【ハーブ】ペレニアルフラックス ブルー ブルーの花がさわやかなハーブ!種はお風呂に浮かべてハーブバスに♪ペレニアルフラックス ブルー 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

レビュー平均0点/0
¥301
Wイイかも

—ハーブの育て方— ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。 ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ、珍重された伝統から、 現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。 香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、 好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、 「香草」はハーブとイコールではありません。 ●ポイント 苗木から育てるのでしたら、育てる上でのポイントはたったふたつです。 日当たりの良い場所に置くということと、 土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげるといったことです。 一般にハーブがよく育つ条件は、気温が20℃前後とされていますので、 4月中旬ごろから9月ごろまでが温度管理の面では適しているとされています。 種子から栽培する場合でしたら、4月中旬ごろに種をまくと良いです。 また、温暖な地域で生まれたハーブは冬の寒さが苦手ですので、 鉢やプランターでの栽培でしたら、室内に入れてしまうのが一番です。 露地植えの場合でしたら、根元をわらやビニールで多い、 冷たい風に当たらないよう、風除けをするといった配慮が必要になります。 ●置き場所 日光については、できるだけ日当たりの良い場所に 植えてあげるということで、カバーできます。 ただし、日本のような高温多湿の気候で産まれたハーブはありませんので、 夏も盛りとなると、ハーブが弱ってしまうこともあります。 あまり日当たりが良すぎる場合には、日よけなどを用意したほうが良いと思います。 ●水やり 水分については、元々乾燥した地方で生まれたハーブも多くありますので、 過度の水分は根腐れの原因となってしまいます。 ソレル、キャラウェイ、チャービルなど、やや湿気を好む種類もありますが、 それ以外は表面が乾いたら水をあげる問い程度で充分です。 ただ、夏は土の乾燥が早くなりますので、 1日2回、朝晩の涼しい時間帯に水を与えてあげるほうが良いです。●特徴・利用方法 フラックスは、【宿根アマ】と呼ばれ、青い、可憐な花を咲かせます。(稀に白花も存在します) 茎から繊維をとり、リネンといわれる布の原料の亜麻糸となり、布地や織物に用いられます。 花は紫色の染料ともなります。種は、食用や薬用のほかに、 ペンキやニス、絵の具の原料となる亜麻仁油がとれます。 種は、パンやケーキの生地に混ぜ込んだり、和え物、ドレッシング、ソースに混ぜて使います。 また、肌を滑らかにすると言われ、ハーブバスにも使用されています。

【ハーブ】トードフラックス【ホソバウンラン】とっても丈夫で繁殖力が強いので手間いらず!花期がとても長いのでお花を長く楽しめます♪トードフラックス【ホソバウンラン】 3号ポット 【花ハーブとカラーリーフ】

レビュー平均0点/0
¥301
Wイイかも

ヨーロッパ原産の多年草です。 日本の【ウンラン】にとても似ていることから、和名を【ホソバウンラン】といいます。 日本には大正初期に渡来し現在では北海道、近畿地方を中心に自生しています。 トードフラックスのトードはヒキガエルのことで,花の形が似ていることに由来するそうです。 かつては利尿効果があり、皮膚病などにも効くハーブとして利用していましたが、 現在は観賞用として使用しています。 丈夫なうえに繁殖力が旺盛で、こぼれ種で簡単に増える植物です。

@スポンサー