【特典付!】【送料込】JBL STUDIO 290 BRN(ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均5点/1
¥123600
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL 独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップスタジオ2シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL 独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7 つのモデルから製品構成されています。・JBL ノースリッジラボによる開発、設計・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン・25mm 径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用・100mm 径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載(フロアスタンド・モデルのみ)・優れたユニット類を活かすネットワーク・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット・エレガントなキャビネットデザイン・マルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成STUDIO 290 BRN2×20cm 3way Floorstanding Speaker System8 インチ径PolyPlasTM コーン・ウーファーを2 本パラレルで搭載したSTUDIO 2シリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。形式: 2×200mm 径3Way フロアーシステム出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 91 dB定格インピーダンス: 8 Ω周波数特性: 28 Hz ? 22 kHzクロスオーバー周波数: 550 Hz, 3.8 kHz (-12dB/oct.)推奨アンプ出力: 20〜225W外形寸法 W x H x D(グリル含む): 273 x 1,197 x 330(352) mm本体重量: 25.0kg

JBL - ARENA180BK(1本)

レビュー平均4点/1
¥35500
Wイイかも

※ご注文は2本単位でお願いします。 本物志向のサウンドを手軽に楽しむことができるスピーカーシステム「JBL ARENA」 音楽や映画などのリアルサウンドをより本格的にお楽しみいただけるJBLのホームエンターテインメント用スピーカー「ARENAシリーズ」で、自宅でのひとときをより豊かにします。 「ARENAシリーズ」は、プロ直系の音質と優れたコストパフォーマンスを兼ね備えたスピーカーシステムです。銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBLが、プロ用モニタースピーカーのために開発した最新のホーン技術を採用することによりクラスを超えた高い音響性能を実現しました。力強く抜けの良いJBLサウンドが音楽や映画の楽しさをフルに引き出します。また、様々な雰囲気の部屋にあうファニチャーライクで洗練されたデザインは、音響工学に基づいた設計で、ユニットの性能を最大限に引き出します。音楽再生用のシステムとしてはもちろん、本格的なAVマルチチャンネルシステムを組むこともでき、リスニング環境やリスニングスタイルに合わせた柔軟なアレンジが可能です。 JBL ARENAシリーズの主な特徴 最新プロフェショナルモニターの技術を投入。クリアな音質とバランスのとれた音響を生む、高感度HDIホーン・ツイーター搭載。 ARENAシリーズ全モデルの高域ユニットには、クリアでしなやかな音質が特長の25mm径ソフトドーム・ツイーターと、JBLの最新モニタースピーカーのために開発されたHDI(High Definition Imaging)技術を用いたウェーブガイド・ホーンを採用。ホーンシステムならではの高感度で緻密なディテール表現と、広く一定した定指向特性により、リスニングルームの広いエリアにおいて自然な臨場感と整った音響バランスのサウンドを楽しむことができます。 力強く溌剌とした低域再生で、立体感豊かなサウンド空間を創出するファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファーを採用。 全モデルの低域ユニットにはファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファーを搭載。入力信号に対して極めて正確に反応し、歪み感が少ないファイバーコンポジット・パルプコーンを採用したことで、JBLならではのダイナミックかつパワフルな低域再生を実現しました。立体感豊かなサウンド空間を再現し、高音質デジタルソースの魅力も余さず引き出します。 洗練されたデザインのキャビネット 様々な雰囲気の部屋にマッチする、シンプルでスタイリッシュなデザインのキャビネット。 音響性能にも優れており、回析効果を最小化するためにエッジ部を丸めたサイドパネルと、内部定在波を防いだ楔形のキャビネットによりユニットの性能を最大限に引き出します。 統一された音質と、一体感のある優れた空間再現性 全モデルにおいて同一のHDIホーン・ツイーター(SUB 100P BKは除く)と基本設計が共通したファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファーを搭載したことで、シリーズ全機種のトーンキャラクターを均一化。 サラウンドシステムの構築においても、より自然でリアルなサウンド空間を再現します。 JBL ARENAシリーズの主な仕様 製品名ARENA 180ARENA 120ARENA 125CSUB 100P 形式178mm径×2140mm径140mm径×2250mm径アクティブ 2ウェイ・フロア型スピーカー2ウェイ・ブックシェルフ型スピーカー2ウェイ・センタースピーカーサブウーハー 使用ユニット中低域:178mm径ファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファー×2中低域:140mm径ファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファー中低域:140mm径ファイバーコンポジット・パルプコーン・ウーファー×2— 高域:25mm径ソフトドーム・ツイーター+ホーン高域:25mm径ソフトドーム・ツイーター+ホーン高域:25mm径ソフトドーム・ツイーター+ホーン— 入力———RCA 内蔵アンプ———100WクラスDアンプ 周波数特性39Hz〜40kHz100Hz〜40kHz90Hz〜40kHz41Hz〜fc インピーダンス8Ω8Ω8Ω— 出力音圧レベル(2.83V/1m)88dB86dB89dB— 推奨アンプ出力(8Ω)20W〜225W20W〜100W20W〜150W— クロスオーバー周波数2.1kHz2.5kHz2.5kHz50Hz〜150Hz(連続可変) 寸法(幅×高さ×奥行)※グリル含む217×1,086×314mm188×341×113mm546×179×200mm368×364×406mm 重量15.2kg3.5kg7.0kg10.9kg

JBL スピーカー STUDIO 580CH ペア 新品

レビュー平均5点/1
¥172000
Wイイかも

JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた 独創的なスピーカーシステム。 「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。 STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。 特徴 ・優れた空間再現能力を発揮するバーティカル・ホーンアレンジ採用 ・高度なシステムインテグレーション ・全機種に新開発Teonexダイアフラム採用のネオジューム・コンプレッションドライバー搭載 ・新開発の低歪ウーファー搭載 仕様 形式2ウェイフロア型スピーカー 使用ユニット LF165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2            HF25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H) インピーダンス6Ω 許容入力200W 出力音圧レベル90dB(2.83V/1m) 周波数特性30Hz〜40kHz クロスオーバー周波数1.5kHz 寸法(W×H×D)250×1,069×348mm(脚部含む) 重量22.2kg バイワイヤリング ○

【送料無料】JBL(ジェービーエル)3ウェイ トールボーイスピーカー(1台)STUDIO290BRN

レビュー平均0点/0
¥77414
Wイイかも

◆JBLノースリッジラボによる開発、設計◆25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用◆200mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載◆コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット◆JBL 独自の定指向性ホーンデザイン◆100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載◆優れたユニット類を活かすネットワーク◆エレガントなキャビネットデザインJBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。

【送料無料】JBL 3ウェイ トールボーイスピーカー(1台)STUDIO290BRN

レビュー平均0点/0
¥77414
Wイイかも

◆JBLノースリッジラボによる開発、設計◆25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用◆200mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載◆コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット◆JBL 独自の定指向性ホーンデザイン◆100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載◆優れたユニット類を活かすネットワーク◆エレガントなキャビネットデザインJBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。

JBL STUDIO 290 BRN (1台)JBL フロア型スピーカー

レビュー平均0点/0
¥69984
Wイイかも

■25mm径セラミック・メタル・マトリックス・  ダイアフラム・ドームツイーター採用 ■JBL 独自の定指向性ホーンデザイン ■100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載 ■200mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載 ■優れたユニット類を活かすネットワーク ■継ぎ目の無いラウンドエッジ構造のキャビネット ・形式:2×200mm径 3Wayフロアーシステム ・インピーダンス:8Ω ・出力音圧レベル:91dB(2.83V/1m) ・周波数特性:28Hz〜22kHz ・クロスオーバー周波数:800Hz、3.6kHz(-12dB/oct.) ・推奨アンプ出力:20〜225W ・寸法(W×H×D):273×1,197×330(352)mm(グリル含む) ・重量:25.0kg

JBL スピーカー STUDIO 290 BRN ペア 新品

レビュー平均0点/0
¥139968
Wイイかも

JBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。 「STUDIO 2」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7つのモデルから製品構成されています。 STUDIO290BRNは、8インチ径PolyPlasコーン・ウーファーを2本パラレルで搭載したSTUDIO2シリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。 特長 ・JBLノースリッジラボによる開発、設計 ・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン ・25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用 ・100mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載 ・優れたユニット類を活かすネットワーク ・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット ・エレガントなキャビネットデザイン 仕様 形式 2×200mm径 3Wayフロアーシステム インピーダンス 9Ω 出力音圧レベル 91dB(2.83V/1m) 周波数特性 28Hz〜22kHz クロスオーバー周波数 550Hz、3.8kHz(-12dB/oct.) 推奨アンプ出力 20〜225W 寸法(W×H×D) 273×1,197×330(352)mm(グリル含む) 重量 25.0kg

【送料無料】 JBL 3ウェイ トールボーイスピーカー(1本)STUDIO290BRN

レビュー平均0点/0
¥77414
Wイイかも

※こちらの商品は1本での販売です。2本ずつでのご注文をお願いいたします。◆JBLノースリッジラボによる開発、設計◆25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用◆200mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載◆コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット◆JBL 独自の定指向性ホーンデザイン◆100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載◆優れたユニット類を活かすネットワーク◆エレガントなキャビネットデザイン 機能項目本体サイズ(H×W×D) mm1197×273×330(352)mm(グリル含む)本体重量25.0kg形式3Wayフロアーシステム再生周波数帯域28Hz〜22kHzインピーダンス9Ωクロスオーバー周波数550Hz、3.8kHz(-12dB/oct.)

JBL - STUDIO-290BRN(1本)

レビュー平均0点/0
¥69120
Wイイかも

※ご注文は2本単位でお願いします。 JBL STUDIO-290BRN 主な仕様 形式 2×200mm径 3Wayフロアーシステム インピーダンス 9Ω 出力音圧レベル 91dB(2.83V/1m) 周波数特性 28Hz?22kHz クロスオーバー周波数 550Hz、3.8kHz(-12dB/oct.) 推奨アンプ出力 20〜225W 寸法(W×H×D) 273×1,197×330(352)mm(グリル含む) 重量 25.0kg

【特典付!】【ポイント2倍】【送料込】JBL STUDIO 290 BRN(ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥123600
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL 独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップスタジオ2シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL 独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7 つのモデルから製品構成されています。・JBL ノースリッジラボによる開発、設計・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン・25mm 径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用・100mm 径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載(フロアスタンド・モデルのみ)・優れたユニット類を活かすネットワーク・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット・エレガントなキャビネットデザイン・マルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成STUDIO 290 BRN2×20cm 3way Floorstanding Speaker System8 インチ径PolyPlasTM コーン・ウーファーを2 本パラレルで搭載したSTUDIO 2シリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。形式: 2×200mm 径3Way フロアーシステム出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 91 dB定格インピーダンス: 8 Ω周波数特性: 28 Hz ? 22 kHzクロスオーバー周波数: 550 Hz, 3.8 kHz (-12dB/oct.)推奨アンプ出力: 20〜225W外形寸法 W x H x D(グリル含む): 273 x 1,197 x 330(352) mm本体重量: 25.0kg

JBL S3900(1台) JBL スピーカー

レビュー平均0点/0
¥323881
Wイイかも

JBL 伝統の ホーン&コンプレッション・ドライバーを搭載しながら、 10インチ(25cm)径ウーファーをダブルで搭載する事で、 十分な低域エネルギーと共に スリムなトールボーイスタイルを実現。 形式:2×250mm径3ウェイ・フロアスタンディング・スピーカー 使用ユニット:  LF:250mm径ファイバーコンポジット・    パルプコーンウーファー(100FE-12)×2  HF:50mm径アクアプラス・コーティング・   ピュアチタン・ダイアフラム    ネオジム・コンプレッションドライバー(175Nd-3)  +38mm径スロート・バイラジアルホーン  UHF:19mm径ピュアチタンダイアフラム    ネオジム・コンプレッションドライバー(139Nd)    +10mm径スロート・バイラジアルホーン ホーン指向特性:HF水平90°×垂直60°         UHF水平60°×垂直30° 許容入力:250W(RMS) 周波数特性:33Hz〜40kHz(-6dB) 低域再生能力:25Hz(-10dB) インピーダンス:6Ω 出力音圧レベル:92dB(2.83V/1m) クロスオーバー周波数:   850Hz(-18dB/oct. LP, -12dB/oct. HP)   12kHz(-12dB/oct. LP, -24dB/oct. HP) 寸法(W×H×D):370×1,007(スパイク含まず)×368mm 重量:39.0kg

JBL S4700(1台) JBLフロアスタンディング・スピーカー

レビュー平均0点/0
¥471154
Wイイかも

JBL伝統のユニット構成である15インチ径ウーファーと 2インチ径コンプレッションドライバーによる 2ウェイ構成を基に、3/4インチ径コンプレッションドライバーを 超高域拡張用として組み合わせた3ウェイ構成。 ■低域ユニットには、JBL伝統の15インチ(38cm)径  ウーファーの最新モデル"2216Nd"を搭載。 ■中高域ユニットには、伝統の2インチ(5cm)径  LE175系コンプレッション・ドライバーの 最新モデル"175Nd-3"を搭載。 ■超高域ユニットに、  JBL最小サイズの3/4インチ(1.9cm)径  コンプレッションドライバー"138Nd"を搭載。 ■中高域と超高域ドライバーのためのホーンには、  上位機種に採用され定評のあるSonoGlass™を用いた  専用設計のHF/UHFコンビネーション・バイラジアルホーンを採用。 ■キャビネット素材には  質量と剛性の高い1インチ(25mm)厚MDFボードを採用。  フロントバッフルはアルミ・ヘアライン調仕上げを施した  15mm厚MDF製サブバッフルにより強化。 形式:380mm径3ウェイ・フロアスタンディング・スピーカー インピーダンス:6Ω 許容入力:300W(RMS) 出力音圧レベル:94dB(2.83V/1m) 周波数特性:38Hz〜40kHz(-6dB) クロスオーバー周波数:800Hz、12kHz 寸法:(W)500×(H)1,068(スパイク含まず)×(D)371mm 重量:54.5kg

JBL スピーカー STUDIO 270 BRN ペア 新品

レビュー平均0点/0
¥91368
Wイイかも

JBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。 「STUDIO 2」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7つのモデルから製品構成されています。 STUDIO270BRNは、6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーを1本搭載したトールボーイシステムです。スリムなキャビネットながら十分な口径の強力なウーファーによるスピード感と量感豊かな低域、ホーンツイーターによる明瞭な中高域が、様々なソースで魅力を発揮します。設置性の高さも魅力の実力機です。 特長 ・JBLノースリッジラボによる開発、設計 ・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン ・25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用 ・100mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載 ・優れたユニット類を活かすネットワーク ・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット ・エレガントなキャビネットデザイン 仕様 形式 165mm径 3Wayフロアーシステム インピーダンス 8Ω 出力音圧レベル 88dB(2.83V/1m) 周波数特性 35Hz〜22kHz クロスオーバー周波数 750Hz、3.4kHz(-12dB/oct.) 推奨アンプ出力 20〜200W 寸法(W×H×D) 237×1,010×244(267)mm(グリル含む) 重量 16.1kg

JBL - STUDIO-270BRN(1本)

レビュー平均0点/0
¥40383
Wイイかも

※ご注文は2本単位でお願いします。 形式 165mm径 3Wayフロアーシステム インピーダンス 8Ω 出力音圧レベル 88dB(2.83V/1m) 周波数特性 35Hz?22kHz クロスオーバー周波数 750Hz、3.4kHz(-12dB/oct.) 推奨アンプ出力 20〜200W 寸法(W×H×D) 237×1,010×244(267)mm(グリル含む) 重量 16.1kg

【ポイント2倍】【送料込】JBL STUDIO 270 BRN(ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥80700
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL 独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップスタジオ2シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL 独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7 つのモデルから製品構成されています。・JBL ノースリッジラボによる開発、設計・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン・25mm 径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用・100mm 径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載(フロアスタンド・モデルのみ)・優れたユニット類を活かすネットワーク・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット・エレガントなキャビネットデザイン・マルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成STUDIO 270 BRN16.5cm 3way Floorstanding Speaker System6.5 インチ径PolyPlasTMコーン・ウーファーを1 本搭載したトールボーイシステムです。スリムなキャビネットながら十分な口径の強力なウーファーによるスピード感と量感豊かな低域、ホーンツイーターによる明瞭な中高域が、様々なソースで魅力を発揮します。設置性の高さも魅力の実力機です。形式: 165mm 径3Way フロアーシステム出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 88 dB定格インピーダンス: 8Ω周波数特性: 35 Hz ? 22 kHzクロスオーバー周波数: 750Hz, 3.4 kHz( -12dB/oct.)推奨アンプ出力: 20〜200W外形寸法 W x H x D(グリル含む): 237 x 1,010 x 244(267) mm本体重量: 16.1kg

JBL STUDIO 270 BRN(1台)JBL スピーカー

レビュー平均0点/0
¥45684
Wイイかも

■25mm径セラミック・メタル・マトリックス・  ダイアフラム・ドームツイーター採用 ■JBL 独自の定指向性ホーンデザイン ■100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載 ■165mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載 ■優れたユニット類を活かすネットワーク ■継ぎ目の無いラウンドエッジ構造のキャビネット ・形式:165mm径 3Wayフロアーシステム ・インピーダンス:8Ω ・出力音圧レベル:88dB(2.83V/1m) ・周波数特性:35Hz〜22kHz ・クロスオーバー周波数:750Hz、3.4kHz(-12dB/oct.) ・推奨アンプ出力:20〜200W ・寸法(W×H×D):237×1,010×244(267)mm(グリル含む) ・重量:16.1kg

【特典付!】【ポイント2倍】【送料込】JBL STUDIO 580CH/ペア 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥168000
Wイイかも

決済方法ついて誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、お支払いは銀行振込、ショッピングローンのみとさせて頂いております。代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。 JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○おすすめ商品JBL STUDIO 580CH/ペア 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker

【ポイント2倍】【送料込】JBL STUDIO 580CH/1本 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥88360
Wイイかも

決済方法ついて誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、お支払いは銀行振込、ショッピングローンのみとさせて頂いております。代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。 JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○

【送料無料】JBL(ジェービーエル)STUDIO 580CH (2ウェイフロア型スピーカー/一台単位/チェリー) (STUDIO580CH)

レビュー平均0点/0
¥107654
Wイイかも

◆優れた空間再現能力を発揮するバーティカル・ホーンアレンジ採用・JBL独自のコンスタントダイレクティビティー・バイラジアルホーンを縦長に用いたバーティカル・ホーンアレンジメントを採用。コンプレッション・ドライバー&ホーン型ならではの高い音像リアリティーを持ちながら、広く鮮明な音場空間再現能力をも獲得しています。◆高度なシステムインテグレーション・中高域用回路と低域用回路を別々の基板にレイアウトし干渉を防いだセパレート設計のネットワークと二組のインプットターミナルの装備により、バイワイヤー接続や内蔵ネットワークによるバイアンプ駆動に対応。◆全機種に新開発Teonexダイアフラム採用のネオジューム・コンプレッションドライバー搭載・シリーズ全機種の高域ユニットに、新開発Teonexダイアフラム採用のネオジューム・コンプレッションドライバーを採用。世界中のコンサートで活躍するJBLのSRスピーカーのためにJBL Professional Divisionにより開発された、高い解像度と明瞭度を誇るドライバーユニットです。◆新開発の低歪ウーファー搭載・パルプコーンをベースに、独自のコーティングを施し有害な分割振動を抑えたPolyPlas(ポリマーコーティング・ファイバーセルロース)コーンを採用。6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステム

【送料無料】JBL STUDIO 580CH (2ウェイフロア型スピーカー/一台単位/チェリー) (STUDIO580CH)

レビュー平均0点/0
¥107654
Wイイかも

◆優れた空間再現能力を発揮するバーティカル・ホーンアレンジ採用・JBL独自のコンスタントダイレクティビティー・バイラジアルホーンを縦長に用いたバーティカル・ホーンアレンジメントを採用。コンプレッション・ドライバー&ホーン型ならではの高い音像リアリティーを持ちながら、広く鮮明な音場空間再現能力をも獲得しています。◆高度なシステムインテグレーション・中高域用回路と低域用回路を別々の基板にレイアウトし干渉を防いだセパレート設計のネットワークと二組のインプットターミナルの装備により、バイワイヤー接続や内蔵ネットワークによるバイアンプ駆動に対応。◆全機種に新開発Teonexダイアフラム採用のネオジューム・コンプレッションドライバー搭載・シリーズ全機種の高域ユニットに、新開発Teonexダイアフラム採用のネオジューム・コンプレッションドライバーを採用。世界中のコンサートで活躍するJBLのSRスピーカーのためにJBL Professional Divisionにより開発された、高い解像度と明瞭度を誇るドライバーユニットです。◆新開発の低歪ウーファー搭載・パルプコーンをベースに、独自のコーティングを施し有害な分割振動を抑えたPolyPlas(ポリマーコーティング・ファイバーセルロース)コーンを採用。6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステム

【ポイント2倍】【送料込】JBL ARENA 180 BK (ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥71710
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL HERITAGEJBL独自のホーンサウンドを手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップARENA(アリーナ)シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオリスニング用システムとしてはもちろん、AVマルチチャンネル用システムとしても、リスニング環境、リスニングスタイルへの柔軟な対応をお手頃な価格で実現しています。Designed and Engineered in U.S.A.JBLノースリッジラボによる開発、設計STUDIO 2シリーズの全モデルは、世界有数の研究施設を誇るカリフォルニア州ノースリッジのJBLラボにより開発され、独自のダブルブラインド・リスニングテストにより、JBL製品を含む競合製品との厳しい比較評価を経て開発されています。HDI (High Definition Imaging) HornJBL 独自の定指向性ホーンデザインJBL Professional Divisionにより、最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド/ホーンを高域ユニットに採用。ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と共に、広く一定な定指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音響バランスをお楽しみいただけます。1-inch Soft Dome HF Unit25mm径ソフトドーム・ダイアフラム採用25mm径ドームツイータに、歪の少ないしなやかな音色のソフトドーム・ダイアフラムを採用。穏やかで自然な中高域再生と共に40kHzに渡る超高域再生能力を誇るARENAシリーズ用オリジナルユニットです。Polycellulose Fiber-composite Cone LF Driverポリセルローズ・ファイバーコンポジットコーン・ウーファー搭載ソフトドーム・ダイアフラム採用のHFユニットと音色的に良好なマッチングを果たしながら、歪の少ない正確なピストニック・モーションを果たすために、繊維の長いポリセルローズ・ファイバーを加え剛性と適度な内部損失を持たせたパルプコーン・ウーファーを搭載。JBLならではのダイナミックでパワフルな低音再生能力を果たします。Dividing Network優れたユニット類を活かすネットワーク各ユニット間のスムーズなつながりを果たすと共に、均一で安定した指向特性を果たすためにコンピューター・シミュレーションにより最適化されたネットワークデザイン。3rdオーダー(-18dB/oct)の急峻なカーブを用いることで高域のパワーハンドリングに余裕を持たらせています。Bass Reflex Cabinetコンピューター・シミュレーションにより最適化されたバスレフ・キャビネットキャビネット縦板の共振、たわみを防ぐ窓枠形状の内部ブレーシングが施されたMDF製キャビネットは、低域レスポンスを改善しウーファーユニットの高い応答性を余すことなく引き出しています。左右側板を後方に向かって絞り込んだ楔型形状にすることで平行面を無くし、内部定在波を最小化したキャビネットは、天板にも傾斜を設け特にトールボーイ型スピーカーで影響の大きい縦方向の定在波をも排除し、音のカラーレーションを徹底的に抑えています。さらに、各ユニットのシームレスなつながりを果たすためコンピューター・シミュレーションにより最適化されたユニットレイアウトと、回折効果を最小化するためにエッジ部を丸めたキャビネット構造により、鮮明なサウンドイメージ、活き活きとした3Dサウンドステージをもたらします。ポートノイズを抑え、自然な低域レスポンスを果たすエアフロー形状のバスレフポートを採用し、ポートを背面に装備することで、リスニングポジションにおけるS/N比の改善を果たしています(ARENA 120を除く)。Cabinet Finish洗練されたキャビネットデザイン回折効果を最小化するためにエッジ部を丸めたサイドパネルと、内部定在波を防いだ楔形キャビネットは、シンプルでスタイリッシュな外観デザインをもたらしています。さらに、上下にメタル調トリムをあしらったグリルフレームが高級感を高めています。トールボーイのフロアー型モデルARENA180には、床との干渉を防ぐラバーフットをキャビネット底面に装備。さらに付属の高さ調整機能つきスパイクを装着することで、床面との干渉を最小化することが出来ます。System Lineupマルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成ARENAシリーズは、本格的な大型フロアー型スピーカーシステムと壁面取り付けが可能でサラウンドスピーカーとしても使えるコンパクトなブックシェルフモデル、シリーズ機器とのベストマッチングを果たすセンタースピーカーに強力なアクティブサブウーファーを加えたAV/シアターにも対応するマルチパーパスなスピーカーシステム・ラインアップです。同一ダイアフラム&ホーン採用の高域ユニットと基本設計を共通化させた同一ダイアフラム素材のウーファーを搭載。シリーズ総てのシステムのトーンキャラクターを統一させることにより、統一された音質と一体感のある空間再現性を持ったマルチチャンネル・システムの構築が可能です。7インチ径ファイバーコンポジット・コーンウーファーを2本パラレルで搭載したアリーナシリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。 形式: 2×178mm径2Wayフロア型スピーカー出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 88 dB 定格インピーダンス: 8 Ω 周波数特性: 39 Hz - 40 kHz クロスオーバー周波数: 2.1 kHz (-18dB/oct.) 推奨アンプ出力: 20〜225W 外形寸法 W x H x D(グリル含む): 217 x 1,086 x 314 mm 本体重量: 15.2kg

【送料込】JBL ARENA 180 BK (ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥71000
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL HERITAGEJBL独自のホーンサウンドを手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップARENA(アリーナ)シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオリスニング用システムとしてはもちろん、AVマルチチャンネル用システムとしても、リスニング環境、リスニングスタイルへの柔軟な対応をお手頃な価格で実現しています。Designed and Engineered in U.S.A.JBLノースリッジラボによる開発、設計STUDIO 2シリーズの全モデルは、世界有数の研究施設を誇るカリフォルニア州ノースリッジのJBLラボにより開発され、独自のダブルブラインド・リスニングテストにより、JBL製品を含む競合製品との厳しい比較評価を経て開発されています。HDI (High Definition Imaging) HornJBL 独自の定指向性ホーンデザインJBL Professional Divisionにより、最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド/ホーンを高域ユニットに採用。ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と共に、広く一定な定指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音響バランスをお楽しみいただけます。1-inch Soft Dome HF Unit25mm径ソフトドーム・ダイアフラム採用25mm径ドームツイータに、歪の少ないしなやかな音色のソフトドーム・ダイアフラムを採用。穏やかで自然な中高域再生と共に40kHzに渡る超高域再生能力を誇るARENAシリーズ用オリジナルユニットです。Polycellulose Fiber-composite Cone LF Driverポリセルローズ・ファイバーコンポジットコーン・ウーファー搭載ソフトドーム・ダイアフラム採用のHFユニットと音色的に良好なマッチングを果たしながら、歪の少ない正確なピストニック・モーションを果たすために、繊維の長いポリセルローズ・ファイバーを加え剛性と適度な内部損失を持たせたパルプコーン・ウーファーを搭載。JBLならではのダイナミックでパワフルな低音再生能力を果たします。Dividing Network優れたユニット類を活かすネットワーク各ユニット間のスムーズなつながりを果たすと共に、均一で安定した指向特性を果たすためにコンピューター・シミュレーションにより最適化されたネットワークデザイン。3rdオーダー(-18dB/oct)の急峻なカーブを用いることで高域のパワーハンドリングに余裕を持たらせています。Bass Reflex Cabinetコンピューター・シミュレーションにより最適化されたバスレフ・キャビネットキャビネット縦板の共振、たわみを防ぐ窓枠形状の内部ブレーシングが施されたMDF製キャビネットは、低域レスポンスを改善しウーファーユニットの高い応答性を余すことなく引き出しています。左右側板を後方に向かって絞り込んだ楔型形状にすることで平行面を無くし、内部定在波を最小化したキャビネットは、天板にも傾斜を設け特にトールボーイ型スピーカーで影響の大きい縦方向の定在波をも排除し、音のカラーレーションを徹底的に抑えています。さらに、各ユニットのシームレスなつながりを果たすためコンピューター・シミュレーションにより最適化されたユニットレイアウトと、回折効果を最小化するためにエッジ部を丸めたキャビネット構造により、鮮明なサウンドイメージ、活き活きとした3Dサウンドステージをもたらします。ポートノイズを抑え、自然な低域レスポンスを果たすエアフロー形状のバスレフポートを採用し、ポートを背面に装備することで、リスニングポジションにおけるS/N比の改善を果たしています(ARENA 120を除く)。Cabinet Finish洗練されたキャビネットデザイン回折効果を最小化するためにエッジ部を丸めたサイドパネルと、内部定在波を防いだ楔形キャビネットは、シンプルでスタイリッシュな外観デザインをもたらしています。さらに、上下にメタル調トリムをあしらったグリルフレームが高級感を高めています。トールボーイのフロアー型モデルARENA180には、床との干渉を防ぐラバーフットをキャビネット底面に装備。さらに付属の高さ調整機能つきスパイクを装着することで、床面との干渉を最小化することが出来ます。System Lineupマルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成ARENAシリーズは、本格的な大型フロアー型スピーカーシステムと壁面取り付けが可能でサラウンドスピーカーとしても使えるコンパクトなブックシェルフモデル、シリーズ機器とのベストマッチングを果たすセンタースピーカーに強力なアクティブサブウーファーを加えたAV/シアターにも対応するマルチパーパスなスピーカーシステム・ラインアップです。同一ダイアフラム&ホーン採用の高域ユニットと基本設計を共通化させた同一ダイアフラム素材のウーファーを搭載。シリーズ総てのシステムのトーンキャラクターを統一させることにより、統一された音質と一体感のある空間再現性を持ったマルチチャンネル・システムの構築が可能です。7インチ径ファイバーコンポジット・コーンウーファーを2本パラレルで搭載したアリーナシリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。 形式: 2×178mm径2Wayフロア型スピーカー出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 88 dB 定格インピーダンス: 8 Ω 周波数特性: 39 Hz - 40 kHz クロスオーバー周波数: 2.1 kHz (-18dB/oct.) 推奨アンプ出力: 20〜225W 外形寸法 W x H x D(グリル含む): 217 x 1,086 x 314 mm 本体重量: 15.2kg

【送料込】ジェイビーエル JBL STUDIO 580CH/1本 /2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥87480
Wイイかも

決済方法について誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。こちらの商品は一部の地域*を除き送料無料(送料込)です。*北海道・沖縄へのお届けは別途、送料が必要になりますので、ご注文の前にご連絡下さい。送料をお知らせいたします。 ★商品の説明★JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○

JBL - STUDIO-580CH(1本)

レビュー平均0点/0
¥87480
Wイイかも

※ご注文は2本単位でお願いします。 Studio 5 Series のベスト・バランスモデル!"JBL STUDIO-580CH" STUDIO580CHは、レスポンスと量感を両立する6.5インチ径のウーファーユニットを2本パラレルで搭載した、STUDIO 5シリーズのバランス・モデルです。 ホーンらしい歯切れ良い音質と大型スピーカー並みの量感のある低音がバランスよく両立し、音楽のジャンルを選ばずに楽しい音で鳴ります。 JBL STUDIO-580CH主な仕様 方式:2Wayフロア型 ツィーター:25mmホーン型 ウーファー:φ165mm × 2 インピーダンス:6Ω 最大許容入力:200W 出力音圧レベル:90dB 周波数特性:30Hz-40kHz クロスオーバー周波数:1,500Hz 外形寸法(脚部含む):W250×H1069×D348mm 質量:22.2Kg 音質試聴テストレポート 【評価】JAZZインストルメンタル、フュージョン、POPS向き 再びアンプの音量をそのままにしてスピーカーをつなぎ替えると、今度はかなり音が大きくなりました。570CHと580CHのカタログの出力音圧レベルの違いは、530CH-570CHとおなじ2dBですが、音量の違いは570CH-580CHの方が大きく感じられました。 アンプのボリュームを絞り、音量を同じにして試聴を開始します。ツィーターの歯切れ良さは、570CHとそれほど大きく変わるわけではありませんが、低音はかなり豊かに感じられます。ちなみにカタログでの再生周波数帯域の下限は、570CHの38Hzから580CHでは30Hzと大きく向上しています。カタログスペックはあまり信用できないと主張する私ですが、今回の試聴結果とカタログの周波数特性は正確に対応しているようです。 ウーファーのサイズが530/570CHの133mmから、580CHでは165mmと大きくなったことでツィーターとの繋がり間(クロスオーバー周波数1.5kHz)近辺の音が少し「薄く」感じられます。トランペットの劈くような透明感が少し失われ、高域に少し濁りが出てきます。ボーカルはウーファーが大きくなったことが原因で、わずかに艶が減りさっぱりとします。そのためボーカルの色気や表現力では530/570CHに譲るようです。しかし、それは530/570CHを褒めるべきです。580CHでもボーカル帯域の表現力は良好ですから、心配はありません。 このように570CHに比べややクオリティーが失われた感のある高音に比べ、低音の量感は大幅にアップしています。ウッドベースは腹に響く重低音を伴って低く唸ります。バスドラムは空気を揺らす感じまで再現されるようになります。古いJAZZのソフトは低音があまり入っていないので530CHでも十分でしたが、新しい録音のJAZZやフュージョンを再生すると、クラスを大きく超える580CHの低音が生きてきます。580CHのサイズでは「キャビネットの緩さ」もまだあまり悪さをせず、バスドラムなどがわずかに遅れる程度で、低音は過度に膨らみません。 以前逸品館では、低価格ホーン型スピーカーとしてKripschをお薦めしていましたが、580CHはそれよりも安く、それよりも音が良いと思います。低音は驚くほどの量感と力感を持っています。高音は歯切れ良く、シンセサイザーの音が空中を自在に飛び回ります。ボーカルは少しさっぱりしていますが、メリハリが効いていて押し出しのある低音と切れ味のある高音に負けずに、前に出てきます。音量を絞っても音が痩せないところも魅力です。 気に入って聞いていたのですが、ソフトによっては「音の膨らみ」が少し気になってきました。そこでアンプをダンピングファクターの高いトランジスター方式の"AIRBOW PM11S2/Ultimate"に変えるとどうでしょう?低音の膨らみや緩さ、遅れ感が消えて低音が見事に引き締まりました。この低音なら不満はでないでしょう。 最後にサランネットを外して音質をチェックしました。ネットを外し付属のプレートを装着すると中高域の透明感と切れ味がさらに向上し、580CHの最も良い音を聞くことができました。ワイドレンジでクッキリとしたサウンドを持つ580CHは、最新のPOPSやヒップホップ系の音楽、ROCKやフュージョンなど新しく録音の良いソフトにベストマッチしました。

【送料無料】 JBL 【ハイレゾ音源対応】2ウェイ フロア型スピーカー(1本/チェリー) STUDIO 580CH[STUDIO580CH]

レビュー平均0点/0
¥107654
Wイイかも

※こちらの商品は1本での販売です。2本ずつでのご注文をお願いいたします。◆6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。◆強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。 機能項目色チェリー本体サイズ(H×W×D) mm1069×250×348mm(脚部含む)本体重量22.2kg形式2ウェイフロア型スピーカーインピーダンス6Ω許容入力200Wクロスオーバー周波数1.5kHz

【特典付!】【送料込】ジェイビーエル JBL STUDIO 580CH/ペア 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥166404
Wイイかも

決済方法について誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。こちらの商品は一部の地域*を除き送料無料(送料込)です。*北海道・沖縄へのお届けは別途、送料が必要になりますので、ご注文の前にご連絡下さい。送料をお知らせいたします。 ★商品の説明★JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○

【ポイント2倍】【スペシャルキャンペーン!】【送料無料】ジェイビーエル JBL STUDIO 580CH/ペア 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥168000
Wイイかも

決済方法について誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。 こちらの商品は一部の地域*を除き送料無料(送料込)です。*北海道・沖縄へのお届けは別途、送料が必要になりますので、ご注文の前にご連絡下さい。送料をお知らせいたします。 ★商品の説明★JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○

【ポイント2倍】【送料無料】ジェイビーエル JBL STUDIO 580CH(1本) 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥88360
Wイイかも

決済方法について誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換による、お支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。 こちらの商品は一部の地域*を除き送料無料(送料込)です。*北海道・沖縄へのお届けは別途、送料が必要になりますので、ご注文の前にご連絡下さい。送料をお知らせいたします。 ★商品の説明★JBL伝統のコンプレッション・ドライバー&バイラジアル・ホーン型高域ユニットを用いた独創的なスピーカーシステム。「STUDIO5」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のホーン型システムを世に送り出してきたJBL独自の技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップ。STUDIO580CHは、6.5インチ径PolyPlas(TM)コーン・ウーファーユニット 565Jを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーン&ドライバーによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。仕様形式 :2ウェイフロア型スピーカー使用ユニット :LF 165mm径ポリプラスコーン・ウーファー(565J)×2HF 25mm径テオネックスダイアフラム・コンプレッションドライバー(2414H)インピーダンス :6Ω許容入力 :200W出力音圧レベル :90dB(2.83V/1m)周波数特性 :30Hz?40kHzクロスオーバー周波数 :1.5kHz寸法(W×H×D) :250×1,069×348mm(脚部含む)重量 :22.2kgバイワイヤリング :○こちらはペア販売もしております!【ポイント2倍】【送料無料】ジェイビーエル JBL STUDIO 580CH/ペア 2×16.5cm 2way Floorstanding Speaker【smtb-TK】

【送料込】JBL STUDIO 270 BRN(ペア) トールボーイ スピーカー【smtb-TK】

レビュー平均0点/0
¥79900
Wイイかも

【決済方法ついて】誠に勝手ながら、こちらの商品は配送の関係上、代金引換によるお支払いはお受け出来ないことを予めご了承ください。JBL 独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム・ラインナップスタジオ2シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL 独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステム・ラインナップです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7 つのモデルから製品構成されています。・JBL ノースリッジラボによる開発、設計・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン・25mm 径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用・100mm 径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載(フロアスタンド・モデルのみ)・優れたユニット類を活かすネットワーク・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット・エレガントなキャビネットデザイン・マルチチャンネル再生時にも威力を発揮するシステム構成STUDIO 270 BRN16.5cm 3way Floorstanding Speaker System6.5 インチ径PolyPlasTMコーン・ウーファーを1 本搭載したトールボーイシステムです。スリムなキャビネットながら十分な口径の強力なウーファーによるスピード感と量感豊かな低域、ホーンツイーターによる明瞭な中高域が、様々なソースで魅力を発揮します。設置性の高さも魅力の実力機です。形式: 165mm 径3Way フロアーシステム出力音圧レベル (2.83 v @ 1m): 88 dB定格インピーダンス: 8Ω周波数特性: 35 Hz ? 22 kHzクロスオーバー周波数: 750Hz, 3.4 kHz( -12dB/oct.)推奨アンプ出力: 20〜200W外形寸法 W x H x D(グリル含む): 237 x 1,010 x 244(267) mm本体重量: 16.1kg

JBL スピーカー STUDIO 280 BRN ペア 新品

レビュー平均0点/0
¥116640
Wイイかも

JBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。 「STUDIO 2」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7つのモデルから製品構成されています。 STUDIO280BRNは、6.5インチ径PolyPlasコーン・ウーファーを2本パラレルで搭載したトールボーイシステムです。強力なダブルウーファーによる安定感ある低域と、ホーンツイーターによる繊細で高品位な中高域との絶妙なバランスが、ジャンルを問わず高いレベルでの音楽体験を約束します。 特長 ・JBLノースリッジラボによる開発、設計 ・JBL 独自の定指向性ホーンデザイン ・25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラム・ドームツイーター採用 ・100mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載 ・優れたユニット類を活かすネットワーク ・コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット ・エレガントなキャビネットデザイン 仕様 形式 2×165mm径 3Wayフロアーシステム インピーダンス 8Ω 出力音圧レベル 89dB(2.83V/1m) 周波数特性 30Hz〜22kHz クロスオーバー周波数 800Hz、3.6kHz(-12dB/oct.) 推奨アンプ出力 20〜200W 寸法(W×H×D) 237×1,124×284(308)mm(グリル含む) 重量 20.5kg

@スポンサー