生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高80cm前後 青葉・白花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.27点/73
¥1080
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高80cm前後 青葉・ピンク花 生垣に大人気の樹木 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.43点/61
¥1080
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高80cm前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.04点/55
¥1080
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【お手頃価格】トキワマンサク樹高0.3m前後 青葉・白花 3.5号鉢 生垣にどうぞ!【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.19点/48
¥432
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高0.3m前後 赤葉・赤花【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.03点/37
¥432
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

赤葉紅花トキワマンサクH0.2m ポット苗 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

レビュー平均4.86点/36
¥853
Wイイかも

【販売時期について】 この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品は5号ポット苗です。ポットも含め高さ約0.4m。低い生垣やボーダーにご利用ください。(低さを維持するには定期的な刈り込みが必要です。) 冬〜春は次第に葉が散るため葉が少なくなります。 ●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・  >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら トキワマンサクの木の育て方 トキワマンサクの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、夏の西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定せずに放任しても美しい大株に生長します。主幹を切ると横枝が伸びやすくなります。まっすぐすらっとした樹形を望む場合は立ち上がる枝を1本選び、支柱で上に伸びるように仕立てると良いです。 肥料 2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。 病害虫について あまり病害虫は心配ありません。時々つくようですが、経験上大発生して困ったことはありません。1〜3匹毛虫がのそのそ枝を這っているのを見つけたことがある程度です。 冬の落葉について 秋の始まりと秋の終わり〜初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性では有りますが、季節的に葉が生え変わる時期です。 5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。 生垣の作り方はこちら赤葉赤花トキワマンサク 木を覆うように咲く花と年中変わらぬ葉が魅力木を覆うように咲く紅花トキワマンサク 常緑樹でも木を覆うように花が咲きます。(2009年4月9日撮影) トキワマンサクの生垣はあまり見かけませんので、造れば注目度大! 当店いちおしの生垣用樹木です。 春には一面のピンクの壁。北側の生垣です。 4/22で花は散り始めです。 生垣向けトキワマンサクはこちらです。 落葉のマンサクとは別の種類です →落葉のマンサクはこちらをご覧下さい← ●品種の特徴 常緑樹では少ない花が楽しめる木です。花弁はひも状の細かい花ですが、木を覆うように花が咲きます。葉を隠してしまうほど良く咲きます。和風庭園だけでなく、洋風庭園でも良く合います。日本の気候によく合います。刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。開花期も長いのも魅力です。トキワマンサクの生垣はあまり見かけませんので、造れば注目度大!当店いちおしの生垣用樹木です。 赤葉紅花トキワマンサクは葉が赤紫褐色です。パープルピンクの花です。 日照や気温、栄養などの要因で、古い葉が緑色に変色していくことがあります。 学名Loropetalum chinense マンサク科トキワマンサク属 原産地中国 花言葉霊感、不思議な力、おまじない、私から愛したい 誕生花2月12日 最終樹高 最終葉張り成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 半耐寒性 常緑小高木 4〜5m 4〜5m 普通 (0.5m/年) 4〜5月 マンサク 北関東〜沖縄 ※原産は中国ですが、苗木は全て国産苗です。 魅力  魅力満点:【春】花が美しい、【通年】葉を楽しむ。【秋】まばらに狂い咲きしやすいです。 育てやすさ  初心者におすすめ:  樹勢強、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい 用途  鉢植え、盆栽、シンボルツリー、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。 ※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。好みの高さになったら主幹の芯を止めます。(主幹を切ると横枝が良く伸びるようになります。)横枝は随時剪定をして形を整えます。剪定をすると枝が密になります。 ※高い生垣を目指す場合は支柱を立てて主幹を上に伸ばし、好みの高さになったら主幹の芯を止めてください。 ⇒⇒⇒生垣の作り方はこちら ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。    

トキワマンサク樹高0.3m前後 青葉・ピンク花 生垣に大人気の樹木【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.81点/27
¥432
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.0m前後 青葉・白花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.96点/26
¥1404
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.0m前後 青葉・ピンク花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.08点/25
¥1404
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高1.2m前後 青葉・ピンク花 常盤満作 生垣に大人気の樹木☆【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.11点/19
¥1836
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.2m前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.06点/16
¥1836
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

赤葉紅花トキワマンサク 生垣用 苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

レビュー平均4.63点/16
¥1382
Wイイかも

【販売時期について】 この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品はポット苗です。ポット部分も含め高さ約0.9m前後くらいです。 冬〜春は次第に葉が散るため葉が少なくなります。 ●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けは出来ません。  >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら トキワマンサクの木の育て方 トキワマンサクの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、夏の西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定せずに放任しても美しい大株に生長します。主幹を切ると横枝が伸びやすくなります。まっすぐすらっとした樹形を望む場合は立ち上がる枝を1本選び、支柱で上に伸びるように仕立てると良いです。 肥料 2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。 病害虫について あまり病害虫は心配ありません。時々つくようですが、経験上大発生して困ったことはありません。1〜3匹毛虫がのそのそ枝を這っているのを見つけたことがある程度です。 冬の落葉について 秋の始まりと秋の終わり〜初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性では有りますが、季節的に葉が生え変わる時期です。 5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。 生垣の作り方はこちら赤葉赤花トキワマンサク 木を覆うように咲く花と年中変わらぬ葉が魅力木を覆うように咲く紅花トキワマンサク 常緑樹でも木を覆うように花が咲きます。(2009年4月9日撮影) トキワマンサクの生垣はあまり見かけませんので、造れば注目度大! 当店いちおしの生垣用樹木です。 春には一面のピンクの壁。北側の生垣です。 4/22で花は散り始めです。 生垣向けトキワマンサクはこちらです。 落葉のマンサクとは別の種類です →落葉のマンサクはこちらをご覧下さい← ●品種の特徴 常緑樹では少ない花が楽しめる木です。花弁はひも状の細かい花ですが、木を覆うように花が咲きます。葉を隠してしまうほど良く咲きます。和風庭園だけでなく、洋風庭園でも良く合います。日本の気候によく合います。刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。開花期も長いのも魅力です。トキワマンサクの生垣はあまり見かけませんので、造れば注目度大!当店いちおしの生垣用樹木です。 赤葉紅花トキワマンサクは葉が赤紫褐色です。パープルピンクの花です。 日照や気温、栄養などの要因で、古い葉が緑色に変色していくことがあります。 学名Loropetalum chinense マンサク科トキワマンサク属 原産地中国 花言葉霊感、不思議な力、おまじない、私から愛したい 誕生花2月12日 最終樹高 最終葉張り成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 半耐寒性 常緑小高木 4〜5m 4〜5m 普通 (0.5m/年) 4〜5月 マンサク 北関東〜沖縄 ※原産は中国ですが、苗木は全て国産苗です。 魅力  魅力満点:【春】花が美しい、【通年】葉を楽しむ。【秋】まばらに狂い咲きしやすいです。 育てやすさ  初心者におすすめ:  樹勢強、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい 用途  鉢植え、盆栽、シンボルツリー、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。 ※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。好みの高さになったら主幹の芯を止めます。(主幹を切ると横枝が良く伸びるようになります。)横枝は随時剪定をして形を整えます。剪定をすると枝が密になります。 ※高い生垣を目指す場合は支柱を立てて主幹を上に伸ばし、好みの高さになったら主幹の芯を止めてください。 ⇒⇒⇒生垣の作り方はこちら ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。    

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.0m前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.19点/16
¥1404
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【送料無料】トキワマンサク H1.0m前後 赤葉・赤花 10本セット!生垣に大人気の樹木常盤満作 【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.53点/15
¥14040
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【送料無料】トキワマンサク樹高1.2m前後 赤葉・赤花 10本セット!常盤満作生垣に大人気の樹木 【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.8点/10
¥18360
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高0.8m前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.67点/9
¥1080
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高1.2m前後 赤葉・赤花 常盤満作 生垣に大人気の樹木☆【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.11点/9
¥2916
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.5m前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.13点/8
¥4320
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク(赤葉赤花) / 樹高0.3m前後 10.5cmポット / 常盤満作 生垣用

レビュー平均3.71点/7
¥572
Wイイかも

ときわまんさく(あかばあかはな)/ トキワマンサク(赤葉赤花)/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)【10本セット】トキワマンサク(赤葉赤花)樹高0¥5510[送料無料]【20本セット】トキワマンサク(赤葉赤花)樹高0¥8000[送料無料]【30本セット】トキワマンサク(赤葉赤花)樹高0¥10490[送料無料]【40本セット】トキワマンサク(赤葉赤花)樹高0¥13000[送料無料]【50本セット】トキワマンサク(赤葉赤花)樹高0¥15500[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る>>業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高1.5m前後 【青葉・ピンク花】常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.86点/7
¥4320
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【送料無料】トキワマンサク樹高1.0m前後 青葉・白花 10本セット! 生垣に大人気の樹木 【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.14点/7
¥14040
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高0.5m前後 青葉・白花 3.5号鉢 生垣にどうぞ!【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.5点/6
¥540
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【マンサク属】 緑葉トキワマンサク紅花 3.5号ポット

レビュー平均4点/6
¥800
Wイイかも

●品種特性 4月-5月に短いリボンのような花を咲かせる中国南東部、インド北東部、日本などに分布する常緑種で多花性、生育が早いことや刈り込みに強いことから生垣として人気があります。また、放任しておいても地際から数本の幹が伸びて、細かい枝が出て自然に樹型がまとまるのでシンボルツリーとしても人気があります。自然な樹型で楽しみたい場合は切り戻しなどの作業は不要です。 ただし、枝が邪魔になる場合や長く伸びすぎた枝や徒長枝(生育の弱い間延びした細枝)、短い枝でも混み合った部分は花後に付け根から切り取って下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、生垣、鉢植え ・花径:0.5〜0.8cm ・樹高:1〜2cm ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強(−5℃程度) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Loropetalum chinense var. rubra ・別名:アリアケカズラ ・原産地:日本、中国 ・科名:マンサク科 ・属名:トキワマンサク属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所       半日以上の陽射しが必要 ・開花期     ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 銅葉トキワマンサクが南側の角地に植えてありました。 シンボルツリーの役目をしてくれるそうです。 銅葉トキワマンサクが北側の日当たりのあまりよくない場所に 植えてありましたが綺麗に咲いていました。 常緑の性質を生かして南東側にの生垣として植えられていました。 万作は刈り込みに強く生垣としても多く用いられます。(緑葉トキワマンサク) 4月上旬満開になってました。 緑葉トキワマンサクが日当たりの良い南側に植えてありました。 目隠しになるように植えたありました。 銅葉トキワマンサクが北側に植えてありました。朝日は十分にあたっていました。 見事に咲いていたのでシンボルツリーとしての役目を果たしていました。 緑葉トキワマンサクが南側の日当たりの良い場所に植えてありました。 洋風の家に良く似合っていました。   緑葉トキワマンサクが南側のお庭に見事に咲いていました。 剪定をおこなっていないみたいでブッシュ状に枝が伸びていました。 産直花だん屋で育てた緑葉トキワマンサクの鉢植えです。 意外とコンパクトにまとまりました。 ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●生垣の施工 生垣の場合は2m間隔で木杭を打ち込み、80cmから1m間隔で苗を植付けます。木杭の天辺から15cm程度下に横木(竹)を入れ、釘で横木を固定します。これが支柱になります。この支柱に苗をシュロ縄で止め、倒れないようにします。支柱が必要な理由は、風で苗が動くため根が活着しにくくなるからです。樹木の根が完全に定着するまでには最低でも2年は必要ですから、支柱は必ず立てる必要があります。 ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植え、鉢植えともに3日間はたっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約4〜5g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定(開花終了後) 放任しておいても地際から数本の幹が伸びて、細かい枝が出て自然に樹型がまとまるので、自然な樹型で楽しみたい場合は切り戻しなどの作業は不要です。ただし、枝が邪魔になる場合や長く伸びすぎた枝や徒長枝(生育の弱い間延びした細枝)、短い枝でも混み合った部分は花後に付け根から切り取って下さい。 生垣はバリカンで枝先を整えて下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

生垣に大人気の樹木☆トキワマンサク樹高2.0m前後 赤葉・赤花 常盤満作【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.33点/6
¥8100
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【送料無料】 トキワマンサク H1.2m前後 青葉・白花 10本セット!花が咲き乱れる生垣に常盤満作 【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.67点/6
¥18360
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

トキワマンサク樹高0.5m前後 赤葉・赤花 生垣に大人気の樹木【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.2点/5
¥540
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

【マンサク属】銅葉トキワマンサク紅花3.5号ポット

レビュー平均4点/5
¥864
Wイイかも

●品種特性 銅葉のトキワマンサク、紅花と銅葉のコントラストが鮮やかです。現代風の家屋に良く似合います。4月-5月に短いリボンのような花を咲かせる中国南東部、インド北東部、日本などに分布する常緑種で多花性、生育が早いことや刈り込みに強いことから生垣として人気があります。また、放任しておいても地際から数本の幹が伸びて、細かい枝が出て自然に樹型がまとまるのでシンボルツリーとしても人気があります。自然な樹型で楽しみたい場合は切り戻しなどの作業は不要です。 ただし、枝が邪魔になる場合や長く伸びすぎた枝や徒長枝(生育の弱い間延びした細枝)、短い枝でも混み合った部分は花後に付け根から切り取って下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、生垣、鉢植え ・花径:0.5〜0.8cm ・樹高:1〜2cm ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強(−5℃程度) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Loropetalum chinense var. rubra ・別名:アリアケカズラ ・原産地:日本、中国 ・科名:マンサク科 ・属名:トキワマンサク属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所       半日以上の陽射しが必要 ・開花期     ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 銅葉トキワマンサクが南側の角地に植えてありました。 シンボルツリーの役目をしてくれるそうです。 銅葉トキワマンサクが北側の日当たりのあまりよくない場所に 植えてありましたが綺麗に咲いていました。 常緑の性質を生かして南東側にの生垣として植えられていました。 万作は刈り込みに強く生垣としても多く用いられます。(緑葉トキワマンサク) 4月上旬満開になってました。 緑葉トキワマンサクが日当たりの良い南側に植えてありました。 目隠しになるように植えたありました。 銅葉トキワマンサクが北側に植えてありました。朝日は十分にあたっていました。 見事に咲いていたのでシンボルツリーとしての役目を果たしていました。 緑葉トキワマンサクが南側の日当たりの良い場所に植えてありました。 洋風の家に良く似合っていました。   緑葉トキワマンサクが南側のお庭に見事に咲いていました。 剪定をおこなっていないみたいでブッシュ状に枝が伸びていました。 産直花だん屋で育てた緑葉トキワマンサクの鉢植えです。 意外とコンパクトにまとまりました。 ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●生垣の施工 生垣の場合は2m間隔で木杭を打ち込み、80cmから1m間隔で苗を植付けます。木杭の天辺から15cm程度下に横木(竹)を入れ、釘で横木を固定します。これが支柱になります。この支柱に苗をシュロ縄で止め、倒れないようにします。支柱が必要な理由は、風で苗が動くため根が活着しにくくなるからです。樹木の根が完全に定着するまでには最低でも2年は必要ですから、支柱は必ず立てる必要があります。 ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植え、鉢植えともに3日間はたっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約4〜5g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定(開花終了後) 放任しておいても地際から数本の幹が伸びて、細かい枝が出て自然に樹型がまとまるので、自然な樹型で楽しみたい場合は切り戻しなどの作業は不要です。ただし、枝が邪魔になる場合や長く伸びすぎた枝や徒長枝(生育の弱い間延びした細枝)、短い枝でも混み合った部分は花後に付け根から切り取って下さい。 生垣はバリカンで枝先を整えて下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

【送料無料】トキワマンサク樹高0.5m前後 赤葉・赤花 50本セット!【生垣15〜17m用】生垣に大人気の樹木 【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.8点/5
¥27000
Wイイかも

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります。放置するとあっという間に大きくなります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。多肥の必要はありません。2月と8月に油粕と粒状化成肥料を等量混ぜたものを与えれば十分です。病害虫基本的に見られませんが、まれにうどんこ病の発生が見られるので早めに駆除します。トキワマンサクマンサク科 トキワマンサク属 常緑高木栽培適地関東以南植栽時期4月及び9〜11月開花時期4〜5月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期-------最終樹高8m生垣1mあたり3本用途生垣樹木or庭木orシンボルツリー

白花トキワマンサク 生垣用 苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

レビュー平均4.25点/4
¥1382
Wイイかも

【販売時期について】 この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品はポット苗です。ポット部分も含め高さ約0.9m前後くらいです。 冬〜春は次第に葉が散るため葉が少なくなります。 ●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けは出来ません。  >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら トキワマンサクの木の育て方 トキワマンサクの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、夏の西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定せずに放任しても美しい大株に生長します。主幹を切ると横枝が伸びやすくなります。まっすぐすらっとした樹形を望む場合は立ち上がる枝を1本選び、支柱で上に伸びるように仕立てると良いです。 肥料 2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。 病害虫について あまり病害虫は心配ありません。時々つくようですが、経験上大発生して困ったことはありません。1〜3匹毛虫がのそのそ枝を這っているのを見つけたことがある程度です。 冬の落葉について 秋の始まりと秋の終わり〜初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性では有りますが、季節的に葉が生え変わる時期です。 5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。 生垣の作り方はこちら白花トキワマンサク 木を覆うように咲く花と年中変わらぬ葉が魅力 満開の紅花トキワマンサクと白花トキワマンサクの競演 白は白で美しいでしょ? 落葉のマンサクとは別の種類です →落葉のマンサクはこちらをご覧下さい← ●品種の特徴 常緑樹では少ない花が楽しめる木です。花弁はひも状の細かい花ですが、木を覆うように花が咲きます。葉を隠してしまうほど良く咲きます。和風庭園だけでなく、洋風庭園でも良く合います。日本の気候によく合います。刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。開花期も長いのも魅力です。トキワマンサクの生垣はあまり見かけませんので、造れば注目度大!当店いちおしの生垣用樹木です。 白花トキワマンサクは葉が緑で花色は白です。葉色は明るめの緑です。 白花トキワマンサクのほうが樹勢が弱く成長は遅いです。 学名Loropetalum chinense マンサク科トキワマンサク属 原産地中国 花言葉霊感、不思議な力、おまじない、私から愛したい 誕生花2月12日 最終樹高 最終葉張り成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 半耐寒性 常緑小高木 4〜5m 4〜5m 普通 (0.5m/年) 4〜5月 マンサク 北関東〜沖縄 ※原産は中国ですが、苗木は全て国産苗です。 魅力  魅力満点:【春】花が美しい、【通年】葉を楽しむ。【秋】まばらに狂い咲きしやすいです。 育てやすさ  初心者におすすめ:  樹勢強、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい 用途  鉢植え、盆栽、シンボルツリー、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。 ※生垣での植え付け間隔は30cm間隔をお勧めします。好みの高さになったら主幹の芯を止めます。(主幹を切ると横枝が良く伸びるようになります。)横枝は随時剪定をして形を整えます。剪定をすると枝が密になります。 ※高い生垣を目指す場合は支柱を立てて主幹を上に伸ばし、好みの高さになったら主幹の芯を止めてください。 ⇒⇒⇒生垣の作り方はこちら ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。    

ヒュウガミズキ(日向水木)樹高0.8m前後 黄色花【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.5点/4
¥3780
Wイイかも

ヒュウガミズキ(日向水木)マンサク科 トサミズキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________清清しい淡黄色の花。じぐざぐに伸びる枝が特徴です。葉に先立って短い穂状花序を垂らし、黄色い小花を2〜3個咲かせる代表的な春花木のひとつで、黄色の花を吊り下げるように咲かせます。似たような花が咲く近種のトサミズキ(開花期:3〜4月)と同様に古くから茶庭などに植えられるほか、切花としても使われます。植え付け2〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰〜日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理ヒュウガミズキは放任しておくと株立状でまとまりのない樹形になります。花が三部〜五部咲きくらいの時に切り取れば、切花として利用できるので3月くらいに切るとよいでしょう。剪定は大枝の枝抜きを主体とします。肥料は油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月と8月下旬に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:北海道南部以南 開花時期:3〜4月鑑賞樹高:0.7〜1.5m施肥時期:2月と8月用途:庭木・花木・切花◇ガーデンタウン◇黄色の花が枝いっぱいに咲く『ヒュウガミズキ』

@スポンサー