スコパリア ハニーメロン1株

レビュー平均4点/10
¥298
Wイイかも

葉に触れると甘いメロンの香りがします。 耐暑性、耐雨性、耐病性に優れ生育旺盛で初夏から秋まで長い間咲き続けます。 ■半耐寒性低木 ■草丈:30〜40cm ■開花期:5〜11月 ■お届けの状態:9cmポット苗 農林水産省品種登録品種 ★栽培説明書付き

●st【宿根草】パンダスミレ3号ポット苗

レビュー平均5点/10
¥288
Wイイかも

【商品説明】 南オーストラリア原産の常緑多年草で、タスマニアビオラとか、つる状に横に伸びていくので、ツルスミレ(ツタスミレ)の名前があります。 沖縄では公園等に自生し、かわいい花を年中咲かせていますが、本州の暖かい地方では、春や秋に開花し、こんもりと広がって生育します。 【育て方】 寒さにはそんなに強くはないので、冬期は北風や霜の当たらない軒下か明るい室内で管理して下さい。 春から秋までは戸外のどんな場所でも良く育ちます。基本的には春から秋の開花ですが、温度さえあれば結構花が咲いてきます。このため、定期的に開花促進用の液肥を与えて下さい。 【お届けする商品について】 サイズ:3号ポット その他のスミレはコチラ!

タチツボスミレ (立壷菫) 9cmポット苗 【やま菜(同じ店舗名ですと同梱出来ます!)】

レビュー平均5点/5
¥480
Wイイかも

※画像はイメージ画像です。 ※今から早春の4月上旬(開花前)まで葉だけの状態です。 商品名 タチツボスミレ 別名 - 備考 9cmポット苗 和名 立壷菫 科名 スミレ科スミレ属 特性 多年草 花言葉 誠実・ひかえめ 開花時期 3〜5月 食用時期 - 出荷時期 通年 植える場所 日向〜半日陰 食し方 - 概要 日本各地の明るい林下等に生えるスミレ。有茎種の代表種で、横にはって群生します。 育て方 日本の山地でよく見られる植物です。丈夫で育てやすいです。肥料を与えると花つきがよくなります。増えすぎないよう注意が必要です。やま菜TOP あ か さ た な は ま や ら わ

野すみれ 見計らい 10種セット

レビュー平均3.6点/5
¥3240
Wイイかも

 早春の野山に咲く「野すみれ」。色彩豊かで、その上、素朴で愛らしい花をたくさん咲き誇らせます。  そんな「野すみれ」を10種類セットでお届け致します。  赤、紫、白、桃等様々な花色で楽しませてくれることでしょう。 〔 商品性状につきまして 〕  ●スミレ科の多年草  ●開花期 3〜4月頃  ●耐寒性 強 −20℃  ●栽培場所  日向〜半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕  ●写真は成長、開花、完成時のイメージ写真です。  ●10種類、見計らいにつき、品種の指定は出来かねます。  ●また、写真の品種が含まれるという事ではございません。  ●品種名付でお届けいたします。  ●こちらの商品は受注発注となりますので、発送に少々お時間を頂戴しますこともございます。ご理解くださいませ。

虫取りスミレ「ウェサー」(食虫植物)

レビュー平均4.4点/5
¥864
Wイイかも

タヌキモ科ムシトリスミレ属。 【規格】9cmポット又はプラ鉢。 ※花色がピンク。 ※「セトス」と似ているが、花の中心に白いスジがスッと1本入っている。 ※P.moranensis(モラネンシス)の交配種。 ※高山の湿った場所や岩場に生え、葉から粘液を出して羽虫などを捕まえ消化吸収する多年草の食虫植物。 【管理】明るい半日陰で。 ※乾燥しないように注意。

山野草:イソスミレ(磯菫) 9cmポット仮植え苗※今季開花終了

レビュー平均4.5点/4
¥475
Wイイかも

●商品説明  海岸の砂地に生える植物です。スミレの中では花が大きく、香りがあるので人気が高い品種。日本各地の主に日本海岸に自生する日照と乾燥に強い植物です。 ●科/属名  スミレ科スミレ属 ●特性  多年草 ●冬場の状態  葉があります ●開花時期  5月 ●育て方 *管理場所*  日向 *庭植えの場合*  日当たりと排水の良い場所に植えつけます。海岸に自生する植物なので、それに近い環境を選びましょう。横にはって育ちます。 *鉢植えの場合*  水はけの良い用土を使います。広めの鉢かプランターに植え込みます。夏場、猛暑の場合は半日陰へ移しましょう。 *鉢植えの水やり*  春〜秋は1日1回を目安に充分に与えます。冬は乾かない程度に様子をみて与えましょう。高温多湿を嫌うので蒸らさないように注意しましょう。   *肥料*  春に元肥と液肥  秋に液肥

山野草:タチツボスミレ (立壺菫) 9cmポット仮植え苗 ※今季開花終了

レビュー平均3.5点/4
¥475
Wイイかも

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】  商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ)  和名:立壺菫  学名:Viola grypoceras ●商品説明  日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。  名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。  タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。  葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1〜2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈  5〜20cm程 ●科/属名  スミレ科スミレ属 ●特性  多年草 ●開花時期  3〜5月 ●管理場所  日向〜半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合*  日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植物です。肥料を与えると花つきがよくなります。  種からの発芽率が良いので種の採り播きも挑戦してみて下さい。 *鉢植えの場合*  水はけの良い用土を使い、植え込みます。  秋になるとその年の春から秋まで活躍した葉が枯れ始めます。  そして来季用の葉が芯から出始めます。  この時に、古い葉は切り取ってあげましょう。  秋に枯れ始めるのはタチツボスミレの生育サイクルですので、心配なさらないでください。 *鉢植えの水やり*  表土が乾いたらたっぷりと与えましょう。  与えすぎるは根ぐされの原因となるので注意します。  目安は、お届けした状態の場合はポットを手で握って「カサッ」と乾いている音がしたら、とお考えください。  常時葉がありますので、極端な水切れには注意しましょう。 *肥料*  春に液肥か置き肥

ムシトリスミレ ピングイクラ・エッセリアナ(2.5号サイズ 粘着性のある葉っぱでコバエやブイなどを捕獲!!)

レビュー平均5点/2
¥646
Wイイかも

メキシコの雲霧帯に分布する、粘着性のある葉で虫を捕獲してくれるムシトリスミレが入荷しました。 2.5号サイズのプラ鉢に入れてお届けします。 画像のようにそれぞれ個体差がありますのでご了承下さい。日当たり 半日陰を好みます。 温度 夏は日陰の涼しい場所で管理してください。 水やり 土の表面が乾いたら与えてください。 その他 それぞれ個体差がございますのでご了承ください。 2.5号サイズのプラ鉢に入れてお届けします。

ニオイスミレ 春の訪れ♪可憐な色彩がお庭を引き立てます  ニオイスミレ 5号鉢

レビュー平均1.5点/2
¥862
Wイイかも

病気は特になし/虫も特になし ●半日陰の場所に植える ●夏の暑さには弱い ●性質は丈夫で育てやすい    ひとつの株にけっこう花がたくさん付くので、 液体肥料を10日に1回くらい与える  夏の暑さには弱い。 春や秋は、日のよく当たるところでもかまわないが、 夏の直射日光には耐えられないので、日が多少かげる場所がよい  水は乾いたらたっぷりとあげます。  土は水はけのよいことが条件。 例:鹿沼土6 腐葉土3 軽石(小粒)1 

ニオイスミレ(リディア・グローブス)「☆」

レビュー平均5点/1
¥702
Wイイかも

ニオイスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

スミレ 見計らい 20種セット

レビュー平均5点/1
¥5400
Wイイかも

 早春の野山に咲く「野スミレ」。色彩豊かで、その上、素朴で愛らしい花をたくさん咲き誇らせます。  そんな「野スミレ」を20種類セットでお届け致します。  赤、紫、白、桃等様々な花色で楽しませてくれることでしょう。 〔 商品性状につきまして 〕  ●スミレ科の多年草  ●開花期 3〜4月頃  ●耐寒性 強 −20℃  ●栽培場所  日向〜半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●写真は成長、開花、完成時のイメージ写真です。 ●20種類、見計らいにつき、品種の指定は出来かねます。 ●こちらの商品は受注発注となりますので、発送に少々お時間を頂戴しますこともございます。ご理解くださいませ。 ●品種名付きでお届けいたします。 ●性質上、晩秋〜冬季〜春先は地上部が枯れ込んだ状態でのお届けとなります。

アルガスミレ「☆」

レビュー平均1点/1
¥540
Wイイかも

アルガスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

【春の山野草】エゾキスミレ 3号 【山草系宿根草】

レビュー平均5点/1
¥648
Wイイかも

【科名】スミレ科 【花期】春 北海道に分布。 キスミレ系の特徴(休眠期間が長い) 1)北方系のタイプですので、開花後の日本の夏は休眠する。 2)山野草愛好家にとっては普通のことなのですが、すみれ愛好家にとってはどちらかというと上級者向きのスミレです。 3)夏から翌春の開花期まで地上部はありませんので、枯れたと思わず、  水やりは通常通りやり、乾燥させないようにお願いします。 山野草の育て方(解説中)を必ず参照して下さい。 育て方が上手になるのではと思います。 ■(有)日本山草 山草展

富士明神スミレ「☆」

レビュー平均4点/1
¥540
Wイイかも

9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

トリアシスミレ

レビュー平均5点/1
¥594
Wイイかも

17年3月31日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。 174aトリアシスミレ (分類)スミレ科スミレ属 (学名)Viola pedata (原産)北アメリカ (開花期)3〜5月 (利用)鉢植え、庭植え 小さな鳥の足のような葉に、大輪の紫色の花を咲かせる姿が美しい。 ■栽培方法 明るい場所で乾燥気味に育てます。 春から落葉までは表面が乾いたら、たっぷり水をあげてください。 休眠期は控えめに。 ■用土 鉢植えは水はけの良い鹿沼土などで育ててください。 ■肥料 春と秋に化成肥料を置き肥します。

野すみれ 見計らい 50種セット

レビュー平均5点/1
¥12960
Wイイかも

 早春の野山に咲く「野すみれ」。色彩豊かで、その上、素朴で愛らしい花をたくさん咲き誇らせます。  そんな「野すみれ」を50種類セットでお届け致します。  赤、紫、白、桃等様々な花色で楽しませてくれることでしょう。 〔 商品性状につきまして 〕  ●スミレ科の多年草  ●開花期 3〜4月頃  ●耐寒性 強 −20℃  ●栽培場所  日向〜半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●写真は成長、開花、完成時のイメージ写真です。 ●50種類、見計らいにつき、品種の指定は出来かねます。 ●品種名付きでお届けいたします。 ●こちらの商品は受注発注となりますので、発送に少々お時間を頂戴しますこともございます。ご理解くださいませ。

薄紅肥後すみれ(ウスベニヒゴスミレ) 3号苗

レビュー平均0点/0
¥518
Wイイかも

17年3月2日に入荷。 状態は季節によって変化いたします。173a ○育て方○  春秋は日当たりよく、夏は半日陰の涼しいところで管理してください。  肥料は、春と秋に与えると良い。夏は根腐れしやすいので与えないでよいでしょう。 送料 648より(運送会社により異なります。) 商品の大きさ 3号サイズです 同送可能商品 同じサイズの商品で40個 4号ポット苗の場合は約5個 備考   写真は見本品です。    ※本商品(各品種)4点と「園芸用土25L 1袋」と「配合肥料1kg 1袋」をまとめて、同じ送料(630円〜、地域・配送会社によって異なります)で同梱できます。他の日本すみれは→ こちら

紅花スズキスミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

紅花すずきすみれ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

紅花アリアケスミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

紅花ありあけすみれ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

ニオイスミレ(ベッキー・グローブス)「☆」

レビュー平均0点/0
¥702
Wイイかも

ニオイスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

食虫植物(アフリカナガバモウセンゴケ)3.5号鉢植

レビュー平均0点/0
¥810
Wイイかも

17年6月27日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。176e この植物は、苔類と同じで、根がしっかり張っているのではないので 土から簡単に取れてしまいます。 取り扱いにはご注意ください。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 10個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約4個 備考   写真は見本品です   モウセンゴケ 分類: モウセンゴケ科モウセンゴケ属の多年草 学名: Drosera rotundifolia 原産: 北半球の温帯〜寒地の湿地 開花期: 6〜8月 ミズゴケ類の育つような湿地に生育する種子植物です。 根からの養分吸収力は弱く、葉の表面から消化酵素を含む粘液を出して、その粘着力で虫を捕獲し養分にします。 北半球の高山・寒地に広く分布し、日本では北海道から九州までの湿地帯に自生していましたが近年自生地は非常に少なくなっています。多数の都道府県にてレッドリストの絶滅危惧種に指定されています。 丸葉が多いのですが長葉のものもあり、産地によって葉の形はそれぞれ異なりいくつかの品種があります。 夏に中心部から軸を30cmくらい立ち上げて白い(ピンクのものもある)花を咲かせます。 栽培 山に面した田んぼの土手や谷川近くのコケの中、高山の湿原などで自生していますので、常に湿り気のある状態に保ちます。 ミズゴケに植えて、夏は日陰、春や秋は日当たり、または半日陰で管理します。寒さには強いので、冬は屋外でも大丈夫です。

ユウギリ スミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

ユウギリスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

ユウギリ スミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

ユウギリスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

サクラスミレ 濃色 ポット苗 1株(入荷予定:2016年10月頃)

レビュー平均0点/0
¥1080
Wイイかも

 早春の野山に咲く「野すみれ」。色彩豊かで、その上、素朴で愛らしい花をたくさん咲き誇らせます。  「サクラスミレ 濃色」は、標高の高めな広葉樹林下に自生する原種スミレの女王と称されるサクラスミレの中でも濃色の個体。  生産数激少。希少性高い。 〔 商品性状につきまして 〕  ●スミレ科の多年草  5〜10cm位に育ちます。  ●開花期  3〜4月頃  ●耐寒性  強 -15℃  ●栽培場所  日向〜半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕  ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。  ●お届けは、2.5ポット植えの苗となります。  ●商品発送時に栽培ガイドを同送致します。  ●こちらの商品は実生株となりますので、花色、花型の変異がございます場合があります。★こちらの商品は、2016年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

ツクシスミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

アルガスミレ「☆」

レビュー平均0点/0
¥540
Wイイかも

アルガスミレ 9cmポット入り、すみれ 管理のポイント 用土は川砂3、赤玉6、腐葉土1、の割合で鉢底に赤玉の大粒を入れて水はけをよくする。 病害虫の心配は少ないがアブラムシが発生するので注意する。 予防法として簡単なのは葉水を1日に1〜2回ぐらい行う。 スミレは比較的肥料に強いので好みの物を与える(油粕、化成肥料、マグアンプK) ただし、秋には次の春の花のためにリン酸を多く含んだ肥料がいいでしょう。 水やりは土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るまでたっぷり与えます。 管理のポイントとしては、夏は休眠期に入るので 半日陰で風通しのよい涼しい所に置き水はひかえめ(根腐れをおこすため)にする。 また、冬に水を切らして枯らすことがあるので2〜3日に1回水を与えるようにします 

食虫植物(ミミカキグサ リビダ)3.5号鉢植

レビュー平均0点/0
¥810
Wイイかも

17年6月27日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。176e この植物は、苔類と同じで、根がしっかり張っているのではないので 土から簡単に取れてしまいます。 取り扱いにはご注意ください。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 10個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約4個 備考   写真は見本品です   ミミカキグサ (分類):タヌキモ科タヌキモ属(学名):Utricularia bifida (原産):本州以南や、中国からマレーシア、オーストラリア 湿原に生育するごく小型の植物で、まれに水田でもみられることがあるようですが、多くの都道府県にてレッドリストに指定されている植物です。 地下茎および時には地上葉にも捕虫嚢をつけ、ミジンコなどのプランクトンを捕食します。

■山野草■スミレ あかねすみれ

レビュー平均0点/0
¥518
Wイイかも

可憐な姿が印象的な花。寒さの残る中、美しい花を咲かせます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20130226] ■ 形状・サイズ他 6cmポット  ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。*離島など一部お届けできない地域があります。 山野草としても楽しめる花。野の趣に溢れた、可憐で素朴な姿。寒さの残る中、美しい花を咲かせます。こぼれ種で増えるので、グランドカバーとしてもおすすめ!毎年愛らしい花をたくさん楽しませてくれます。小さな鉢に植えてかわいがるのも楽しい一品。小柄ながら、凛とした印象を与える美しい花です。 育て方 スミレ科の一年草、または多年草。こぼれ種でまた来年咲くこともあります。花時期は2月〜5月。終わった花をこまめに取り除くことと、2週間に1度の間隔で液体肥料をやることがうまく育てるコツ。水は土の表面が乾いたら、しっかり与えましょう。土は山野草の土がおすすめです。置き場所は戸外の半日陰くらいのところ。夏の暑さが苦手です。涼しく過ごさせるようにしましょう。植え替えは秋ごろ、気温が落ち着いたらどうぞ。BLOOMSの宿根草 クリスマスローズ  山野草  ハーブ  グランドカバー  山野草としても楽しめる花。野の趣に溢れた、可憐で素朴な姿。寒さの残る中、美しい花を咲かせます。

二色厚葉スミレ 2.5号(7.5cmポット)【野草系山野草】【好日性植物】

レビュー平均0点/0
¥432
Wイイかも

【科名】スミレ科 【花期】春 山野草の育て方(解説中)を必ず参照して下さい。育て方が上手になるのではと思います。■(有)日本山草 山草展

八重咲きノジスミレ ポット苗 1株(入荷予定:2016年10月頃)

レビュー平均0点/0
¥648
Wイイかも

 早春の野山に咲く「野すみれ」。色彩豊かで、その上、素朴で愛らしい花をたくさん咲き誇らせます。  「八重咲きノジスミレ」は、八重咲きのノジスミレ。性質も強く育てやすい。 〔 商品性状につきまして 〕  ●スミレ科の多年草  5〜10cm位に育ちます。  ●開花期  3〜4月頃  ●耐寒性  強 0〜5℃  ●栽培場所  日向〜半日陰向き 〔 お届け商品につきまして 〕  ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。  ●お届けは、2.5ポット植えの苗となります。  ●商品発送時に栽培ガイドを同送致します。  ●こちらの商品は実生株となりますので、花色、花型の変異がございます場合があります。★こちらの商品は、2016年10月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

@スポンサー