農民ロッソ[2013] 足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均4.4点/10
¥2160
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/ミディアムボディ 750mlこの2013年の農民ロッソは、 メルロ 40% 、カベルネ・ソーヴィニョン 29%、マスカット・ベイリーA 13%、ツヴァイゲルトレーベ 8%、その他10% のブレンドです。 毎年ブレンドされる品種や比率が変わりますが、そのヴィンテージの最良のバランスを表現するためです。 発酵は、培養酵母ではなくブドウに由来する野生酵母による発酵。 (野生酵母の発酵は大きなリスクを伴うため、通常は培養酵母による醸造が多いのですが、ココファームでは野生酵母による発酵に力を入れています) オークのタンクと一部ステンレスタンクで8〜9ヶ月熟成。 以前のヴィンテージより樽熟成の期間が短くなり、より葡萄のもつやさしさと自然な旨みを表現するワインになりました。 色はルビーとガーネットの間。 香りはクランベリーやラズベリーなどの果実と、フレッシュハーブや白胡椒のような香り。口当たりはライトかつスムースで、果実味のふくらみがじわりと広がります。赤系&黒系のフルーツとスパイスの味わいに、やさしいくきれいな果実味の旨みが広がり、オークの大きな樽熟成による穏やかな樽の風味がバランス良く調和して余韻までしなやかな味わいが続きます。 複数品種のブレンドによる奥深い味わいもポイントです。 一口目のインパクトを求めるワインではありませんが、そのやさしくひろがる味わいはどこかフランスの自然派ワインを思わせます。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

【消費税別7000円以上で送料無料】ココ・ファーム 農民ロッソ(赤) 750ml

レビュー平均4.6点/10
¥1900
Wイイかも

エレガントで温和なワイン♪ロッソとはイタリア語で赤のこと。樽熟の甘い香り、柔らかなタンニン、引き締まるような酸。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなどをメインとしたこの赤ワインは、ボルドーでもイタリアでもありません。エレガントで温和な日本の赤ワインです。  品  種 :カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロなど  容  量 :750ml  甘  辛 :辛口アルコール度数:11.6%⇒他のココ・ファームのワインはコチラから!⇒国産ワインはコチラから!※4〜9月はクール便でお届けとさせていただきます(別途クール便送料240円かかりますことをご了承ください)10月〜3月までは通常便でお届け致します。その間でもクール便での配送を希望される方はその旨選択してください。その際には別途クール代240円がかかりますことをご了承ください。(クール便代は7000円以上送料無料の対象外)クール便の為、同梱はできません。ココ・ファームのワインを贈り物にするお客様へ!ココ・ファームワイン専用カートンはいかがでしょうか?シックなケースに赤いリボンのオシャレなカートンです!1本入りカートン:100円2本入りカートン:160円↓専用カートンの商品ページに移動します!ココ・ファームワイン専用カートンへ

【限定ワイン】風のルージュ [2012]足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均4.63点/8
¥2970
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/ミディアムボディ/750ml 北海道・洞爺湖で行われたサミットの 総理夫人主催夕食会で 「風のルージュ」2006年ヴィンテージが使用されました。 2008年ヴィンテージはテレビで紹介され、あっと言う間に完売してしまいました。 2012年の『風のルージュ』は、ツヴァイゲルトレーベ73%。メルロー27%のブレンドです。 ツヴァイゲルトレーベはオーストリアで交配されてできたブドウ品種。現地オーストリアでは、赤ワイン用品種の中では一番栽培面積の多い品種です。 交配したツヴァイゲルト教授の在籍していたクロスターノイブルク醸造学校とも縁の深い、ウィーン近郊のクロスターノイブルク修道院から日本にもたらされたブドウです。 ツヴァイゲルトの繊細で美しい果実味をフランス系品種が側面で支えるような味わい。完成度は非常に高く、バランスの良さも特筆すべきところ。北の産地らしい綺麗な酸味の伸びやかさ、複数品種のブレンドによる複雑な味わいともに、樽熟成による風味も感じさせるエレガントなワインです。 しなやかな赤いフルーツの果実味を持ったミディアムボディーの赤ワインです。 毎年のことながら生産量はあまり多くないので、お求めはお早めに! 姉妹ワイン『風のエチュード』(シャルドネ100%の白ワイン)ともども、ココファームを代表するワインと言えます。 サミットで使用されたワイングラスは オーストリーのロブマイヤー製◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

農民ロッソ [2013] ココ・ファーム・ワイナリー【取り寄せ:4月中旬入荷予定】

レビュー平均3.71点/7
¥1900
Wイイかも

商 品 名 農民ロッソ 2013 ココ・ファーム・ワイナリー 商品説明 ボルドーは王様です。人々はボルドーのようなワインをつくりたいがために、カベルネ・ソーヴィニョンやメルロといったボルドー品種を、国境を越え、遠く離れた自分の畑に移植し始めました。日本はその点では新入りなので、よい葡萄だと聞いて実際畑に行ってみると、いつも不満が残り、長い時間と経験の必要性を強く感じていました。しかし日本の優秀な栽培農家の方たちに出会った時、チャンスを逃がしていたことに気づきました。私たちが好む日本のワインを生み出せる畑がそこにはあったのです。結果は・・・? ぜひ、飲んでみてください。カベルネソーヴィニョンやメルロの果実味やストラクチャー、ノートンの引き締まるような酸、樽熟の甘い香り・・・このワインはボルドーでもイタリア(ロッソとはイタリア語で赤のことですが)でもありません。果実味と希望に溢れた日本の赤ワインです。 相性の良い料理: 程よくコクのある料理:子羊の香草焼、鴨のグリル、ローストポーク、 焼鳥(たれ)、ミートソースのパスタ、トマトと茄子のチーズ・グラタンなど。 タイプ 赤ワイン ボディ ミディアムボディ 原産国 日本 原産地   味目安 辛口:★★ アルコール度数 11.8% 内容量 750ml 生産者 ココファームワイナリー ぶどう品種 メルロ、ツヴァイゲルト、カベルネソーヴィニョン ※商品画像の生産年は2007年となっておりますが、お送りする商品の生産年は2013年になります。

いまここ 赤 足利ココファームワイナリー【ワイン通販/シーザーワインカンパニー】【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】

レビュー平均4.33点/3
¥2160
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/栃木県足利市/赤/ 地元足利市の作家『相田みつを』さんの画をラベルに採用した人気の赤ワイン。 使用品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、マスカットベリーA等のブレンド。 カベルネ・ソーヴィニョンとメルロー主体で造られていて、ラズベリーやチェリー、カシス、ミントなどのハーブの香り。 口当たりはフレッシュで豊かな果実味がひろがります。 赤いフルーツのような魅力的な味わいとスパイスの風味、樽熟成による複雑な後味が魅力的な赤ワイン。   ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

陽はまた昇る[2012] 足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均4.33点/3
¥3440
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/フルボディ/辛口 750ml   『こころみる』    『とにかくやってみる』 ココファームワイナリーの大きな特徴です。 この『陽はまた昇る』というワインもココファームのチャレンジ精神の中から生まれたワインのひとつです。 品種:タナ 67%、カベルネ・ソーヴィニョン 33% 熟成:オークの小樽で15ヵ月 タナ種はフランス南西部マディラン地方の主要な品種です。 ココファームでは日本の気候風土に合うブドウ品種を探すなかで、日本と同様に降水量が多い地域のブドウをココファームワイナリーの自社畑に植えてみることにしました。 マディラン地方も比較的雨の多い地域のひとつです。 その後、山形と長野の契約農家さんにもお願いしてタナ種を植えてもらい、日本でのこの品種の可能性を感じさせるワインとしてこの『陽はまた昇る』が生まれました。 タナ種と相性の良いカベルネ・ソーヴィニョン種もブレンドされています。 『陽はまた昇る』はこころみ学園を拓いた故 川田昇氏へのオマージュでもあります。 長期熟成可能なフル・ボディの赤ワイン。色調は、中心部が漆黒となるほど深い紫色。 香りはブラックチェリ-やカシスのようなフル-ツとミント、チョコレ-ト、コ-ヒ-のスパイスを感じる.口に含むと、しっかりとしたアタックと酸や渋みが感じられ、プラムやブラックチェリ-のような黒果実があり、余韻はしなやかで長い。 ※画像は2010年ですが商品は2012年になります※◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

農民ロッソ・ハーフボトル[2013] 足利ココファームワイナリー375ml【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均3.5点/2
¥1220
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/ミディアムボディ ハーフボトル 375ml  『こころみる』   『とにかくやってみる』 ココファームワイナリーの大きな特徴です。 このワインは、 最近、ワイン醸造家の間で評価の高い 山形県上山産のカベルネ・ソーヴィニョンとメルローを主体に、ツヴァイゲルトレーベ、マスカット・ベイリーA、カベルネ・フランをブレンド。 発酵は、培養酵母ではなく ブドウに由来する野生酵母による発酵。 (野生酵母の発酵は大きなリスクを伴うため、 通常は培養酵母による醸造が多いのですが、 ココファームでは野生酵母による発酵に力を入れています) オークの小樽で10月熟成。 以前のヴィンテージより樽熟成の期間が短くなり、 より葡萄のもつやさしさを表現するワインになりました。 色はルビーとガーネットの間。 香りはクランベリーやラズベリーなどの果実と、 フレッシュハーブや白胡椒のような香り。 口当たりはライトかつスムースで、 果実味のふくらみがじわりと広がります。 赤系のフルーツとスパイスの味わいに、 やさしいくきれいな余韻の広がり。 一口目にインパクトを求めるワインではありませんが、 そのやさしくひろがる味わいは、 どこかフランスの自然派ワインを思わせます。 『読売家庭版・ヨミー』で巻頭ページに、 この『農民ロッソ』が写真付きで 大きく掲載されました。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

いまここ赤 ココ・ファーム・ワイナリー【取り寄せ:4月中旬入荷予定】

レビュー平均4点/2
¥2101
Wイイかも

商 品 名 いまここ赤 ココ・ファーム・ワイナリー 商品説明 足利に生まれ生きた、相田みつを氏の書が、今、こころみ学園の美味しいワインになりました。滑らかな味わいとともに、美味しくてヘルシーなミディアム・ボディの赤ワイン。飲みやすく、どんなお料理にも合う、ココ・ファームならではの逸品です。新しい門出をする方への贈り物にも最適です。 相性の良い料理: ポークジンジャー、ボルシチ、牛肉のタルタル、骨付きソーセージ、グリルチキン、干し肉、穴子のポワレ赤ワイン煮込み、フライドポテト、ガーリックトースト、シシ鍋、チーズフォンデュ、ペッパーステーキ タイプ 赤ワイン ボディ ミディアムボディ 原産国 日本 生産年 年 原産地   味目安 辛口:★★ アルコール度数 11.5% 内容量 750ml 生産者 ココファームワイナリー ぶどう品種 メルロ、ツヴァイゲルト、カベルネソーヴィニョン

【送料全国500円】★ワインセット★風のルージュ + 風のエチュード セット 足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均4.5点/2
¥5616
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/ミディアムボディ/750ml 北海道・洞爺湖で行われたサミットの 総理夫人主催夕食会で 「風のルージュ」2006年ヴィンテージが使用されました。 2008年ヴィンテージはテレビで紹介され、あっと言う間に完売してしまいました。 2011年の『風のルージュ』は、ツヴァイゲルトレーベ73%。メルロー27%のブレンドです。 ツヴァイゲルトレーベはオーストリアで交配されてできたブドウ品種。現地オーストリアでは、赤ワイン用品種の中では一番栽培面積の多い品種です。 交配したツヴァイゲルト教授の在籍していたクロスターノイブルク醸造学校とも縁の深い、ウィーン近郊のクロスターノイブルク修道院から日本にもたらされたブドウです。 ツヴァイゲルトの繊細で美しい果実味をフランス系品種が側面で支えるような味わい。完成度は非常に高く、バランスの良さも特筆すべきところ。北の産地らしい綺麗な酸味の伸びやかさ、複数品種のブレンドによる複雑な味わいともに、樽熟成による風味も感じさせるエレガントなワインです。 しなやかな赤いフルーツの果実味を持ったミディアムボディーの赤ワインです。 毎年のことながら生産量はあまり多くないので、お求めはお早めに! サミットで使用されたワイングラスは オーストリーのロブマイヤー製 ※『風のエチュード』はヴィンテージ切り替わり中のため、2012年または2013年のどちらかとなります。 日本/白/辛口/750ml 以前はシャルドネ100%のワインとしてリリースされていましたが、 『風のエチュード』2012年は、長野県の高山村および大町市で栽培されたシャルドネ94%、北海道余市町で栽培されたケルナー6%のブレンドとなりました。 無濾過のため濁りとオリがかなりあります。 北の産地北海道のケルナー種がブレンドされることによって、シャルドネ単体のワインより酸味の輪郭がはっきり感じられ、またミネラル感もより強く感じられます。 香りはオレンジなどの柑橘系、メロンや桃などフルーティで華やか。口当たりはまるく、やわらかな旨み感じさせ、ナッツのようなコク、フレッシュな果実がしっかりと感じられ、余韻も長く続く。 2012年の『風のエチュード』は、使われた葡萄の熟度の高さを感じさせる仕上がりで、特にシャルドネの比率が高いためまったりとしたコクのある味わいとなっています。 収獲したシャルドネとケルナーを厳しく選別し房ごとやさしくプレス、ココファームお得意の野生酵母による発酵。 日本/白/辛口/750ml 『風のエチュード』2013年は、シャルドネ種100%です。(2012年はシャルドネとケルナーのブレンドでした) 長野県高山村、長野県須坂市、山形県上山市で収穫されたシャルドネを野生酵母で発酵。無濾過で瓶詰めですが、2013年は2012年に比べてオリや濁りが少なめとなっています。 香りは、洋ナシ、桃、りんご、メロンなどフルーツがたくさん感じられ、白い花のような華やかさもある。口当たりはまるく、果実とともにコク・香ばしい後味もあり、ソフトな中にも酸が充分に感じられる、しっかりした味わいのワインです。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

ココ・ファ−ム・ワイナリ− 農民ロッソ 赤 750ml【楽ギフ_のし】

レビュー平均5点/1
¥2052
Wイイかも

【ギフト御希望の方はこちらから】ロッソとは、イタリア語で赤のこと柔らかなタンニン、果実味、樽塾の甘い香り----メルロ、カベルネソ-ビニョンなどいわいるポルド-品種を主体とした日本の食卓によく合う赤ワインです[栃木県]赤 ドライ 750ml無添加ワインではありませんヴィンテ-ジは予告なく変更になる場合があります未成年者への酒類の販売は固くお断りしています

【限定ワイン】こころみシリーズ ゼット Z [2013]足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均4点/1
¥3672
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/赤/ミディアムボディ/750ml 品種:ツヴァイゲルトレーベ 100% 『こころみシリーズ』は、主に新たなワインを生み出すために実験的に醸造されたワインや例外的単発でリリースされるワインです。 数量限定&次回発売未定のワインとなります。 この『ゼット Z』も、数年前に発売(確か2008年ヴィンテージ)されて以来久々の登場です。 前回の『ゼット Z』の時もそうでしたが、醸造してみたところ、他のワインとブレンドしてしまうにはもったいないほど素晴らしい出来のワインに仕上がったため、単独で瓶詰めして発売されたものです。 入荷した葡萄から、他とは全く違う素晴らしい状態だったそうです。 北海道余市の藤澤ヴィンヤードで栽培されたツヴァイゲルトレーベ種100%。 毎年藤澤ヴィンヤードで収獲されたツヴァイゲルトはココファームで仕込まれていますが、主に『風のルージュ』にブレンドされていました。 ツヴァイゲルトレーベはオーストリアで交配されてできたブドウ品種。現地オーストリアでは、赤ワイン用品種の中では一番栽培面積の多い品種です。 交配したツヴァイゲルト教授の在籍していたクロスターノイブルク醸造学校とも縁の深い、ウィーン近郊のクロスターノイブルク修道院から日本にもたらされたブドウです。 ツヴァイゲルトレーベ(ZWEIGELTREBE)の頭文字をとって『Z(ゼット)』と名付けられました。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

ココファーム風のルージュ[2012] 750ml

レビュー平均4点/1
¥2700
Wイイかも

内容量750mlご注意開封後は冷暗所での保管の上お早めにお飲みください。保存方法冷暗所葡萄品種ツヴァイゲルトレーベ79%・メルロー21%品質分類・原産地呼称畑:北海道余市 山形県 上山商品説明 アルコール度数 11.5 % 飲み頃温度17℃ 「風のルージュ」は、ツヴァイゲルトレーベを主体にした赤ワインです。  1970年代、ウイーン郊外の修道院から北海道にツヴァイゲルトレーベの苗がもたらされ、今ではこの品種のワインが北海道を代表する赤ワインとなりつつあります。冷涼な気候を反映した若々しく豊かな果実味とフレッシュな酸と程よい渋味が身上のこのワインは、飲み応えも十分。未だ知名度は低いですが、知られざるツヴァイゲルトレーベの魅力、日本の赤ワインの可能性を存分に感じさせます。

那須ワイン マスカット・ベリーA 750ml

レビュー平均5点/1
¥1852
Wイイかも

ワインは左写真のようにラッピングさせていただきます クール便ご希望方は別途クール便代をいただきます 年号は変更になる場合がございます。商品説明内容量750mlタイプ赤・辛口タイプ度数13度製造元渡邊葡萄園醸造特徴サイズ:縦30.5cm×横7cm色は明るいルビー色で、グラスに注げば香りは爽やか。キレのあるフレッシュさが加わり、バランスの良い赤ワインです。

ココ オークバレル レッド足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】

レビュー平均5点/1
¥2765
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/栃木県足利市/赤/フルボディソノマのココファームの自家農園は 日本からココファームの園生が渡米して植えた畑です。 その畑で収穫されたジンファンデル、ムルヴェードル、メルローそして日本のベリーAが、絶妙のバランスでワインの楽しみを広げます。 まさに大地の滋味。力強いフルボディの赤ワインです。 飲む前に1〜2時間前にコルクを抜くか、 デキャンタして華やかな香りをお楽しみください。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

あわここ Our COCO[2013] 足利ココファームワイナリー 【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】

レビュー平均4点/1
¥2360
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/泡/辛口 750ml  『こころみる』   『とにかくやってみる』 ココファームワイナリーの大きな特徴です。 ココファームワイナリーの『あわここ Our COCO』も、そんなココファームらしい1本。 「あわここ」は、甲州種を使い発酵中のワインをそのまま瓶に詰めて、その発酵による炭酸ガスが閉じ込められた田舎式発泡ワイン(メソッド・アンセストラル)。発酵により生まれる炭酸ガスを閉じ込めたいにしえから伝わるスパークリングワインの製法から造られました。 ココファームでは11月に発売になり、たいていすぐに完売となる『のぼっこ』という発泡性赤ワインがありますが、その白ヴァージョンとなるのがこちら。 ろ過も清澄もしていないので、酵母やオリがビンの中に残っています。 洋ナシや青リンゴ、グレープフルーツなどのフレッシュなフルーツの香りに白い花やクローブのようなスパイスのニュアンスと酵母由来の香りもあります。 フレッシュなリンゴのような爽やかな味わいとジューシーさとともに泡の刺激も心地良くひろがり、甲州種のワインらしいほのかな苦みが余韻を引き締める辛口のスパークリングワインです。 まだ発酵途中?と思わせるフレッシュさが魅力です。 タケダワイナリーの『サンスフル白』とともに これまた楽しいワインがお目見えです! *王冠による栓となります *ラベルには酸化防止剤 亜硫酸塩とありますが、亜硫酸無添加のワインです。クール便の使用をおすすめします。 クール(チルド)便は別途料金が必要となります。◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

【那須ワイン】 マスカットベリーA 750ml  日本の赤ワイン

レビュー平均5点/1
¥2037
Wイイかも

■日本固有品種のマスカット・ベーリーAを用いて造られ、ラズベリー、花やバニラのアロマが広がり、フレッシュな果実味ときめ細やかなタンニン、そして酸とのバランスが良いミディアムボディの赤ワイン。■産地:日本、栃木県■生産者:那須ワイン■ブドウ品種:マスカット・ベーリーA■タイプ:赤/辛口 渋み:ほどよい

ココ・ファーム・ワイナリー オークバレル赤 750ml

レビュー平均5点/1
¥2600
Wイイかも

ワインは左写真のようにラッピングさせていただきます クール便ご希望方は別途クール便代をいただきます 年号は変更になる場合がございます商品説明内容量750mlタイプ赤・フルボディ度数15.5%製造元ココ・ファーム・ワイナリー特徴サイズ:縦29.5cm×横:7.5cmオークバレル・赤ワインはカリフォルニアの大地から生まれた、複雑でバランスのよい、力強く広がりのあるワインです。ココ・ファーム・ワイナリーが旧友マット・クラインさんに醸造を委託しました。数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。

那須ワイン マスカット・ベリーA 360ml

レビュー平均5点/1
¥1029
Wイイかも

ワインは左写真のようにラッピングさせていただきます クール便ご希望方は別途クール便代をいただきます 年号は変更になる場合がございます。商品説明内容量360mlタイプ赤・辛口タイプ度数13度製造元渡邊葡萄園醸造特徴サイズ:縦24cm×横5.5cm色は明るいルビー色で、グラスに注げば香りは爽やか。キレのあるフレッシュさが加わり、バランスの良い赤ワインです。

山のタナ[2012] 足利ココファームワイナリー【ワイン 通販 シーザーワインカンパニー】【fs3gm】

レビュー平均0点/0
¥6264
Wイイかも

この部分に最新情報が表示されます 日本/栃木県足利市/赤/フルボディ 品種:タナ 100% 山形県上山で栽培されたタナ種を使用したココファームの限定ワイン。生産本数2090本。 タナは南西フランスで栽培されている品種で、ココファームでは日本の気候でも栽培しやすく、独特のポテンシャルを発揮できる品種として導入をしてきました。 また、山形県上山の信頼できる葡萄栽培農家にお願いし、だんだんと収穫量を増やしてきました。 長期熟成可能なフル・ボディの赤ワイン。色調は、中心部が漆黒となるほど深い紫色。 香りはスミレ、プラム、カシス、ダークチェリー、フランボワーズのような華やかな香りがある。コーヒー、チョコ、シナモン、ミントの香りが複雑さを出している。口に含むと、しっかりとした芯のある酸味をまるみのあるプラムやチェリー、カシスの果実味、細かく柔らかい渋味、香ばしいオーク、メントールの風味が取り囲んでいる。余韻は、しなやかで長い。   ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー◆栃木県足利市の山の中で生まれる素晴らしいワイン     ココファームワイナリー      COCO FARM & WINERY 「特殊学級を卒業した子どもたちの二割は社会で仕事に就けない。彼らと一緒にここで働きながら暮らしたら楽しいだろうなって考えたんです」        『こころみ学園』を築いた川田昇氏の言葉 川田氏は私財をなげうって栃木県足利市の山の斜面に葡萄畑を開墾。 以後50年以上にわたり、園生達の労働の喜びとともに、こころみ学園は生きているのです。 1980年には収穫したブドウを活用するためにワイナリーを設立。 現在では日本トップクラスの実力を有するワイナリーに成長しました。 その根底にあるのは  『やってんべえ』精神だと言います。 栃木弁で『やってんべぇ』は『やってみよう』という意味。 とにかくトライすることを大切にする姿勢。 『こころみ学園』という名前にもその精神は表れています。 ココファームワイナリーでは現在もさまざまな試行錯誤を重ね、他にはない独創的なワインなどもつくり出されています。 2000年沖縄サミット晩餐会の乾杯酒にココファームワイナリーの『のぼ』が使用され、その実力の高さが世界中に知れわたりました。 現在もマスコミに取り上げられることの非常に多いココファーム。 以前は知的障害者の施設で造るワインとして紹介されることが多かったのですが、現在はワインの実力を評価する記事が多くなり、ワイン専門誌でも高く評価されています。 ワイナリーの目の前にある自社畑は斜度40度近い急斜面。 除草剤を使用しないため通常の畑より作業量ははるかに多くなりますが、園生達はその急斜面の畑の草を刈り、鳥を追い払い、ブドウを育てているのです。 ココファームワイナリーでは、ブドウ本来の味わいを最大限に引き出すため、自然なワイン造りをしています。 一般的な乾燥酵母(培養酵母)は使用せず、野生酵母(ブドウに付着している天然の自生酵母)により醗酵しています。(スパークリングワイン『のぼ』の二次醗酵のみ専用の乾燥天然酵母を使用) また、葡萄本来の風味を生かすために、清澄や濾過を極力ひかえています。 酸化防止剤の使用も一般的なワインよりかなり少なく、場合によっては無添加でリリースされることもあります。 これだけの規模でありながら全量野生酵母発酵をしているのは、国内では珍しいことです。 それができるのは、園生達が収穫された葡萄一房づつ手に取り、状態の良くない実を一粒づつハサミで切り取る気の遠くなるような地道な作業をしているからです。  NHK『あさイチ』8月7日の「JAPAなび 足利編」で紹介されました。      ≪こちらもおすすめ≫           ココファームの隠れた逸品! こころみ学園で栽培した椎茸を使用したスープ 1個150円也 ココファームの椎茸スープ カプチーノ仕立て 1個入り/ココファームワイナリー

シャトー酒折ワイナリー マスカットベリーA キュヴェ・イケガワ [2011] Chateau Sakaori Winery Muscat Bailey A Cuvee Ikegawa

レビュー平均0点/0
¥3909
Wイイかも

原産国: 原産地: 山梨県 日本 格付等: 生産者: シャトー酒折ワイナリー タイプ: 赤中口・辛口 容量: 750ml ぶどう品種: マスカット・ベリーA 料理: 赤身魚(刺身)、パスタ(トマトソース)、すき焼き ぶどう栽培家池川仁さんと醸造家の井島正義さんがつくり上げた究極のマスカットベリーAワイン。マスカットベリーAのイメージを塗り替えるワインです。

[2012]陽はまた昇る /ココファーム

レビュー平均0点/0
¥3100
Wイイかも

『陽はまた昇る』はタナ種を主体にした赤ワインです。 土地に合った葡萄品種を栽培することを、最良のワインを造る方法の一つとして考えています。 私たちはこの葡萄なら雨の多い日本でもうまく育つだろうと思い、まず始めに足利にこの品種を植えました。その後栃木以外の場所の可能性を探るべく、山形と長野の契約農家に栽培をお願いしたところ彼らにとって初めての品種にもかかわらず、快く引き受けてくれました。そして、土地との相性もさることながら、彼らの経験と技術によってわずか数年のうちに素晴らしい品質の葡萄が収穫できるようになりました。 私たちはこの葡萄の良さを生かすためシンプルな造りをこころがけました。その結果タナ種の持つ果実味や酸味、渋味の力強さを感じられるワインができました。 最終的にはタナと相性の良いカベルネ・ソーヴィニョンのワインとブレンドし、全体の調和の取れたワインになりました。 ココファームHPより●アルコール度数:12%●容量:750ml

【ココファームワイナリー】足利呱呱和飲(あしかがここわいん)

レビュー平均0点/0
¥1836
Wイイかも

日本の代表的な葡萄品種甲州種等から、低温発酵でじっくり丁寧につくった白ワインです。 まじめな農夫がまじめにつくった日本のワインらしい味わい。 果実そのものの香りや甘さと、フルーティでフレッシュな親しみやすい味わいが、美味しいハーモニーを奏でます。ブドウ品種;甲州、シャルドネ、バッカスワイナリー資料より

ココ・ファ−ム・ワイナリ− オ−クバレル 赤 750ml【楽ギフ_のし】

レビュー平均0点/0
¥2592
Wイイかも

【ギフト御希望の方はこちらから】シャルドネ種と甲州種のブレンド、エレガントなワイン[栃木県] 赤 辛口 750ml無添加ワインではありませんヴィンテ-ジは予告なく変更になる場合があります未成年者への酒類の販売は固くお断りしています

サントリーカロリー30%offのおいしいワイン。酸化防止剤無添加 赤 720ml

レビュー平均0点/0
¥410
Wイイかも

普段の食事によく合う、飲み飽きしないフルーティな味わいです。サントリー独自の発酵・ブレンド技術を活用し、“カロリー30%off"と“酸化防止剤無添加"を両立しました。アルコール度数:8%写真はイメージです。お届けする商品とは異なる場合がございます。

サントリーカロリー30%offのおいしいワイン。酸化防止剤無添加 赤 1.8Lパック

レビュー平均0点/0
¥918
Wイイかも

普段の食事によく合う、飲み飽きしないフルーティな味わいです。サントリー独自の発酵・ブレンド技術を活用し、“カロリー30%off"と“酸化防止剤無添加"を両立しました。アルコール度数:8%写真はイメージです。お届けする商品とは異なる場合がございます。

ココ ファーム ワイナリーCOCO FARM&WINEY農民ロッソ 750ml [現行ヴィンテージ]【赤ワン】【ミディアム】【日本/国産】【栃木/足利】【こころみ学園】

レビュー平均0点/0
¥1900
Wイイかも

※現行ヴィンテージをお届けします。画像とはヴィンテージが異なる場合がございます。また在庫の関係上、タイミングによってはワイナリー発売中のヴィンテージと異なる場合がございます。※通常在庫をしておりますが、ご注文数量、店頭品切れなどによりお届けまでお時間を頂戴する場合がございます。ワイナリーにて品切れの際はご了承下さいませ。ボルドーワイン。それはワイン生産者にとって憧れであり、また目標でもあります。もちろんココ・ファーム・ワイナリーもボルドーのようなワインを造りたいと思っていました。しかし、何度チャレンジしても納得の行くワインが造れない。醸造方法がよくないのか・・・はたまた日本ではボルドーで栽培されているブドウは上手く育たないのか・・・。しかし!!あきらめきれずに日本各地のブドウ栽培家を訪ね歩きます。そして、思い知らされるのです。「こんなにも素晴らしい栽培家が日本にはいたのか!!」彼らのブドウでワインを造り、ついに納得の行くワインが完成しました。それは、ボルドーのワインではなく「日本のワイン」だったのです。

【正規取扱店】 ココ ファーム 農民ロッソ 2013 750ml

レビュー平均0点/0
¥1900
Wイイかも

カベルネソーヴィニョンやメルロの果実味やストラクチャー、樽熟の甘い香り。果実味と希望に溢れた日本の赤ワインです。『お客様へのお願い』ご注文に関する全てのご案内はメールにてお知らせしています。メール受信拒否設定をされている場合、必ず受信できる状態でのご注文をお願い致します。 メーカー (有)ココ・ファーム・ワイナリー 品種 メルロ40%・カベルネ・ソーヴィニョン 29%・マスカット・ベイリーA 13%・ツヴァイゲルトレーベ 8%・その他 10% 相性の良い料理 程よくコクのある料理 備考 ライトボディアルコール分11.1%

ココ・ファーム・ワイナリー カリフォルニアレッド 750ml

レビュー平均0点/0
¥1600
Wイイかも

ワインは左写真のようにラッピングさせていただきます クール便ご希望方は別途クール便代をいただきます 年号は変更になる場合がございます商品説明内容量750mlタイプ赤・ミディアムボディ度数15%製造元ココ・ファーム・ワイナリー特徴サイズ:縦31cm×横:7.5cmカリフォルニアの良質な葡萄を原料としてこころみ学園のワイン醸造場ココ・ファーム・ワイナリーが旧友マット・クラインさんに醸造を委託した飲みやすい赤ワインです。洋食を中心にコクや、スパイスの利いた料理との相性は抜群です。数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。

【ココファームワイナリー】農民ドライ

レビュー平均0点/0
¥2052
Wイイかも

「農民ドライ」は軽めでスッキリと飲める、手ごろな価格の白ワインを目指し、日本の北国の葡萄からつくられました。このようなワインは鶏肉や魚、チーズなどの軽めの料理と合わせやすく、大いに役立つでしょう。また、暑い夏の時期、1日の終わりや夕食に飲むと、涼しい気分にさせてくれます。お寿司や和食にも合う「日本の小粋な白ワイン」です。ワイナリー資料より

陽はまた昇る [2012] ココ・ファーム・ワイナリー【取り寄せ:4月中旬入荷予定】

レビュー平均0点/0
¥3000
Wイイかも

陽はまた昇る 2012 ココ・ファーム・ワイナリー 長期熟成可能なフル・ボディの赤ワイン.色調は、中心部が漆黒となるほど深い紫色。香りはブラックチェリーやカシスのようなフルーツとミント、チョコレート、コーヒーのスパイスを感じる.口に含むと、しっかりとしたアタックと酸や渋みが感じられ、プラムやブラックチェリーのような黒果実があり、余韻は、しなやかで長い。タナ種を主体にした赤ワインです。私たちは土地に合った葡萄品種を栽培することを、最良のワインを造る方法の一つとして考えています。タナ種はフランス南西部マディラン地方の主要な品種です。マディランはフランスのブドウ栽培地の中では年間の雨量が多い場所ですが、この葡萄から色が濃く、果実味豊かで、渋味の強い長期熟成タイプの印象的なワインが数多く造られています。私たちはこの葡萄なら日本でもうまく育つだろうと思い、まず始めに足利にこの品種を植えました。その後栃木以外の場所の可能性を探るべく、山形と長野の契約農家に栽培をお願いしたところ彼らにとって初めての品種にもかかわらず、快く引き受けてくれました。そして、土地との相性もさることながら、彼らの経験と技術によってわずか数年のうちに素晴らしい品質の葡萄が収穫できるようになりました。私たちはこの葡萄の良さを生かすためシンプルな造りをこころがけました。その結果タナ種の持つ果実味や酸味、渋味の力強さを感じられるワインができました。最終的にはタナと相性の良いカベルネ・ソーヴィニョンのワインとブレンドし、全体の調和の取れたワインになりました。料理との相性:牛肉の赤ワイン煮、ステーキなど牛赤身肉、ラムチョップ、スペアリブ、鶏肉と鶏モツのすき焼き、ブルーチーズ、鴨の燻製、サラミソーセージ タイプ 赤ワイン ボディ フルボディ 原産国 日本 味目安 辛口:★★★★★ 原産地   内容量 750ml アルコール度数 11.3%     生産者 ココファームワイナリー ぶどう品種 タナ78%、カベルネ・ソーヴィニョン22% ※商品画像の生産年は2010年となっておりますが、お送りする商品の生産年は2012年になります。

@スポンサー