カサブランカ 百合 ユリの王様 ゆり カサブランカ芽出し苗 球根 花苗 毎年楽しめる球根草 純白の大輪 販売 通販 種類

レビュー平均4.7点/50
¥322
Wイイかも

同じ種類やサイズ違い、色違いの植物を探してみる!<今すぐクリック> 純白の大輪!ユリの王様♪毎年楽しめる球根草です。ユリの中でも一番人気のカサブランカ。純白の大輪の花が魅力的です。球根ですので毎年楽しめます。芽だしPOT苗となります。  管理方法はこちら純白の大輪!ユリの王様♪毎年楽しめる球根草です。ユリの中でも一番人気のカサブランカ。純白の大輪の花が魅力的です。球根ですので毎年楽しめます。3.5号サイズのPOT苗となります。 同じ種類やサイズ違い、色違いの植物を探してみる!<今すぐクリック>

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

レビュー平均4.41点/37
¥432
Wイイかも

10月中旬以降5月ころまでは下のようにポット植えした状態でお届けします。 通常は球根の状態でお送りさせていただいております。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

リコリス球根 オーレア(黄) 5球 (f2)

レビュー平均4.56点/36
¥2592
Wイイかも

16年7月08日入荷しました。167b 9月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。  リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物      (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな)      黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5〜7cm 植付け間隔:10〜15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲かせます。 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:植える目安3球 プランター650型:植える目安8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。 開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。配合肥料や固形肥料でも大丈夫です。追肥は葉のある季節に行ってください。 病害虫はほとんど無く、よほど水はけの悪い場所で無い限り球根が腐ることはありません。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、花が終わるとすぐに芽を出します。 写真は球根を植えて2年経った株です。 3月になると葉は30cm位に伸び、梅雨頃まで残りますからその間に球根を太らせます。 この期間によく日に当て、肥料も与えます。 冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 2〜3年後、株が混み合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。

ハラン 4号ポット植え

レビュー平均4.54点/26
¥972
Wイイかも

17年4月14日入荷。季節によって状態は変化します。174b 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 同じくらいの大きさの苗の場合は約5個 備考      ハラン 分類: クサスギカズラ科スズラン亜科ハラン属の常緑多年草 学名: Aspidistra elatior 原産: 中国南部という説、九州南部の宇治群島、黒島、諏訪之瀬島との説がある。 別名: バラン 利用: 庭の下草、料理の飾り(殺菌作用があるといわれる。) 性質: 水気のある日陰を好む。 栽培敵地: 関東地方以南 非常に丈夫な植物で、洋風の庭でもよく使われるようになりました。 原産は中国南部とされています。中国南部にはハラン属の植物が数種類あるようですが、日本で栽培されているハランは九州南部の宇治群島、黒島、諏訪之瀬島との説があります。晩秋に花を根元に咲かせ、ヨコエビ類のニホンオカトビムシ(陸生のヨコエビ)がこの種の花粉を媒介します。 ハランの育て方 直射が当たったり、乾燥すると葉が白っぽくなるので、美しい葉で育てるには日陰の湿った土壌が適しています。霜や薄氷が張る程度の寒さにも大丈夫ですが、冬凍結の激しい地域では室内で管理します。霜に当たると葉が白っぽくなる葉やけを起こします。 鉢植では観葉植物のように室内でも育てることができます。 鉢植で管理する場合は根詰まりしないように毎年春か秋に植え替えるとよくできます。根は通気性をよくすることが大切です。荒めの用土(赤玉土など)に腐葉土などを加え、肥沃で通気性に優れた用土を使用し、春と秋の新芽が出る季節には固形肥料を与えます。 水は切らさないように常に土を湿らせておきます。

【挿木】トロピカルフラワープルメリア

レビュー平均3.92点/26
¥980
Wイイかも

コメント キョウチクトウ科の植物です。ハワイを代表する花木で、ハワイやタヒチなどの南国では、このプルメリアの花が歓迎、お祝い事に用いられる「レイ」に使われています。熱帯では庭木として広く普及しており、咲いた花はエキゾチックな香りが楽しめます。 用途 花壇、プランター、鉢 花色 ホワイトイエロー、レッド、レインボー 草丈 3〜7m 植付期 3月〜5月 開花時期 7月〜9月 規格 長さ約35cmの挿し木用苗1本 花言葉 気品、恵まれた人 育て方 日当りが良く水はけが良い場所を好みます。月に一度程追肥を与えます(あげ過ぎに注意します。)。冬場は室内で管理します。休眠期なので落葉します。水遣りは控えて肥料はやらないようにします。凍死させないためには最低5〜10℃は必要です。 備考 木を切ると出てくる白い液体は有毒です。触ったり飲んだりしないよう注意してください(挿し木は乾燥した状態ですので傷をつけなければ液は出てきません)。モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。ご了承ください。ハワイを代表する花木で、ハワイやタヒチなどの南国ではこのプルメリアの花が歓迎、お祝い事に用いられる「レイ」に使われています。熱帯では庭木として広く普及しており、咲いた花はエキゾチックな香りが楽しめます! お届け時は←このような状態です。まるっきりの棒ですね。生命力が強いのでこの状態で芽が出始めているものもあります。水を吸わせてあげてから挿木をします。初心者の方でも比較的簡単に挿木を楽しめますよ! 挿し木の切り口部分 切り口にはカルスが形成されています。 ただの切りっぱなしの枝ではありません。 活着率が断然違います! おかげさまで部門ランキング5週連続1位!!(2009年)ありがとうございます!! 今年も部門ランキング1位獲得10週以上!!(2010年)ありがとうございます!!

リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 1球入り (f2)

レビュー平均4.18点/22
¥432
Wイイかも

10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属     球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな)     曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7〜8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス・スクアミゲラ 学名: Lycoris squamigera 原産: 中国、東アジア 花期: 7〜9月 夏に花を咲かせるので、「夏水仙(ナツズイセン)」とも呼ばれます。 耐寒性、耐暑性も強く日本の本州、四国、九州では半野生化したものも見られるようです。 花は彼岸花に先駆けて関西では早いものでは7月中旬から咲き始めます。 9月に入ってから咲くものもありますが球根は7月ころから販売されるので、8月上旬までに植え付けしないと購入された年の開花は期待できないと思ってください。 植えると秋から根は出ますが、葉が出るのは晩秋〜早春からになります。 葉は幅広で大きく、葉のある期間よく日が当たるようにすると、翌夏開花します。 条件が良いと2球に分球しますが、ヒガンバナほどは増えません。 リコリス・スプレンゲリとリコリス・ストラミネアの交雑種で、3倍体であるため結実はしません。

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

レビュー平均4.67点/18
¥4104
Wイイかも

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 127cヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

リコリス球根 アルビフローラ(白) 1球入り

レビュー平均4.56点/18
¥518
Wイイかも

Lycoris radiata f. alba 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 1球入りです。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物      (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」)      白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5〜7cm 植付け間隔:10〜15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲かせます。 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:植える目安3球 プランター650型:植える目安10球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。 開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。配合肥料や固形肥料でも大丈夫です。追肥は葉のある季節に行ってください。 病害虫はほとんど無く、よほど水はけの悪い場所で無い限り球根が腐ることはありません。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、花が終わるとすぐに芽を出します。 3月になると葉は30cm位に伸び、梅雨頃まで残りますからその間に球根を太らせます。 この期間によく日に当て、肥料も与えます。 冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 2〜3年後、株が混み合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。

日本スズラン「☆」

レビュー平均3点/11
¥1026
Wイイかも

日本スズラン 1〜2芽入り3寸ポット植え ユリ科スズラン属 肥沃な用土、日当たりの良い場所を好む。 真夏の直射日光は嫌うため、春と秋以外は半日陰になるようにする。 耐寒性は高いため、野外での越冬が可能。

魅惑のキバナクンシラン!クリビア・ミニアタ フラヴァ 開花見込球 1球

レビュー平均4.33点/9
¥800
Wイイかも

優しい花色、華やかな花姿、是非お手元でじっくりとお楽しみください。 学名 Clivia miniata var. flava 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 春 草丈 50cm内外 耐寒性 中(コールドハウスで冬越し可能です) 耐暑性 強 日照 半日陰を好みます。 管理 日当たりは、半日陰の場所を好みます。 用土は水はけの良いものを選び、灌水は鉢が乾いたらたっぷりと、しかし過湿にならないように与えます。冬はコールドハウスで十分冬越し可能です。 発送状態 1株を容器から掘り上げてお送りします(下の写真はお送りする株の大きさのイメージです)。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

ハラン単品

レビュー平均3.56点/9
¥350
Wイイかも

【分類】 キジカクシ科ハラン属 【特性】 多年草・常緑性 【用途】 グランドカバー・地植え・鉢植え(室内可) 【耐暑性】 強い 【耐寒性】 弱い 【適地】 日本全国育成可能 【草丈・樹高】 20〜100cm位(環境による) 【開花期】 なし 【花色・葉色】 緑葉 【植え付け】 5〜6月 【日照】 日陰 【用土】 水はけの良い土壌 【水やり】 地植えの場合は根付いてしまえば基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたら水やりする程度 【肥料】 不要 【剪定】 不要 【ポット径】 12.0cm 【植栽数】 16〜25ポット(1平米あたり) 【病気】 特になし 【害虫】 特になし 【その他】 難易度 低

オリジナル品種!アマリリス‘トップ ピコ’ 球根(中球) 1球

レビュー平均4点/7
¥1000
Wイイかも

ローズレッドの覆輪が見事な‘トップ ピコ’。スロートの緑が純白の花弁によく映えます。八重咲きで見応え十分です! 学名 Hippeastrum cv.‘Top Pico’ 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 − 1茎に付く輪数 − 花弁の形状 八重咲き 草丈 − 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ローズ色の覆輪が見事に入ります。八重咲きの花はボリューム満点です。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、球根がお手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

お徳用リコリス球根 オーレア(黄) 10球 (f3)

レビュー平均4.29点/7
¥4536
Wイイかも

16年7月08日入荷しました。167b 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物      (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな)      黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5〜7cm 植付け間隔:10〜15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲かせます。 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:植える目安3球 プランター650型:植える目安8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。 開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。配合肥料や固形肥料でも大丈夫です。追肥は葉のある季節に行ってください。 病害虫はほとんど無く、よほど水はけの悪い場所で無い限り球根が腐ることはありません。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、花が終わるとすぐに芽を出します。 写真は球根を植えて2年経った株です。 3月になると葉は30cm位に伸び、梅雨頃まで残りますからその間に球根を太らせます。 この期間によく日に当て、肥料も与えます。 冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 2〜3年後、株が混み合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。

春のガーデニング 吹き詰めアネモネ フルダブルアネモネ 万重咲き アネモネコロナリア(松浦園芸) 3.5号 【秋植え球根】【非耐暑性 半耐寒性 好日性 洋の球根】

レビュー平均5点/6
¥1296
Wイイかも

お送りする苗の状態 規格3.5号 10.5cmポット春気温の上昇とともに蕾を上げ、花を咲かせます。  夏休眠します。秋気温の低下とともに新芽が出ます。冬葉が展開していきます。 【商品説明】 原種はアネモネコロナリア?のようです。現在ヨーロッパの自生地には見られないようです。 日本へは明治時代に渡来しているのか?不明ですが、どこかの野原で野生化している画像を見たことがあります。 (かなりウイルスに罹病しているようです。) ヨーロッパの古書にはこの吹き詰めアネモネの解説があり、他の色もあったようです。 育て方はアネモネコロナリアとほとんど同じです。 【育て方】 一般種と同じ育て方です。 終日 日を好みますので、日の当るところに置いてやる。 梅雨明けと同時に休眠期に入り、地上部は枯れて行きます。 夏の間、日陰の雨の当らない涼しいところに置く。 9月下旬〜10月上旬に休眠が破れ発芽を始めます。その頃を見計らって植え替えをする。 【水やり】 生育期間の水やりは 秋から冬にかけては乾けば水やりをする。 春〜開花期はしっかり水やりをして下さい。特に蕾が上がり出す頃からは水を一番よく要求します。それと同時に肥料の施肥をお忘れなく。 この頃に水切れを起こしますと、花上がりが悪くなり、それと同時に休眠が早くなります。つまり花数も少なく、球根の太りも悪くなります。 気温の上昇とともに黄ばんできますので、水やりもやや少なくてすむようになります。 地上部が枯れますと水やりは控え、培養土が完全に乾燥しない程度に水やりをして下さい。この時期、水やりが多いと球根が腐敗する原因となりますので、注意して下さい。 【培養土】 非耐暑性専用培養土「山野草の土」を使用してください。排水性、通気性に優れ、育てやすくなります。 【肥料】 秋の高温期は山野草用小粒化成肥料を1回施肥してください。 冬の低温期は低温でも肥料効果のでるIB化成を施肥してください。 4月以降の気温上昇の季節には、前年度施肥しました小粒化成肥料が再び肥効を現しますので、施肥する必要はありません。 クリスマスローズで有名な松浦園芸作の珍しいアネモネです。 ・長らく幻のアネモネとして流通が無かった。 ・クリスマスローズで有名な松浦園芸がウィルスフリーの良株を復活。 ・特徴は「真紅の万重咲き」で種子ができません。 ・置き場所は日当たりの良い所にて管理。花期:春 【吹き詰めアネモネとは】 1.百合で有名な故清水基夫氏の解説によれば「葉形からすればアネモネコロナリア」との判断をされています。(園芸百科大事典) 有名な品種にド・カーンがあります。 清水基夫先生には生前、弊園が百合を一生懸命やっている頃、「日本で初めて百合専門のカタログができましたねぇ」と言われ、清水先生の御自宅をお訪ねしたことは今でも忘れられません。 そして清水先生の著書「日本のユリ」に写真をお送りしたことも昨日のような思いがします。 2.この吹き詰めアネモネを初めてカタログで見たのは今から25年前、奈良県天理市に川端平和園さんという博学を持った種苗卸商がおられ、専門はグラジオーラスでしたが、何でも詳しく、卸売にてこのアネモネを扱っておられました。戦前に輸入があったようです。 3.そしてこの現物を初めて見たのはそれから20年以上経た昨年2月でした。 ところはクリスマスローズで有名な富山の松浦園芸さんの温室の中、松浦さん曰く「石田さん変わったアネモネがあります。」と御案内頂きました。 当方は「吹き詰めですか?」とお尋ねしました。初めて見るアネモネでしたが、葉ばかりで花も上がっていないアネモネ、どんな花が咲くだろうと期待に胸を膨らせました。 松浦氏曰く、「たくさん集める中で、ウィルスがひどく1固体毎にウィルス検定を試験場でやっていただき、ウィルスフリーの株だけを残しました。かなり捨てました」との事。 その費用は相当なもの。 4.そのようなことで今回弊園販売の吹き詰めアネモネは品質保証の松浦園芸作です。 清水先生の解説によれば「わが国では普通フレグンス(アカヤエアネモア)で取り扱われている」とありますが、近年DNA鑑定の時代、いずれ興味のある学者によって正式に学名が命名される時代が来るかと思います。 ■(有)日本山草 山草展■(有)日本山草 山野草交換会■日本盆栽組合他 盆栽展

黒ユリ(黒百合) (ポット植え)「☆」

レビュー平均4.4点/5
¥508
Wイイかも

黒ゆり 黒百合 (球根、又はポット植え) ポット植えの場合は9センチポット植え ユリ科 球根性多年草 草丈20〜30センチ程度 開花期:5〜6月 高山植物の百合で、夏に褐紫色花径3センチ程度の花を下向きに咲かせます。 ■管理のポイント 日当たりが良く排水の良い保水性のある場所で管理します。 肥料は特に必要なく、植え付け時に腐葉土を混ぜれば問題ありません。水は表土が乾いたらたっぷり与えてください。

【現在地上部なし】乙女ゆり【ヒメサユリ】【一芽】福島県会津の地が育んだ桃色のユリ♪繊細な花姿ですが、丈夫なお花です!年々生息は減少している貴重な苗です乙女ゆり 【山野草】 【オトメユリ】

レビュー平均4.6点/5
¥2139
Wイイかも

ユリ科の球根。 福島県近県のみに自生する貴重な野生ユリ。 用途 鉢植え 庭植え コンテナガーデン ロックガーデン 花期 4〜5月 管理ポイント 用土 赤玉4:鹿沼土4:腐葉土2の割合で排水良く植えます。 肥料 春の花後と秋9月中旬ごろに有機固形肥料を置肥する。 花後花がらをつみとり、肥培管理につとめて球根の肥大をはかり、 夏は強い日差しを避け、できるだけ涼しく管理する。

オリジナル品種!大輪八重咲きアマリリス ダブルハレルヤ 球根 1球

レビュー平均4.8点/5
¥1200
Wイイかも

八重で斜め上に咲き、がっしりとした花姿が特徴です。花弁の中央に入った赤い筋がとても上品です。 学名 Hippeastrum cv.‘Double Hallelujah' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 15cm以上 1茎に付く輪数 4輪 花弁の形状 八重咲き 草丈 50〜60cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 豪華な八重咲き品種、白花でも存在感があります! 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください。注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、お手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

桃色スズラン(ピンクスズラン)「☆」

レビュー平均2.25点/4
¥1058
Wイイかも

桃花スズラン(ピンクスズラン)9センチポット植え ユリ科スズラン属 肥沃な用土、日当たりの良い場所を好む。 真夏の直射日光は嫌うため、春と秋以外は半日陰になるようにする。 耐寒性は高いため、野外での越冬が可能。

シラー・ペルビアナ 4号

レビュー平均4.5点/4
¥918
Wイイかも

17年4月14日に入荷。 状態は季節によって変化します。174c 分類:ユリ科の球根植物 学名:Scilla peruviana 原産地:地中海沿岸 花期:5〜6月 栽培は容易で植えっぱなしで毎年花を咲かせる手間要らずの植物です。 水はけ、日当たりのよい場所を好みます。 酸性土壌を嫌うので、植え替え時には石灰を入れるようにします。 3年に一度くらいは増えてくるので球根を離すために植え替えます。シラー (分類): ユリ科の球根植物(学名): Scilla(原産): ヨーロッパ アジア アフリカ(開花期): 主に2月〜6月(種により異なる)(草丈): 5cm-80cm 種類 1. ペルヴィアナ〔S. perbiana〕 ポルトガル、アルジェリア、チュニジアなどが原産地。 シラーの中では中〜やや大型で、草丈は30cm前後になります。日本でよく栽培されていて水はけと日当たりの良い場所では植えっぱなしでもよく育ちます。 シベリカ〔S. siberica〕 ロシア、ウクライナ、グルジアなどに分布。 小型のタイプが多く、草丈は10cm〜15cmで主な開花期は2月〜4月です。大輪の’スプリング・ビューティー’、淡いブルー花の'タウリカ'などいくつかの園芸品種が出回っています。 ビフォーリア〔S. bifolia〕 南ヨーロッパ原産。 葉っぱが出ると同時期に花茎を伸ばすタイプのもので、花色は鮮やかなブルーや淡い紫。 花期は2月〜3月です。

オリジナル品種!アマリリス ‘デヴィル ハンター’(中球)球根 1球

レビュー平均4点/4
¥1000
Wイイかも

パピリオを親に持つ‘デヴィル ハンター’。凛とした佇まいが人気の逸品です! 学名 Hippeastrum cv.‘Devil Hunter’ 原産地 中南米 花期 初夏咲き 花の直径 − 1茎に付く輪数 2〜4輪 花弁の形状 半丸弁 草丈 − 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 花付き良好、見応え十分の美花です! 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、球根がお手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

鉄砲百合(テッポウユリ)球根 3.5号ポット苗(2球入り)(j7)

レビュー平均5点/4
¥270
Wイイかも

普通ユリは春に芽を出しますがテッポウユリは秋に芽を出して冬を越え、4〜5月に開花します。 夏〜秋は球根で発送しますが、冬から春はポット植えした状態でお送りしています。 ポット植えの写真は1月31日に撮影しました。 季節によって状態は変化いたします。171d 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 20個(夏〜秋の球根状態では50個) 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約4個 備考   写真は見本品です。   

オリジナル品種!八重咲きアマリリス‘ダブルリボン’ 球根 1球

レビュー平均5点/4
¥1000
Wイイかも

真っ赤な八重の花弁、少女の頭に載った赤いリボンを連想させます。中央に入った白い筋もとても鮮やか! 学名 Hippeastrum cv.‘Double Ribbon' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 10cm内外 1茎に付く輪数 4輪 草丈 60cm内外 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 形の整った花姿と鮮やかな色彩、とてもバランスの良い品種です。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、球根がお手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

春植え球根 野放し球根【クロコスミア混合】12球入

レビュー平均4.67点/3
¥537
Wイイかも

鮮やかな花色で、比較的草丈も高く切り花にも使える品種です。 美食混合セットで、花壇に植えておくだけで毎年綺麗に咲き、 花が少ない季節に重宝します。 ●植え付け時期 3月〜5月 ●開花期    6月〜7月 ●草丈     40〜100cm ●主な用途   花壇向き 鉢植え 切り花 ●商品規格   レッテル付き袋詰め ●販売時期   2月中旬頃〜以降 ●商品画像は、開花時のイメージです。

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

レビュー平均5点/3
¥8100
Wイイかも

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

アリウム ギガンチューム 4号ポット植え

レビュー平均4.67点/3
¥583
Wイイかも

17年2月3日入荷。木の状態は季節により変化いたします。172aアリウム 【分類】 ユリ(ネギ)科の球根植物 【学名】 Allium 【原産地】 ヨーロッパ アジア 北アメリカ 北アフリカ 【樹高】  0.2〜1.2m 【開花期】 4〜7月 一般には秋植え球根植物として扱われ花壇や切り花にして利用されます。 春に芽を出し葉を大きく展開します。 その中心から小さい蕾をつくり伸ばしながら大きくなっていきます。 初夏に丸い葱坊主のような花を咲かせ、夏には枯れて春まで休眠します。。 品種は大型のものと小型のものに分けられ、花色は赤紫、白、ピンク、黄色などがあります。 大型種は中央アジア産の「ギガンチューム」がよく知られ、6月〜7月に花茎を1m前後のばして大形の花を咲かせます。 アリウムの育て方 日当たりと肥沃で水はけの良い場所を好みます。 球根は秋に植えますが耐寒性は強いため特に防寒対策を行う必要はありません。 酸性の土壌を嫌いますので石灰を混ぜ込んで酸性土壌は中和してから植えつけます。 球根は数年は植えっぱなしでも良いのですが、過湿になると球根が腐るので過湿にはしないようにします。

オリジナル品種!八重咲きアマリリス‘ダブルトップホワイト’ 球根 1球

レビュー平均4.33点/3
¥1000
Wイイかも

上向きに咲く白い花弁、まるで睡蓮の花のようです。 学名 Hippeastrum cv.‘Double Top White' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 10〜15cm 1茎に付く輪数 2〜4輪 花弁の形状 八重咲き 草丈 50〜60cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 上向きに咲くのが特徴のダブルトップホワイト。睡蓮に似た花姿から、当初‘ウォーターリリー'と名付けていました。当ナーセリーでは切花で大人気の品種です。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、球根がお手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

【花球根】ハイブリッドカラーシュワルツワンダー 1球入り

レビュー平均4.67点/3
¥598
Wイイかも

コメント: 育成がよく、豊富な花色が楽しいカラーです。 コンテナの寄せ植えに最適で、切り花でも楽しめます。 鉢植えにして窓辺を豪華に飾るなんていうのもいいですね。 科名: Zantedeschia サトイモ科ザンテデシア属 英名: calla lily 種類: 多年草 別名: リリー オブ ナイル 和名: 阿蘭陀海芋(オランダカイウ) 草丈: 約45〜65cm 花色: 黒紫 用途: 花壇、プランター、切り花 植え付け時期: 3月〜5月 開花時期: 7月〜8月 発芽適温: 発芽日数: 播種深さ: 開花までの日数: 約 花言葉: 「乙女のしとやかさ」「清浄」「壮大な美」「歓喜」「熱意」「凛とした美しさ」「夢のような恋」「熱血」「壮麗」「清純」 生産地: オランダ 内容量: 1球 植え方: 鉢植え:深さ2〜3cm、株間10〜15cm位 花壇:深さ7cm位、株間15〜20cm位 日当たりと水はけのよい場所を好みます。 直接雨に当たらないところのほうが栽培に適します。 多湿になると腐りやすくなるので注意しましょう。 庭植えのものは11月頃に葉が枯れてきたら掘り上げて乾かさないように軽く湿らせたおがくずや水ゴケにくるみ、凍らない場所で管理しましょう。 楽しみ方のポイント: 花の少ない時期に、素敵なコンテナの寄せ植え用として最適。 鉢植えで窓辺を豪華に演出 草丈や花時期、色合いを考え、花苗や球根との混植がおすすめ。 1ケ所に同職を5球位まとめて植えるとボリューム満点。 <備考> ・この球根を食べたり、動物等に与えないで下さい。 ・輸送中に球根の傷みなどが発生する場合があったり、厚さの規定等の理由がありますので、球根は基本的にメール便での発送をお断りしております。 ・球根は商品到着後すぐに開封して風通しのよいところで保管してください。 ・植え付け後の栽培条件、天候などにより結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。ご了承ください。 &nbsp;ハイブリッドカラー シュワルツワンダーの球根 1球入り 可愛い花姿は、コンテナの寄せ植えに最適。 初心者にも育てやすいのも魅力のひとつ!ポイントは1.水はけをよく管理する2.日当たり、風通しをよくする(真夏は半日陰が適します)3.月に1〜2回追肥をあげる11月頃に葉が枯れてきたら掘り上げて、凍らない場所で春まで管理しましょう。素敵な花色と花姿、美しい葉とのコントラストが楽しめます!

オーニソガラム オレンジ(ダビウム)4号苗

レビュー平均4.5点/2
¥842
Wイイかも

17年4月18日に入荷。状態は季節によって変化いたします。174c 植え時 9〜11月 開花期 3〜4月 水はけ、日当たりのよい場所を好み、一度植えておくと毎年開花します。 手間要らずの球根です。オーニソガラム (分類) 耐寒性または半耐寒性球根植物(学名) Ornithogalum(原産) ヨーロッパ〜西アジア、アフリカ オーニソガラムには耐寒性種と半耐寒種がありますが、ダビウムは半耐寒性種に属します。 関東地方以南では露地植え可能ですが、鉢植えや寒風の当たる場所では多少の防寒が必要です。

オーニソガラム 白花(ホワイト) 4号

レビュー平均5点/2
¥972
Wイイかも

写真は17年4月25日に撮影しました。季節によって状態は変化します。174d 写真は見本です。 送料は648円より。同梱可能数量:8オーニソガラム (分類) 耐寒性または半耐寒性球根植物(学名) Ornithogalum(原産) ヨーロッパ〜西アジア、アフリカ オーニソガラムには耐寒性種と半耐寒種がありますが、ダビウムは半耐寒性種に属します。 関東地方以南では露地植え可能ですが、鉢植えや寒風の当たる場所では多少の防寒が必要です。

小型オリジナル品種!アマリリス‘赤い翼’ 球根 1球

レビュー平均3.5点/2
¥1500
Wイイかも

葉と花とのバランスが良く、草姿もコンパクトな‘赤い翼’。写真では分かりづらいのですが、ベルベットのような艶やかな花弁の質感が見事な品種です。 学名 Hippeastrum cv.‘Akai Tsubasa' 原産地 中南米 花期 5〜6月(初夏咲き) 花の直径 10cm以下 1茎に付く輪数 2〜4輪 草丈 50cm以下 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。  このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ 《鉢植えの場合》 ●植え付け ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 1.一時的でも室温が10℃以下に下がるような室内の場合 ・鉢に植え付け後、冬の間は水をあげないでください。水やりをすると球根が腐敗する可能性があります。 ・春先の木々の芽吹きの時期、遅霜の心配がなくなってから水やりを開始します。 2.常に15℃以上の明るい室内や温室で管理する場合 ・植え付け後に20℃くらいの温かい水で十分に水をあげます。 ・気温が15℃以下にならないよう、管理します。 ・葉または蕾が出てきたら、水やりを開始します。 ※冬期以外の植え付けは、球根がお手元に届き次第、なるべく早く行ってください。 ●水やり ・蕾や茎が出てきたら、水やりを再開します(球根に直接水をかけないようにしてください)。 ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ●開花後の管理 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ・葉の生育期はカリ分の多い液肥を月に2〜3回、水やり代わりに行います。葉が黄変してきたら葉を株元から切り取り、水やりを止めます。 ・冬は土が凍らない場所(5℃以上が目安)で保管してください。 ----------------------------------------------------------------------------------- 《庭植えの場合》 ●植え付け ・午前中に日の当たる、風通し・水はけの良い場所に、遅霜の心配がなくなってから植え付けます。 ・土を耕し、腐葉土・草土灰・緩効性肥料を施します。 ・球根の間隔が、大輪:30cm、中輪:10〜25cm、小輪:15〜20cmになるようにして、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。 ・植え付け後に十分水をあげた後は、葉または蕾が出るまで水やりを行わないようにします。 ●開花後の管理 ・庭植えで冬に掘り上げない場合は、気温が下がってきたら水やりを止め、葉を根元から切り取り、土や腐葉土をかけて保温して冬越しします。 ・掘り上げる場合は、葉を株元から切り取った後、降霜前に掘り上げます。土を取り除いて室内の暖かい場所に1週間ほど置いたあと、段ボール箱や木箱などにバーミキュライトを敷き詰めて球根を埋め、5℃以下にならない場所で凍らないように管理します。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。球根の植え付け・保管については、上記の「管理」欄をご参照ください。 お届けが3月下旬頃になりますと、日中の気温が高くなってきており、品種によっては花芽が伸びてきています。 その場合、花芽がごく短く、出荷に問題がない場合は花芽を付けてお送りいたします。 花茎が長く伸びている場合は、花茎を切ってお送りすることになり、開花は来シーズン以降となります。何卒ご了承ください注文時期により開花後の成球や、中小球いずれかを送ります。いずれも1年後には立派に生育し開花します。時期や状態により、葉をカットする場合もあります。 休眠期以外は、球根がお手元に届きましたらなるべく早く植え付けを行ってください。

@スポンサー