クロモニカ270 クロマチックハーモニカ HOHNER 270/48 12穴 3オクターブ スライド式 ハーモニカ ホーナー Super Chromonica-270 Chromatic Harmonica 楽器

レビュー平均4.69点/16
¥15800
Wイイかも

弊社のHOHNER製品は正規品ですので日本代理店モリダイラ楽器にて検品調整を行った商品になります。 HOHNER クロマチックハーモニカ クロモニカ270 【C調】のみ特価。弊社のHOHNER製品は正規品ですのでホーナー日本代理店モリダイラ楽器にて検品調整を行った商品になります。 ▽品番の末尾【X】の表記について▽一部ホーナー製品が新パッケージになりました。その変更に伴い、メーカー希望小売価格の値上げが行われました。ホーナー日本代理店 株式会社 モリダイラ楽器では、製品の管理のため、製品の品番末尾に【X】を付けて管理しております。ハーモニカ本体/ハーモニカケースの変更は特にありませんので、ご安心してお求め下さい。 ▽ケースカラーついて▽ ケースのカバーは緑がかったオリーブのようなカーキのようなカラーです。デラックスや他64シリーズなど多くのモデルはブラックのハードケースですが、クロモニカのシリーズは260がグレーで、こちらが緑がかった色で、デラックスと280がブラックです。(今後予告なく変更になった場合は御了承下さい。) クロモニカシリーズはホーナーの歴史と共に歩んできたロングセラーモデルです。このシリーズは260、270、270デラックス、280とラインナップがあり、一番メジャーなものがこちらの「Super Chromonica-270」でしょう。 シリーズでは主に穴の数が260は10穴、270と270デラックスが12穴、280が14穴となっておりますが、初心者なら、10穴か12穴が良いでしょう。穴が増える程、低音が拡張され、元々音を出すことすら難しい低音がより難しくなることでしょう。複音からの乗りかえの方は穴数が多いものを好みますが、長く複音を経験された方にとってもクロマチックは大変難しい楽器なのです。 さて、270と270デラックスはどこが違うのか気になる方も多いと思います。音色に大きく影響する最大のポイントとして、使用されているボディ材が異なります。ざっくりですが、270デラックスの方がより良い木材を使用しており、よりしっとりとクラシカルな音色を奏でることができることでしょう。ちなみにここで穴が多い280は樹脂ボディです...シリーズといっても微妙な差がありますね。 もっと細かい部分をみていきましょう。見て分かる部分ですと、こちらの通常の270は四角穴ですが、270デラックスは丸穴です。ホーナーの製品は14穴はほぼ丸穴で、12穴は四角が多いように思います。またマウスピースについて同じに見えますが、こちらが真鍮+ニッケルメッキに対し、デラックスは真鍮+ニッケルメッキ+シルバーメッキです。これらの違いによって口当たりや演奏感の違いを感じ取れることだと思います。 メッキやカバープレートの違いで音色の違いまで感じ取れる方はきっと耳も良いことだと思いますが、カバープレートについても多少異なり、270は真鍮+ニッケルで270デラックスがステンレススティールです。 次に吹奏感ですが、クロモニカシリーズは木製ボディとして有名で、他メーカーを含め、多くは樹脂ボディが多いと思います。樹脂に比較して木製は自然のものですので、水分を含むまで音の立ち上がり方に違いが出たり、またお手入れも樹脂より気を遣っていただく必要があります。ただ、出る音色はとても良いもので、例えば人気のスーパー64や、スズキのシリウスなどパワフルさを求めるハープが人気の中で、共に持っておきたい代物ですね。 またリードの違いとして、こちらのクロモニカ270よりデラックスの方が少し厚みもあり、長さも長くなっています。つまり、こちらよりデラックスの方が多少難易度は上がるかもしれませんが、デラックスは、よりレスポンスが早く、豊かでパワフルなサウンドと言えると思います。 配列についてはクロモニカシリーズは260/270/270デラックスがストレート配列(ショートストローク)、280がクロス配列(ロングストローク)です。ですので、280はよりスーパー64シリーズに近いかもしれません。どちらが良いとかではありませんが、お手持ちのクロマチックがあるのでしたら、演奏感の違いがありますので、同じものをお選びいただく方が違和感は少ないかもしれません。ただ、スズキ製品のようにホーナーでは各ラインナップを用意しておりませんので、この機種についてはストレートしかございません。 ちなみに、これまで270とデラックスは数千円の違いがあったのですが、270のみ値上げしたので、現時点では270デラックスとの値段差がありません。これまで270が主流だったのはよりお買い求めしやすい価格であったということもあるでしょうから、これから270デラックスがより人気の商品になるかもしれませんね。 トミーライリーをはじめとする、世界のトップミュージシャンに強い指示を受けているクロマチックハーモニカ。大切な方へのプレゼント、贈り物 ギフト にも喜ばれますよ。 HOHNER Chromatic Harmonica Super Chromonica-270 270/48 ホーナー スーパークロモニカ270 ■スーパー クロモニカ Chromonica 270 ■ 材質:木製ボディー ■ おおよそのサイズ:横 約14cm、縦 約3.5cm、厚み 約2.9cm(スライド部分は別で約1.4cm) ■ 音域:12穴、3オクターブ、3 oct ■ 調子ラインナップ:D, E, F, G, A, Bb, B, C,Tenor C調 他のキーは【こちら】←をクリック! ■ セット:楽器 本体 、ケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールでご相談下さい。〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 弊社のHOHNER製品は日本代理店のモリダイラ楽器さんから仕入れをしている安心の正規品です。とても繊細な楽器ですので、弊社ではメーカーのご協力のもと販売しております。クロマチックハーモニカは長年ハーモニカに精通された方にも難しい楽器で練習も必要になります。ご不明な点はお問い合わせ下さい。

[ メール便 対応可 ] 徳永延生 著 CD2枚付き 教則本 最新版 基本奏法完全マスター ポピュラークロマチックハーモニカ メソッド HOHNER ホーナー クロマチックハーモニカ 教本 書籍 中級 上級者 の ハープ ハーモニカ 吹き方 スケール 練習 に

レビュー平均4.4点/15
¥3940
Wイイかも

HOHNER 徳永延生 クロマチックハーモニカ教本 楽天WEB特価。メール便ご希望でメール便が可能な場合のみ、ご注文後に送料をご変更いたします。ハーモニカ 教本 クロマチックハーモニカ奏者 徳永延生によるCD2枚付きのクロマチックハーモニカ教則本です。初めての人から 中級 上級者の方にまで非常に役立つ内容です。知ってる方には分かるあの徳永氏です。全てではありませんが 関西の HOHNER ホーナー クロマチックハーモニカ 本体の検品もされておられる方ですよ。吹き方 スケール 練習などが出来ます。<クロマチックハーモニカ 教本>「最新版 基本奏法完全マスター ポピュラークロマチックハーモニカ メソッド」■クロマチックハーモニカの基本■基本トレーニング■奏法について■課題曲 ・赤とんぼ ・見上げてごらん夜の星を ・ひまわり ・鈴かけの径 ・イパネマの娘■スケール練習◆ メール便 ご注意 と お支払い方法メール便は代引きでのお支払いができません。お支払いは銀行振込/ゆうちょ振替/カード決済/現金書留でお願い致します。メール便はリスクのある発送方法です。ご希望頂いた場合、以下の内容についてはご了承頂いただいたものとさせて頂きます。万が一商品が 紛失・盗難/未着/破損した場合、損害の補償、または商品の再発送など、如何なる理由でもご対応を致しかねます。お荷物のお問い合わせ番号のお知らせは出来ません。メール便は住所の荷物受け・新聞受け・郵便受け・メール室等に投函・配達するサービスです。発送より4日〜1週間程でのお届けです。日時指定が出来ませんので、遅延した場合の補償もございません。サイズは角2封筒以内、厚さ2cm以内、重量1,000g 以内となります。梱包材を使用しての商品保護、梱包は基本的には致しておりません。ご希望の方、可能な場合のみご対応させて頂いておりますので、ご注文後、弊社からのメールにてメール便送料をお知らせいたします。送料は各商品、個数によって変わり、弊社で同封筒に入ると判断した場合のみ同梱が可能です。お届け情報はご住所のみとなりますので、ご住所不備など何らかの理由により弊社へ返送された場合、往復の送料をご負担頂いた上で再発送をさせて頂きます。◆ こちらの商品は 同一商品1個まで メール便 送料160円(税抜)となります注文個数や他の同時注文品(同梱状況)によって封筒が複数になる場合は、封筒数分のメール便送料をご請求させていただきます。送料の総額が弊社規定の宅配便送料より上回る場合、宅配便の出荷にご変更させて頂きます。ハーモニカについて弊社ではハーモニカ本体をとても沢山の方々にお求め頂いております。初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。初期不良、その後の修理、他社でご購入頂いたハーモニカの修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

ホーナー スーパー64X スライド式 クロマチックハーモニカ 7584/64 HOHNER Super-64X 16穴 ドイツ製 正規品 C調 Chromatic Harmonica 透明ボディ ブラックステイン カバー ハモニカ ケース 付

レビュー平均4.86点/14
¥45800
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ スーパー64X &nbsp; HOHNER ホーナー クロマチック ハーモニカ ハープ。近頃では、南 里沙(ミナミリサ)さんの素敵な演奏を聴き、このハーモニカに興味を持った方も多いと思います。 人気のスーパー64シリーズ。スーパー64には3種類あります。定番のスーパー64、その金メッキのスーパー64ゴールド、そして、こちら。憧れのスーパー64Xです。プレゼント、送りもの、お祝いにもおすすめです。 パッと見て見た目の違いが分かりますが、細かく見るとそれぞれ特徴があります。外観の違い、パーツの違いで音の伝わり方もが変わり、これは演奏者が感じられることで一概には言えません発生する音色にも違いがあります。 スーパー64シリーズでお悩みの方は多いかもしれませんので、64の3種類について比較しますと、まず、定番のスーパー64ですが、これは複音ハーモニカを長年演奏されておられる方なら自信を持って吹けるとお思いでしょう。ですが、クロマチックは複音とは構造が違い、異なる楽器だと思っていただくのが良いと思います。また64シリーズはクロマチックの中でも難易度は高いです。10穴から16穴まであり、多くの曲の演奏できる4オクターブの16穴がこの64 シリーズなのですが、複音の長年演奏者を含む初心者の方は、まず12穴からはじめられるのがおすすめです。穴の数が増えれば低音が拡張され、比較的リードの薄い複音とは全く吹奏感が異なります。2枚のリードのバランスをとって息を入れる複音とは息の流れも異なります。そんな難易度が高い64シリーズですが、 1本目に買う方も多いのが現状です...。 次にゴールドは通常の64とゴールドメッキとクロームメッキの違になります。ゴールドメッキは腐食しにくくキラキラと輝きが綺麗です。 次に、64Xについては異なる点がいくつかあります。64Xのボディはキレイな樹脂ボディです。透明で見てるだけでウキウキしますよね。カバープレートも最高峰だけあり高級感のあるブラックが特徴です。つや消しの質感も指紋が目立ちにくいですし、64Xはゴールドとブラックのコントラストが栄えます。 ここで64Xの大きな違いとして、64エックスはリードが2枚リードです。64も64ゴールドも他クロメッタ、クロモニカ260、270も全てリードプレートの厚みはほぼ同じです。つまり、よりパワフルな音色が鳴るのですが、その分、息のコントロールが大変だということがお分かりいただけると思います。ちなみに 64シリーズはほぼ同じですが、リードの長さも機種によって様々です。 また持ち替えを考える際の比較する点として、ホーナーの16穴クロマチックはほぼ丸穴。逆に16穴以下はほぼ四角穴です。比較し、別ブランド国産スズキクロマチックはほぼ全てのスダンダードなクロマチックは丸穴です。口当たりが変わりますので参考にしてみられて下さい。 また上級者ともなると気になる配列。スズキは各モデルでショート/ロングとモデルが出ていたりしますが、ホーナーについては16穴はほぼクロス配列(ロングストローク)で、こちらの64Xもクロス配列です。ホーナーの16穴以外のクロマチックからの持ち替えであれば、音の立ち上がり方なども少し変わってくると思います。 &nbsp; Super-64X (7584/64)スーパー64X 仕様 ■ 材質:樹脂ボディー ■ カバープレート:艶消しのブラックステイン仕上げ ■ 音域:16穴、4オクターブ、4 oct ■ 調子:C調のみ ■ 付属品:ケース &nbsp; ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。ご不明な点はお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れとメンテナンスについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。 &nbsp; &nbsp; &darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。 &darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr;&darr; 弊社のHOHNER製品は日本代理店のモリダイラ楽器さんから仕入れをしている安心の正規品です。クロマチックについては全て1本づつメーカーにて検品調整をしており、ケース裏に証明として検品印がございます。(崎元様等)クロマチックハーモニカは長年ハーモニカに精通された方にも難しい楽器で練習も必要になります。ご理解のうえご注文下さい。

【ラッピング無料!】SUZUKI M-32C+どれみシール付 ブルー アルトメロディオン 鍵盤ハーモニカ 鈴木楽器 スズキ楽器【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【smtb-KD】【RCP】【P2】

レビュー平均4.5点/14
¥5180
Wイイかも

みんなに "やさしい" 新しさ。 メロディオンは「木管の音色」を基調に設計。だから美しく澄んだ集合音なのです。 リード楽器でありながら、弦楽器のようなやわらかい音と管楽器のような壮大な音を合わせ持つメロディオンです。 耐久性に富んだ、教育楽器の中心的存在です。 【仕様】 鍵数・音域:アルト32鍵 f〜c3 材質:スチールカバー、リン青銅リード 寸法:本体:425×100×50mm ケース:470×150×75mm 重量:本体:765g ケース:579g 付属品:立奏唄口(MP-121)・卓奏唄口セット(MP-113)・中空二重ブローケース(MP-246) ※当店では6年保証はございません。

送料無料 クロモニカ270 デラックス ホーナー 7540/48 DX クロマチックハーモニカ 12穴 HOHNER Chromonica-270 Deluxe 木製ボディー 3オクターブ スライド式 ハーモニカ

レビュー平均4.75点/8
¥20499
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ クロモニカ270 Deluxe クロモニカシリーズはホーナーの歴史と共に歩んできたロングセラーモデルです。このシリーズは260、270、270デラックス、280とラインナップがあり、一番メジャーなものが「Super Chromonica-270」でしょう。シリーズでは主に穴の数が260は10穴、270と270デラックスが12穴、280が14穴となっておりますが、初心者なら、10穴か12穴が良いと思います。穴が増える程、低音が拡張され、元々音を出すことすら難しい低音がより難しくなるので初心者はレベルにあったものを選ぶのがおすすめ。複音からの乗りかえの方は穴数が多いものを好みますが、長く複音を経験された方にとってもクロマチックは大変難しい楽器なのです。 さて、270と270デラックスはどこが違うのか気になる方も多いと思います。音色に大きく影響する最大のポイントとして、使用されているボディ材が異なります。ざっくりですが、こちらの270デラックスの方がより良い木材を使用しており、よりしっとりとクラシカルな音色を奏でることができることでしょう。ちなみにここで穴が多い280は樹脂ボディです...シリーズといっても微妙な差がありますね。 もっと細かい部分をみていきましょう。見て分かる部分ですと、270デラックスは丸穴です。ホーナーの製品は14穴はほぼ丸穴で、12穴は四角も多いですが、270が四角に対し、270デラックスは丸穴です。またマウスピースについて同じに見えますが、デラックスはニッケルメッキ+シルバーメッキです。これらの違いによって口当たりや演奏感の違いを感じ取れることだと思います。 メッキやカバープレートの違いで音色の違いまで感じ取れる方はきっと耳も良いことだと思いますが、カバープレートについても異なり、270は真鍮+ニッケルで270デラックスがステンレススティールです。 次に吹奏感ですが、クロモニカシリーズは木製ボディとして有名ですが、他メーカーを含め、多くは樹脂ボディが多いと思います。樹脂に比較して木製は自然のものですので、水分を含むまで音の立ち上がり方に違いが出たり、またお手入れも樹脂より気を遣っていただく必要があります。ただ、出る音色はとても良いもので、例えば人気のスーパー64や、スズキのシリウスなどパワフルさを求めるハープの中では共に持っておきたい代物ですね。またリードの違いとして、こちらのクロモニカ270デラックスの方が少し厚みもあり、長さも長くなっています。つまり、通常の270よりもより安定した息づかいが必要となります。配列についてはクロモニカシリーズは260/270/270デラックスがストレート配列(ショートストローク)、280がクロス配列(ロングストローク)です。ですので、280はよりスーパー64シリーズに近いかもしれません。どちらが良いとかではありませんが、お手持ちのクロマチックがあるのでしたら、演奏感の違いがありますので、同じものをお選びいただく方が違和感は少ないかもしれません。ただ、スズキ製品のようにホーナーでは各ラインナップを用意しておりませんので、この機種についてはストレートしかございません。 総合すると、クロモニカ270に対し、デラックスは、よりレスポンスが早く、豊かでパワフルなサウンドと言えると思います。ちなみに、これまで270とデラックスは数千円の違いがあったのですが、270のみ値上げしたので、現時点では270デラックスとの値段差がありません。これまで270が主流だったのはよりお買い求めしやすい価格であったということもあるでしょうから、これから270デラックスがより人気の商品になるかもしれませんね。 HOHNER Chromatic Harmonica Chromonica-270 Deluxe 270/48 クロモニカ 270 デラックス 7540/48クロマチックハーモニカ ■ 楽器 ハーモニカ ハープ■ 材質:木製ボディー(西洋梨) ■ 丸穴 ■ 音域:12穴、3オクターブ、3 oct ■ 調子ラインナップ:C調のみ ■ セット:ケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールでご相談下さい。〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ クロモニカ280 16穴 280/64 4オクターブ ハーモニカ 楽器 HOHNER Chromonica-280 Chromatic Harmonica 樹脂ボディー

レビュー平均4.75点/8
¥21400
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ クロモニカ280 ホーナーのクロマチックハーモニカは種類が多いですが、4オクターブモデルは限られています。トンボは複音からの派生クロマチックですので、本来のクロマチックは少ないですし、スズキでいってもファビュラス、シリウス、SCXの各1種ほどです。そんな中、ホーナークロマチックではこちらの他、人気のスーパー64シリーズが3種、ラリーアドラーと豊富な品揃えです。 このクラスの演奏者となれば、これらの中から必要に応じてお好みのチョイスをされるのが良いと思いますが、初心者であれば16穴のハーモニカではなく、まずは12穴から選ぶのが良いでしょう。ハーモニカは消耗品であり、各種で音色が異なる魅力的な楽器ですので、1本で事足りると思わず比較的音の出しやすい12穴の中音域から、少しづつレベルアップするのがおすすめです。 4オクターブが必須のベテランの方でも迷うハーモニカの種類ですが、 まず、ホーナーの製品の16穴で比較すると、これまでクロモニカシリーズを使用されておられ、しっとりとした音色がお好みの方にはこちらの280がおすすめですが、実はクロモニカシリーズ260と270、270デラックスは木製ボディでしたが、280については樹脂ボディなのです。音の方向性としてはシリーズで似たものがあり、スーパー64のシリーズはよりパワフルとなり、難易度は少しあがると思います。ちなみにスーパー64Xは2枚リードとなりますので、さらに難易度が高くなりますのでご注意を。4オクターブモデルは丸穴が多く16穴以下の穴数だと四角穴のモデルが多いので、口当たりについても異なると思います。(スズキさんのクロマチックは穴数が少ないモデルでもほぼ丸穴です。)他に、配列の違いがあり、クロモニカ260、クロモニカ270、クロモニカ270デラックスについては【ストレート配列(ショートストローク)】ですが、こちらの280、スーパー64シリーズ、ホーナーでいうと16穴のシリーズはほぼ【クロス配列(ロングストローク)】です。音の立ち上がりが違いますので、演奏性も変わってきます。お手持ちのクロマチックの配列については穴をのぞいてみて下さい。穴が上に一列に並んでいればストレート、ジグザグになっていればクロス配列です。どちらが良いということではありませんのでご参考まで。他、細かい点で言えばリードの厚みや長さ、カバーの素材などによっても音色に差がありますので、比較してお選び下さいね。 ホーナーの歴史と共に歩んできたロングセラーモデル Chromonica。ハーモニカのために特別に開発された樹脂をボディーに採用。トゥーツシルマンス、スティービーワンダーなど、ジャズポピュラーの分野で広く愛用されているクロマチックハーモニカです。大切な方へのプレゼント、贈り物 ギフト にも喜ばれますよ。 HOHNER Chromatic Harmonica Chromonica-280( 280/64 ) ホーナー クロモニカ 280 クロマチックハーモニカ 楽器 本体 仕様 ■ 材質:樹脂ボディー ■ 音域:16穴、4オクターブ、4 oct ■ 調子:C調 ■ クロス配列(ロングストローク) ■ セット:ケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 弊社のHOHNER製品は日本代理店のモリダイラ楽器さんから仕入れをしている安心の正規品です。クロマチックについては全て1本づつメーカーにて検品調整をしており、ケース裏に証明として検品印がございます。(崎元様等)クロマチックハーモニカは長年ハーモニカに精通された方にも難しい楽器で練習も必要になります。ご理解のうえご注文下さい。

TOMBO トンボ 万能ハーモニカホルダーHH-800

レビュー平均4.57点/7
¥1160
Wイイかも

長渕剛の考案によるプレイヤーがもっとも使いやすい形状を採用。ニューミュージックに、ギター片手にキーボードと同時に幅広い活用性のホルダーです。 ※ハーモニカは付属しておりません。

14穴 クロマチックハーモニカ 257/56 クロメッタ14 ホーナー ハーモニカ C調 3オクターブ半 吹きやすい 初心者 おすすめ リード 楽器 HOHNER Chrometta-14 Chromatic Harmonica

レビュー平均4.33点/6
¥12600
Wイイかも

クロメッタは4種類の穴数でラインナップがあり、クロメッタ8が8穴、クロメッタ10が10穴、クロメッタ12が12穴、クロメッタ14が14穴と分かりやすいシリーズです。他のクロマチックと比較して安いですが、HOHNERはドイツのメーカーでもこちらは中国製です。 こちらの14穴は、めずらしい3オクターブ半のモデル。3オクターブ、4オクターブはメジャーに使用されておりますが、クラシックなどに向いている4オクターブはサイズが大きいですし、また低音の拡張が多い16穴モデルは難易度も高いです。3オクターブ半はそういった意味で最初からがんばってみようとする方にはちょうどいい音域ですよね。Gまでの低音域で バイオリン曲の演奏も可能なのです。 ちなみに、他の3オクターブ半モデルであげるとマイスタークラスがあります。マイスタークラスは少々高く、クロメッタとはシリーズの傾向が異なりますのでまだまだ手を出せない初心者にはやはりクロメッタでしょう。こちらで低音の難しさを学び、少々吹けるようになれば4オクターブのラインナップや、あこがれのスーパー64Xにも歩近づけますね。 クロメッタは初心者に非常に持ちやすい流線型ボディ。また、滑らかなマウスピースの樹脂ボディで吹きやすく仕上がっています。 トーンホール (穴)が大きめで息が入りやすいのもクロメッタの特徴です。 見た目の好みはそれぞれでで、クロマチックハーモニカといって想像する見た目とは少し違いますが、ころんとかわいらしいフォルムもこれからレベルアップされる際の買い換えの楽しみになることでしょう。 初心者用かとおもいきや、フォルクローレやタンゴを演奏する、ウーゴ・ディアスが使用してたという話もあります。 HOHNER Chromatic Harmonica Chrometta-14 257/56 ホーナー クロマチック ハーモニカ クロメッタ14 ■スライド式フルクロマチック 楽器 ハープ ■ 材質:樹脂ボディー ■ 音域:14穴、3オクターブ半、3 1/2oct = G〜d''' ■ 調子:C調 ■ セット:楽器 本体、ケース ※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。 ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールでご相談下さい。〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

ハーモニカ 10ホールズ ブルースハープ かっこいいブルースハープを気軽に吹いちゃおう!S.yairi ブルースハープ SYH20 Blues Harp ハモニカ 10穴 キョーリツ KC Key:Ab,A,Bb,B,C,Db,D,Eb,E,F,F#,G

レビュー平均4.67点/6
¥540
Wイイかも

10ホールハーモニカがこんなに激安!Key:Ab,A,Bb,B,C,Db,D,Eb,E,F,F#,G【ケース付!12キー全てあります!】

スーパー64 クロマチックハーモニカ ホーナー 7582/64 16穴 C調 4オクターブ スライドハーモニカ HOHNER Super-64 Chromatic Harmonica 樹脂ボディ 楽器 ハープ 中級 上級者 おすすめ

レビュー平均5点/5
¥26700
Wイイかも

クロマチックハーモニカの初期不良については以下「注意書き」にご了承いただいたものとしてご注文を承っております。必ずご確認ください。 &nbsp; クロマチックハーモニカは種類がたくさんありますので、選ぶときにはまず自分の力量を知り、まずは穴の数を決めてください。16穴の難易度については以下注意書きをご確認ください。 &nbsp; ▽穴数の違い▽ &nbsp; ・8穴:レア。クロメッタ8、など ・10穴:クロメッタ10、クロモニカ260、など ・12穴:一般的。初心者におすすめ。3オクターブ。      ざっくりと難易度低い順&rarr;ディスカバリー48/クロメッタ12/クロモニカ270/クロモニカ270デラックス     &nbsp; 以下は個性的&rarr;CX12/ラリーアドラー12/シールマンス(メロートーン,ハードバッパー)、アマデウス、など ・12穴:レア。クロメッタ12、マイスタークラス、など ・16穴:クロマチックベテランの方に。4オクターブ。     &nbsp;&nbsp; クロモニカ280/スーパー64/スーパー64ゴールド/スーパー64エックス、など &nbsp; 4オクターブが必要な曲というとクラシック音楽などで、ほとんどのものが3オクターブで事足りることが多いです。本当に4オクターブ必要なのかどうかしっかりご検討ください。 &nbsp; あとはどういう曲を演奏したいかということになります。ブルース、ロック、ポップス、歌謡曲、クラシック、シャンソン、他、ハーモニカは音色が変わりますので、どういう音色がお好みかで選びます。 &nbsp; &nbsp; ▽シリーズの違い▽ &nbsp; 大きなシリーズわけをすると、HOHNERはクロモニカかスーパー64のどちらかでしょう。スーパー64のシリーズはよりパワフルなハーモニカです。パワフルであるということはよりたくさんの息を必要とする難易度が高いハーモニカということです。 &nbsp; 16穴で検討されている場合、比較対象としてクロモニカ280か64シリーズか悩む場合もあるかもしれません。シリーズでいうとパワフルさがあるのが64シリーズですので、しっとりとした音色がお好みの方にはクロモニカ280の方おすすめです。ただし他クロモニカシリーズ(260/270/270デラックス)は木製ボディですが、280については樹脂ボディなので、音の方向性としてはあまり差はないかもしれません。外観が大きく変わりますのでそこは見た目で選ぶのも良いと思いますが吹奏感、出音には違いが出ると思います。 &nbsp; &nbsp; ▽スライドアクションについて▽ ホーナーの4オクターブモデルはほとんど丸穴でスライドアクションは【クロス配列(ロングストローク)】です。ショートストロークのハープとは音の立ち上がりが違いますので、 演奏性も変わってきます。スーパー64、クロモニカ280、64クロモニカシリーズはほぼロングストロークです。 &nbsp; ロングストローク スライドの移動距離が大きい分吹き穴が大きく多くの息を送ることが出来ます。音の立ち上がり、音抜けが良く低音部は特にパワフルな音が得られます。 &nbsp; ショートストローク スライドの移動距離が小さくスライドを押したときの音の切り替わりが早いた為、細かい音使いに有利です。また音の入り口がクロス配列より小さい為、適度な抵抗があり音をコントロールしやすいのが特徴です。 &nbsp; &nbsp; ▽スーパー64シリーズの違い▽ &nbsp; こちらのスーパー64、スーパー64ゴールド、スーパー64エックスの違いについてですが、基本型をスーパー64とします。こちらは昔から定番で大変人気の商品でした。最近はスーパー64Xヘ人気が移り変わってきていますが、それは徳永延生先生や南 里沙さんが使用していて有名になっていること、また「どうせ買うなら」と最初から奮発される方も多いからだと思います。ハーモニカは他の楽器と違って、プロが使用している楽器が初心者でも手が届きやすいところは良いことですね。ただ、同じハーモニカでもさすがにプロは音色が違います...。クロマチックはその人の生き様、技術がしっかりと音になります。 &nbsp; スーパー64とスーパー64ゴールドは吹奏感の大きな違いはありませんが、使用されているパーツ、メッキが違いますので、響きがかわってきます。ゴールドは金メッキは腐食に強いメッキです。クロームは見た目が徐々にくもってしまいますが、ゴールドであればキラキラと良い状態がより長持ち。耐久性が高いです。また演奏者が感じられることで一概には言えませんが、こちらのスーパー64より甘く芯のある音色になることでしょう。 &nbsp; 次にスーパー64Xですが、16穴のハーモニカ全般とこちらでは大きな違いが有ります。スーパー64Xは2枚リードです。難易度が高いです。2重のリードプレートによって多くの息を必要としますので簡単に音が鳴るとは思わないで下さい。見た目が違うことでも分かりますが、使用されているパーツも違います。 &nbsp; 「スーパー64」としての特徴はあくまでもパワフルということにつきると思いますが、中でもスーパー64はソフトなサウンドです。16穴のハーモニカとしては吹きやすくごく定番の商品になります。クロマチックをはじめるのであれば12穴からの導入をおすすめしますが、どうしても4オクターブが必要ということで16穴からがんばってみようと思われる方にはおすすめの機種です。楽器は「高いから良い」ということではなく、「自分に合っている」「好みの音色」「好みの見た目」「自分が求めることを実現してくれる」かどうかだと思います。その楽器の高額な部類の機種はより個性的になりますので、まずはスタンダードなものを知る、楽器を知ることからはじめてみてください。 &nbsp; HOHNER Chromatic Harmonica Super-64 7582/64 ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ スーパー64 ■ Super64 クロマチックハーモニカ 楽器 ハープ 本体 ■ 材質:樹脂ボディー ■ 音域:16穴、4オクターブ、4 oct ■ 調子:C調 ■ スライドアクション:ロングストローク ■ 付属品:ケース ※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。 &nbsp; ハーモニカの豆知識 ク ロマチックといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音 は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめる ことでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必 要な場合があります。)クラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸でゆっくり流れるような息 づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜 くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。 ハーモニカのトラブル(>_←←←クリック!〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 弊社のHOHNER製品は日本代理店のモリダイラ楽器さんから仕入れをしている安心の正規品です。クロマチックについては全て1本づつメーカーにて検品調整をしており、ケース裏に証明として検品印がございます。(崎元様等)クロマチックハーモニカは長年ハーモニカに精通された方にも難しい楽器で練習も必要になります。ご理解のうえご注文下さい。

HOHNER/クロマチック Super Chromonica 270 (270/48)【ホーナー】【送料無料】【楽器de元気】

レビュー平均5点/4
¥16200
Wイイかも

クロマチックハーモニカは、クラシック、ジャズ、ポピュラーをはじめ、あらゆる分野で聴かれる評価の高い楽器です。 スライドレバーで半音シャープできる構造で12音階を演奏でき、あらゆる調の演奏が可能です。 スーパークロモニカ270は、ホーナーの歴史と共に歩んできたロングセラー・モデルで、クロマチックハーモニカの代名詞的存在となっています。トミー・ライリーをはじめ、世界のトップミュージシャンに強い支持を受けています。 ■木製ボディ ■Key:G-F#, C tenor ■3オクターブ 弊社、実店舗を構え展示販売も行っております。 万が一在庫切れの際は、メールにて納期を ご連絡させて頂きますので何卒ご容赦下さい。 納期を急がれる場合は、コチラまで メールにて在庫のお問い合わせを頂きますようお願い致します。

HOHNER クロモニカ260 クロマチックハーモニカ 260/40 C調 10穴 2オクターブ半 ホーナー スライド式 ハーモニカ Chromonica 260 木製ボディ リード 楽器 ケース付き

レビュー平均5点/4
¥13000
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ クロモニカ260 クロモニカシリーズはホーナーの歴史と共に歩んできたロングセラーモデルです。 &nbsp; ただしスライド式クロマチックの10穴というのは珍しくいわゆるテンホールズハーモニカとは異なるスライドレバーが付いたハーモニカです。 &nbsp; &nbsp; このシリーズは260、270、270デラックス、280とラインナップがあり、ホーナーの代表的なものが「Super Chromonica-270」で、こちらの260は270の穴数が少ないハーモニカです。(270と270デラックスは木材の材が違う、280は樹脂製ボディ) シリーズでは主に穴の数が260は10穴、270と270デラックスが12穴、280が14穴となっておりますが、初心者なら、10穴か12穴が良いでしょう。穴が増える程、低音が拡張され、元々音を出すことすら難しい低音がより難しくなります。複音からの乗りかえの方は穴数が多いものを好みますが、長く複音を経験された方にとってもクロマチックは大変難しい楽器なのです。よって10穴は初心者には非常に魅力的な仕様なのです。 &nbsp; マウスピース材は真鍮+ニッケルメッキ。ここが良いものになるとシルバーメッキが混ざってきて輝きも白っぽくきれいになります。クロモニカはカバーの刻印(?)も含め昔ながらの古風な感じが良いのです。もちろん見た目だけではなく、メッキの違いは口当たりや演奏感の違いにも現れます。 次に吹奏感ですが、クロモニカシリーズは木製ボディとして有名で、他メーカーを含め、多くは樹脂ボディが多いと思います。樹脂に比較して木製は自然のものですので、水分を含むまで音の立ち上がり方に違いが出たり、またお手入れも樹脂より気を遣っていただく必要があります。ただ、出る音色はとてもあたたかみのあるきれいな音色をしており、例えば人気のスーパー64や、スズキのシリウスなどパワフルさを求めるハープがに対し、しっとりとクラシカルな音色を楽しめます。 スライドアクションですが、クロモニカシリーズは260/270/270デラックスがストレート配列(ショートストローク)、280がクロス配列(ロングストローク) です。スライドの距離の違いであり、どちらが良いとか悪いではありません。16穴のクロマチックはほとんどのものがロングです。 &nbsp; ▽スライドアクションについて▽ &nbsp; ショートストローク スライドの移動距離が小さくスライドを押したときの音の切り替わりが早いた為、細かい音使いに有利です。また音の入り口がクロス配列より小さい為、適度な抵抗があり音をコントロールしやすいのが特徴です。 &nbsp; &nbsp; ロングストローク スライドの移動距離が大きい分吹き穴が大きく多くの息を送ることが出来ます。音の立ち上がり、音抜けが良く低音部は特にパワフルな音が得られます。 トミーライリーをはじめとする、世界のトップミュージシャンに強い指示を受けているクロマチックハーモニカ。大切な方へのプレゼント、贈り物 ギフト にも喜ばれますよ。 &nbsp; HOHNER Chromatic Harmonica Chromonica-260 260/40 Chromonica 40 ホーナー クロモニカ260 ■クロマチックハーモニカ 楽器 ハープ 本体 ■ 材質:木製ボディー ■ 音域:10穴、2オクターブ半、2 1/2 oct ■ 調子:C調のみ ■ スライドアクション:ショートストローク ■ セット:楽器 本体、ケース &nbsp; ※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。 &nbsp; ハーモニカの豆知識 クロマチックといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音 は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめる ことでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必 要な場合があります。)クラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般 的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸でゆっくり流れるような息 づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜 くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。 お手入れについて ハー モニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして下さいね。使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりと ケースに保管して下さい。食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれませんのでハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手 の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥して からケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなります。しかし、どんなに大事に扱って頂いて もリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は 知識のある方にお願いをしております。 &nbsp;〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

TOMBO(トンボ)「UNICA No.1244」ユニカ/クロマチック・ハーモニカ【送料無料】【smtb-KD】【RCP】:-as

レビュー平均4点/4
¥10368
Wイイかも

TOMBO UNICA No.1244クロマチック・ハーモニカ【複音ハーモニカからの持ち替えに最適】複音ハーモニカと同じ音配列になっていますので、吹音はド・ミ・ソ、吸音はレ・ファ・ラ・シとなっています。複音ハーモニカのようにベース(リズム伴奏)を入れて吹く事が出来ます。複音ハーモニカからの持ち替えも違和感が少なく、これからクロマチックハーモニカをはじめる方にも最適です。【バルブレスの吹き易さ】バルブ皮の無いシンプルな設計なので、初心者の方でも比較的吹き易くなっています。 従来のクロマチックハーモニカは空気漏れを防ぐ為に、バルブ皮を使用していますが、ユニカは1穴2音にすることにより、バルブ皮なしでコントロールが可能になり、吹き易さを実現しました。 【主な仕様】22穴44音スライド式フルクロマチック配列:複音ハーモニカ配列 音域:c1〜C#4サイズW190 x H37 x D26mm重量167g★スライド式クロマチックハーモニカの音配列表をご確認いただけます。★ (PDFファイルですのでご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。)

シールマンス監修 ホーナー クロマチックハーモニカ トゥーツ ハード バッパー 7539/48 HOHNER Toots Hard Bopper Chromatic Harmonica リード 楽器 スライド ロック ブルース おすすめ クロマティック ケース付 スライドハーモニカ

レビュー平均4.5点/4
¥25300
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ TOOTS/HARD BOPPER 7539/48 トゥーツシルマンス監修のモデルはホーナーから2種類出ております。(2016年現在)シールマンスはクロマチックで幅広いジャンルの音楽をレコーディングしたアーティストで、彼はまたハーモニカのための数多くの曲も作曲しました。ハーモニカ好きならご存じかと思いますが、ジャズハーモニカプレーヤーとしては世界的に人気のあるアーティストです。 ハードバッパーは厚めのリードプレートと長めのリードで、より大きく、早いレスポンスのサウンドをつくりあげます。アップテンポなナンバーやエッジの効いたサウンドにおすすめですので、ジャズ/シールマンス好きに問わず、曲での持ち替えとしてラインナップしても良いと思います。 HOHNER Toots Hard Bopper 7539/48 Chromatic Harmonica トゥーツ・シールマンス トゥーツ ハード バッパー クロマチックハーモニカ ■ ハーモニカ 楽器 本体 ハープ■ 材質:木製ボディー ■ 音域:12穴、3オクターブ、3 oct ■ 調子:C調のみ ■ セット:ケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールでご相談下さい。 ☆☆☆奏法/修理/バルブ☆☆☆ ■クロマチックハーモニカの奏法 1:パッカー奏法一つの穴をタコのように尖らせて、銜え空気うを出し入れする方法 主にポピューラージャズがこの方法ポピューラーやジャズを演奏する場合はマイクで包んで演奏する場合が多い。16穴を使用している人が多い 2:タングブロック奏法マウスピースを大きく銜えて不要な部分(穴を3つ〜4つ)を舌でブロックし口の右端部分から空気を出し入れする奏法。主にクラシック奏者、12穴のハーモニカを使用している人が多い。 演奏家:ポピューラージャズ-徳永延生、南里沙、スピィデーワンダー、ラリーアドラー、トゥースシルマン クラシック:崎元譲、和谷泰扶 ■修理に必要な工具 ドライバー、ピンセット、ヘラ、虫眼鏡、バルブ用のり、ドリル、隙間ゲージ、チューナー、丸やすり、ポンチ、金づち (工具/バルブセット) ■バルブはなぜ付いているのか クロマチックハーモニカには「バルブ」とよばれる空気弁が付いております。バルブはとても薄く触れると曲がったりしますので扱いには注意が必要です。 吹く音の時に吸うリードから音が漏れないように、また吸う音のときは吹くリードから息が漏れないように付いています。 ■リードについて。外から見えるリードが吸う音リード、吹き音は内側に付いています。 故障かな?と思ったら。 <突然音が出なくなった。> 1:リードの部分に何かが詰まったと考えられます。わずかなゴミ、ほこりが挟まっただけでも音が出なくなってしまうので、カバーをはずし音が出なくなったリードを確かめてヘラんのような物でリードを軽く突っついて見ましょう。 2:あげみの調節をする。 3:リードがセンターからずれている。 <ベタッと詰まるような感じで一瞬遅れて音が出るようになった。また弱く吹いたとき(吸った)時に音が出ない。> 1:バルブが湿ってしまいリードプレートにくっついているのが原因です。しばらく本に置いておけば元に戻ることもありますが再度同じようになった場合は新しいバルブと交換しましょう。(バルブセット) 2:特に冬季の寒い時期は冷え切っているハーモニカをすぐに吹くとバルブが結露し湿ってしまいリードプレートにベタッとくっ付いて音が出なくなることがよく有ります。  3:ハーモニカを吹く前に手や体でしばらく温めてから吹くようにしましょう。 <ビリビリという音が出るようになった。> バルブがめくり上がってしまい、ソノバルブが息でバタバタと鳴っている音です。バルブを交換しましょう。(バルブセット) <スライドレバーの動きが硬くなった。> 汚れが原因です。本体からはずし洗浄しスライドクリームを軽くぬりましょう。 <ピッチがずれて下がってきた。>リード交換しましょう。 <息漏れがひどくなった。> マウスピースのトメネジが緩んでいる。ボディとマウスピースの間に隙間が開いて いると思われます。リードプレートを取り付けるときネジをしっかり取り付けましょう。 ※特に1番「レ」、「レ♯」-2番「ファ」の吸う音が出にくいと初心者は良く言われます。 どのような楽器でも練習がかかせません。スムーズに音を出せるようにするためには鼻から息が漏れないように吸い音を出すことが必要です。(鼻をつまんで吸って音を出してみてください。)〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

SUZUKI/10穴ハーモニカ MANJI M-20【スズキ】【楽器de元気】

レビュー平均4.5点/4
¥2916
Wイイかも

木製ボディのサウンドを再現する新素材ボディと 色あせることの無いクラシックスタイルが生み出す最高の鳴りと耐久性。 先鋭的な技術と機能美が凝縮された究極のスタンダードモデル ■音域 : 10穴20音 ■調子 : メジャー12調子・Hi G・Low F ■材質 : ステンレススチールカバー 木繊維合成樹脂入りソリッドボディー ■寸法 : 100×27×18 mm ■重量 : 65g ■付属品 : プラスチックケース ■備考 : リードプレート交換可能

ホーナー クロマチックハーモニカ ディスカバリー48 7542/48 スライド式 初心者 おすすめ 12穴 C調 3オクターブ 楽器 ハーモニカ ドイツ HOHNER Discovery 48 Chromatic Harmonica

レビュー平均4.75点/4
¥12960
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ Discovery 48 クロメッタ、クロモニカ、スーパー64シリーズなど定番品は人気がありますが、スタンダードなモデルに新しく加わったディスカバリーも初心者の導入としておすすめです。 クロマチックをこれからはじめてみたい方にぴったりなディスカバリー。 クロマチックハーモニカは長くハーモニカを吹いてきた方にも大変難しい楽器です。お値段も高く、違いも分からず悩んでいる方も多いと思います。 予算があるからといって最初から3万円ほどするスーパー64シリーズなどをご購入される方もおられますが、そう簡単に吹けるものではありません... 入門者にディスカバリーをおすすめする理由、また16穴が何故難しいか、それなりの理由があるのです。 ディスカバリーはHOHNERが新たなスタンダード・クロマチックとして取り組んだモデルとなります。ハーモニカは口当たりも大事な部分ですが、マウスピース部分はクロームのものが多く、四角い穴にひっかかりを覚える方もおられると思います。少し前の方に出たマウスピース、感触の良いカバーデザインでカバーからマウスピースまでスムーズな感触ですのでより吹きやすく仕上がっています。 しっかりと機密性が高い日本のスズキのクロマチックハーモニカのSCXシリーズなどは大変おすすめなのですが、どっしりと重く、またマウスピースはディスカバリーより分厚くなりますので、思うような演奏ができないということもあるのではないでしょうか。 ちなみにディスカバリーはこの12穴のモデルしかありません。導入用としてはクロメッタもディスカバリーに似た部分があると思います。クロメッタはシリーズで8穴、10穴、12穴、14穴と4種類あり、2オクターブから3オクターブ半まで広く活躍します。 クロマチックは12穴が主流で、基本は演奏する曲にあった穴数を使用しなければ音が足りない...ということが起こってきます。12穴は3オクターブで比較的スタンダードなものなら演奏できると思います。「もっと多くの曲を演奏できる方が良い!」という理由だけで12穴以上のハーモニカを選ぶと、難易度があがりますので初心者はまずは12穴からの練習がおすすめです。というのは、12穴以上の穴数は低音が拡張されていきます。ハーモニカは中間音が一番音が出しやすく、次に高音、最後に低音と練習を積んでいきます。つまり腹式呼吸で正しい息づかいでないと低音は出すことができません。ご購入された方から、「低音が出ないので不良品だ!」と問い合わせを受けることがございますが、多くは正常な商品でした。弊社ではクロマチックの注意点として別途ページを設けておりますので、必ずご確認のうえご注文下さいね。→クリック☆【クロマチックの注意】 またディスカバリーの特徴として、スライドパッケージが2つのパートで構成されたシンプル構造になっています。初心者は分解は禁物ですが、メンテナンスが比較的容易ですので長くご愛用頂けるということです。またハーモニカの音色に関わる大きな違いとして、ボディの素材がありますが、こちらはABS樹脂ボディーで気候の変化に強く音の立ち上がりも良いです。他木製はクラシックなどしっとりとした音を好む方におすすめです。ホーナーでは有名なクロモニカ260、クロモニカ270、クロモニカ270デラックスが木製ボディです。 これは専門的内容となりますが、カバーとマウスピース/スライドはChromonica 270 (スーパークロモニカ270)と 270 Deluxe (クロモニカ270DX)との互換性あり、スライドを左用に簡単にかえることができます。左ききの方にもおすすめ。ハーモニカ好きの方にはとても魅力的なハープです。 HOHNER Chromatic Harmonica Discovery 48 ホーナー ディスカバリー48 Discovery 48 ■ 調子:C調のみ ■ 12穴 ■ ABS樹脂ボディ ■ おおよそのサイズ:横 約14.3cm、縦 約4cm、厚み 約2.9cm(スライド部分は別で約1.4cm) ■ 付属品:ソフトケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。 お手入れについて ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能です。 ☆☆☆奏法/修理/バルブ☆☆☆ ■クロマチックハーモニカの奏法 1:パッカー奏法一つの穴をタコのように尖らせて、銜え空気うを出し入れする方法 主にポピューラージャズがこの方法ポピューラーやジャズを演奏する場合はマイクで包んで演奏する場合が多い。16穴を使用している人が多い 2:タングブロック奏法マウスピースを大きく銜えて不要な部分(穴を3つ〜4つ)を舌でブロックし口の右端部分から空気を出し入れする奏法。主にクラシック奏者、12穴のハーモニカを使用している人が多い。 演奏家:ポピューラージャズ-徳永延生、南里沙、スピィデーワンダー、ラリーアドラー、トゥースシルマン クラシック:崎元譲、和谷泰扶〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。

送料無料 スーパー64 ゴールド ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ 7583/64 C調 16穴 HOHNER Super-64 Gold Chromatic Harmonica 4オクターブ 楽器

レビュー平均3.75点/4
¥30500
Wイイかも

HOHNER クロマチックハーモニカ スーパー64ゴールド スーパー64ゴールドは2016年現在、日本のみでの販売です。昔は海外でも販売がありましたが、金メッキの素材高騰などの状況によって製造廃止となった過去があるようです。 人気のスーパー64シリーズのゴールド。スーパー64には3種類あり。定番のスーパー64、その金メッキのこちら。憧れのスーパー64Xです。 スーパー64とスーパー64Xは定番ですが、ゴールドは2つに比較して少しマイナーかもしれません。なぜなら、定番の64に対し、64Xは別物という感じでしょうか。また、ゴールドのハーモニカ自体が珍しく、クロームほどの種類はありませんのでレアものにあたります。ですのでできることなら1本は持っておきたいものですよね。 メッキだけで大きく値段がかわりますが、ただ色が違うだけではありません。金メッキは腐食に強いメッキです。クロームは見た目が徐々にくもってしまいますが、ゴールドであればキラキラと良い状態がより長持ちする訳です。つまり耐久性が高いということです。 音の伝わり方も違いますので、発生する音色にも違いがあります。これは演奏者が感じられることで一概には言えませんが、より甘く芯のある音色になることでしょう。 スーパー64シリーズでお悩みの方は多いかもしれませんので、64の3種類について比較しますと、まず、定番のスーパー64ですが、これは複音ハーモニカを長年演奏されておられる方なら自信を持って吹けるとお思いでしょう。ですが、クロマチックは複音とは構造が違い、異なる楽器だと思っていただくのが良いと思います。また64シリーズはクロマチックの中でも難易度は高いです。10穴から16穴まであり、多くの曲の演奏できる4オクターブの16穴がこの64シリーズなのですが、複音の長年演奏者を含む初心者の方は、まず12穴からはじめられるのがおすすめです。穴の数が増えれば低音が拡張され、比較的リードの薄い複音とは全く吹奏感が異なります。2枚のリードのバランスをとって息を入れる複音と息の流れも異なります。そんな難易度が高い64シリーズですが、1本目に買う方も多いのが現状です。次にゴールドはメッキの違いということですが、64Xについては異なる点がいくつかあります。64Xのボディはキレイな樹脂ボディです。透明で見てるだけでウキウキしますよね。カバープレートも最高峰だけあり高級感のあるブラックが特徴です。つや消しもいいですね。64Xはゴールドとブラックのコントラストが栄えますが、64ゴールドのツルツルピカピカの金!この印象も負けてはいないと思います。 ここで64Xの大きな違いとして、リードが2枚リードです。64も64ゴールドも他クロメッタ、クロモニカ260、270も全てリードプレートの厚みはほぼ同じですが、64Xはリードが2枚リードです。つまり、よりパワフルな音色が鳴るのですが、その分、息のコントロールが大変だというわけです。ちなみに64シリーズはほぼ同じですが、リードの長さも機種によって様々です。また比較する仕様として、ホーナーの16穴クロマチックはほぼ丸穴。逆に16穴以下はほぼ四角穴です。比較し、スズキクロマチックはほぼ全てのスダンダードなクロマチックは丸穴です。口当たりが変わりますので参考にしてみられて下さい。また上級者ともなると気になる配列。スズキは各モデルでショート/ロングとモデルが出ていたりしますが、ホーナーについては16穴はほぼクロス配列(ロング ストローク)です。 私の64ゴールドのおすすめポイントとして一番はやっぱり豪華なビジュアル☆これはまさにステージで映えしますよね。ライトにあたれば光輝くこと間違いなし。日本のJAZZ界でも愛用者が多いようです。大切な方へのプレゼント、贈り物 ギフト にも喜ばれますよ。 HOHNER Chromatic Harmonica Super-64 Gold 7583/64 ホーナー スーパー64 ゴールド クロマチックハーモニカ 仕様 ■ 材質:樹脂ボディー ■ 音域:16穴、4オクターブ、4 oct ■ 調子:C調のみ ■ クロス配列(ロングストローク) ■ セット:楽器 本体、ケース ハーモニカの豆知識 クロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初はなかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけで演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上のような事はクロマチックの教本で紹介されています。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。〜保証と修理について〜  初期不良(ご購入から1週間以内に必ず弊社までのご連絡が必要です)の場合のみ、新品交換(送料弊社負担)が可能です。ハーモニカは吹き方で音が出にくい事も多くあります。長年演奏されておられる方でもメーカーの違うものを手にされれば吹きにくいと感じられるものです。これまで初期不良でのご交換をご希望頂いた方の中で商品に問題なくそのままお返しする事もございました。つきましてはお届けの商品にご不安を感じている場合、もしくは不良であると感じた場合でもすぐの交換は基本的には行っておりません。メーカーに商品を一度チェックして頂き、御確認後のご対応となりますので、少々お時間頂く場合がございます。ご了承下さい。不良以外のご返品、ご交換はさせて頂いておりません。機種、調子はよくお確かめのうえご購入下さい。 初期不良、その後の修理にあたりましては、弊社までご連絡頂きまして、商品はお客様ご本人様がワタナベ楽器通販セクションもしくはメーカーへお送り頂きます。アフターケアのご相談等もできる限り(有償修理など)ご対応させて頂きますので、御安心下さい。何かございましたらメール、もしくはお電話でお名前、お電話番号、詳細をご連絡下さい。こちらからお手続きの詳細をご連絡させて頂きます。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 弊社のHOHNER製品は日本代理店のモリダイラ楽器さんから仕入れをしている安心の正規品です。クロマチックについては全て1本づつメーカーにて検品調整をしており、ケース裏に証明として検品印がございます。(崎元様等)クロマチックハーモニカは長年ハーモニカに精通された方にも難しい楽器で練習も必要になります。ご理解のうえご注文下さい。

スズキ クロマチックハーモニカ SCX-48 【本州・四国・九州への配送料無料】

レビュー平均4.67点/3
¥14800
Wイイかも

スズキ・クロマチックのスタンダード・モデル。高精度の部品加工による高い気密性により、吹きやすく、素早いレスポンスが得られます。初心者からプロフェッショナルまでご使用いただける、ハイコストパフォーマンスモデル。■音域:12穴 48音 c1-d4 スライド式クロマチック■スライドアクション:ロングストローク(クロス配列)■材質:真鍮+クローム鍍金カバー・ABSボディ■寸法:155×45×30mm■重量:202g■付属品:ABSケース返品についてお客様のご都合による返品、交換には一切応じかねます。ご購入の際には必ずご希望の商品かどうかの確認をお願いいたします。知っておいて頂きたいこと※土日祝日は休業日です。営業時間外にいただきましたご注文への対応等は、翌営業日に順次対応させていただきます。 ※画像は実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。 ※掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。 ※当店では、のし紙、メッセージカード等を含むラッピングサービス(ギフト包装)は承っておりません。 ※商品によっては発送用梱包をせずに、個装箱のまま発送されますので、パッケージの外側に発送ラベルが貼り付けられます。関連商品スズキ クロマチックハーモニカ SCX-56販売価格:17,712円(税込)スズキ クロマチックハーモニカ SCX-64販売価格:21,384円(税込)&nbsp;関連ワード: スズキ クロマチックハーモニカ『楽天Edy初回ポイント設定でもれなく400ポイント!(楽天Edyデビューキャンペーン) 』 納期・発送の目安についてこの商品はメーカーに在庫の確認をし、商品調達しだい発送致します。※確認・調達期間は4〜14日目安となります。(土日祝日除く)※メーカー都合による在庫切れや出荷停止が発生し、商品入荷ができない場合があります。その際は、ご注文商品をキャンセルとさせていただく旨のご案内を、メールにてお送りいたします。ご案内にはお時間がかかることがございます。ご了承ください。

SUZUKI/スズキ クロマチックトレモロハーモニカ SCT-128

レビュー平均5点/3
¥50490
Wイイかも

スライド式クロマチックハーモニカを演奏している人なら誰でも一度はこう考えると思います。「このハーモニカでトレモロの音が出たらなぁ・・・・」と。 特にシャンソンやミュゼット、日本の童謡などにはトレモロが欠かせません。 しかし、今まで色々なチャレンジはされてきたようですが、製品にすることは難しかったようです。 トレモロを安定してきれいな音で出すには、2枚のリードを別々の仕切られた空間で発音させなければなりません。また、スライド式クロマチックを2つ重ねた形でトレモロにすると、無骨に大きくなり演奏性が悪くなってしまいます。 そこで今回重要視したのは、単音スライド式クロマチックと変わらない操作性〈コンパクトさ、吹き易さ〉で美しいトレモロ音色を実現することです。 大きさやスライドの問題から上下に重ねることはせず、前後にトレモロリードをつなげました。しかし、そのままではリードが緩衝してトレモロが安定しません。そこでリードを真っ直ぐ縦にではなく、斜めに配置しながら基音リードとトレモロリードの笛室を仕切るようにしました。(開発者) ※トレモロビブラートは低音側は少なく、高音にいくにしたがって多くなるよう設計されています。 ※高音2穴(吹き口15、16番)は、音がにごりすぎるのを防ぐためにトレモロビブラートがないように設計されています。 &lt;音域: 16穴 64音 c〜d4 スライド式クロマチック スライドアクション:ロングストローク(クロス配列) 材質: 真鍮製クロームメッキカバー・樹脂ボディ 寸法: 200×80×30mm 重量: 417g 付属品: 牛革ケース

SUZUKI/スズキ 【納期2018年5月末予定】 クロマチックハーモニカ シリウス SIRIUS S-56S

レビュー平均2点/3
¥29700
Wイイかも

★ SUZUKI/スズキ 【納期2018年5月末予定】 クロマチックハーモニカ シリウス SIRIUS S-56S (SIRIUSS56S) 特徴・機能 どんな商品? クロマチックハーモニカの NEW スタンダード!!「SUZUKI クロマチックハーモニカ “シリウス" 誕生。」 ファビュラスシリーズ で培ったノウハウを余すことなく注ぎ込んだ クロマチックハーモニカの NEW スタンダードモデルです。【スペック】 音域 : 14穴56音 g〜d4    スライド式クロマチック 材質 : ABS樹脂・真鍮ウェート入ボディ・    真鍮製黒クローム鍍金(マット仕上) 寸法 : 177x45x33mm 重量 : 368g 付属品 : プラスチックケース 備考 : ストレート配列 マウスピース銀鍍金仕様 【特徴】 

HOHNER ホーナー CX-12JAZZ 754601 クロマチックハーモニカ

レビュー平均5点/2
¥27800
Wイイかも

ジャズやポップスのミュージシャンにも馴染みやすいようにリデザインされたモデル。マウスピース部分が唇に完全フィットするようにアールを薄くしています。リードプレートは1.05mm。 樹脂ボディー、c〜d'''、C調

送料無料【ハーモニカ手入れ】の必需品高級ハーモニカクリーナーミント プロ〜初心者までブルースハープ・クロマチックハーモニカ・複音ハーモニカ・テンホールズ・トンボハーモニカ・スズキハーモニカホーナーハーモニカ、トランペットマウスピース等にMBB269.

レビュー平均5点/2
¥520
Wイイかも

↑売れてますハーモニカクリーナー、高級ハーモニカミント大人気!! ◎いいところ! 唇の皮、唾液、手アカなどの汚れがスッキリ! 衛生的!! ★サラッとして拭き心地が良い! ★爽やかな香りで極上のリラックス! ★さらにメントール成分が火照った唇を優しく癒してくれます。 ★植物天然成分100%で、お口に入っても安心無害 ★ブルースハープやクロマチックハーモニカ等に ★トランペット等のマウスピースもOK ★きっと手放せなくなる魔法のミント! ★1本でお手入れ200回以上可能!(容量12ml) ピッカピカの輝きに大満足!! ◆ハーモニカのお手入れ方法 ◎演奏前  必ず うがい又は歯磨きを行いましょう。 (衛生的で雑菌の繁殖を防ぎます) ◎演奏後 1.ハーモニカをよく振って中の水分を取り除きましょう。  注意点!! リードは衝撃に弱いので手などに強くぶつけないように  太ももにタオルを置いてそこにハーモニカを  たたきつけるようにするとgood。 2.本品をハンカチやティッシュに1〜3回スプレーして 本体から先に拭きます。  次に吸い口全体をきれいにします。 3.吸い口の穴の汚れは本品をつけた綿棒できれいにします。  最後に全体を空拭きするとピッカピカ!!  いやな臭いもさようなら〜 複音ハーモニカ・テンホールズ・トンボハーモニカ・スズキハーモニカ・ホーナーハーモニカ、トランペットのマウスピース等の、楽器のお手入れに、楽器のクリーナーにご使用ください。 ※体には無害ですが、本品が付着した手で目をさわらないでください。  (天然のスースー成分が刺激が強い為) ※万一、目に入った場合は、流水で洗ってください。 ※プラスチックや塗装の種類により変色する場合がございます。

スズキ クロマチックハーモニカ SCX-64 【本州・四国・九州への配送料無料】

レビュー平均3点/2
¥21384
Wイイかも

スズキ・クロマチックのスタンダード・モデル。高精度の部品加工による高い気密性により、吹きやすく、素早いレスポンスが得られます。初心者からプロフェッショナルまでご使用いただける、ハイコストパフォーマンスモデル。■音域:16穴 64音 c-d4 スライド式クロマチック■スライドアクション:ロングストローク(クロス配列)■材質:真鍮+クローム鍍金カバー・ABSボディ■寸法:195×45×30mm■重量:250g■付属品:ABSケース返品についてお客様のご都合による返品、交換には一切応じかねます。ご購入の際には必ずご希望の商品かどうかの確認をお願いいたします。知っておいて頂きたいこと※土日祝日は休業日です。営業時間外にいただきましたご注文への対応等は、翌営業日に順次対応させていただきます。 ※画像は実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。 ※掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。 ※当店では、のし紙、メッセージカード等を含むラッピングサービス(ギフト包装)は承っておりません。 ※商品によっては発送用梱包をせずに、個装箱のまま発送されますので、パッケージの外側に発送ラベルが貼り付けられます。関連商品スズキ クロマチックハーモニカ SCX-48販売価格:14,800円(税込)スズキ クロマチックハーモニカ SCX-56販売価格:17,712円(税込)&nbsp;関連ワード: クロマチックハーモニカ / スズキ SCX『楽天Edy初回ポイント設定でもれなく400ポイント!(楽天Edyデビューキャンペーン) 』

SUZUKI/スズキ クロマチックハーモニカ SCX-48

レビュー平均3点/2
¥14800
Wイイかも

★ SUZUKI/スズキ クロマチックハーモニカ SCX-48 (SCX48C) 特徴・機能 どんな商品? 非常に吹きやすいスタンダードモデルです初心者から、プロにまで使用していただける、ハイコストパフォーマンスモデル。スズキが自信を持つリード技術と高気密加工は樹脂製ボディにも吹きやすさと素早いレスポンスを可能にしています。軽やかに拡がるようなサウンドを持つSCXシリーズはプロミュージシャンからに愛好家に至るまで幅広い層のプレイヤーに愛されているコストパフォーマンスの高いモデルです。・音域 12穴 48音 c1〜d4 スライド式クロマチック ・材質 真鍮製クロームメッキカバー・ABSボディ・寸法 155×45×30mm・重量 235g・付属品 ABSース 

在庫あり【ケース付き】HOHNER(ホーナー)クロマチックハーモニカ Super64 :スーパー64【北海道・沖縄県は別途 送料1,000円】

レビュー平均5点/2
¥26000
Wイイかも

●型番:7582-64 ●16穴64音 ●調子:Key = C  ●音域:4オクターブ ●サイズ/W:195mm×H:43mm×D:30mm ●重量/300g ■プレゼントでご購入の場合、簡単ですがプレゼント包装いたします。ご希望の場合は注文時にお申し付け下さい。■ハーモニカについて 一口にハーモニカと言っても様々な種類がございます。 どのハーモニカをお選び頂くかは演奏する音楽のジャンルによって変わってきます。 例えば・・・、 ■童謡、唱歌、演歌、懐メロ → 複音ハーモニカ ■ジャズ、クラシック、ポピュラーなど  → クロマチックハーモニカ ■Jポップ、ロック、ブルース → 10穴ハーモニカ(ブルースハープ) 当店ではその中でも人気商品をご紹介させて頂いております。 ■クロマチック・ハーモニカについて 「クロマチック」とは「半音階」という意味で、クロマチック音階が出せるハーモニカ(=全ての音階が出せるハーモニカ)として登場したためクロマチック・ハーモニカと呼ばれています。 クラシック、ジャズ、ポピュラーをはじめ、あらゆる分野の音楽に今や欠くことのできない楽器として各方面から高い評価を集めています。 ハーモニカ本体のサイド部分にある“スライドレバー"により半音シャープできる仕組みとなっており、1オクターブを完全な12音階で演奏することができます。 4穴毎で1オクターブが構成され、低音から高音までこの配列が連続されたものとなっています。 (詳細は、下記音配列表をご参照下さい。) サウンドは1音に対して1枚のリードが振動するシングルリードトーンです。 音色は比較的優しく暖かい音色となっていますが、演奏者の呼吸法や口の形によって変化に富んだ音色が出せるハーモニカです。 ■HOHNER クロマチックハーモニカの比較 HOHNERのクロマチックハーモニカはとても有名ですが、種類が多くどれを選べばよいのか迷われると思います。当店では中でも売れ筋商品をピックアップし、比較表を作成いたしました。 機種名 型番 定価 穴数 音域 材質 Chrometta-10 253/40 10,500円 10穴 2オクターブ半(G〜d') 樹脂ボディ Chrometta-12 255/48 11,550円 12穴 3オクターブ(c〜d'') 樹脂ボディ Chrometta-14 257/56 13,650円 14穴 3オクターブ半(G〜d'') 樹脂ボディ Chromonica-260 260/40 13,650円 10穴 2オクターブ半(c〜f#'') 木製ボディ Super Chromonica-270 270/48 16,800円 12穴 3オクターブ(c〜d'') 木製ボディ Chromonica-270DX 7540/48DX 19,950円 12穴 3オクターブ(c〜d'') 木製ボディ Chromonica-280 280/64 24,150円 16穴 4オクターブ(C〜d'') 樹脂ボディ CX12-Black 7545/48B 26,250円 12穴 3オクターブ(c〜d'') 樹脂ボディ Super64 7582/64 29,400円 16穴 4オクターブ(C〜d'') 樹脂ボディ Super64-Gold 7583/64 37,800円 16穴 4オクターブ(C〜d'') 樹脂ボディ ※ピンク色が本商品になります。 ■本商品の特長 本商品は16穴のクロマチックハーモニカです。 マウスピースを銀メッキし、なめらかな演奏を可能にしています。また、斬新なカバープレートデザインが現代的な感覚を持たせています。 ■おすすめのポイント 化粧箱付きのため、誕生日などのプレゼントにも大変おすすめです。

HOHNER/ホーナー・クロメッタChrometta-12 255/48

レビュー平均4点/2
¥11880
Wイイかも

ホーナーのハーモニカ「クロメッタ12」は、このシリーズでも最も普及しているタイプで、フルートと同じ音域を持っています。滑らかなマウス・ピース面と大きめのトーン・ホールがシリーズの特徴となっています。《樹脂ボディ、c〜d3オクターブ、C調》

SUZUKI スズキ 書見台 F-100B ブルー

レビュー平均5点/2
¥1290
Wイイかも

コンパクトで便利な卓上譜面台です。 サイズ 縦24cm,横22cm

TOMBO (トンボ)ユニカ No.1244【UNICA】【納期未定】【ご予約受付中】

レビュー平均5点/2
¥9698
Wイイかも

クロマチック・ハーモニカ クロマチック・ハーモニカ、またはスライド式クロマチック・ハーモニカとも呼ばれ、通常ではピアノの白鍵と同じ音、ボタンを押すと半音高い(ピアノの黒鍵)音が出ます。 この操作によって何調の曲でも吹ける設計で、最近は利用される方が大変多くなっています。スティービー・ワンダー、トゥーツ・シールマンス、トミー・ライリー、森本恵夫、崎元譲など多くのプレイヤーが演奏しています。 単音のハーモニカは音をきれいに出す事が比較的難しいと言われますが、呼吸法と口の形によって、メロディーに微妙な表現をつけたり、変化に富んだ音色が出せる楽しいハーモニカです。 複音ハーモニカからの持ち替えに最適 複音ハーモニカと同じ音配列になっていますので、吹音はド・ミ・ソ、吸音はレ・ファ・ラ・シとなっています。複音ハーモニカのようにベース(リズム伴奏)を入れて吹く事が出来ます。複音ハーモニカからの持ち替えも違和感が少なく、これからクロマチックハーモニカをはじめる方にも最適です。 バルブレスの吹き易さ バルブ皮の無いシンプルな設計なので、初心者の方でも比較的吹き易くなっています。 従来のクロマチックハーモニカは空気漏れを防ぐ為に、バルブ皮を使用していますが、ユニカは1穴2音にすることにより、バルブ皮なしでコントロールが可能になり、吹き易さを実現しました。 スペック &#9830;22穴44音 &#9830;スライド式フルクロマチック &#9830;化粧箱入り &#9830;サイズ:W190 x H37 x D26mm &#9830;重量:167g &#9830;配列:複音ハーモニカ配列 &#9830;音域:c1〜C#4  ●店舗へのご来店について webご案内の該当商品が店舗に展示していない場合がございますので、店舗ご来店にて商品をご購入・ご確認をご希望の際は事前に店舗あてにご確認ください。 楽器の詳細及び通信販売の手続き方法で不明な点は、 お電話かe-mailにてお問い合わせ下さい。 全国通信販売も承ります。 楽器の詳細及び通信販売の手続き方法は、 お電話かe-mailにてお問い合わせ下さい。 お問い合わせは下記までどうぞ!! クロサワ楽器御茶ノ水駅前店 東京都千代田区神田駿河台2-2-2 TEL 03-3293-5625 

【as】TOMBO/トンボ No.1244 UNICA(ユニカ) クロマチックハーモニカ【RCP】【P2】

レビュー平均5点/2
¥9690
Wイイかも

【商品説明】 ■複音ハーモニカからの持ち替えに最適 複音ハーモニカと同じ音配列になっていますので、吹音はド・ミ・ソ、吸音はレ・ファ・ラ・シとなっています。複音ハーモニカのようにベース(リズム伴奏)を入れて吹く事が出来ます。複音ハーモニカからの持ち替えも違和感が少なく、これからクロマチックハーモニカをはじめる方にも最適です。 ■バルブレスの吹き易さ バルブ皮の無いシンプルな設計なので、初心者の方でも比較的吹き易くなっています。 従来のクロマチックハーモニカは空気漏れを防ぐ為に、バルブ皮を使用していますが、ユニカ・フォーマルは1穴2音にすることにより、バルブ皮なしでコントロールが可能になり、吹き易さを実現しました。 【クロマチック・ハーモニカ】 クロマチック・ハーモニカ、またはスライド式クロマチック・ハーモニカとも呼ばれ、通常ではピアノの白鍵と同じ音、ボタンを押すと半音高い(ピアノの黒鍵)音が出ます。 この操作によって何調の曲でも吹ける設計で、最近は利用される方が大変多くなっています。スティービー・ワンダー、トゥーツ・シールマンス、トミー・ライリー、森本恵夫、崎元譲など多くのプレイヤーが演奏しています。呼吸法と口の形によって、メロディーに微妙な表現をつけたり、変化に富んだ音色が出せる楽しいハーモニカです。 従来型のクロマチックハーモニカは空気漏れを防ぐ為に、バルブ皮を使用しています。単音のハーモニカは音をきれいに出す事が比較的難しいといわれます。その上バルブをコントロールするということがクロマチックハーモニカの難しさとなっていました。 弊社では、上級者向けのバルブ式の他、手軽にクロマチックを楽しめるバルブを使用しないモデルもラインナップしています。 【仕様】 22穴44音 スライド式フルクロマチック 化粧箱入り サイズ:W190 x H37 x D26mm(およそのサイズとなります。) 重量:約167g 配列:複音ハーモニカ配列 音域:c1〜C#4

SUZUKI/スズキ 【納期10月末以降】 クロマチックハーモニカ SCX-56

レビュー平均3点/2
¥17712
Wイイかも

★ SUZUKI/スズキ 【納期10月末以降】 クロマチックハーモニカ SCX-56 (SCX56C) 特徴・機能 どんな商品? 非常に吹きやすいスタンダードモデルですプロの演奏家にも愛されている、ハイコストパフォーマンスモデル。非常に吹きやすく、初めてクロマチックハーモニカを購入される方で「ちょっとリッチなものが欲しい」という方にはお薦めです。・音域 14穴 56音 g〜d4 スライド式クロマチック・材質 真鍮製クロームメッキカバー・樹脂ボディ・寸法 175×45×30mm・重量 227g・付属品 プラケース 

@スポンサー