お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

レビュー平均4.56点/238
¥745
Wイイかも

お届けする商品について 商品について 苗木はポットに仮植えしております。ポット部分も含めて高さ0.2m前後です。 ※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。 送料 こちらの商品の同梱可能本数は・・・ ・送料についてはこちら ・同梱可能本数の目安(一覧)はこちら ・ご注文からお届けまでの流れはこちら オタフクナンテン の育て方植え付け・用土基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 鉢植えの場合、用土は当店の花ひろば培養土「和み」がおすすめ。 地植えの場合は、花ひろば堆肥「極み」を使って植えていただくと良いでしょう。 管理場所・剪定 日当たりを好みます。日当たりが悪いと冬のきれいな紅葉がでなかったりします。また、軒下などで冬の寒風に当たりにくい場合紅葉があまりしません。雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 肥料・ポイントほとんど必要ありません。生育が悪い場合は、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。病害虫について病害虫はあまり心配いりません。 冬場は苗木の場合どんどん落葉します。また、春の葉と入れ替わるように葉が落ちますので、3〜5月が最も葉が少ないです。常緑性ではありますが、季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。オタフクナンテン |グランドカバー向け植物 当店でも人気の植物。丈夫で密集した葉が美しい常緑です。なんと紅葉も楽しめます。 お多福ナンテンはオシャレなだけで無く、「縁起の良い 魔除けの木」としても有名! お多福ナンテン。オシャレなお庭には必ずと言っていいほど植わってますね。私も数々のお庭を見て来ましたが、まさに「お庭の名脇役」!和洋問わず、下草には必ずこの木がいます。それもそのはず、お多福ナンテンは地味に思われがちなグランドカバーの中で、「紅葉の変化」があることから、季節によって景観が変わります。それと、「とにかく丈夫な常緑樹」であるということ。よほどのことが無い限り、この木が枯れてしまうなんてことはありません。花ひろばオンラインのお多福ナンテンは基本的にポット苗ですが、ボリュームが他のとは全然違います。5株ほどアプローチに平行に植えるだけでとってもオシャレ! まぁ、これは私の個人的な意見ですが、シンボルツリーの周辺の株回りにお多福ナンテンを植えることで、ご近所さんも憧れのお庭に大変身するでしょう! 成長がとても遅く高さは50〜60cm程度でおさまりあまり大きくなりません。剪定いらずでコンパクトにまとまります。日陰でも良く育つので北側のグランドカバーにもおすすめです。 3〜5月がもっとも葉が少ない時期になります。理由は古い葉が落葉することと、新芽が春風で乾燥して痛みやすいからです。 お多福ナンテンの特徴 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten メギ科ナンテン属 原産地 日本 花言葉 機知に富む、福をなす、良い家庭、私の愛は増すばかり 最終樹高 0.5m ※グランドカバー向け 常緑低木 成長の早さ 遅い (0.1m/年) 開花時期 6月頃 類似品種 ナンテン / ヒイラギナンテン ※その他のグランドカバー向け植物はこちら 生垣の場合 植え付け間隔は30cm程度が理想です。 植栽適地 北海道〜沖縄 魅力 新緑を楽しむ、紅葉を楽しむ、葉を楽しむ 育てやすさ 初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、萌芽力強い、刈込に耐える 栽培用途 グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 便利でお得な開運オーガニックセット (お多福5株と液肥のセット)はこちら

【送料無料】【三重県知事賞受賞】特大 オタフクナンテン(お多福南天)5本セット15cmポットか根巻き

レビュー平均4.73点/232
¥3400
Wイイかも

15cmPOT苗で高さ25cm-30cm(根鉢含まず> 2015年に【三重県知事賞受賞】したオタフクナンテンです。 【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください) [S0]オタフクナンテン(お多福南天、五色ナンテン) 冬の赤い葉が綺麗☆ オタフクナンテン(お多福南天)は、「難転」で災難を転ずる“縁起"の良い木です。葉は、広く丸みがあり可愛らしい。冬の寒さに当たると葉が赤くなり、冬のさみしいお庭に暖かい明るさを与えてくれる。耐寒性があり、半日陰でも栽培可能。育てやすく、洋風、和風を問わずカラーリーフとしてお庭のワンポイントや門先などに利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 春〜夏頃 黄緑色の葉を楽しむことが出来る 12月〜3月頃 葉が赤く変化する様がとても綺麗!! 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも良く育つ。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。日陰地や肥料が多すぎると葉の色つきが悪くなるので注意する。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 春先頃に寒肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 成長が遅い為、特に手を加えなくてもこんもりとした樹形になる。剪定する場合は、樹形を整える程度に行う。 四季の葉色の変化 冬 春先 冬場は、寒さで綺麗な赤色に変化します。 12月頃から赤く紅葉はじめます。 葉が入れ替わる直前の時期は、赤い葉と黄色い葉が混じった状態です。 春(新芽が展開前) 春(新芽が展開後) 出てきたばかりの新芽はやわらかく、葉色も紫がかっています。 新芽が展開後は、綺麗な新緑を楽しめます。

南天(ナンテン)  Mサイズ 苗木

レビュー平均4.59点/147
¥1836
Wイイかも

写真は見本品です。 ■樹高は50〜60cm、株立ちは2本〜3本程度です。 通常、冬季には実が付きますが、このサイズは実が付いていない事が多いです。 実付きをご希望の場合は、Lサイズの南天をお求めの上、備考欄に実付き希望と記載をお願いいたします。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月  【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。 季節はいつでも可能です。 背丈の伸びすぎたものや曲がって見苦しいものを切り取り、全体のバランスがよくなるようにしてください。 おたふく南天は、こちら ヒイラギナンテンは、こちら イワナンテン(苗)は、こちら    赤ナンテンの花                       白ナンテンの花 病気と害虫対策 新芽が針金のように細い軸と葉が出て、病気のように見えることがありますが、そのまま育ていると自然に良くなります。 原因はわかりませんが、生理現象ではないかと思われます。 病気はほとんどありませんがすす病の発生が見られます。 原因はカイガラムシの排泄物にカビが生えることで葉や周りが黒くなる現象です。 カイガラムシはナンテンでよく見られる害虫でカイガラ虫用の殺虫剤を散布、または冬の石灰硫黄合剤の散布が効果的です。

南天(ナンテン)  Lサイズ 苗木

レビュー平均4.56点/114
¥3024
Wイイかも

写真は見本品です。 できるだけ実つきのものをお送りいたしますが年明けからお届けする商品には鳥に食べられてしまいますので実つきのものはお送りできなくなると思います。 ※送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月  【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。 季節はいつでも可能です。 背丈の伸びすぎたものや曲がって見苦しいものを切り取り、全体のバランスがよくなるようにしてください。 おたふく南天は、こちら ヒイラギナンテンは、こちら イワナンテン(苗)は、こちら    赤ナンテンの花                       白ナンテンの花 病気と害虫対策 新芽が針金のように細い軸と葉が出て、病気のように見えることがありますが、そのまま育ていると自然に良くなります。 原因はわかりませんが、生理現象ではないかと思われます。 病気はほとんどありませんがすす病の発生が見られます。 原因はカイガラムシの排泄物にカビが生えることで葉や周りが黒くなる現象です。 カイガラムシはナンテンでよく見られる害虫でカイガラ虫用の殺虫剤を散布、または冬の石灰硫黄合剤の散布が効果的です。

【送料無料】【三重県知事賞受賞】特大 オタフクナンテン(お多福南天)5本セット15cmポットか根巻き

レビュー平均4.76点/50
¥3400
Wイイかも

15cmPOT苗で高さ25cm-30cm(根鉢含まず> 2015年に【三重県知事賞受賞】したオタフクナンテンです。 【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください) [S0]オタフクナンテン(お多福南天、五色ナンテン) 冬の赤い葉が綺麗☆ オタフクナンテン(お多福南天)は、「難転」で災難を転ずる“縁起"の良い木です。葉は、広く丸みがあり可愛らしい。冬の寒さに当たると葉が赤くなり、冬のさみしいお庭に暖かい明るさを与えてくれる。耐寒性があり、半日陰でも栽培可能。育てやすく、洋風、和風を問わずカラーリーフとしてお庭のワンポイントや門先などに利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 春〜夏頃 黄緑色の葉を楽しむことが出来る 12月〜3月頃 葉が赤く変化する様がとても綺麗!! 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも良く育つ。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。日陰地や肥料が多すぎると葉の色つきが悪くなるので注意する。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 春先頃に寒肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 成長が遅い為、特に手を加えなくてもこんもりとした樹形になる。剪定する場合は、樹形を整える程度に行う。 四季の葉色の変化 冬 春先 冬場は、寒さで綺麗な赤色に変化します。 12月頃から赤く紅葉はじめます。 葉が入れ替わる直前の時期は、赤い葉と黄色い葉が混じった状態です。 春(新芽が展開前) 春(新芽が展開後) 出てきたばかりの新芽はやわらかく、葉色も紫がかっています。 新芽が展開後は、綺麗な新緑を楽しめます。

オタフクナンテン 樹高20cm前後 5本セット

レビュー平均4.08点/49
¥3240
Wイイかも

オタフクナンテン(お多福南天)メギ科 ナンテン属 常緑低木商品説明おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン〜青葉になります。冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。〜目の覚めるような赤色が魅力〜暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆適地・管理耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。乾燥には弱いです。刈り込みも大丈夫です!用途寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに!1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪色んなアレンジを楽しんで下さい。発送詳細送料は小サイズの料金です。20本まで一梱包で発送出来ます。

オタフクナンテン / 樹高0.2m前後 12〜15cmポット / 五色ナンテン おたふく南天お多福南天

レビュー平均4.68点/47
¥1100
Wイイかも

おたふくなんてん/ オタフクナンテン/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)オタフクナンテン樹高0.2m前後¥1100【5本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥5420[送料無料]【10本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥7810[送料無料]【15本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥10210[送料無料]【20本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥12600[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

オタフクナンテン 【5本セット】 樹高0.2m前後 12〜15cmポット 【送料無料】 お多福南天 おたふく南天五色

レビュー平均4.48点/44
¥5420
Wイイかも

おたふくなんてん5本セット オタフクナンテン5本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)オタフクナンテン樹高0.2m前後¥1100【5本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥5420[送料無料]【10本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥7810[送料無料]【15本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥10210[送料無料]【20本セット】オタフクナンテン樹高0.2m前後¥12600[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

ヒイラギ 樹高30cm前後 5本セット

レビュー平均4.48点/42
¥2160
Wイイかも

ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。樹高は4〜8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。11〜12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6〜7月に熟します。長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】11月〜12月【実期】4月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 耐久性がありますので日陰〜日当たりのいい,適度に湿り気がある場所に植え込みます。腐葉土などを混ぜた土壌を好み、乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。また、寒風のあたる場所は避けます。ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

庭木:マホニアコンフューサ(細葉ヒイラギナンテン) *H:40-50cm!(^^)!

レビュー平均4.32点/41
¥1620
Wイイかも

商品情報 樹種:マホニア・コンフューサ 別名:ヤナギバヒイラギナンテン 撮影日:3月 常緑低木。 スマートでエレガントな雰囲気がある小型のヒイラギナンテンです。晩秋に黄色の花が咲きます。アジアンテイストなお庭にしたい時などぴったりです。*根巻でのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約40-50cm 根巻:15cm程度 手入れ まず、深さ50-60cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。杭に固定するとよいです。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 マホニアコンフューサ・細葉ヒイラギナンテン・根巻き ・まほにあこんふゅーさ・マホニア・ヤナギバヒイラギナンテン・やなぎばひいらぎなんてん ヒイラギ、柊、南天、なんてん、ナンテン、魔除けの木 魔除け、マホニア、ひいらぎなんてん、柊南天、鬼門 きもん、 

ヒイラギナンテン 樹高30cm前後

レビュー平均4.35点/40
¥1058
Wイイかも

ヒイラギ南天 メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 ナン(難)をテン(転)ずるという意味から、縁起の良い木として正月の寄せ植えに使われたり、庭に植えられたりしています。大抵の家の庭先で見かけるのは、その性質の強さ、育てやすさだと思います。暑さに強く寒さに強く、そして何より乾燥に強いです。3〜4月に黄色い小花を咲かせます。☆和、洋どちらのお庭にも合います☆ 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜4月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 日向〜半日陰の適湿な場所に植えて下さい。日光に当てすぎたり乾燥すると葉が黄色くなってしまいます。 用途 【記念植樹】新居・転居祝い ・庭木・生垣樹木トゲトゲの葉をしているので、魔除けの縁起樹として玄関先などに他の木と寄せて植えたりなど。

アカナンテン (南天 赤)【RCP】

レビュー平均4.68点/38
¥1111
Wイイかも

【商品説明】南天は古くから「難を転ずる」の語呂から魔除け、厄除けの縁起木として利用されています。葉は秋になると紅葉し、実は冬の間楽しめます。葉は料理の飾りつけにも良く利用されます。南東北以南の平地なら庭植え可能です。植え場所:日当たりが良く水はけが良い肥沃な土地に植え付けてください。半日陰でも育ちますが、紅葉を楽しむなら充分に日に当てましょう。肥料:1月〜2月に株の周りに油粕等を寒肥としてすきこみます。   【品種】メギ科 ナンテン属 常緑低木花期:6月頃花色:白色【サイズ】高さ(鉢底からの):約60cm※5本まで送料は同じです。まとめ買いがお得です。※画像はイメージです。枝ぶりは個体差があります。※お届けまで1週間程かかります。※園芸植物と一般商品の同梱はできません。【品種】メギ科 ナンテン属 常緑低木花期:6月頃花色:白色【サイズ】高さ(鉢底からの):約60cm※画像はイメージです。枝ぶりは個体差があります。※お届けまで1週間程かかります。※園芸植物と一般商品の同梱はできません。メーカー:(株)アヤハディオ【庭木 植木 ナンテン】 【g-hanaki】

【三重県知事賞受賞】オタフクナンテン(お多福南天)

レビュー平均4.73点/26
¥680
Wイイかも

※5本まで一梱包で発送可能です。 2015年に【三重県知事賞受賞】したオタフクナンテンです。 15cmPOT苗で高さ25cm-30cm(根鉢含まず) 送料は全国一律950円(沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください) [S0]オタフクナンテン(お多福南天、五色ナンテン) 冬の赤い葉が綺麗☆ オタフクナンテン(お多福南天)は、「難転」で災難を転ずる“縁起"の良い木です。葉は、広く丸みがあり可愛らしい。冬の寒さに当たると葉が赤くなり、冬のさみしいお庭に暖かい明るさを与えてくれる。耐寒性があり、半日陰でも栽培可能。育てやすく、洋風、和風を問わずカラーリーフとしてお庭のワンポイントや門先などに利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 春〜夏頃 黄緑色の葉を楽しむことが出来る 12月〜3月頃 葉が赤く変化する様がとても綺麗!! 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも良く育つ。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。日陰地や肥料が多すぎると葉の色つきが悪くなるので注意する。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 春先頃に寒肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 成長が遅い為、特に手を加えなくてもこんもりとした樹形になる。剪定する場合は、樹形を整える程度に行う。 四季の葉色の変化 冬 春先 冬場は、寒さで綺麗な赤色に変化します。 12月頃から赤く紅葉はじめます。 葉が入れ替わる直前の時期は、赤い葉と黄色い葉が混じった状態です。 春(新芽が展開前) 春(新芽が展開後) 出てきたばかりの新芽はやわらかく、葉色も紫がかっています。 新芽が展開後は、綺麗な新緑を楽しめます。

【1年間枯れ保証】【低木】オタフクナンテン 12cmポット 【あす楽対応】

レビュー平均3.57点/21
¥756
Wイイかも

→送料無料セットはこちらオタフクナンテン 商品一覧10.5cmポット400円/在庫○12cmポット700円/在庫○0.2m15cmポット1000円/在庫○0.3m露地1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科ナンテン属の商品オタフクナンテンナンテンヒイラギナンテンヒイラギナンテン/マホニアチャリティー【オタフクナンテン】(お多福南天)読み:おたふくなんてん学名:Nandina domestica 'Otafukunanten'メギ科ナンテン属常緑低木別名:オカメナンテン、ゴシキナンテン【名前の由来】葉がナンテンよりも丸く幅広い様子を、お多福面に例えたことから。【商品情報】オタフクナンテンはナンテンの別種で葉は広く丸みがあります。冬の霜に当たると葉が赤く変化し、庭をにぎやかにしてくれます。耐寒性ももありますし半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり色がでません。縦に大きくならず横に大きくなります。『難転』で災難を転ずる縁起木でもあります。一般的に寄せて植えてグランドカバーにするか、花壇に植え込んだり、アプローチなどに沿って植え込むという使われ方をします。1本だけでも赤く見栄えがするのでアレンジの仕方は多彩です。【育て方】日向や半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。乾燥には弱いので注意してください。肥料が多すぎたり日陰では色つきが悪くなります。鉢植えでも楽しめます。肥料は2月と8月に少量与えてください。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=円蓋形最終樹高=1.0m施肥時期=2月or6月剪定時期=1月or5〜6月開花時期=無し果実=無し用途=庭木orグランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 9〜36鉢/1m2【その他】オタフクナンテンは冬の赤い葉が特徴。さびしくなりがちな冬の庭を賑やかにしてくれます。塀の下や玄関へのアプローチの両側に植えてあるのが個人的に好きです。生垣の根本に植えてもよく合います。

ナンテン 樹高0.2m前後 ポット苗

レビュー平均4.05点/20
¥864
Wイイかも

アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月〜2月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

【1年間枯れ保証】【縁起木】ナンテン 0.2m 【あす楽対応】

レビュー平均4点/20
¥1080
Wイイかも

→送料無料セットはこちらナンテン 商品一覧0.2m1000円/在庫○0.4m15cmポット1800円/在庫○0.7m露地5000円/在庫○1.2m6000円/在庫○1.5m露地8000円/在庫○2.0m露地16000円/在庫○白実0.3m15cmポット1600円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科ナンテン属の商品オタフクナンテンナンテンナンテンヒイラギナンテンヒイラギナンテン/マホニアチャリティー【南天】読み:なんてん学名:Nandina domesticaメギ科ナンテン属常緑低木【商品情報】南天は庭木の代表的な品種です。他の南天と比べて背が高くなります。初夏に白い花をつけて、秋には真っ赤な実をたくさんつけます。昔から縁起木としられ、風水にもよく使われます。【育て方】半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。成長はやや遅いですが萌芽力があるため刈り込みにも耐えます。適地=北海道以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=3m施肥時期=1〜2月or8月剪定時期=3〜4月or6月開花時期=6月果実=11〜2月用途=庭木orグランドカバーor縁起木【その他】南天は縁起木として人気があります。風水にも使われます。他の品種と比べて葉や枝が細く、背が高くなるのが特徴です。

オタフクナンテン 樹高30〜40cm前後 露地

レビュー平均4.42点/19
¥1296
Wイイかも

オタフクナンテン(お多福南天)メギ科 ナンテン属 常緑低木商品説明おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン〜青葉になります。冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。〜目の覚めるような赤色が魅力〜暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆適地・管理耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。乾燥には弱いです。刈り込みも大丈夫です!用途寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに!1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪色んなアレンジを楽しんで下さい。発送詳細送料は小サイズの料金です。20本まで一梱包で発送出来ます。

西洋岩ナンテン/レインボー 樹高30cm前後 5本セット

レビュー平均4点/19
¥2970
Wイイかも

西洋イワナンテン “レインボー" ツツジ科 イワナンテン属 常緑低木 商品説明 明るい雰囲気のグランドカバー特徴欧米では広い面積のグランドカバーにも使用されています!日陰でも良く育ちます。きれいな葉色は一年中楽しめます♪木の根元周りの下草や、大鉢に植えてベランダガーデンにもおすすめです☆ 花・実期 紅葉時期 【花期】4月〜6月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 植え付け用土水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。寒さにも強いです!日当たりを好みますが、半日陰、日陰でも良く育ちます。肥料開花前に寒肥として油かすと腐葉土や堆肥などを与えます。花後はチッソ分を控えた化成肥料を株元にまいて下さい。 用途 庭木・グランドカバーなどに☆

ヒイラギナンテン 樹高10cm前後 5本セット

レビュー平均4.37点/19
¥1890
Wイイかも

ヒイラギ南天 メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 ナン(難)をテン(転)ずるという意味から、縁起の良い木として正月の寄せ植えに使われたり、庭に植えられたりしています。大抵の家の庭先で見かけるのは、その性質の強さ、育てやすさだと思います。暑さに強く寒さに強く、そして何より乾燥に強いです。3〜4月に黄色い小花を咲かせます。☆和、洋どちらのお庭にも合います☆ 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜4月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 日向〜半日陰の適湿な場所に植えて下さい。日光に当てすぎたり乾燥すると葉が黄色くなってしまいます。 用途 【記念植樹】新居・転居祝い ・庭木・生垣樹木トゲトゲの葉をしているので、魔除けの縁起樹として玄関先などに他の木と寄せて植えたりなど。

アカナンテン(赤南天) 3号ポット

レビュー平均4.63点/19
¥518
Wイイかも

●ポットサイズ 3号(9cm) ●高さ 20cm内外 別名 - 科名・属名 メギ科 ナンテン属 成木の樹高 1m〜3m前後 栽培適地 東北以南 樹形 常緑低木 花の時期 5月〜6月 葉の時期 1月〜12月 実の時期 12月〜2月 商品の特徴 葉は3回羽状複葉で新梢に互生し、小葉は長さ5cm程の針形です。 枝の頂部に白花を多数つけ晩秋に紅色の実を房状につけます。 ナンテンの木は、難を転ずるに音が通ずることから縁起の良い木と して玄関脇などに植えられてきました。 ※写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。   また、季節によって木の状態は変化します。

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

レビュー平均3.89点/18
¥1382
Wイイかも

●ポットサイズ 5号(15cm) ●高さ 30cm内外 ※3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉しますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません) 別名 - 科名・属名 メギ科 ナンテン属 成木の樹高 1m〜3m前後 栽培適地 東北以南 樹形 常緑低木 花の時期 5月〜6月 葉の時期 1月〜12月 実の時期 12月〜2月 商品の特徴 冬でも明るい涼しげなライムグリーンで庭の植木たちが寂しげな冬 に明るい葉色は重宝します。洋風ガーデンにも良くあうカラーリーフ です。 ナンテンの木は、難を転ずるに音が通ずることから縁起の良い木と して玄関脇などに植えられてきました。 ※写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。   また、季節によって木の状態は変化します。●3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉し葉がほとんどなくなりますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません)注)商品の問い合わせは「商品についての問い合わせ」ボタンから問い合わせください。(店舗からお送りしたリターンメールの問い合わせのは自動で「既読になり」返答がもれますのでご了承ください)

【1年間枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヒイラギナンテン/マホニアコンフューサ 0.3m露地 【あす楽対応】

レビュー平均4.41点/17
¥1728
Wイイかも

→送料無料セットはこちらヒイラギナンテン/マホニアコンフューサ 商品一覧10.5cmポット500円/在庫○13.5cmポット1200円/在庫○0.3m露地1600円/在庫○0.6m露地3000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科マホニア属の商品ヒイラギナンテン/マホニアコンフューサ【マホニア/コンフューサ】(ヒイラギ南天)読み:ひいらぎなんてん/まほにあこんふゅーさ学名:Mahonia confusaメギ科マホニア属常緑低木【商品情報】マホニアコンフューサはヒイラギ南天の近縁種です。葉のトゲが鋭くなく細長く柔らかい印象です。中国で改良された品種です。剛健で育てやすい品種です。10〜12月ごろに黄色い鮮やかな花が咲きます。青々とした葉が特徴で低木として人気があります。【育て方】日向か半日陰の適湿な場所を好みます。日光にあてて乾燥させると葉が黄ばんできます。それをさけるために建物や樹木に寄せて植え込んだりするのがいいでしょう。年数が経つと枝が込み合ってくるので剪定を行い通風をよくする。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=楕円形最終樹高=2m施肥時期=2〜3月or8〜9月剪定時期=12〜2月開花時期=10〜12月果実=無し用途=庭木or花木【その他】マホニアコンフューサは低木として人気があります。範囲が広くしっかりとした緑色は和洋問わず合います。花は黄色でとても見栄えがします。

【1年間枯れ保証】【低木】オタフクナンテン 10.5cmポット 【あす楽対応】

レビュー平均4.35点/17
¥432
Wイイかも

→送料無料セットはこちらオタフクナンテン 商品一覧10.5cmポット400円/在庫○12cmポット700円/在庫○0.2m15cmポット1000円/在庫○0.3m露地1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じメギ科ナンテン属の商品オタフクナンテンナンテンヒイラギナンテンヒイラギナンテン/マホニアチャリティー【オタフクナンテン】(お多福南天)読み:おたふくなんてん学名:Nandina domestica 'Otafukunanten'メギ科ナンテン属常緑低木別名:オカメナンテン、ゴシキナンテン【名前の由来】葉がナンテンよりも丸く幅広い様子を、お多福面に例えたことから。【商品情報】オタフクナンテンはナンテンの別種で葉は広く丸みがあります。冬の霜に当たると葉が赤く変化し、庭をにぎやかにしてくれます。耐寒性ももありますし半日陰でもよく育ちます。逆に日陰ではあまり色がでません。縦に大きくならず横に大きくなります。『難転』で災難を転ずる縁起木でもあります。一般的に寄せて植えてグランドカバーにするか、花壇に植え込んだり、アプローチなどに沿って植え込むという使われ方をします。1本だけでも赤く見栄えがするのでアレンジの仕方は多彩です。【育て方】日向や半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。乾燥には弱いので注意してください。肥料が多すぎたり日陰では色つきが悪くなります。鉢植えでも楽しめます。肥料は2月と8月に少量与えてください。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=円蓋形最終樹高=1.0m施肥時期=2月or6月剪定時期=1月or5〜6月開花時期=無し果実=無し用途=庭木orグランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 9〜36鉢/1m2【その他】オタフクナンテンは冬の赤い葉が特徴。さびしくなりがちな冬の庭を賑やかにしてくれます。塀の下や玄関へのアプローチの両側に植えてあるのが個人的に好きです。生垣の根本に植えてもよく合います。

マホニア・コンフューサ / 樹高0.2m前後 15cmポット / マホニアコンフューサ 細葉ヒイラギナンテン・マホニアコンフーサ

レビュー平均4.41点/17
¥880
Wイイかも

まほにあ・こんふゅーさ/ マホニア・コンフューサ/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)マホニア樹高0.2m前後¥880【5本セット】マホニア樹高0.2m前後¥4940[送料無料]【10本セット】マホニア樹高0.2m前後¥6330[送料無料]【15本セット】マホニア樹高0.2m前後¥8380[送料無料]【20本セット】マホニア樹高0.2m前後¥10300[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

アカナンテン 株立 樹高1.2m前後

レビュー平均4.56点/16
¥4320
Wイイかも

アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月〜2月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

アカナンテン 株立 樹高1.5m前後

レビュー平均4点/13
¥5616
Wイイかも

アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月〜2月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

実付き苗【赤実南天(ナンテン)】株立ち状根巻き苗 樹高60cm前後

レビュー平均4.85点/13
¥1598
Wイイかも

お届けの 商品の状態   樹高60cm前後(根鉢を含む) 根巻き大苗 実につきましては、現時点では緑で小さい実が少数ですが付いています。(2017/07/24) 3本立ち(下部分岐を含む)程度の長短が有る株立ち状です。 秋から冬に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有りますが、春には新芽が伸びてきます。   商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。         "なんてん、あかみなんてん"        商品の特徴 【科属名】 メギ科ナンテン属の常緑広葉樹 別 名 : 【花期】 5〜6月頃 小さい白色の花が穂状に立って咲く。 【用途】 庭園、根締め、添景樹、生垣などに用いられる。 【特徴】 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられ、慶事、正月に使われる縁起木。 庭植え、鉢植えにされる。 葉は赤飯などの飾りに用いられる。 初夏に小さい白色の花が穂状に咲き、秋から冬にかけて実は赤く熟す。 葉は冬の寒さにあうと紅色に変わる。 冬季に古い葉の落葉が見られ、植え替え時には落葉が顕著になる場合が有る。 生長は遅い。 東北地方から沖縄県まで栽培可能です。 【剪定】 剪定は通常は必要としない。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1〜2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 【病害虫】 病害虫に特に目立った物は無い。 1梱包で 送れる商品 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

庭木:柊南天(ヒイラギナンテン)

レビュー平均4.42点/12
¥1620
Wイイかも

商品情報 樹種:ヒイラギナンテン 撮影日:9月 常緑低木。 葉がヒイラギに、実はナンテンに似ています。縁起のよい樹です。日陰でも育ちます。冬は葉が赤く色づきます。*根巻き(ポット無)でのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約30-50cm 手入れ まず、深さ50-60cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。杭に固定するとよいです。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 ヒイラギ、柊、南天、なんてん、ナンテン、魔除けの木 魔除け、マホニア、ひいらぎなんてん、柊南天、鬼門 きもん、 

斑入りお多福南天(オタフクナンテン) 満福(まんぷく) ポット苗 庭木 常緑樹 グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

レビュー平均4.58点/12
¥1382
Wイイかも

オススメの肥料の ページはこちらから 鉢植え栽培セットの ページはこちらから 地植えに使う土の ページはこちらから ※これらの商品は別途ご注文となります。 【販売時期について】 この規格の苗木は新品種 特別入荷苗になります。売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品は5号ポット苗です。ポットも含め高さ約0.1mから0.2mです。苗木では春まで新しい葉が生えないので、冬にどんどん葉が減ります。また、春の葉と入れ替わるように葉が落ちますので、3〜5月が最も葉が少ないです。自然現象ですのでご容赦ください。自然現象による葉や果実の多少有無による返品はお受けできません。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・  >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ●商品には植え方の手引きを記載した紙を同封してお届けします。 お多福ナンテンの木の育て方 オタフクナンテンの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 日当たり、水はけの良い場所に植えます。土質を選ばない丈夫な木ですが、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。 日当たりを好みます。日当たりが悪いと冬のきれいな紅葉がでなかったりします。また、軒下などで冬の寒風に当たりにくい場合紅葉があまりしません。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 放任しても樹形は整うので剪定はほとんど必要ありません。下葉が落ちて見苦しくなるので、5〜6月に切り戻しして樹形を整えます。 肥料 ほとんど必要ありません。 生育が悪い場合は、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。 消毒 病害虫はあまり心配いりません 冬の落葉について 苗木では冬にどんどん落葉します。また、春の葉と入れ替わるように葉が落ちますので、3〜5月が最も葉が少ないです。常緑性ではありますが、季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。 斑入りオタフクナンテン 満福 ~まんぷく~ 世にも珍しい 斑入り葉のお多福ナンテン お多福ナンテンの楽しみ方が、またひとつ 増えました! ※苗によって、斑の入りかた、バランスに 個体差があります。 冬の紅葉人呼んで、「お多福なんてん」 「お多福難転」 難を転じて福が多い 庭の名脇役。魔よけの木です。 赤い葉はお多福ナンテン 周囲のグランドカバーはブルーパシフィックです。 「難を転ずる」という語呂合わせから、魔よけの木として信じられている縁起樹です。 グランドカバーや庭木の下草、添景樹として風情をかもし出してくれます。 洋風ガーデンにも良くあうカラーリーフです。 ●品種の特徴 紅葉の美しい品種。この品種はお多福。福が多い!別名:オカメナンテン 樹高はあまり高くなりません。紅葉がすばらしく、冬花壇のグランドカバーにおすすめ。5月ごろから葉色が戻っていき、ライムグリーン〜青葉になります。冬の低温にあたると葉色が赤くなります。普通のナンテンは果実がなりますが、お多福ナンテンは果実は見たことがありません。 成長がとても遅く高さは50〜60cm程度でおさまりあまり大きくなりません。剪定いらずでコンパクトにまとまります。日陰でも良く育つので北側のグランドカバーにもおすすめです。 3〜5月がもっとも葉が少ない時期になります。理由は古い葉が落葉することと、新芽が春風で乾燥して痛みやすいからです。新芽はしんなりしていてビロビロです。風を長時間受けて急激に乾燥すると黒くなってチリチリになります。 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten メギ科ナンテン属 原産地 日本 花言葉 機知に富む、福をなす、良い家庭、私の愛は増すばかり 誕生花 12月5日、12月29日 最終樹高 最終葉張り 成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 耐寒性 常緑低木 0.5m 0.5m 遅い (0.1m/年) 6月 ナンテン ヒイラギナンテン 北海道〜沖縄 ※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。 ※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。 ⇒⇒⇒生垣の作り方はこちら 魅力  魅力満点: 【春】新緑が美しい、【秋】紅葉を楽しむ 【通年】葉を楽しむ。 育てやすさ  初心者に超おすすめ: 耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、萌芽力強い、刈込に耐える 用途  グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。  

アカナンテン 株立 樹高1.0m前後

レビュー平均4.67点/12
¥3780
Wイイかも

アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月〜2月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

@スポンサー