のエピキュリアンを提案する男性誌【目次】 STYLEBOOK 2017 S/S 忘れられない買い物。 SHOPPERS DELIGHT 行く理由のある店。 お似合いですよ。 妄想開店 名物店員接客グランプリ。 クリック一つじゃ売りません。 FABULOUS SHOPPERS あなたの忘れられない買い物体験を教えてください。 殺し文句にダマされない!? お買い物ダンジョン。 オンラインショッピングも接客の時代です。 あの人のウォッチリスト。 センスのいい友第9弾 記憶に残る、あのとき、あの人、あの接客。 7大ブランドロケ 台灣光與影 BBB SP 連載 ヘンテコノミクス 最終話「脳裏に浮かぶ一本道」の巻 作・佐藤雅彦、菅俊一 画・高橋秀明

Pen (ペン) 2016年 6/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年06月01日発売
レビュー平均5.0点/1
¥699(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジンポンピドゥー・センターと作った、アートの教科書。 アートって面白いんだけど、よくわからない……。 そう思っている人は少なくないはずだ。特に20世紀に入ってからの欧米のアートは、実に多様化していて、私たちを驚かせる。図形みたいな絵が描かれたり、トイレが作品になったり。なぜ、アートなんだろう。高く評価されているのは、なぜだろう。 そこで、Penは、近現代アートの素晴らしいコレクションを誇る、パリのミュージアム「ポンピドゥー・センター」に相談をもちかけた。 「一緒にアートの教科書を作りませんか?」 モダンアートとは? から始まり、アートの未来まで、10の質問にポンピドゥーのディレクターや学芸員が回答。さらに、アンリ・マティスからデミアン・ハーストまで、重要アーティスト40人を紹介する。 みんなの「?」に向き合った、「アートの教科書」の完成です。 【第2特集】バーゼルワールド&SIHHで見つけた、注目の新作ウォッチ大集合! 【別冊付録】挑戦し続ける腕時計、オーデマ ピゲ その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 12/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年11月16日発売
レビュー平均3.0点/1
¥800(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。こだわりの靴と腕時計

Pen (ペン) 2016年 8/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年08月01日発売
レビュー平均3.0点/1
¥680(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン奇跡のホテル

Pen (ペン) 2016年 11/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年10月15日発売
レビュー平均5.0点/1
¥699(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【完全保存版】ゴッホ、君は誰? 時を超え、文化を超えて愛される 芸術家の作品には、力強い普遍性がある。 モーツァルト然り、シェークスピア然り。 彼らは常に、現代を生きる我々の「同世代人」だ。 フィンセント・ファン・ゴッホもまたそのひとり。 相次ぐ挫折。父との衝突。友との決別。 家庭も持てず、未来も見えず、 落ち込んだりアガったり。 それでも毎日、筆を握って描く……。 遺された膨大な書簡や 作品から見えてくるものは、 彼の魂の叫びだ。 「自分は何者なのか?」 「何をなすべく生かされているのか?」 それは、いつの時代も若者誰しもが抱く 懊悩ではないか。 37年の生涯を駆け抜けた君は、 ねえ、いったい誰なんだ? すべてのPen世代に贈る、 渾身のファン・ゴッホ特集です。 その他、連載など。

Pen (ペン) 2016年 8/1号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2016年07月15日発売
レビュー平均0.0点/0
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン【第1特集】おいしいクラフトビール 禁酒法時代に失われてしまった自分たちのビールを取り戻すために、アメリカで始まったクラフトビールブームは、いまや世界中に飛び火した。 本物のホップだけがもつ美しい香りとキレのある苦味が特徴のインディア・ペールエール(IPA)はアメリカ人を夢中にし、ヨーロッパでは若き醸造家が、伝統製法をベースに味を追求する。 大手ピルスナーが中心だった日本でも、地方の醸造家を中心に、世界に誇れる新発想のビールが生まれてきている。 多様性をうたうクラフトビールでおいしい銘柄はどれなのか? 専門家とともに試飲し、その味を検証、星付きで紹介する。 【第2特集】ルーヴル美術館で、漫画はアートになった。 【第3特集】健康ブームのいま、「デカフェ」が世界を席巻中! その他、連載など。

Pen (ペン) 2015年 10/15号 [雑誌]

CCCメディアハウス
2015年10月01日発売
レビュー平均0.0点/0
¥650(税込)
Wイイかも

Penやフィガロなどの人気雑誌のバックナンバーはこちら 男のためのハイクオリティ・マガジン ※定期購読なら全品ポイント3倍!Pen(ペン) 最大4%OFF 送料無料1冊価格:622円(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。【特集】天才写真家75年の軌跡 切なくて、アラーキー 「浮世絵の河鍋暁斎が、画鬼って名乗ったじゃない。アタシは写真の鬼だから、写鬼アラーキーなの」 75歳を迎えた天才写真家は、今日も絶好調だ。 早朝にベランダから空を撮り、朝食を撮影。寝室で個展のタイトルや題字を筆でしたためる。 午後になると都内のスタジオでモデル撮影を行い、夜にはキュレーターやマスコミと打ち合わせ。 土日は自宅にこもり静物の作品撮り。休みはない。 その作品は思わず目を背けたくなるようなものやあまりの美しさに吸い込まれそうなものもある。 生と死、静けさと猥雑さ、狂気とユーモアが潜むアラーキーの力強い作品は、我々の目に焼き付き、その裏側にある「切なさ」がいつまでも記憶に残る。 その他、連載など。

@スポンサー