【1年間枯れ保証】【生垣樹木】キンモクセイ 0.2m10.5cmポット 【あす楽対応】

レビュー平均4.33点/136
¥540
Wイイかも

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜10月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3月or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】キンモクセイの一番の特徴は花の良い香り。とても芳香が強くあたり一面に香ります。生垣によく使われます。

庭木:金木犀(キンモクセイ)(根巻き) 樹高:約100cm

レビュー平均4.38点/87
¥1728
Wイイかも

商品情報 樹種:キンモクセイ 撮影日:10月 常緑樹。 9月の誕生木です。10月ごろに橙色の小ぶりで可愛い花が咲きます。咲き始めるととても甘い香りが楽しめます。*根巻き(ポット無)でのお届けとなります。 *露地栽培品ですので、虫食いには注意し、薬剤散布など定期的に施しておりますが、多少の虫食い穴などある場合がございます。 何卒ご了承の程よろしくお願い致します。 *数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 写真のようにお花が付いていない年もございます。お花の付き具合に関しては直接お問合せ下さい。 サイズ 樹高(根鉢の高さを含まない):約100cm 大株の金木犀をお探しの方はコチラ 手入れ まず、深さ50-60cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。杭に固定するとよいです。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 キンモクセイ、きんもくせい、もくせい、モクセイ、ぎんもくせい、ギンモクセイ、木犀、金木犀、シンボルツリー、黄色い花が咲く木、秋の樹木、秋の木、秋の樹、 香木樹

香りのある花♪キンモクセイ樹高1.5m前後 単木 金木犀【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.41点/74
¥4860
Wイイかも

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られるので、早めに駆除します。暑い夏も過ぎ、秋の風を感じられるようになった頃・・何処からともなく甘い花の香りが漂ってきた経験はありますか?その香りの正体は、『キンモクセイ』です。誰もが一度は聞かれた事のある樹の名前ではないでしょうか!この香りを嗅ぐと、秋がきたんだな〜と感じます。また、子供の頃に小学校に植えてあった大きなキンモクセイを思い出し懐かしさも感じます。大きなキンモクセイでした。 みなさんは、思い出の香りありますか? 日本一のキンモクセイ当店がある、熊本県甲佐町には、日本一のキンモクセイがあります。『麻生原のキンモクセイ』と言って、国の天然記念物にも指定してあります。このキンモクセイはとても大きく、樹高20m、目通りの周り約3m、枝張りは最大で11mにもなります。樹齢750年を越える老木で、鎌倉時代から麻生原の地とそこに住む人々を見守ってきました。開花期には沢山の花を咲かせ、その香りはとても優しくて甘い香りです。花が咲く時期には、その香りが村全体をつつみ、緑川を渡って、2kmほど離れた所まで漂います。花が咲く頃には、日本一のキンモクセイを見ようと足を運ぶ見物客が毎年3000人は下らないそうです。是非、甲佐町のシンボルツリー『麻生原のキンモクセイ』を見に来られてください。キンモクセイ(金木犀)モクセイ科 モクセイ属 常緑高木栽培適地東北南部以南植栽時期3〜5月及び9〜10月開花時期9〜10月施肥時期2月と6月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり2〜3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

四季咲きモクセイ根巻き苗 シンボルツリー 生垣 目隠し 庭木 常緑樹

レビュー平均4.74点/61
¥1058
Wイイかも

【お届けする商品の状態です】 ●商品は根巻き苗です。根巻きも含め高さ約1.0m前後です。根巻き苗の根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。土中で自然分解されます。もしはずしてしまった場合も問題はありませんが、根を崩さないように注意してください。※たまに、秋や冬に葉が縮んでいる事がございます。ウイルス病などではないのでご安心ください。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けはできません。  >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ●商品には植え方の手引きを記載した紙を同封してお届けします。 モクセイの木の育て方 モクセイ類の育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは4月〜入梅までか秋に行います。 寒地では春植えをおすすめします。 植え付け用土 日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。 堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。 剪定方法 放任して育てても自然な樹形になりますが、こまめな剪定でコンパクトに楽しむことができます。 刈り込みにも強く、剪定は花が終わった直後か3〜4月がベスト。冬の剪定は控えめに。 肥料 2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。 消毒 風通しが悪いとハダニやカイガラムシが発生するので、適度に枝葉を間引いて風通し良くしてあげてください。 生垣の作り方はこちら   Q:「花が咲かないけどなんでやろ?」   A:原因は3つ。     1.剪定が遅かった。       キンモクセイが夏に花芽をあげるので、遅くとも6月までに剪定します。     2.剪定が強すぎた。       剪定を強めにしてしまうと、枝葉が茂る反面花芽がつきにくくなります。     3.樹がまだ若い。       若木のうちは生長するために栄養を使います。       樹が充実してくると花芽をあげてくるようになります。       成木の目安は地植えでは2m、鉢植えでは1mです。四季咲きモクセイ 白い花の四季咲きモクセイ。 ●品種の特徴  楽天最安値 常緑樹。白の小花です。キンモクセイには劣りますが、さわやかな香りを放ちます。花の咲く秋頃にはさわやかな香りが風に乗ってほのかに広がります。真夏以外の一年中何度か花が咲きます。通常のキンモクセイに比べて大きくなりにくいです。生垣・庭木として馴染みの深い花木です。 学名 Oleaceae Osmanthus モクセイ科モクセイ属 原産地 中国大陸原産 花言葉 謙遜、真実、陶酔、初恋 誕生花 10月2日、10月6日 最終樹高 最終葉張り 成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 常緑中高木 2〜10m 4m やや遅い (0.3m/年) 花9月 南東北〜沖縄 ※苗木は全て国産苗です。 ※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。 ※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。好みの高さになったら主幹の芯を止めます。(主幹を切ると横枝が良く伸びるようになります。)横枝は随時剪定をして形を整えます。剪定をすると枝が密になります。 ⇒⇒⇒生垣の作り方はこちら 魅力  魅力満点: 【秋】 花が楽しめる 育てやすさ  初心者におすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、耐湿性やや強い 用途  生垣、シンボルツリー、鉢植え、記念樹、盆栽、花壇、寄せ植え 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

キンモクセイ(金木犀) 1.8m前後 単木 香りのある花♪【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.38点/37
¥7020
Wイイかも

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られるので、早めに駆除します。暑い夏も過ぎ、秋の風を感じられるようになった頃・・何処からともなく甘い花の香りが漂ってきた経験はありますか?その香りの正体は、『キンモクセイ』です。誰もが一度は聞かれた事のある樹の名前ではないでしょうか!この香りを嗅ぐと、秋がきたんだな〜と感じます。また、子供の頃に小学校に植えてあった大きなキンモクセイを思い出し懐かしさも感じます。大きなキンモクセイでした。 みなさんは、思い出の香りありますか? 日本一のキンモクセイ当店がある、熊本県甲佐町には、日本一のキンモクセイがあります。『麻生原のキンモクセイ』と言って、国の天然記念物にも指定してあります。このキンモクセイはとても大きく、樹高20m、目通りの周り約3m、枝張りは最大で11mにもなります。樹齢750年を越える老木で、鎌倉時代から麻生原の地とそこに住む人々を見守ってきました。開花期には沢山の花を咲かせ、その香りはとても優しくて甘い香りです。花が咲く時期には、その香りが村全体をつつみ、緑川を渡って、2kmほど離れた所まで漂います。花が咲く頃には、日本一のキンモクセイを見ようと足を運ぶ見物客が毎年3000人は下らないそうです。是非、甲佐町のシンボルツリー『麻生原のキンモクセイ』を見に来られてください。キンモクセイ(金木犀)モクセイ科 モクセイ属 常緑高木栽培適地東北南部以南植栽時期3〜5月及び9〜10月開花時期9〜10月施肥時期2月と6月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり2〜3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】キンモクセイ 0.8m 【あす楽対応】

レビュー平均4.5点/36
¥1080
Wイイかも

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜12月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3月or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】キンモクセイの一番の特徴は花の良い香り。とても芳香が強くあたり一面に香ります。生垣によく使われます。

キンモクセイ(金木犀) 15cmポット苗

レビュー平均4.53点/36
¥1180
Wイイかも

秋空に強い香りを放つキンモクセイ。庭の主木や玄関脇、芝庭の植栽に利用しますが、生垣にしても面白い木です。 この花で、モクセイ酒(ホワイトリカーにつける)を作り、風味を楽しみます。病虫害も少なくて刈り込みにも耐えるので、生垣樹にも適します。日当たりのよい方が花付きはよくなりますが、日陰にも強いので色んな用途で植栽できます。1本植えの場合は、自然の状態で楕円形か球状に樹形を作りますが、生垣では、花が終わった直後か3〜4月に整枝をします。 《お届け時の状態》  ・ポットサイズ:15cmポット  ・お届け時高さ:70〜80cm(容器含む) 《開花》9〜10月頃(地域差あり) 《花色》橙黄色 《栽培適地》東北以南 《樹高》庭植えで、2〜8m 《科名》モクセイ科 《園芸分類》耐寒性常緑中高木 《用途》鉢、庭 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 5本セットもチェック! キンモクセイ 15cmポット苗 5本組秋空に強い香りを放つキンモクセイ。庭の主木や玄関脇、芝庭の植栽に利用しますが、生垣にしても面白い木です。

【生垣に最適】キンモクセイ樹高1.0m前後 香りのある花♪金木犀【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.43点/30
¥2138
Wイイかも

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られるので、早めに駆除します。暑い夏も過ぎ、秋の風を感じられるようになった頃・・何処からともなく甘い花の香りが漂ってきた経験はありますか?その香りの正体は、『キンモクセイ』です。誰もが一度は聞かれた事のある樹の名前ではないでしょうか!この香りを嗅ぐと、秋がきたんだな〜と感じます。また、子供の頃に小学校に植えてあった大きなキンモクセイを思い出し懐かしさも感じます。大きなキンモクセイでした。 みなさんは、思い出の香りありますか? 日本一のキンモクセイ当店がある、熊本県甲佐町には、日本一のキンモクセイがあります。『麻生原のキンモクセイ』と言って、国の天然記念物にも指定してあります。このキンモクセイはとても大きく、樹高20m、目通りの周り約3m、枝張りは最大で11mにもなります。樹齢750年を越える老木で、鎌倉時代から麻生原の地とそこに住む人々を見守ってきました。開花期には沢山の花を咲かせ、その香りはとても優しくて甘い香りです。花が咲く時期には、その香りが村全体をつつみ、緑川を渡って、2kmほど離れた所まで漂います。花が咲く頃には、日本一のキンモクセイを見ようと足を運ぶ見物客が毎年3000人は下らないそうです。是非、甲佐町のシンボルツリー『麻生原のキンモクセイ』を見に来られてください。キンモクセイ(金木犀)モクセイ科 モクセイ属 常緑高木栽培適地東北南部以南植栽時期3〜5月及び9〜10月開花時期9〜10月施肥時期2月と6月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり2〜3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ギンモクセイ 0.5m 【あす楽対応】

レビュー平均4.15点/26
¥432
Wイイかも

→送料無料セットはこちらギンモクセイ 商品一覧0.5m400円/在庫○0.7m15cmポット1000円/在庫○1.0m15cmポット1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品キンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【ギンモクセイ】(銀木犀)読み:ぎんもくせい学名:Osmanthus fragrans Lour. var. fragransモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:スイートオリーブ、ミニモクセイ【商品情報】ギンモクセイは綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜10月に白色の小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイ、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。成長が遅い為あまり強い刈り込みは控えたほうがいいです。剪定を行わない場合は枝が広がって茂る為隣接するものから2m以上離して植えてください。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】ギンモクセイは花が白色になります。キンモクセイに比べると少し樹形が柔らかな感じになります。香りは同じですので開花時期はよい香りに包まれます。

【花木】香りのある花♪キンモクセイ・金木犀 樹高2.0m前後 単木【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.16点/25
¥8100
Wイイかも

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られるので、早めに駆除します。暑い夏も過ぎ、秋の風を感じられるようになった頃・・何処からともなく甘い花の香りが漂ってきた経験はありますか?その香りの正体は、『キンモクセイ』です。誰もが一度は聞かれた事のある樹の名前ではないでしょうか!この香りを嗅ぐと、秋がきたんだな〜と感じます。また、子供の頃に小学校に植えてあった大きなキンモクセイを思い出し懐かしさも感じます。大きなキンモクセイでした。 みなさんは、思い出の香りありますか? 日本一のキンモクセイ当店がある、熊本県甲佐町には、日本一のキンモクセイがあります。『麻生原のキンモクセイ』と言って、国の天然記念物にも指定してあります。このキンモクセイはとても大きく、樹高20m、目通りの周り約3m、枝張りは最大で11mにもなります。樹齢750年を越える老木で、鎌倉時代から麻生原の地とそこに住む人々を見守ってきました。開花期には沢山の花を咲かせ、その香りはとても優しくて甘い香りです。花が咲く時期には、その香りが村全体をつつみ、緑川を渡って、2kmほど離れた所まで漂います。花が咲く頃には、日本一のキンモクセイを見ようと足を運ぶ見物客が毎年3000人は下らないそうです。是非、甲佐町のシンボルツリー『麻生原のキンモクセイ』を見に来られてください。キンモクセイ(金木犀)モクセイ科 モクセイ属 常緑高木栽培適地東北南部以南植栽時期3〜5月及び9〜10月開花時期9〜10月施肥時期2月と6月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり2〜3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

キンモクセイ(金木犀) 苗木 1.0m×5本セット【送料無料】

レビュー平均4.5点/18
¥7344
Wイイかも

写真は見本品です。 写真は17年4月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 北海道や船賃の要る離島と沖縄は別途送料が必要です。 ■キンモクセイは香りの植物として、世界ベスト3に入るといわれています。開花時にはオレンジ色の花が咲き、強い芳香があります。 雌雄異株として知られているが、日本には、雄株しかなく結実は見られません。 またモクセイの仲間として、白花の「銀モクセイ」や葉がギザギザの「ヒイラギモクセイ」や四季咲きの「四季咲きモクセイ」などがあります。キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →その他のキンモクセイはこちら フレグランスレッド 希少品種のキンモクセイ、通常のキンモクセイよりも濃い橙色の花を咲かせる選抜種です。 →フレグランスレッド 四季咲きモクセイ 春と秋のほか、条件によっては不定期に花芽をつけて、四季を通じて楽しめる品種です。キンモクセイに比べて、成長は遅めです。 →四季咲きモクセイ

四季咲き金木犀(キンモクセイ)10.5cmポット苗 【2個組】

レビュー平均4.33点/18
¥1320
Wイイかも

通常のキンモクセイに比べて大きくなりにくく、鉢植えでも簡単に楽しめます。 真夏を除き1年に何度か小さな花を咲かせます。花のオレンジ色はやや薄く、放香は弱く優しい香りが特徴です。 病害虫が少なく非常に丈夫な樹で、生垣等に最適です。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:10.5cm(3.5号)ポット ・お届け時高さ:約50〜60cm(容器含む) ※2株セットでお届けします。 《育成地》福岡県 《開花》四季咲き性 《花色》薄いオレンジ 《栽培適地》東北以南 《樹高・草丈》1〜3m 《科名》モクセイ科 《園芸分類》耐寒性常緑小高木 《用途》庭植え、鉢植え ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 病害虫が少なく非常に丈夫です。日当たりと排水のよい場所を好みます。四季咲き(金木犀)キンモクセイは、真夏以外は冬場でも10℃あれば咲きます。家庭園芸、庭つくり、生け垣樹、ベランダガーデニングと幅広くお楽しみ頂けます。

キンモクセイ(金木犀) 6号

レビュー平均4.56点/16
¥1674
Wイイかも

16年9月4日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。1610b ■キンモクセイは香りの植物として、世界ベスト3に入るといわれています。開花時にはオレンジ色の花が咲き、強い芳香があります。 雌雄異株として知られているが、日本には、雄株しかなく結実は見られません。 またモクセイの仲間として、白花の「銀モクセイ」や葉がギザギザの「ヒイラギモクセイ」や四季咲きの「四季咲きモクセイ」などがあります。キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →その他のキンモクセイはこちら フレグランスレッド 希少品種のキンモクセイ、通常のキンモクセイよりも濃い橙色の花を咲かせる選抜種です。 →フレグランスレッド 四季咲きモクセイ 春と秋のほか、条件によっては不定期に花芽をつけて、四季を通じて楽しめる品種です。キンモクセイに比べて、成長は遅めです。 →四季咲きモクセイ

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.7m露地 【あす楽対応】

レビュー平均4.31点/13
¥5400
Wイイかも

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜16月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3月or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】キンモクセイの一番の特徴は花の良い香り。とても芳香が強くあたり一面に香ります。生垣によく使われます。

キンモクセイ(金木犀)樹高約2.0m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.55点/11
¥7300
Wイイかも

樹高は、約2.0mです(根鉢含まず) 送料は全国一律2,800 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S1.5]モクセイ ☆花が美しく香りが良いのが特徴的☆ キンモクセイ ヒイラギモクセイ キンモクセイ(金木犀)は、枝葉が密生し、葉は明るい緑色で光沢がある。香りの良い花をつける樹木の中でも一番です。刈込にも強く、洋風、和風の生垣に利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 東北〜沖縄 種類 キンモクセイ(金木犀) 黄金色の花を咲かせる最も強い芳香をもつ ギンモクセイ(銀木犀) 白色の花色を咲かせる ヒイラギモクセイ(柊木犀) 白色の花色を咲かせる葉には、トゲがある 鑑賞ポイントと時期 10月頃 強い芳香のある花を咲かせる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。日陰でも育つが、花つきがよくない。土質は選びませんが、乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 1月〜2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 春に延びてきた新しい枝に花芽が出来るので、枝が伸び始める前の2〜3月頃と花後の11月頃に刈り込む。

送料無料! 特選庭木:金木犀(キンモクセイ)* 樹高:約140cm 全高:約150cm 大株 ヤマト便発送

レビュー平均4.9点/10
¥6980
Wイイかも

商品情報 樹種:キンモクセイ 撮影日:9月 常緑樹。 9月の誕生木です。10月ごろに橙色の小ぶりで可愛い花が咲きます。咲き始めるととても甘い香りが楽しめます。*根巻き(ポット無)でのお届けとなります。 *露地栽培品ですので、虫食いには注意し、薬剤散布など定期的に施しておりますが、多少の虫食い穴などある場合がございます。 何卒ご了承の程よろしくお願い致します。 *数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(根鉢の高さを含まない):約140cm 手入れ まず、深さ50-60cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。杭に固定するとよいです。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 送料無料!! キンモクセイ、きんもくせい、もくせい、モクセイ、ぎんもくせい、ギンモクセイ、木犀、金木犀、シンボルツリー、黄色い花が咲く木、秋の樹木、秋の木、秋の樹、 香木樹、

キンモクセイ 【2本セット】 樹高1.5m前後 根巻き 【送料無料】 秋に花を咲かせ優しい香りが特徴生垣用 金木犀

レビュー平均4.44点/9
¥6090
Wイイかも

きんもくせい2本セット キンモクセイ2本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)キンモクセイ樹高1.5m前後¥3920【2本セット】キンモクセイ樹高1.5m前後¥6090[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

キンモクセイ 金木犀(4寸ポット)「☆」

レビュー平均3.89点/9
¥1058
Wイイかも

苗木、キンモクセイ(金木犀) 4寸ポット苗 樹高40〜60センチ程度 管理のポイント 移植の時期は、3〜4月が最適。 ポットや鉢作りのものは、土を落とさずに植える。 日当たりを好みますが、夏の西日は避けて下さい。 11〜3月頃の芽だし前に鶏糞等の有機質肥料を与えます。

キンモクセイ 【50本セット】 樹高0.4m前後 10.5cmポット 【送料無料】 秋に花を咲かせ優しい香りが特徴生垣用 金木犀

レビュー平均4.25点/8
¥13900
Wイイかも

きんもくせい50本セット キンモクセイ50本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)【10本セット】キンモクセイ樹高0.4m前後¥5320[送料無料]【20本セット】キンモクセイ樹高0.4m前後¥7620[送料無料]【30本セット】キンモクセイ樹高0.4m前後¥9920[送料無料]【40本セット】キンモクセイ樹高0.4m前後¥12300[送料無料]【50本セット】キンモクセイ樹高0.4m前後¥14600[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.2m露地 【あす楽対応】

レビュー平均4.5点/8
¥2700
Wイイかも

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜15月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3月or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】キンモクセイの一番の特徴は花の良い香り。とても芳香が強くあたり一面に香ります。生垣によく使われます。

キンモクセイ(樹高 1.2m内外)

レビュー平均4.43点/7
¥5184
Wイイかも

10月頃には庭全体がキンモクセイの香りに包まれ、香りを楽しむ植木の代表格です。常緑なので目隠しにも使えます。香りを楽しみたいなら玄関脇やアプローチの横に植えてもいいですし、日陰でも十分育つので北側に植えてもOKです。※お届けは画像と同等の露地物をお届けいたします。 常緑樹○ つる性− 落葉樹− 地被類− 葉を楽しむ− 生垣向き○ 花が咲く○ 希少樹種− 実がなる− シンボルツリー○ 紅葉を楽しむ− 日向で育てる○ 香りを楽しむ10月 半日陰で育てる○ カラーリーフ・斑入り− 西日OK○ 実がなる(観賞用)− 日陰を好む− 【規格違いや鉢植えのオプションも取り揃えております。】 ● キンモクセイ 樹高 1.2m内外 樹高 1.5m内外 ● スイートオリーブ(四季咲きモクセイ) 樹高 1.0〜1.2m内外 ○ オプション(素焼鉢に鉢植えした状態でお届けをご希望の方はこちらとあわせてご注文ください) 樹高が1.2m内外の植木 植木に必要な肥料もご一緒にいかがでしょうか  ・グリーンそだちEX(化成肥料)  ・発酵油かす 固形中粒(有機質肥料) 植えつけ方はこちらをご参照下さい。  ・店長と作る『ナチュラル洋風ガーデン』 ◆同梱できる本数について◆こちらの商品は、2本まで同梱可能です。【こんな風にして生産しています】秋になるとキンモクセイの花のいい香りでいっぱいになります! トップページ > 植木・庭木 > 常緑樹 トップページ > 植木・庭木 > 香りを楽しむ トップページ > 植木・庭木 > 生垣向き トップページ > 植木・庭木 > シンボルツリー トップページ > 植木・庭木 > 日向で育てる トップページ > 植木・庭木 > 半日陰で育てる トップページ > 植木・庭木 > 西日OK * ご購入いただきましたお客様のお声をご紹介いたします。 誠にありがとうございます。 予想していたより、枝、葉とも状態が良かったです。しかも蕾も沢山ついてたので、これからの開花がとても楽しみです!豪雪地帯で地植えは無理なので、鉢植えにして大切に育てたいと思います。( vig 様 オススメ度*****) 枝や葉が思ったり少なかったのですが、今後大きくなることを期待しています。花が少しずつ咲き始め、いい香りがしてきています。季節を感じさせる一品かな?( rieyoshimon 様 オススメ度****) 画像のものほど大きいものではありませんが、いい苗が届きました。鉢に植えて楽しんでいます。秋には花が咲くことを期待。( き ゃ ら 様 オススメ度*****)

秋の芳香花木の代表といえばコレ♪【キンモクセイ 樹高0.8m前後】

レビュー平均4.67点/6
¥1200
Wイイかも

秋を知らせる馴染みの深い花の香り♪ キンモクセイ 樹高0.8m前後 秋の芳香花木の代表といえば「キンモクセイ」!!10月には、あちこちから甘い香りが漂います。香りだけではなく、オレンジ色で集まって咲く小さな花と、濃い緑の葉の対比も鮮やかです。特に、和風のお庭に雰囲気ピッタリ♪   樹高 0.8m前後 【生育条件】陽樹の中でもさらに日光を好む部類に入るので、日当たりのよい場所で育てるのが第一条件です。土質は特に選びませんが、水はけがよく、腐植質を含む肥沃な土壌が適しています。【管理方法】 地植えにしたものは一度根づいてしまえば特に水ををやる必要はありません。肥料は地植えの場合、2月頃に骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多く含まれたものを与えます。  

キンモクセイ(金木犀)  苗木 1m

レビュー平均5点/6
¥1620
Wイイかも

写真は見本品です。 写真は17年4月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →その他のキンモクセイはこちら フレグランスレッド 希少品種のキンモクセイ、通常のキンモクセイよりも濃い橙色の花を咲かせる選抜種です。 →フレグランスレッド 四季咲きモクセイ 春と秋のほか、条件によっては不定期に花芽をつけて、四季を通じて楽しめる品種です。キンモクセイに比べて、成長は遅めです。 →四季咲きモクセイ

キンモクセイ樹高80cm前後単品

レビュー平均4.5点/6
¥1000
Wイイかも

【分類】モクセイ科モクセイ属 【特性】常緑性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】弱い〜普通 【耐寒性】強い 【適地】東北南部から沖縄まで 【草丈・樹高】3〜6m位(環境による) 【開花期】9〜10月 【花色・葉色】オレンジ花・緑葉 【植え付け】3〜4月 【日照】日なた 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・水はけの良い肥沃な土壌 【水やり】地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたらたっぷり水やり 【肥料】2〜3月 有機肥料など 【剪定】2〜3月・10月 【ポット径】15〜18cm 【植栽数】生垣は30〜40cm程度の間隔で植え付け 【病気】 褐斑病、炭そ病、先葉枯病など 【害虫】カイガラムシ、ハダニなど 【その他】難易度 低〜中、西日に強い、土壌にチッソ成分が多いと花付きが悪くなる

庭樹盆栽:金木犀(キンモクセイ)鉢植え*【送料無料】ヤマト便発送!

レビュー平均3.83点/6
¥6980
Wイイかも

商品情報 樹種:金木犀(キンモクセイ) 撮影日:8月 常緑樹。 10月の誕生木です。秋ごろに橙色の小ぶりで可愛い花が咲きます。咲き始めるととても甘い香りが楽しめます。*プラスティック鉢でのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。*露地栽培品を植え替えておりますので、虫食い穴などある場合があります。出荷前にきちんとチェックしてはおりますが多少の虫食いはご了承ください。 サイズ 全高:約120cm 鉢径:約36cm 手入れ ・水遣り・・・用土の表面が乾いたらあげます。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。・置き場所・・・基本的に室外が適しています。日当たり・風通しの良い所。夏は半日陰が良いです。冬は風、霜があたらない陽だまりが良いです。 ☆簡単な育て方説明書をお付けいたします。 ご購入後、詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール・電話等でお問い合わせ下さい。 納期 配達日時はご指定できません。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 送料 全国送料無料 きんもくせい、キンモクセイ、金木犀、謙遜、真実、陶酔、初恋

【香りを楽しむ・生垣にも最適】キンモクセイ /金木犀(樹高:1.8m内外)

レビュー平均4.4点/5
¥6480
Wイイかも

香りを楽しむ植木の代表格・キンモクセイ 香りを楽しみたいなら玄関脇やアプローチの横、常緑樹なので、目隠し木としても最適。 日陰でも十分育つので北側に植えてもOKです。 四季の姿 オレンジ色の花から甘い香が漂います。        商品詳細 商品情報/規格 ■モクセイ科モクセイ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.8m内外 ■花色:オレンジ色 ■花期:9月中〜10月中頃 用途 シンボルツリー・コンテナ・生垣・目隠し 手入れ 剪定時期は、6月中〜7月中頃及び10月中〜11月中頃に行ってください。 新芽を切らないように注意してください。 植え付け 日当たりを好みますが、耐陰性もあります。 土壌の湿りすぎと乾燥に弱いので植える場所に注意してください。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 地植えのものは寒肥として1月中〜2月及び施肥として6月〜7月にチッ素分を控えたリン酸、カリ主体の化成肥料を施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(東北南部〜九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は750円です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】キンモクセイ 0.8m 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

レビュー平均4.8点/5
¥10800
Wイイかも

→単品はこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.8m1000円/在庫○1.0m1200円/在庫○1.0m露地3000円/在庫×1.2m1400円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜12月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=5m施肥時期=1〜2月or6月剪定時期=3月or10〜11月開花時期=9〜10月果実=無し用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木【その他】キンモクセイの一番の特徴は花の良い香り。とても芳香が強くあたり一面に香ります。生垣によく使われます。

キンモクセイ 0.7m程度 ポット直径15cm【15本セット】

レビュー平均4点/5
¥14364
Wイイかも

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 キンモクセイ(金木犀) Osmanthus fragrans var. aurantiacus モクセイ科モクセイ属 【タイプ】 常緑高木 【鑑賞時期】 花:9〜10月 【日照条件】 日向〜半日陰 9〜10月頃に咲かせるオレンジの花は秋の風物詩です。 芳香もよく、ジンチョウゲやクチナシとともに三香木とされています。 育て方 日光を好むので日当たりの良い場所に植えましょう。 病害虫の心配はとくにありません。もし害虫が付いていた場合はその都度消毒や補殺します。 自然と樹形は整いますのであまり剪定は必要ありません。 

斑入りヒイラギ 5号 1鉢 【柊 鉢植え ヒイラギ 苗 冬 ガーデニング 寄せ植え】

レビュー平均4.6点/5
¥1382
Wイイかも

斑入りヒイラギ 5号 1鉢  20cm〜30cm程

キンモクセイ単木樹高1.8〜2.0m前後(根鉢含まず)

レビュー平均4.25点/4
¥23600
Wイイかも

【分類】モクセイ科モクセイ属 【特性】常緑性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】弱い〜普通 【耐寒性】強い 【適地】東北南部から沖縄まで 【草丈・樹高】3〜6m位(環境による) 【開花期】9〜10月 【花色・葉色】オレンジ花・緑葉 【植え付け】3〜4月 【日照】日なた 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・水はけの良い肥沃な土壌 【水やり】地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたらたっぷり水やり 【肥料】2〜3月 有機肥料など 【剪定】2〜3月・10月 【植栽数】生垣は30〜40cm程度の間隔で植え付け 【病気】 褐斑病、炭そ病、先葉枯病など 【害虫】カイガラムシ、ハダニなど 【その他】難易度 低〜中、西日に強い、土壌にチッソ成分が多いと花付きが悪くなる※画像はイメージです。 ※発送は同等商品になります。

@スポンサー