【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.2m 【あす楽対応】

レビュー平均4.02点/42
¥540
Wイイかも

→送料無料セットはこちらアジサイ 商品一覧0.2m500円/在庫○0.3m1200円/在庫○0.5m露地2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ】(紫陽花)読み:あじさい学名:Hydrangeaユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:シチヘンゲ、アズサイ、テマリバナ【名前の由来】集(あづ)と真藍(さあい)が変化したもの。【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイは昔から梅雨の花木として人気がある樹木です。あまりイメージがありませんが落葉樹です。花が集まり大きくなるのは見ものです。ちなみに花は土壌がアルカリ性が強い場合赤色、酸性が強い場合青色が強くなります。

【1年間枯れ保証】【つる性】ツルアジサイ 0.2m 【あす楽対応】

レビュー平均3.88点/24
¥864
Wイイかも

→送料無料セットはこちらツルアジサイ 商品一覧0.2m800円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【ツルアジサイ】読み:つるあじさい学名: Hydrangea petiolarisユキノシタ科アジサイ属落葉つる性高木【商品情報】ツルアジサイはつる性の落葉品種です。吸着により成長します。山林の高木や岩に気根で吸着します。非常に大きく伸びます。初夏に白色の花が集まって咲きます。乾燥をと暑さを嫌います。冬場は落葉します。放任していても形状に合わせて形を整えます。【育て方】肥沃で適湿な場所を好みます。乾燥と暑さを嫌うため植え付け場所には考慮が必要です。効率よくカバーする場合は誘引してあげるほうが良いでしょう。定期的に肥料を与えましょう。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=つる最終樹高=〜m施肥時期=2〜3月剪定時期=12月開花時期=5〜7月果実=無し用途=花が咲く木、壁面緑化【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=斜面=茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2[壁面緑化]登はん 吸着=@登はん 後に吸着下垂=登はん 巻きつき=下垂=懸崖(断崖を越え空中)=植付目安 1〜3鉢/1m【その他】ツルアジサイは花が美しい品種です。モルタルの壁も容易にのぼる登はん性があります。痩せ地を嫌うため肥料を切らさないようにします。

ヤマアジサイ(赤花)苗木鉢植えや盆栽にも☆紫陽花【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.92点/12
¥756
Wイイかも

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが、念のために花後に殺菌剤を1〜2度散布しておくとよいでしょう。アジサイ(紫陽花) ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木 栽培適地北海道南部以南植栽時期2〜3月 開花時期主に5〜8月施肥時期2月と8月 果実熟期-------最終樹高1〜3m 剪定1〜2月用途庭木or花木or生垣

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】ヤマアジサイ 〜m 15cmポット 【あす楽対応】

レビュー平均4.5点/10
¥1200
Wイイかも

→送料無料セットはこちらヤマアジサイ 商品一覧10.5cmポット800円/在庫○0.3m15cmポット1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【ヤマアジサイ】(山紫陽花)読み:やまあじさい学名:Hydrangea serrataユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:サワアジサイ【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】ヤマアジサイは普通花の周りに装飾花が咲くのが特徴です。広葉樹林の谷筋などに生育します。素朴な雰囲気です。

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ/アナベル 15cmポット 【あす楽対応】

レビュー平均3.3点/10
¥1944
Wイイかも

→送料無料セットはこちらアジサイ/アナベル 商品一覧15cmポット1800円/在庫○9.0cmポット1000円/在庫○0.8m露地5000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ/アナベル】()読み:あじさい/あなべる学名:Hydrangea arborescens 'Anaabelle' ユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:アメリカアジサイ、アメリカノリノキ、ハイドランジア・アルボレッセンス【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイ/アナベルは大きな手毬状に咲く花が綺麗な品種です。色は白色から黄緑で発色がいいです。

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) コンペイトウ ブルー5号

レビュー平均4.89点/9
¥2700
Wイイかも

17年6月20日に再入荷 咲き進みによっては3枚目のような色に変わってくる場合がございます。 苗の状態は季節により変化いたします。 176d ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ●白覆輪の八重咲品種、ベースの色は土壌条件によりピンク〜青紫に変化します。アジサイ 【学名】 Hydrangea      「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色      ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。  ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ コンペイトウ 加茂花菖蒲園さん開発品種で白覆輪八重咲きガクアジサイです。同園開発の紫式部という覆輪咲きの品種と、同園育成の八重咲との交配によって育成されたものです。命名は2004年。 およそ10弁ほどの花弁を持ちハウス栽培でも覆輪の出やすい品種です。 木はガクアジサイタイプで枝葉は山アジサイ系より大柄です。  7月になると下のような秋色アジサイになります。

【秋色】アジサイ 伊予獅子手まり(イヨシシテマリ)5号苗【17年入荷株】

レビュー平均3.89点/9
¥3240
Wイイかも

※こちら訳あり商品です。 ★入荷から日が経ち、咲き進み花が少し痛んでしまった。 (徐々に秋色になってきています。) (6月20日更新 写真1.2.3枚目更新) かなりきれいな状態の秋色です。 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 観賞は可能です。 早めにカットすると、来年用の苗としてもご利用できます。 花が終わった場合は、カットしてお送りします。 季節によって状態は変化します。175d 176a ※写真は見本品です。 写真は17年5月21日に入荷。季節によって状態は変化します。175b 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考       ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。イヨシシテマリ 学名・Hydrangea 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 日本のヤマアジサイ  「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培)  :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。  置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 上は滋賀県大津市内で6月11日。酸性土壌では青色になります。 ↑今年開花しはじめの状態です。

ジョウリョクアジサイ / 樹高0.3m前後 13.5cmポット / 常緑アジサイ :アジサイ(花色=青)アジサイ

レビュー平均4.38点/8
¥1720
Wイイかも

じょうりょくあじさい/ ジョウリョクアジサイ/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)ジョウリョクアジサイ樹高0.5m前後¥1720【5本セット】ジョウリョクアジサイ樹高0.5m前¥6760[送料無料]【10本セット】ジョウリョクアジサイ樹高0.5m¥10500[送料無料]【15本セット】ジョウリョクアジサイ樹高0.5m¥14300[送料無料]【20本セット】ジョウリョクアジサイ樹高0.5m¥18000[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ホットレッド 5号

レビュー平均4.86点/7
¥2376
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea      「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色      ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。  ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。

【17年入荷株】ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)5号

レビュー平均4.57点/7
¥2700
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) → →→ 【pjts】 ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ヨウラクタマアジサイ 普通のアジサイが花を咲かせた後、花を咲かせるのがこの「タマアジサイ」です。 遅咲き種です。  アジサイの花は両性花と呼ばれるおしべやめしべのある花と 装飾花と呼ばれるガクが花びらのように発達したものと区別しています。 ガクアジサイの中央部の小さい花が両性花で周りの大きい花が 装飾花です。 手まり状の普通のアジサイはすべてが装飾花になったものです。 さて、タマアジサイですが葉の形はノリウツギの葉とよく似ています。 福島県から岐阜県にいたる本州と伊豆七島に自生するもので、 ツポミの形が球状になっているのでタマアジサイと呼ばれるようになったものです。 Hydrangea.involucrata Sieb. に分類され 花形に多くの変異株があります。 基本種はガクアジサイのように淡い紫色の両性花と白い装飾花があり、装飾花のガク片は4個です。 基本種は花が開いてしまうとヤマアジサイ(ガクアジサイ)とあまり違いがありません。球のように付いていたガク片は落ちてしまいます。 ■露地栽培の管理方法■(育て方) 湿地を好み、水切れするとしおれてしまいますが、水を与えるとすぐに回復します。 午前中数時間日が当たり、用土が乾燥しない場所が適しています。 露地植えして放任すると背丈は2mくらいになり、根元から次々に枝を出し株立ちになります。株は根元から枝を出しその先端に花を付け古くなった枝は多くの花をつけますが花房が小さくなります。大きな花を付けさせるためには、古くなった軸は根元から切り取り、新しい軸と交代させると良いでしょう。 ■鉢植え栽培の管理方法■(育て方) 鉢植えで栽培する場合は、保水力のある用土を用い、乾燥させないようにすることが大切です。特に花芽をつける7月以降は大変水をほしがりますから、天気の良い日は腰水をしてもよいでしょう。 一度しおれても水を与えると復活するのですが、軸が曲がってしまったりすることがあります。 つぼみが膨らんでくるとその重みで垂れ下がる事もありますから、つぼみが大きくなってきたら支柱を立てて固定しておくとよいでしょう。 ■植え替えについて■ 鉢栽培では植え替えなどをして根詰まりにならない注意も大切です。 開花期のころからは成長が旺盛ですから、鉢植えの場合は水枯れ、根詰まりを避けるために植え替えは必要です。用土には保水力のある鹿沼土などを加えると良いでしょう。 少しでも水枯れを起こすと葉がしおれたり、葉の周りが茶色く枯れたりして見苦しくなりますから、植替え後も保水を心がける管理が必要です。 ■品種■ ○ヨウラクタマアジサイ 伊豆大島原産の変異種のひとつ 装飾花が多く、全体が装飾花で覆われ、装飾花は八重で塔状になり全体が白い色をしています。 咲き始めはこぼれるようにと表現されるような咲き方をします。大変美しいので人気があります。 ○三原九重玉あじさい 伊豆大島原産 テマリアジサイと呼ばれるものと同じ系統だと思います。 花全体が装飾花で覆われ非常にめずらしいものです。 ○ヤエノギョクダンカ  f.hortensis Ohwi 装飾花も両性花も八重状なのが特徴です。 ○ココノエタマアジサイ  f plenissima Tuyama 装飾花のガクヘン数が多いのが特徴です。 ○シロバナタマアジサイ  f leucantha Sugimoto 両性花の花弁が白色なのが特徴です。 ■他の販売しているアジサイ■(通販) 他の種類 チボリ・マンゲキョウ・テマリテマリ・ケイコなど・・・

【あじさい苗】ヤマアジサイ 紅(クレナイ)4.5号苗【17年入荷株】

レビュー平均4.17点/6
¥1296
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 こちらは今年入荷した開花株ですが 苗として販売しております。 花が終わったら、花軸をカットしてお送りします。 冬場は落葉します。 季節によって状態は変化します。176d 176e ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培)  :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。  置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ 紅(クレナイ) 学名・Hydrangea macrophylla 'Kurenai' 白から輝くような真っ赤に変わる小型の花が魅力のヤマアジサイです。 1985年頃に長野県飯田市で発見されたヤマアジサイで、'クレナイヤマアジサイ'と表記されていることもあります。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗 ■紅 紅色の小型のヤマアジサイです。日がよく当たると紅色があざやかに出ます。 下の写真のように色が赤くなっていきます。 ⇒ ⇒

アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ)ポット苗

レビュー平均4.17点/6
¥540
Wイイかも

写真は見本です。 こちらは苗です。開花株ではございません。アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培)  :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。  置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ隅田の花火(スミダノハナビ)'Sumida no hanabi' 学名: Hydrangea serrata f.'Sumida no hanabi' 形態は白に近い淡青色で、額は剣弁、早くから流通していますが、安定した生産がつ続けられています。1977年に神奈川県横浜市の民家の庭で発見された株が量産されるようになったとされています。 下は我が家の庭で咲いた「墨田の花火」です。 酸性土壌のためか少し青みを帯びています。 肥沃な土地では秋にも花を咲かせます。↓2014年10月1日春に咲く花より装飾花が多く、装飾花の軸が短いので、まとまりがあるように見えます。

【17年入荷株】ピラミッドアジサイ ライムライト 6号苗 Hタイプ

レビュー平均4.2点/5
¥2916
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年5月12日に撮影しました。 こちら入荷株ですが、苗としても販売しています。 高さがあり、インパクトがあります。 こちらは草丈が高いタイプです。Hタイプとひょうきしました。 季節によって状態は変化します。175b 送料 1,080円〜(地域、宅配業者により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同梱可能商品 5号ポット苗の場合は約2個程度ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木  学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月〜9月 樹高: 2〜5m 栽培敵地: 日本全国   ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata ‘Limelight’  「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。

【17年入荷株】アジサイ おはよう(オハヨウ) ピンク 5号

レビュー平均4.8点/5
¥2484
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d ※送料はSサイズ(648円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) オハヨウ ★使用用途 鉢植え、苗、プレゼント、ギフト 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea     「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」    【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。   ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色  ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。 ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。  また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ おはよう 加茂花菖蒲園さん開発のアジサイ。八重咲きのガクアシセサイで装飾花にフリルが付いた品種です。中心の両性花も八重となり、咲き進むにつれて大きくなります。 ○他のアジサイ苗はこちらにあります○ ○クリックしてください○

ヤマアジサイ(紫陽花・あじさい) 十二単衣(ジュウニヒトエ) 5号【17年入荷株】

レビュー平均4.8点/5
¥2376
Wイイかも

17年6月27日に入荷。季節によって状態は変化します。176e 送料 【mサイズ】648より(ページ下の送料表でご確認ください。) 備考 写真は入荷時の見本品です。 ↓開花後、花終わりの状態です。アジサイ 【学名】 Hydrangea      「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色      ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。  ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ十二単(ジュウニヒトエ) 学名・Hydrangea macrophylla 'Junihitoe' 茎や花房柄が幅広くなったり枝分かれした(石化)古くからあるアジサイに新たにつけられた品種名です。江戸時代には記録が無いことから、明治時代に出現したようです。 土の酸度によって花色が薄いブルーからピンク色と変化しやすい性質を持っています。 十分に肥培すると石化の特徴がよく出ます。 別名「石化八重アジサイ」「帯化八重アジサイ」。 花びらが幾重にも重なっている姿から「十二単衣(じゅうにひとえ)」と呼ばれています。

アジサイ アナベル 15cmポット入 冬季は落葉した状態でお届け 【ただ今切り戻し剪定済高さ15cm位です】

レビュー平均4.8点/5
¥1815
Wイイかも

※同圃場、同様株をお届けします ・鉢植えにする場合、8号位が適当です ・5号POT入り ・冬は落葉した状態お届け★ 人 気 で す ★ 大輪 白い玉アジサイ 洋風ナチュラルガーデンに 地植えで育てると 見応え十分!見事に花を咲かせますアナベルは、普通のアジサイと違い、今年延びた枝の先に花がつくのでお手入れが簡単! 冬に切り詰めても 来春の枝に花を付けます。 寒さには非常に強く -20℃まで耐えます ▲ 6月中旬撮影 花の時期に関わらず出荷しております

【17年自然開花株】【現品】カシワバアジサイ 八重咲き スノーフレーク1.2m 大株 60601

レビュー平均5点/5
¥10260
Wイイかも

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 

ヤマアジサイ(青花)苗木 鉢植えや盆栽にも☆紫陽花【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.75点/4
¥756
Wイイかも

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが、念のために花後に殺菌剤を1〜2度散布しておくとよいでしょう。アジサイ(紫陽花) ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木 栽培適地北海道南部以南植栽時期2〜3月 開花時期主に5〜8月施肥時期2月と8月 果実熟期-------最終樹高1〜3m 剪定1〜2月用途庭木or花木or生垣

【花痛み】カシワバアジサイ八重咲き スノーフレーク 5.5号 4輪立ち【17年入荷株】

レビュー平均3.5点/4
¥3780
Wイイかも

※こちら花痛み商品です。 ★入荷日から花が咲き進んで、痛んでしまった。 (6月23日更新 176d 176e) (※品種によっては、秋色になってしまったものもございます。) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 来年用の苗としてもご利用いただけます。 発送日までに花が終わってしまった場合は、 カットしてのお送りとなります。 ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 写真は17年5月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176a ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。カシワバアジサイ スノーフレーク 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木  学名: Hydrangea quercifolia 'Snow Flake' 原産: 北アメリカ東部 開花期: 6月〜7月 樹高: 1〜2m 別名: Oak-leaved Hydrangea(オークリーブドハイドランジア) 栽培敵地: 北海道南部以南   深く切り込みの入った葉が、柏の葉っぱに似ているので柏葉紫陽花と呼ばれます。 カシワバアジサイは土壌の酸度の影響を受けません。 水はけと日当たりの良い場所を好みます。 カシワバアジサイは早い時期に翌年の花芽をつけるので、剪定する場合は花後すぐに行います。 カシワバアジサイは水切れに弱く、移植したものが強い直射に当たると葉焼けを起こします。 最初の夏は少し日よけをしたほうが良いでしょう。 花は夏になると緑からピンクがかった色になって長く楽しめ、晩秋には紅葉もきれいです。 ↑こちらは、16年に入荷した大株の写真です。

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ブルー 5号 【17年入荷株】

レビュー平均4.25点/4
¥2592
Wイイかも

17年6月20日入荷。木の状態は季節により変化いたします。176d 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考       ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea      「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色      ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。  ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。 ★アジサイポップコーンブルー★ 付き名のとおり、ポップコーンのような花をしています。

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 5号【17年入荷株】

レビュー平均4.25点/4
¥2700
Wイイかも

17年6月13日に入荷。季節によって状態は変化します。176c 送料 648より(運送会社により異なります。) 備考 写真は入荷日に撮影された見本の商品です。アジサイ 【学名】Hydrangea     「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」    【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。   ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色  ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。 ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。  また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ おはよう 加茂花菖蒲園さん開発のアジサイ。八重咲きのガクアシセサイで装飾花にフリルが付いた品種です。中心の両性花も八重となり、咲き進むにつれて大きくなります。

斑入り葉アジサイ "恋路が浜" ポット苗

レビュー平均4点/4
¥594
Wイイかも

※写真は見本品です。 こちらは苗です。開花株ではございません 写真は17年4月22日。状態は季節により変化いたします。174d また他のアジサイはこちらになります。アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培)  :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。  置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 恋路ガ浜(コイジガハマ) 学名: Hydrangea serrata' "Koijigahama" 別名: 白斑入りガクアジサイ 葉に白い斑が入る白のガクアジサイで、春は葉の表面は白く半透明のワックスがかかったようになります。 白い斑は日当たりや施肥などによる生育環境によって増減します。 生育のよい株には大きく鮮やか斑が出ます。 「コイジガハマ」は江戸時代から栽培されていた古品種ですが当時からそのように呼ばれていた名前ではなく、近年新たにつけられた名前です。 下は露地植えされたコイジガハマ。6月23日滋賀県守山市で

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】アジサイ 0.3m 【あす楽対応】

レビュー平均5点/3
¥1296
Wイイかも

→送料無料セットはこちらアジサイ 商品一覧0.2m500円/在庫○0.3m1200円/在庫○0.5m露地2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【アジサイ】(紫陽花)読み:あじさい学名:Hydrangeaユキノシタ科アジサイ属落葉低木別名:シチヘンゲ、アズサイ、テマリバナ【名前の由来】集(あづ)と真藍(さあい)が変化したもの。【商品情報】アジサイは日本の梅雨をイメージさせる有名な花木です。落葉低木で観賞用として多く植樹されています。幹は群生して枝分かれして高さ3.0mほどになります。葉は厚く表には光沢があります。5〜7月に花が咲きます。花色は基本的に青紫色ですが土壌の酸度によって青みが強くなったり赤みが強くなったりします。ガクアジサイ、ヤマアジサイ、コアジサイ等、多種多様な園芸品種があります。花木として庭木にしたり、根締めとして使われたりします。【育て方】半日陰を好み、耐陰性もあります。やや湿った肥沃な土壌を好みます。耐寒性は強いのですが花芽が凍害をうけることがあります。その場合は風除けが必要です。ほとんど肥料は必要としません。適地=北海道南部以南日照り=半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or7月剪定時期=7月or11〜3月開花時期=5〜7月果実=無し用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】アジサイは昔から梅雨の花木として人気がある樹木です。あまりイメージがありませんが落葉樹です。花が集まり大きくなるのは見ものです。ちなみに花は土壌がアルカリ性が強い場合赤色、酸性が強い場合青色が強くなります。

【17年入荷株】ガクアジサイ HBAティファニ− 5号

レビュー平均4.33点/3
¥3024
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年5月30日に撮影しました。 こちらは白系覆輪から徐々に色がピンク系に変わっていく品種です。 季節によって状態は変化します。175d 176a ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考      ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」    【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。   ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色  ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、これが花の色素と結合して青色に傾き、用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。 ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。  また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、 その品種本来の色に傾きます。ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、当店では専用の肥料をおススメしております。白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。

【花痛み】ヤマアジサイ(山紫陽花・あじさい) ハクセン(白扇) 5号苗【17年入荷株】

レビュー平均4.33点/3
¥2484
Wイイかも

※こちら訳あり商品です。 ★入荷から日が経ち、花が咲き進んでいます。 (徐々に秋色になってきています。) (6月03日更新) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 花が痛みすぎた場合、カットしてお送りします。 来年用の苗としてもご利用できます。 季節によって状態は変化します。176a ※写真は見本品です。 写真は17年5月18日に撮影しました。 徐々に白く変化しています。 季節によって状態は変化します。175c ヤマアジサイ"ハクセン(白扇)" ヤマアジサイでは珍しい、 黄緑色から徐々に白くなっていく一重品種です。 茎が細く、葉が垂れ下がります。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考       ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培)  :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切ります。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。  置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。

【花痛み】アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 5号苗【17年入荷株】

レビュー平均4.67点/3
¥2106
Wイイかも

※こちら訳あり商品です。 ★入荷日から花が咲き進んで、痛んでしまった。 (6月17日更新 176c 176d) (※秋色になってしまったものもございます。) 以上のことから値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 来年用の苗としてもご利用いただけます。 花が終わってしまった場合は、カットしてのお送りとなります。 ※写真は見本品です。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea     「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」    【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。   ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色  ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。 ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。  また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ ブルーステッキ 学名: Hydrangea macrophylla 'Blue stick' 鮮やかなブルーの大型の装飾化と紺色の軸とのコントラストも美しいアジサイです。 丈夫で栽培しやすく、素直な樹形になりる、晩成咲きの品種です。 枝変わりで作出された園芸アジサイで、栃木県の小久保祥孝氏が2007年に登録出願されています。

西洋あじさい高さ40cm

レビュー平均4.67点/3
¥864
Wイイかも

高さ40cm POT径15cm ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木  ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 アジサイは、日本原産のがくあじさいが花序全体が装飾花に変化した植物です。 交配が容易だったため欧米で(特にイギリスで)多くの園芸品種がつくり出され、 日本に里帰りしました。 花は枝先に球状に集まってつき、花びらのように見えるのは花弁で、 その中心に小さな花があります。 花色の基本色は青紫ですが、酸性土壌では青みが強く、 アルカリ土壌では赤みが強くなります。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月〜3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3〜4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 【病害虫】 まれに炭そ病や輪班病が発生します。

【17年入荷株】アジサイ モナリザ ブルー 4号

レビュー平均3.33点/3
¥1404
Wイイかも

※写真は見本品です。 写真は17年6月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b 176C ■アジサイ"モナリザ" □ヤマアジサイと西洋アジサイを交配することによって育成された加茂花菖蒲園オリジナル品種グループです。  ヤマアジサイの多様な花形・花色と西洋アジサイの日差しや風に強い葉を合わせ持ち、さらに庭植え用に 花つきと耐病性に優れるものが選抜された庭植え用にお勧めなアジサイです。  「モナリザ」は従来のピコティー咲きとは反対にピンク地に白覆輪の入るユニークな一重テマリ咲き。庭植え、鉢植えどちらでも楽しめます。 ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 10個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考      ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea      「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態 ※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。 ■用土、肥料と花色      ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。 用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、 これが花の色素と結合して青色に傾き、 用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、 ピンク色や赤色になります。 だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。 青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、 ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。  ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、 微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、 ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、 アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。 こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、 当店では専用の肥料をおススメしております。 白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。 アジサイ モナリザ 一重のテマリ咲きアジサイですが、、フリルの入る白覆輪が華やかさを演出します。 ピンク〜薄紫の花は気品も漂いまさに「モナリザ」。今までの白覆輪の品種は、性質が弱いものが多く露地植えには適していないとされていましたが、モナリザはその店が改善され露地栽培することもできる丈夫な品種です。

アジサイ / 樹高0.3m前後 15〜18cmポット / / /

レビュー平均5点/3
¥1100
Wイイかも

あじさい/ アジサイ/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。【多数必要なお客様は、お得なセット品も御座います、店舗内検索よりご確認ください。】 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)アジサイ樹高0.3m前後¥1100【5本セット】アジサイ樹高0.3m前後¥5420[送料無料]【10本セット】アジサイ樹高0.3m前後¥7810[送料無料]【20本セット】アジサイ樹高0.3m前後¥15620[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

【17年入荷株】ノリウツギ ボブシェル(Bomb Shell) 6号

レビュー平均4.67点/3
¥3564
Wイイかも

1鉢ごとにシリアルナンバーの付いた、オランダのパテント商品です。 写真は17年6月27日。木の状態は季節により変化いたします。176eノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木  学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月〜9月 樹高: 2〜5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 オランダで作出された超希少種アジサイです。 パテント商品であることから、商品一つ一つに シリアルNo.が付いています。 純白で小ぶりな花房は可愛らしく気品があります。花色もライムグリーンから真っ白へ、そして再びライムグリーンに変わります。 寒さにも強く、育てやすいアジサイです。 昨年も入荷しましたが即完売致しました。 今年は昨年より数量を確保できましたが売切れ次第終了です。

@スポンサー