【鳥取の旬のフルーツ「初秋」】二十世紀梨特秀品2.5kg箱大玉(4L〜2L)6〜8玉入り9月上旬頃より〜順次発送

レビュー平均5点/6
¥2589
Wイイかも

二十世紀梨も時期によりおいしい産地が移ります。その時期、一番おいしい産地から厳選した梨を1個づつ手詰めした進物梨です。 ◆商品名 : 二十世紀梨 9月上旬頃より〜順次発送 ◆内容量 6〜8玉(約2,5kg) ※玉数のご指定はご遠慮ください。 ◆おいしい梨は皮をむいた時にべとべとします。熟度も進み、甘味がのった証拠です。二十世紀梨は熟度が進むと、果色が黄緑色から黄色になります。シャキとした食感が好きな方は黄緑色のもの、甘さ重視の方は黄色味を帯びてから、お召し上がるとよいです。山陰の初秋の果物といえば二十世紀梨!! 皮ごとまるかじりが出来る滑らかな緑の薄皮。独特の歯ごたえのあるパキッ、シャリッとした食感。そして、とたんにあふれ出す甘い果汁。果実の中で随一とも言えるジューシーさは喉の渇きを潤せるほどです。他の梨ではあり得ない魅惑の果実です。 薄くなめらかな青い肌。歯ごたえとあふれ出す芳醇な果汁。山陰の初秋のフルーツといえば、何をおいても「二十世紀梨」。特に鳥取は代名詞と言っても過言ではないでしょう。全国の生産量の約半分を鳥取県が占めています。鳥取産二十世紀梨は近年海外にも輸出され、「NIJISSEIKI」として非常に高い評価を受けています。 その栽培の歴史は長く、平成16年には100周年を迎えました。鳥取県の梨農家は、県やJA、各種機関と一致団結して、鳥取を日本一の二十世紀梨王国に育て上げました。その技術、情熱、実績は他産地の追随を許しません。 二十世紀梨には「袋かけ」と呼ばれる作業が2回あります。それにより、大敵である黒班病や害虫を防ぎ、あのなめらかな青い表皮を生みます。農薬が直接付着しにくいことも利点です。

【鳥取の旬のフルーツ「初秋」】二十世紀梨特秀品5kg箱大玉(4L〜2L)12〜16玉入り9月上旬頃より〜順次発送

レビュー平均4点/1
¥4641
Wイイかも

二十世紀梨も時期によりおいしい産地が移ります。その時期、一番おいしい産地から厳選した梨を1個づつ手詰めした進物梨です。 ◆商品名 : 二十世紀梨 9月上旬頃より〜順次発送 ◆内容量 12〜16玉(約5kg) ※玉数のご指定はご遠慮ください。 ◆おいしい梨は皮をむいた時にべとべとします。熟度も進み、甘味がのった証拠です。二十世紀梨は熟度が進むと、果色が黄緑色から黄色になります。シャキとした食感が好きな方は黄緑色のもの、甘さ重視の方は黄色味を帯びてから、お召し上がるとよいです。山陰の初秋の果物といえば二十世紀梨!! 皮ごとまるかじりが出来る滑らかな緑の薄皮。独特の歯ごたえのあるパキッ、シャリッとした食感。そして、とたんにあふれ出す甘い果汁。果実の中で随一とも言えるジューシーさは喉の渇きを潤せるほどです。他の梨ではあり得ない魅惑の果実です。 薄くなめらかな青い肌。歯ごたえとあふれ出す芳醇な果汁。山陰の初秋のフルーツといえば、何をおいても「二十世紀梨」。特に鳥取は代名詞と言っても過言ではないでしょう。全国の生産量の約半分を鳥取県が占めています。鳥取産二十世紀梨は近年海外にも輸出され、「NIJISSEIKI」として非常に高い評価を受けています。 その栽培の歴史は長く、平成16年には100周年を迎えました。鳥取県の梨農家は、県やJA、各種機関と一致団結して、鳥取を日本一の二十世紀梨王国に育て上げました。その技術、情熱、実績は他産地の追随を許しません。 二十世紀梨には「袋かけ」と呼ばれる作業が2回あります。それにより、大敵である黒班病や害虫を防ぎ、あのなめらかな青い表皮を生みます。農薬が直接付着しにくいことも利点です。

【鳥取の旬のフルーツ「初秋」】二十世紀梨特秀品10kg箱大玉(4L〜2L)24〜32玉入り【送料無料】9月上旬頃より〜順次発送

レビュー平均5点/1
¥7557
Wイイかも

二十世紀梨も時期によりおいしい産地が移ります。その時期、一番おいしい産地から厳選した梨を1個づつ手詰めした進物梨です。 ◆商品名 : 二十世紀梨 特秀品 9月上旬頃より〜順次発送 ◆内容量 : 約10kg24〜32玉(4L〜2L) ※玉数のご指定はご遠慮ください。 ◆おいしい梨は皮をむいた時にべとべとします。熟度も進み、甘味がのった証拠です。二十世紀梨は熟度が進むと、果色が黄緑色から黄色になります。シャキとした食感が好きな方は黄緑色のもの、甘さ重視の方は黄色味を帯びてから、お召し上がるとよいです。山陰の初秋の果物といえば二十世紀梨!! 皮ごとまるかじりが出来る滑らかな緑の薄皮。独特の歯ごたえのあるパキッ、シャリッとした食感。そして、とたんにあふれ出す甘い果汁。果実の中で随一とも言えるジューシーさは喉の渇きを潤せるほどです。他の梨ではあり得ない魅惑の果実です。 薄くなめらかな青い肌。歯ごたえとあふれ出す芳醇な果汁。山陰の初秋のフルーツといえば、何をおいても「二十世紀梨」。特に鳥取は代名詞と言っても過言ではないでしょう。全国の生産量の約半分を鳥取県が占めています。鳥取産二十世紀梨は近年海外にも輸出され、「NIJISSEIKI」として非常に高い評価を受けています。 その栽培の歴史は長く、平成16年には100周年を迎えました。鳥取県の梨農家は、県やJA、各種機関と一致団結して、鳥取を日本一の二十世紀梨王国に育て上げました。その技術、情熱、実績は他産地の追随を許しません。 二十世紀梨には「袋かけ」と呼ばれる作業が2回あります。それにより、大敵である黒班病や害虫を防ぎ、あのなめらかな青い表皮を生みます。農薬が直接付着しにくいことも利点です。

@スポンサー