ハーブの苗 「ローズゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.7点/183
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※食用として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ローズゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 ローズゼラニウム (ローズペラルゴニウム)      Rose geranium 学 名 Pelargonium graveolens 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 トルーローズ 花 色 ピンク ローズゼラニウムはセンテッドゼラニウム(ニオイゼラニウム)の仲間のなかでも代表的な品種です。 全草にバラの花の香りに似た芳香(ゲラニオールを多く含む)を持つことからその名が付けられました。 その香りの成分は抽出され精油(エッセンシャルオイル)としても利用されています。 直立性で100〜150cm程に成長し、よく分枝します。 葉はグレーがかって5裂し全体に柔毛が生えていてバラに似た香りがします。 小さなピンク色の花を咲かせ、条件がよければ3シーズン咲きます。 原種は[ Pelargonium graveolens ](ペラルゴニウム・グラヴェオレンス)で、トルーローズやオールドファッションローズなどとも呼ばれています。変種や栽培種にはブルボンやレッドフラワーローズ、斑入りのレディープリマスなどがあります。 【特徴】   樹高・草丈: 100cm〜150cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

【産地直送で新鮮そのもの!】【送料無料】【2鉢セット】よく咲くゼラニウム カリオペ 5号 こんもりしながら枝垂れるスタイルで、ヨーロッパのバルコニーのハンギングが簡単に!【ラッピング・メッセージカード不可】【RCP】

レビュー平均4.59点/158
¥3240
Wイイかも

商品レビューにおまけが入っていたという記載がございますが、現在は行っておりませんのでご了承くださいませ。 こんなに素敵な花色のゼラニウム見たことないですよ!ベランダに飾ってるとね、普通の赤とは違って深みがあるから、なんだか映えるんですよ。なんて言ったらいいんだろう。真紅なんですよね。花色が。で、僕個人としては、ゼラニウムのあの独特な香りが苦手なんですけど、このカリオペはほとんど香らない。香らないが逆にイイ!流石に葉を折ったりすると香りが出ますけど、ほぼ香りませんね。プランターに植えるなら、幅45センチの深いタイプがイイです。根をしっかり張らせたいので、僕はそうしました!5号の鉢のまま管理すると、葉は黄色くなりやすいです。植え替えたほうが元気がいいですよ!送料無料商品ですが、一部地域は遠方送料がかかります。3セットまで、1遠方送料でお届けできます。(北海道・九州は480円、中国290円)ゼラニウムの楽しみ方教えます! ゼラニウムの水やりがご心配な方に特におすすめです!僕も愛用しています!

ローズゼラニウム ハーブ苗 蚊取り草 虫除け

レビュー平均4.5点/102
¥320
Wイイかも

Rose Geranium 学名:Pelargonium graveolens フウロソウ科 テンジクアオイ属 多年草 蚊が寄り付きにくい香りを持つハーブとして有名です。深く切れこんだ緑色の葉と立派な茎は、夏中私たちの側に居てくれます。寒さに弱いので、霜が降りる前に鉢上げしてあげます。水はけのよい土に植えて、お日様に当ててあげれば、また可愛らしいピンク色の花を見ることができます。 高さ20〜100cmくらいになる多年草です。耐寒性はありませんが、寒冷地の冬でも適度の光と気温があれば、優しい香りと可憐な花を楽しむ事ができます。 【栽培】 日当たりがよく、風通しの良いところを好みます。 水はけのよい土を好みます。 ハーブは多肥を嫌うものが多いですが、植え付け時やお花が終わった後に肥料を適量施すと効果的です。 ハーブの肥料としては"ハーブ・香草の肥料(有機質肥料)400g  378円(税込)"が使いやすく、おすすめです。ハーブ苗と同梱できます。 【ハーブ苗の送料】全国一律:700円  (但し、北海道は1950円・沖縄県・離島は2800円) ◆ハーブ苗、肥料、オーガニックシードを合わせて10,000円以上のお買い上げで送料無料!  ※バラ苗や培養土と一緒にご注文いただいた場合は対象外です。  ※お届け先が複数の場合も対象外です。  ※北海道及び沖縄県へのお届けは送料無料の対象外です。 (※会計画面及び自動返信のメールには反映されない場合がございますが、ご注文確認メールにてご案内いたします。) 《バラ苗や大神土(ハーブの有機栽培専用土)との同梱について》 ※バラ苗と同梱することはできません。一緒にご注文頂いた場合はバラ苗の送料にハーブ苗の送料700円を加算した配送料がかかります。 ※ローリエやユーカリ、ティーツリーなど樹高の高い品種とは同梱できません。一緒にご注文頂いた場合は2配送分の送料がかかります。 ※大神土(ハーブの培養土)10kg(5kg×2袋または10kg×1袋)とハーブ苗12ポットまで同梱可能です。※画像はハーブ苗のイメージです。お届けする商品ではありません。 お届けします苗は販売用のポット(直径9cm)に入れていますので、できるだけ早めにお手持ちの植木鉢かお庭に植えつけることをお勧め致します。植え付ける際は根を痛めないようにお気をつけ下さい。鉢植えの場合の植え付け後の管理の仕方をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。植付けの仕方や育て方、利用法などご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 鉢植えの管理について 植え付けしたあと4〜5日は直射日光のあたらない涼しいところに置いて、毎朝水やりをしてください。その後は、日当たりのよいところに置いて、土が乾いて、葉が萎えてきたら、鉢の底から流れ出るくらい水をたっぷりあげてください。 葉の色が薄くなってきたら肥料分が少なくなってきているサインですので、肥料をあげてください。 ハーブは比較的、乾燥気味を好みますので、水のやりすぎに注意してください。 花が開いているときは、花にかからないよう根元に 花に水がかかってしまうと、花の寿命が短くなります。つぼみのまま腐ったり、灰色カビ病の原因になることもありますから。なんとなく見覚えのあるという人もいるのではないでしょうか? 大きな葉ものは、水が根元まで届いているかな? 葉の大きいものやよく茂っているときは、葉を伝って水が外に流れるので、株の上からかけないで、ジョウロの口をはずして根元にあげてください。 受け皿にたまった水は根腐れの原因! 受け皿に水がたまっていると、毛細管現象で水が鉢の中にあがってきます。長時間土が湿っていると、根腐れを起こす原因になります。受け皿の水は捨ててください。 葉水は霧吹きで 乾燥を嫌う植物には、霧吹きで葉水を与えます。そうでないものでも、暖房などで部屋が乾燥していたら、霧水をしてあげて空中湿度を高めます。

ハーブの苗 「アップルゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.82点/66
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 アップルゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 アップルゼラニウム (アップルペラルゴニウム)     Cleveland Sage 学 名 Pelargonium odoratissimum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 スイート・センテッド 花 色 ホワイト ペラルゴニウムの原種の一つです。 柔らかな丸葉は明るい緑色で長い葉柄をもちます。縁は不規則に鈍鋸歯が入っています。 甘いリンゴの香りがするためアップルと呼ばれ、スイート・センテッドなどとも呼ばれています。小さな花は白色で上部の花弁に赤紫色の斑紋が入ります。

ハーブの苗 モスキートをシャット 「蚊連草(カレンソウ・かれんそう) 9cmポット」

レビュー平均4.15点/62
¥496
Wイイかも

「蚊連草」は、育種学者「テック・ファンリーニ氏」がチャイナグラス(シトロネラ草)とアフリカンゼラニウムを異種交配して開発しました。チャイナグラス(シトロネラ草)はシトロネラールと云う油を保持しており蚊に対しての忌避効果があります。 このシトロネラールの香りを、アフリカンゼラニウムとの交配でより香りを強くしています。香りは新芽が成長する過程で強く発生し、葉の枚数にも比例しますので上手に育成して下さい。日中は外に出し日光に当てて下さい。夕方水やりをすると香りが発生します。又、蚊連草を軽くゆらしても香りがでます。 注意:植物ですので成育の状態によって効果が薄れることがあります。■栽培地 静岡県 【規格】   黒色ビニール9cmポット 【特徴】 科名 フウロソウ科ヘラルゴニウム属 種類 多年草 開花時期 3月下旬〜7月下旬 温度 非耐寒性 水やり 普通、乾燥気味 日当たり 日なた 土質 肥沃な土壌 草丈 100cm〜150cm 【栽培のポイント】 蚊連草は以下の条件を満たすことにより成長が早く春にはかれんな花が咲きます。ボットやプランターは大きければ大きい程良く育ので植替えをお勧めします。夏場は緑濃く観賞用としても最適な蚊連草。植物なのでもちろん無害、地球に優しい商品です。人気のコンテナガーデン感覚で、あなたの夏を快適 なものにしてくれます。植替えの際は、水はけが良く空気をたくさん含む多孔質の用土を御使用下さい。植物なので生育の状態によって効果が薄れる事があります。 【給水】 水やりは、培土が乾いた時にたっぷり(鉢の底から水が流れ出る位)上げてください。 この植物は乾燥気味を好みますので、いつも湿った状態は避けるように注意してください。 【栽培温度】 成長最適温度は18℃〜30℃  ・10℃以下では成長は遅くなります。  ・5℃以下、35℃以上でも耐えられますが、    0℃以下、霜、凍結は避けてください。 【日照】 日当たりの良い場所に置いてください。   (日中は外に出して日光に当ててください。)  ・日照時間は長ければ長いほど、    健全に育ちます。  ・日光の強い時期や地域は日陰でも結構です。 【肥料】 肥料はバランスのとれたものが最適です。 ・市販されている肥料で結構です。 ・施肥時期は   3月中旬〜7月下旬、   9月中旬〜10月下旬    2週〜3週毎に2g〜4g(鉢の大きさによる) ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい蚊 連 草 ゼラニウムとシトロネラ草のダブルパワーで モスキートをシャットアウト!! 真夜中に突然に耳元にてブーンブーンの音こ悩まされた経験はありませんか? 退治しようと灯をつけると、もういない あきらめて灯を消すと、またやって来る.... イライラ寝不足の夜!!   嫌〜な「蚊」にも苦手なものが...   それは、「シトロネラ」の香り。レモン等に含まれる酸味のある香りなのです。     何故「蚊」は「シトロネラ」の香りが苦手なの?   「蚊」は人間が吐く息(二酸化炭素)を察知して暗闇で人間の近くに寄ってきます。   「シトロネラ」の香りはそんな「蚊」の二酸化炭素察知能力を低下させるのです。     蚊連草とは?   遺伝学者ファンリーニ氏が長年の実験的異種交配により研究開発した植物です。   ゼラニウム(ハーブ)とシトロネラ草(ハーブ)を交配しています。   シトロネラ草に含まれる「シトロネラール」は蚊に対する忌避効果を持ち、   さらに蚊の二酸化炭素(CO2)察知能力を低下させる効果があるといわれています     効果の目安   概ね、高さ約20cm(鉢の上部より)/巾30cm(葉から葉)で10・(6帖の部屋)に1鉢です。     知っておいて欲しいこと  ・蚊連草にも蚊はとまります。    蚊をまったく寄せ付けないわけではありません。    蚊連草にとまった蚊は、炭酸ガスを察知する能力が鈍り、刺しにくくなります。  ・効果を期待するなら    適度に剪定を繰り返したくさん新芽が出るよう保ちましょう。葉の枚数が効果に比例します   蚊連草(カレンソウ)の類似商品が出回っています。ご注意ください。   蚊連草は種苗法によって品種登録され新品種として保護されている植物であり   権利者の許可なく生産・販売することは禁止されています。   この商品のレビューに書かれているコメリさんには、   「蚊連草」は流通されておりませんので、ご注意ください。

ハーブの苗 「ファーンリーフゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.71点/55
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ファーンリーフゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 ファーンリーフゼラニウム (ファーンリーフペラルゴニウム)     Farn Leaf geranium 学 名 Pelargonium denticulatum 'Farn Leaf' 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 デンチ、デンタータ 花 色 ピンク バルサムのような香りがあり、葉はファーンリーフという名称が示すとおり、シダの葉のように葉脈にそった骨格状でレースのようです。スケルトンローズよりも細かい葉です。花はピンク色の小花を咲かせます。 1789年に紹介され、デンチやデンタータなどと呼ばれ多くの交配種があります。 【特徴】   樹高・草丈: 100cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「レモンローズゼラニウム 9cmポット(ロバーズレモンローズゼラニウム)」

レビュー平均4.69点/51
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レモンローズゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 レモンローズゼラニウム (ロバーズレモンローズペラルゴニウム)      Lemon Rose geranium 学 名 Pelargonium graveolens'Rober's Lemon Rose' 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 ロバーズレモンローズ 花 色 ピンク ローズペラルゴニウムの変種です。 大きく3裂したグリーングレーの葉は鳥の足跡のような形をしています。香りは名前の通りレモンのまじったバラのようです。小さなピンク色の花を咲かせます。丈夫で育てやすく、成長すると150cmほどになります。 ロバーズレモンローズ(Rober's Lemon Rose)とも呼ばれています。 【特徴】   樹高・草丈: 150cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

宿根草シンジェンタの栄養系 ゼラニウム ( ゼラニューム ) カリオペ ダークレッド(ディープレッド)1株

レビュー平均4.31点/39
¥398
Wイイかも

「カリオペ」は、現在流通しているアイビー系とゾナル系と言われる2種類の園芸種ゼラニュームを交配(種間交雑)して作出され、両方の長所を兼ね備えた最も新しいタイプの「ハイブリッド ゼラニューム」です。特に耐暑性に優れており、高温多湿な日本の夏でも休むことなく花を咲かせ続けます。また、その花の大きさと連続開花性は「ゼラニュームの王様」を思わせる存在感で、ハンギングバスケットや大きなコンテナ植えに最適です。 ◆非耐寒性多年草 ◆お届け時の状態:9cmポット苗 ◆開花:5〜11月 ◆草丈:25〜35cm ★栽培説明書付き ★難易度:中 農水省品種登録品種ゼラニウムの中でも特にオススメの品種です まとめて植えると花壇を鮮やかに彩ります。 花つきが良いので鉢植えでもハンギングでも良く映えます。

ハーブの苗 「デンチゼラニウム(デンタータゼラニウム) 9cmポット」

レビュー平均4.41点/29
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 デンチゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 デンチゼラニウム (デンタータゼラニウム)(デンチペラルゴニウム)(デンタータペラルゴニウム)     Denti geranium 学 名 Pelargonium denticulatum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 ドクターリビングストン 花 色 薄いピンクで上部2弁に赤色の斑紋が入ります デンチペラルゴニウムは、1789年頃に紹介された品種です。デンチクラトゥム・グループのひとつでデンタータとも呼ばれます。 香りはバルサムのようなで葉茎など全体から香ります。葉は葉脈に沿うように骨格状で歯のような縁があることからデンチと名付けられたと思われます。 立性ですが非耐風性なので強い風が当たらない場所で管理してください。 【特徴】   樹高・草丈: cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「レディープリマスゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.86点/22
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レディープリマスゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 レディープリマスゼラニウム (レディープリマスペラルゴニウム)     >Lady Plymouth geranium 学 名 Pelargonium graveolensvariegatum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 ピンク ローズペラルゴニウムの変種で、斑入りの葉が特徴です。 葉を縁取るようにクリームがかった白い斑が不規則に入ります。グリーングレーの深く裂けている葉は、バラとレモンの香りにミントも感じます。ピンク色の花を咲かせ、寒さには比較的強いほうです。 ※葉に不規則に入る斑は、夏時期の強い日差しに当たると薄くなったり、場合によっては完全に消えてしまいます。夏のあと日差しが弱くなってから新たに伸びた葉には斑が再度入ります。斑が消えた葉には斑は戻りません。 ※斑入りの葉が先祖返りで緑色の元に戻ってしまうことがあります。葉が緑色になった枝は剪定してください。 【特徴】   樹高・草丈: 100〜150cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「スイートミモザゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.86点/22
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 スイートミモザゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 スイートミモザゼラニウム (スイートミモザペラルゴニウム)     Sweet Mimosa geranium 学 名 >Pelargonium'Sweet Mimosa' 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 ピンク 丸みのある葉には、5ヵ所くらい切れ込みがあります。春には大きな明るいピンク色の花が咲き、花の上部2弁は少しサーモンピンクがかっていて斑紋がありきれいです。 【特徴】   樹高・草丈: 100〜120cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「レモンゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.67点/21
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 レモンゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 レモンゼラニウム (レモンペラルゴニウム)   Lemon geranium 学 名 Pelargonium crispum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 ソフトピンク 1774年にイギリスに入ったペラルゴニウムの原種の一つです。 葉は1cm程と小さく、3つに浅裂した鋸歯で細かいしわがあり、強いレモンの香りがあります。春と夏に咲くピンク色の花は、一輪ずつ咲き花は葉よりも大きいです。直立性で60cmくらいに成長します。 近縁種や交配種と容易に交雑するので注意が必要です。 ゼラニウムの中でも比較的に管理が難しい品種です。特に多湿と蒸れに弱く水のやり過ぎには注意してください。また、成長もゆっくりです。 【特徴】   樹高・草丈: 60cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「プリンスオブオレンジゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.45点/20
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 プリンスオブオレンジゼラニウム (プリンスオブオレンジペラルゴニウム)   Prince of Orange geranium 学 名 Pelargonium×citriodorium 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 淡いピンク 園芸用プリンスオブオレンジペラルゴニウムは1880年以前に〔P.Crispum〕からつくられた品種です。 葉はマンダリン・オレンジの香りで、花は淡いピンクの上部2弁に赤紫色の斑点があります。成長すると60cm程になります。 ゼラニウムの中でも比較的に管理が難しい品種です。特に多湿と蒸れに弱く水のやり過ぎには注意してください。また、成長もゆっくりです。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: 60cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

【全9種】【送料無料】ゼラニウム クオリティシリーズ 5号 2鉢セット ゼラニューム 【ラッピング・メッセージカード不可】

レビュー平均4.68点/19
¥3680
Wイイかも

いろんな花色で僕らの目を楽しませてくれるゼラニウム!初心者の方でも簡単に大きく育てる事できるし、何より花が咲き続けてくれるのが一番うれしいですね!プランターやテラコッタに植え替えるなら、10号鉢に4株とか、45センチから65センチの横長プランターに2株がちょうどいいです!5号の鉢のまま管理すると、葉は黄色くなりやすいです。植え替えたほうが元気がいいですよ!今回の取り扱い品種ゼラニウム クオリティシリーズアンソニー キャンディローズ サーモンプリンセス ショッキングピンク ビクター フォクシー フラワーフェアリーベリー フラワーフェアリーホワイトスプラッシュ モザイクピンク 送料無料商品ですが一部遠方地域は別途送料がかかります。(北海道・四国・九州・沖縄は別途480円、中国290円)ゼラニウムの楽しみ方教えます!   ゼラニウム クオリティ アンソニー 朱赤のセミダブルからシングル咲きのゼラニウム。 温度や日照によって赤の出方が変化します。 暑い時期はさらに朱赤になり寒くなると画像のような赤になる傾向が強いです。 葉色のとコントラストが眩しい花色。   ゼラニウム クオリティ キャンディローズ ピンク系の中で人気ナンバーワンの花色。 セミダブルからシングルの花を咲かせます。 華やかな花色は、ただ咲いているだけで春そのものを表現してくれます。   ゼラニウム クオリティ モザイクピンク 柔らかなピンクに濃いめピンクのかすりの入る珍しい品種です。ただ、温度によっては花色が固定できず、濃いピンクの花が咲くこともあります。   ゼラニウム クオリティ サーモンプリンセス 季節によって白味が強くなったり、桃味が強くなる変化が楽しめる品種。 ニュアンスカラーの人気品種で、優しい花色が持ち味です。   ゼラニウム クオリティ ショッキングピンク 左の画像よりも実物はさらに明るいショッキングピンクそのもの。太陽の光を浴びるとキラキラ輝くように美しく華やかに光り輝く花色は50代の女性にとにかく人気! シングル咲きながら華やかさナンバーワン!   ゼラニウム クオリティ ビクター もっとも真紅に近いのがこのビクター。 ハッとするような花色が1年中楽しめる品種。 朱赤ではなく真っ赤が欲しいという方はこちらをお選びください。ただし、高温期はやや花色が朱赤に近くなります。   ゼラニウム クオリティ フォクシー ショッキングピンクに近いが、それよりも少し落ち着きのある艶やかなピンク。レンガ造りの壁や、素焼きのテラコッタにあわせるのであれば、こちらの方がしっくりなじむと思います。   ゼラニウム クオリティ フラワーフェアリーベリー ショッキングピンクの花色に、中心が落ち着きのある深みのあるピンクが入るバイカラー。 華やかさの中にも気品を求める方ならこれをオススメします!   ゼラニウム クオリティ フラワーフェアリーホワイトスプラッシュ 白地に中央がパステルなピンクの入る可愛い花色が人気!この組み合わせ、意外にもかなり目立つ花色なので、プランターにごっそり植えるととにかくにぎやかになる花色!   おっす!店長の古屋っす! ボリュームいっぱいのゼラニウム。 やっぱり憧れっすよね〜? 植え付けたあと、ちょっとしたひと手間で、 1ヶ月もすればモリモリでっかく育つので、 是非、試してみてほしいっす! まずは、ゼラニウムの茎に注目! ニョキッと出ている茎をまずは一株の中から 2本から3本探してくほしいっす。 左の画像はその中の1本っす。   その太めの茎を、思い切ってザクッと切るっす! 初めての方は、大体ここでビビってしまって切ないんす。そして大きくすることができないんす。 ハイ終了!(いやいやいやいや(^_^;)) 終わってしまってはいけないっすね。 思い切って上から4分の3くらいの場所でカットしてほしいっす。カットして1ヶ月経つと良いことが起こるっす。 ※カットするのは最高気温が18度から25度くらいの時期が適切っす。熱すぎても寒すぎても、ゼラニウムに負担がかかるので、時期を見定めるんすよ!   白い矢印の先に、僕が手で書いた、出るであろう枝の予想が左の画像にあるので、よく見てほしいっす。 1か所を切ると、二股に分かれてくれるんすよ。 だから、枝の数が2倍に増えるわけっす。 出てきた枝を、また切れば2本が4本に増るっす。 これを繰り返していくと、スッゲーでっかく育つんす。 最初は、1鉢の中で、3本くらい枝をカットするだけでも結構大きくなるので、是非やってみてほしいっす!   1ヶ月から1か月半で最初よりも1.5倍から上手くいくと2倍くらいの株の大きさに育つっす! 結構ラフに切ってしまっても、ゼラニウムは丈夫なのでモリモリ育ってくれるっすよ! 初心者でも怖がらずにチャレンジしてみてほしいっす! 枯れたりしないから大丈夫っすよ。 深く切りすぎた場合でも、ちょっと時間がかかるだけで、すぐに大きくワサワサ茂ってくるっすから、是非、この生命力の楽しさ、味わってみてくださいっすね! 2鉢セットでの販売ですのでお得です。 1セットのお求めで同色2鉢をお届けします。 鉢サイズは5号(直径15センチ)鉢となりますので、しっかり生育した良い株です。 (初心者の方にもオススメです!) ゼラニウムらしい葉の香りも十分堪能できます。 植え付け後、切り戻しをすると、1ヶ月ほどでボリュームアップします! 3月中旬からのお届けです。 ※3月上旬にお届けすることも可能ですが、その際は蕾付きの状態です。 尚、株は少し小さめになりますので、予めご了承ください。 3月上旬お届けご希望の場合には、 備考欄にお書き添えいただければご対応いたします。

ハーブの苗 「ヘーゼルナッツゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.61点/18
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ヘーゼルナッツゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 ヘーゼルナッツゼラニウム (ヘーゼルナッツペラルゴニウム)     Hazelnut geranium 学 名 P.×concolor var. 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 レッド ヘーゼルナッツの香りがします。よく枝別れして高さが40〜50cm位でコンパクトに立ちあがります。 葉は淡い黄色がかった緑色をしており、春になると鮮やかなローズがかった赤い色をした小さい花を咲かせます。 【特徴】   樹高・草丈: 40〜50cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

レモンローズゼラニウム(レモンローズペラルゴニウム・ロバーズレモンローズ) ハーブ苗 9vp Lemon Rose Geranium

レビュー平均4.39点/18
¥324
Wイイかも

ハーブ名 レモンローズゼラニウム科・属学名別名など フウロソウ科テンジクアオイ属 多年草 【学 名】Pelargonium graveolens 'Rober's Lemon Rose' 【英 名】Lemon Rose Geranium 【別 名】ロバーズレモンローズ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ100〜150cm。アフリカ南部原産、非耐寒性(3℃まで)。葉はグレーがかって5裂し全体に柔毛が生えていてバラに似た香りがします。小さなピンク色の花を咲かせ、条件があえば真夏と冬を除き四季咲きします。日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。高温多湿を嫌い、日本の夏の気候に弱いので、7〜8月頃に風通しをよくするために切り戻しを行いましょう。秋には収穫を兼ねて切り戻しを行います。 その他 センテッドゼラニュウム、ニオイゼラニューム。レモンとバラをあわせたような甘酸っぱい香りはバラの香りの成分:ゲラニオールとレモンの香りの成分:シトロネールが含まれているから。蚊避け用に販売されている「蚊連草:カレンソウ」は、この植物が虫が嫌がる香りを持つことから、その成分のひとつ「シトロネール」を強化し品種改良したものです。人には無害ですので、安心してお楽しみください^^ この仲間の観賞用のゼラニュウムも虫が嫌うことから、ヨーロッパでは昔から窓辺にこの花を飾り、虫が入ってこないように、虫除けの香りのベールとして利用していました。 Lemon Rose Geranium

【送料無料】ゼラニウム カリオペ そのまま飾れるスタイル!ドイツ製プランターに植え込んでみました。【メッセージカード不可】

レビュー平均4.27点/15
¥5400
Wイイかも

こんなに素敵な花色のゼラニウム見たことないですよ!ベランダに飾ってるとね、普通の赤とは違って深みがあるから、なんだか映えるんですよ。なんて言ったらいいんだろう。真紅なんですよね。花色が。で、僕個人としては、ゼラニウムのあの独特な香りが苦手なんですけど、このカリオペはほとんど香らない。香らないが逆にイイ!流石に葉を折ったりすると香りが出ますけど、ほぼ香りませんね。送料無料商品ですが、一部地域は送料がかかります。(北海道・九州・沖縄は480円、中国290円)本物の真紅という花色 昼間の色は鮮やかな真紅。夜の色は落ち着きのある真紅。 昼間と夕暮れ時で花色の艶やかさが変わるのが、このカリオペの最大の魅力。 また、夏場の暑さにもとても強く、高温障害で葉色が白くなること以外は とても丈夫に育ってくれて、3年くらいはこのままでも大丈夫なのが嬉しい。 ハイブリッドと呼ばれる性質は枝垂れるアイビー系の血と、モリモリ育つゾナール系の 良いところだけを掛け合わせて出来上がった品種で、こんもりしながら枝垂れる優等生のシルエット。 プランターの大きさ:幅50センチ×奥行20センチ ドイツ製 植物全体の大きさ:幅55センチ前後×奥行25センチ前後×高さ40センチ前後 植え込み株数:5号サイズで生育したカリオペを2株使用

ハーブの苗 「ブルボンゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.93点/14
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ブルボンゼラニウム (ブルボンペラルゴニウム)   Bourbon geranium 学 名 Pelargonium 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 ロジウム・ブルボン 花 色 ピンク 園芸用ブルボンペラルゴニウムはバラの香りの精油を取るための品種で、レユニオン島で古くから栽培されている物のひとつです。 葉はよいバラの香りがします。横繁性で再生力が旺盛です。ロジウム・ブルボン(Roseum Bourbon)とも呼ばれ、ローズペラルゴニウムの栽培品種といわれています。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: **cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「グレープフルーツゼラニウム9cmポット」

レビュー平均4.69点/13
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 グレープフルーツゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 グレープフルーツゼラニウム (グレープフルーツペラルゴニウム)     Grapefruit geranium 学 名 Pelargonium 'Grapefruit' 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 ピンク 人の手のような形の葉で、中央部に紫色の斑が入ります。夏季になると斑が消えてしまう事がありますが、秋になると戻るのでとくに心配はありません。高さは150〜200cmになり、繁殖力も旺盛で、春になると鮮やかなピンク色の花を咲かせます。 ※葉の中央に入る茶色の斑紋は、夏時期の強い日差しに当たると薄くなったり、場合によっては完全に消えてしまいます。夏のあと日差しが弱くなってから新たに伸びた葉には斑紋が再度入ります。斑が消えた葉には斑は戻りません。 【特徴】   樹高・草丈: 150〜200cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

楽天1位宿根草栄養系アイビーゼラニウム ( ゼラニューム ) ピンクシビル1株

レビュー平均4.08点/13
¥398
Wイイかも

お待たせのアイビーゼラニュームはこれ。 ボリュームのある八重咲き品種です。 横に広がるように成長します。 鉢植えが一番お似合いです。 適宜、切り戻しをして草丈が30cm位になるようにしてゆけば株全体もボリュームが出てしっかりとした花が咲きますよ。 花色は咲く時期・環境により 青みが強かったり赤みが強かったり幅があります。 ◆非耐寒性多年草 ◆お届け時の状態:9cmポット苗 ◆開花:5〜11月 ◆草丈:25〜35cm ★栽培説明書付き 農水省品種登録品種 イングリッシュガーデン 花苗 宿根草 多年草 鉢植え 庭植え 寄せ植え ハンギング ガーデニング ギフト プレゼント

【ハーブ】ローズゼラニウム葉からあまーいバラの香り♪バラの香りで癒しのひと時…ローズゼラニウム 3号ポット 【センテッドゼラニウム】

レビュー平均4.5点/12
¥301
Wイイかも

●手入れ 年中咲くお花なので、肥料は常に必要です。1週間に一度の割合で液体肥料を与えましょう。 ただし、与えすぎも禁物。枝ばかりが育ち、花がつかなくなってしまいます。 与える量は、ほかの四季咲き植物よりも少なめで良いです。 毎週肥料を与える時間のない方は、ゆっくりと効くタイプの固形肥料を3か月に1回程度与えても良いでしょう。 枝や葉をよく伸ばすタイプのゼラニウムは、年に一度、思いきり切り戻しましょう。 切り戻しの適期は3月です。 じめじめや過湿に弱いです。比較的乾燥を好みます。 水やりは、乾いたらたっぷりと与えましょう。 冬は水やりの頻度を少し控えてください。そうすることで、耐寒性が強くなります。 ●用土 水はけの良い土がいいです。 赤玉土(小)5:腐葉土またはピートモス3:バーミキュライト2の割合がお勧めです。 市販されている花と野菜の土に、腐葉土を2割ほど混ぜても良いです。 ●植え替え 植え替えの適期は3月です。 ゼラニウムは、根張りが良いので、鉢植えだったら毎年、プランターだったら2年に1度植え替えをするとよく育ちます。 周りの土と根を3分の1程度落として植えかえてください。ゼラニウムは開花期の長い花で真冬と真夏を除くと年中咲く多年性の植物です。 なかでも、5月と10月に一番いい花を咲かせます。 いろいろな品種がありますが、性質・育て方に大差はありません。

ハーブ ローズゼラニューム(センテッドゼラニウム) 【3号ポット苗】宿根草 苗 多年草

レビュー平均4.75点/12
¥302
Wイイかも

お届けする商品について 商品について 商品は3号(9cm)ポット苗です。 落葉時期は葉を落としていたり葉が汚れておりますが、春になったら芽吹いてキレイに生え揃います。 ※ハーブは生長が早いため商品画像より大きかったりします。また、商品維持管理のため定期的に剪定を行いますので商品画像より小さくなる場合がございます。ご了承下さいませ。 ハーブ苗のお届け後の養生 ハーブ苗を取り出し風通しの良い明るい日陰に移動させ水をたっぷりあげて下さい。花ひろばオンラインがお届けするハーブ苗は屋外でかんりしていますが、お客様の環境に慣れさせるために、2〜5日位その場所で管理してあげて下さい。到着直後にお庭・畑への植替えは避けて下さい。 お届けしたポットの状態でも2週間位はポットの状態でも問題ありません。土が乾いたら、たっぷりとお水をあげて下さい。 ハーブに優しいご理解を! ハーブには体に有効な効能がありますが、体質や体調によってはトラブルの原因になる場合もあります。もちろんお一人お一人に感じ方や効能は様々ですので、効果を必ずしもお約束できるものではございません。この点につきましては、予めご了承くださいませ。ハーブティなどご病気中や妊娠中のお客様は、くれぐれも医師にご相談、ご配慮の上ご利用くださいませ。 送料 こちらの商品の同梱可能本数は・・・ 小梱包で8株まで同梱可能 40個までが通常梱包でお届けになります。 こちらの商品は小梱包でのお届けが可能です ・送料についてはこちら ・同梱可能本数の目安(一覧)はこちら ・ご注文からお届けまでの流れはこちら ハーブの育て方 管理場所 ハーブを育てるうえで一番大切なのは雑草を抜く事です。雑草が生い茂ると、日当たりや風通しが悪くなるからです。雑草が大きくなる前に定期的に抜いて下さい。 施肥・刈り込み 肥料が多いと花つきが悪くなり、倒れやすくなりますので、肥料は控えめに。 放任すると伸びすぎて倒れたり、下葉が枯れて見苦しくなります。込んでくると蒸れるので、定期的に1/3くらいに刈り込みをします。 水やり 花壇では雨が降るようであれば水やりは控えます。夏の蒸れに弱いので水はけが良い風通しのよい場所で育てましょう。10〜20cmくらい高上げした花壇(レイズドヘッド)にし、砂利やココチップなどを混ぜて水が抜けやすくした花壇にすると良いです。 地温が上がらないような工夫をお願いします。マルチングや日陰の場所が良いでしょう。 やや乾かし気味に管理します。鉢植えで土が十分に乾いてきたらたっぷりと与えるようにします。 病気と害虫 日頃の観察が大切で、害が広がらないように早めの防除や対策を心がけて下さい。環境や種類選びによってもかなり減らすことができます。また、同一品種を多く植えるのではなく、いろいろな品種にハーブなどを加えて混植することも対策の一つです。 ※害虫よけには、「ニーム核油かす」を適量お使い下さい。 病気と害虫を 防ぐ工夫 (1.適材適所) 植物を健康に育てるためには、環境に適したものを植えることが大切です。 住んでいる地域の気候の特徴を考え、庭の日照、風通、排水性などを考慮し、無理なく育つ植物を選びます。 ※排水性UPには「パーライト」をご使用下さい。保水性UPには「腐葉土」をご使用下さい。 (2.連作をしない) 同じ種類の植物を同じ場所に何年も植えていると、連作障害を起こすとともに、その植物に被害を及ぼす同一の病害虫の密度が高まります。 (3.水やり、肥料の過多(特にチッ素肥料)) 軟弱に育ち、病気に対する抵抗力がなくなります。株間を適切にとり、切り戻しや間引きなどを行い、日当りと風通しを良くすることが大切です。 (4.花がらをこまめに摘み取る) 花がらが茎葉に付着した状態で雨に当たると、灰色かび病(ボトリチス病)を発生させます。花がらをつけておくと種がつき、株も消耗します。なるべく早く摘み取ります。 (5.雑草を放置しない) 雑草は風通しや株元への日照を妨げ、病害虫を発生しやすくするだけでなく、土壌の養分も横取りします。ローズゼラニウム Rose geranium 宿根草 (耐寒性多年草) (別名:ニオイゼラニウム、トルーローズ、オールドファッションローズ) センテッドゼラニウム、センテッドペラルゴニウム ●品種の特徴 直立性のゼラニュームで100〜150cm程に成長します。よく分枝します。 葉はグレーがかって5裂し全体に柔毛が生えていてバラに似た香りがします。 バラと同じゲラニオールという芳香精油を多く含み香水の原料として栽培されています。 葉に触れれば数時間は指に残る香りに驚かれると思います。 この、ローズゼラニュームは、クッキーやゼリー、ジャムに使用したりポプリ、リース、染物などに利用できます。 小さなピンク色の花を咲かせます。 アフリカ原産のため耐寒性がありません、暖地でも零下になると枯れる場合がありますので外での越冬は注意をして下さい。 学名 Pelargonium graveolens フクロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 原産地 アフリカ南部 耐寒性 西日本〜関東地区 耐暑性 普通 最終草丈 最終葉張り 成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 100〜150cm 調査中 普通 4月〜7月     日向、または半日陰 ※苗木は全て国産苗で愛知県と静岡県で生産しております。 栽培暦(関東地方より西を基準にしています) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月       開花         【利用方法】 料理に利用できるハーブ ガーデニングを楽しむハーブ ハーブティーに利用できるハーブ コンパニオンプランツ(他の植物と植えて病気や害虫の発生を予防する) 美容と健康をお手伝いするハーブ 魅力  菓子、料理、薬用など使用用途が多いです。 育てやすさ  初心者に超おすすめ:丈夫に育ち病害虫もほとんどありません 用途  鉢植え、庭植え、寄せ植え、グランドカバー、ボーダー、花壇、切り花、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

レモンゼラニウム ハーブ苗

レビュー平均4.64点/11
¥320
Wイイかも

Lemon Geranium 学名:Pelargonium crispum フウロソウ科 テンジクアオイ属 多年草 高さは60cmほどになります。茎は木質化して、たくさんの枝を出します。 葉は小さく、切れこみがあり、カールした緑色の縁に、クリーム色の斑が入ります。 レモンの香りがします。 直立性なので、鉢植えにも向いています。 【栽培】 日当たりがよく、風通しの良いところを好みます。 水はけのよい土を好みます。 ハーブは多肥を嫌うものが多いですが、植え付け時やお花が終わった後に肥料を適量施すと効果的です。 ハーブの肥料としては"ハーブ・香草の肥料(有機質肥料)400g  378円(税込)"が使いやすく、おすすめです。ハーブ苗と同梱できます。 【ハーブ苗の送料】全国一律:700円  (但し、北海道は1950円・沖縄県・離島は2800円) ◆ハーブ苗、肥料、オーガニックシードを合わせて10,000円以上のお買い上げで送料無料!  ※バラ苗や培養土と一緒にご注文いただいた場合は対象外です。  ※お届け先が複数の場合も対象外です。  ※北海道及び沖縄県へのお届けは送料無料の対象外です。 (※会計画面及び自動返信のメールには反映されない場合がございますが、ご注文確認メールにてご案内いたします。) 《バラ苗や大神土(ハーブの有機栽培専用土)との同梱について》 ※バラ苗と同梱することはできません。一緒にご注文頂いた場合はバラ苗の送料にハーブ苗の送料700円を加算した配送料がかかります。 ※ローリエやユーカリ、ティーツリーなど樹高の高い品種とは同梱できません。一緒にご注文頂いた場合は2配送分の送料がかかります。 ※大神土(ハーブの培養土)10kg(5kg×2袋または10kg×1袋)とハーブ苗12ポットまで同梱可能です。※画像はハーブ苗のイメージです。お届けする商品ではありません。 お届けします苗は販売用のポット(直径9cm)に入れていますので、できるだけ早めにお手持ちの植木鉢かお庭に植えつけることをお勧め致します。植え付ける際は根を痛めないようにお気をつけ下さい。鉢植えの場合の植え付け後の管理の仕方をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。植付けの仕方や育て方、利用法などご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 鉢植えの管理について 植え付けしたあと4〜5日は直射日光のあたらない涼しいところに置いて、毎朝水やりをしてください。その後は、日当たりのよいところに置いて、土が乾いて、葉が萎えてきたら、鉢の底から流れ出るくらい水をたっぷりあげてください。 葉の色が薄くなってきたら肥料分が少なくなってきているサインですので、肥料をあげてください。 ハーブは比較的、乾燥気味を好みますので、水のやりすぎに注意してください。 花が開いているときは、花にかからないよう根元に 花に水がかかってしまうと、花の寿命が短くなります。つぼみのまま腐ったり、灰色カビ病の原因になることもありますから。なんとなく見覚えのあるという人もいるのではないでしょうか? 大きな葉ものは、水が根元まで届いているかな? 葉の大きいものやよく茂っているときは、葉を伝って水が外に流れるので、株の上からかけないで、ジョウロの口をはずして根元にあげてください。 受け皿にたまった水は根腐れの原因! 受け皿に水がたまっていると、毛細管現象で水が鉢の中にあがってきます。長時間土が湿っていると、根腐れを起こす原因になります。受け皿の水は捨ててください。 葉水は霧吹きで 乾燥を嫌う植物には、霧吹きで葉水を与えます。そうでないものでも、暖房などで部屋が乾燥していたら、霧水をしてあげて空中湿度を高めます。

ハーブの苗 「レディメアリーゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.82点/11
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 レディメアリーゼラニウム (レディメアリーペラルゴニウム)   Lady Mary geranium 学 名 Pelargonium limoneum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 薄いピンク+赤紫 園芸用レディメアリーペラルゴニウムは1800年代イギリスで命名されて栽培された人気種のひとつです。 小さな葉は鋸歯葉でレモンに似た香りがします。パンジー咲きの薄いピンクの花で上部2弁は赤紫色で印象的です。ハンキングバスケットにも適しています。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: **cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「シナモンゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.3点/10
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット       ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 シナモンゼラニウム・ギャラリーハーブの苗 シナモンゼラニウム (シナモンペラルゴニウム)     Cinnamon geranium 学 名 P.gratum × P.limoneum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 濃いローズピンク レモンゼラニウムの交配種の一つで、姿がよく似ています。 葉は薄くて小さいです。バラとライムのような香りはシナモンの香りのようでもあります。高さは40〜50cm位で、派手な濃いローズピンク色の花を次から次へ咲かせます。 【特徴】   樹高・草丈: 40cm〜50cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「アンダソニーゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均4.9点/10
¥453
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フクロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 アンダソニーゼラニウム (アンダソニーペラルゴニウム)   Andersonii geranium(Andersonia geranium) 学 名 Pelargonium 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 ピンク 園芸用アンダソニーペラルゴニウムはコンパクトな大きさでローズの香りがするゼラニウムです。 花はピンク色で上部2弁に濃い淡赤色の斑模様があります。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: **cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

宿根草 選べる香りのゼラニューム10通りの香りをお楽しみください(センテッド ゼラニウム)1株

レビュー平均4.63点/8
¥298
Wイイかも

センテッドゼラニュームには様々な香りを持つ品種がございます。まあ、人によってその香り方は様々ですが今回、10通りの香りをチョイス。お買い得なポット苗でお届けします。いろいろ育てて楽しんでみてください。*芳香に関しては感じ方に個人差があります。ご了承ください。 ■非耐寒性多年草(耐寒温度3℃) ■開花時期:6〜9月 ■草丈:30〜80cm ■お届け状態:直径9cmポット苗■栽培説明書付

ハーブの苗 「レモンバリエゲータゼラニウム(斑入り) 9cmポット」

レビュー平均4.43点/7
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 レモンバリエゲータゼラニウム (レモンバリエゲータペラルゴニウム)   Lemon variegatum geranium 学 名 Pelargonium crispum variegatum 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 - 花 色 淡いピンク 園芸用レモンバリエゲータペラルゴニウムはレモンペラルゴニウムの斑入り品種です。 葉は縁にクリーム色の斑が入った美しい小さな葉でレモンのような香りがします。花は淡いピンク色で、原種のレモンペラルゴニウムと同じく60cm前後に成長します。斑入りのレモンペラルゴニウムは通常のレモンペラルゴニウムと比べると少し弱いです。鉢植えにして水やりの管理を人工的に行い、乾燥気味に育てるとうまく成長してくれます。また、梅雨の時期や夏季は蒸れないよう気をつけて下さい。 ※葉に不規則に入る斑は、夏時期の強い日差しに当たると薄くなったり、場合によっては完全に消えてしまいます。夏のあと日差しが弱くなってから新たに伸びた葉には斑が再度入ります。斑が消えた葉には斑は戻りません。 ゼラニウムの中でも比較的に管理が難しい品種です。特に多湿と蒸れに弱く水のやり過ぎには注意してください。また、成長もゆっくりです。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: 60cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブの苗 「ココナッツゼラニウム 9cmポット」

レビュー平均3.57点/7
¥324
Wイイかも

【栽培のポイント】 丈夫で育てやすいです。 充分な日当たりを好み、水はけのよい肥沃な土で旺盛に育ちます。高温多湿の場所がやや苦手で、夏は乾燥気味にしてください。 非耐寒性としていますが、寒さには比較的強く関東以西の暖地では屋外でも冬越します。その他の地域では鉢植えにして冬は温室か屋内に取り込み管理してください。 春から成長が旺盛になるので、肥料切れに注意してください。 樹勢は強いのですが、4〜5年で老化するので、剪定や植え替えすることにより再度樹勢を取り戻してください。 剪定しないと枝の色が茶褐色に変わり老化が進み、葉も小さくなります。剪定は開花後の初夏から秋に収穫を兼ねて、地面から5〜10cm残して切ります。 ◆センテッドゼラニウムとは センテッドゼラニウムは、フウロソウ科ペラルゴニウム属で、およそ600種あるといわれています。ペラルゴニウム属は大きく4つのグループに分けられ、その中の1つのグループが葉に香りを持つセンテッドゼラニウムの仲間になります。かつて、この植物が南アフリカよりヨーロッパに紹介された時は、ゼラニウム属に分類されていましたが、のちにペラルゴニウム属として独立しました。そのため、最初の言い方が未だに残っていて、ペラルゴニウムとゼラニウムのふたとおりの呼び方がなされています。 多年草で匍匐性と立性のものがあります。数年すると木質化し低木となるものもあります。数多くの原種と交配種があり、葉に強い芳香がありますが、花にはほとんど香りはありません。葉は触れたり揉んだりすると強く香ります。その香りはバラ様の香りを主として、果物やスパイス様の香りなどさまざまで、形や大きさもさまざまです。花も、色や大きさ形が様々で、5つのガク片と花弁によってできています。通常上弁2枚は他の3枚と異なり、模様が入ったり、色が異なっていたりします。 ・原産地・歴史 ペラルゴニウムの原産地は主に南アフリカで、そのほかに、オーストラリアやニュージーランドなどがあります。この香りがよい植物は、1602年に設立されたオランダ東インド会社が、オランダとインドとの間を結ぶ航路に、後にケープタウンと名付けられるアフリカの喜望峰に拠点を置いたことが切っ掛けで発見されました。その後、最初のオランダ人総督によってペラルゴニウムはヨーロッパに紹介されたといわれています。また、1632年に出版された植物誌には、ペラルゴニウムがロンドンの庭園で花の咲いた姿を紹介したものが記載されています。ヨーロッパに紹介された後、多くの交配種が作られ、ペラルゴニウムの研究が進み、1792年には、それまでゼラニウムの仲間とされてきたものが区別されペラルゴニウムと命名されました。 1795年以降ケープタウンがイギリスに占領されたことで、南アフリカのペラルゴニウムは多くの品種がイギリスに渡り交配や品種改良が行われ、1820年〜1830年にかけては、イギリスの種苗園経営者が200種ものセンテッド・ペラルゴニウムを紹介しています。 ・香料植物としての栽培 1800年代の半ばにフランスでセンテッド・ペラルゴニウムから精油を抽出しバラ(ローズ)の精油の代わりに使う方法が発見されました。1820年には香料用としての栽培が南フランスのグラースで始まりました。1880年頃にはセンテッド・ペラルゴニウムの生産地として有名なレユニオン島での栽培が始まり、その後アフリカ諸国や旧ソ連や中国などに広がりました。 ■規格  黒色ビニール9cmポット ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい センテッドゼラニウムの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ココナッツゼラニウム (ココナッツペラルゴニウム)   Coconut geranium 学 名 Pelargonium grossularioides 科 名 フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属) 種 類 多年草 原産地 アフリカ南部 和 名 ニオイゼラニウム 別 名 バルサムゼラニウム 花 色 赤紫色 園芸用ココナッツペラルゴニウムは原種の一つで、1783年に紹介されました。 樹形は、匍匐性で中央の茎がなくマウンド状に15〜20cmほどで低く茂ります。葉は濃い緑色で小さな鋸歯をもち、冬には葉の一部が紅葉します。寒さに比較的強いです。花は長い花茎に赤紫色の非常に小さな花を数輪付けます。他の品種と交雑しません。 香りからココナツゼラニウムなが付けられましたが、バルサムゼラニウム、グズベリーリーフとも呼ばれます。 (注)少量生産品の為、通常の9cmポットの価格に比べ少しお高いです。ご理解お願いいたします。 【特徴】   樹高・草丈: 15〜20cm 種類:多年草 開花時期:3月下旬〜7月下旬 温度:非耐寒性 水やり:普通、乾燥気味 日当たり:日なた 土質:肥沃な土壌

ハーブ苗 レモン ローズゼラニウム

レビュー平均4.86点/7
¥250
Wイイかも

レモン ローズゼラニウム 和名をニオイテンジクアオイ別名ニオイゼラニウムとも呼び草丈50センチ〜80センチの多年草です。 原産は南アフリカです。花は小花でピンク色の紫の条脈が入る奇麗な花です。 葉にはとても強い芳香があり手で触るとにおいが手につきます。においゼラニウムとも言われていて全体から香りがあります。生葉をゼリーやジャムにできますよ。 葉にはゼラニウムオイルという精油成分があり化粧品としても利用されています。 その他には食料品の香料やポプリなどに用いられます。苗についての注意事項・必ずお読みください。 苗は最低4苗から注文可能になります。4苗未満の場合は梱包手数料別途100円かかりますので、ご了承ください。 苗のみのご注文は1箱48苗までとします。(9cmポットサイズの場合) 48苗以上の場合は2箱になりますので送料が2箱分かかりますのでご注意ください。苗と商品の同梱については、できるだけ同梱いたしますが、できない場合別途送料がかかりますので、その際はご連絡いたします。苗は生き物のため、タイミングによって出荷できない状態になる場合がありますので、その場合はキャンセルとさせていただきます。 ☆苗の贈り物・ギフト・ラッピングについてはこちらから ☆ハーブの苗に似合う鉢はこちらから ☆鉢に似合うピックはこちらから  ☆ガーデニングに必要なツールはこちらから ☆お庭のガーデン用大きいサイズのピックはこちらから ☆ガーデングローブやエプロンファッションはこちらから       苗の梱包についてはこちらからどうぞ

@スポンサー